アジアニュースまとめチャンネル。 長谷部誠、アジア人におけるブンデス最多出場記録を更新!フランクフルトは3連勝ならず(フットボールチャンネル)

世界情勢を知る英語ニュース動画まとめ

アジアニュースまとめチャンネル

Japan Hour シンガポールで1991年から放送されている長寿番組がこの「ジャパン・アワー」。 番組内容は日本の魅力を紹介するもので、いろんな日本の有名芸能人がゲストとして登場し、日本の観光地や食や技術などをリポートします。 日本全国のさまざまな場所を紹介するため、毎回違った発見ができるのも面白いポイント。 番組が日本語で構成されているため、英語や中国語などが分からなくても楽しむことができます。 シンガポールをはじめアジアでは日本にスポットを当てたテレビ番組がいくつかあり、シンガポールでも「HELLO!JAPAN」という日本のコンテンツを専門的に取り扱うチャンネルがあります。 シンガポールが国全体として日本に強い関心を持っていることが分かりますね。 channelnewsasia. Perspectives シンガポールで人気のディスカッション番組がこちら。 2012年から放送しているCNSの人気テレビ番組で、ディスカッションの場面では出演者たちが論争を交えます。 番組内で取り上げられた政治や社会などのさまざまなテーマについて、専門家たちがテーマについて討論していくのがこの番組の見どころ。 専門家の深い分析による考察や洞察力に優れたコメントに、思わずのめり込んでしまいます。 この番組のプレゼンターは、2006年にアジアテレビ賞でベストニュースプレゼンターを受賞しており、番組編集者もドキュメンタリー制作に携わった経験ありとのこと。 真剣にディスカッションを観たいシンガポールの人たちに人気のテレビ番組です。

次の

特定アジア 人気ブログランキングとブログ検索

アジアニュースまとめチャンネル

国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)は5日、今後開催が予定されている2022年カタールワールドカップ・アジア予選兼2023年AFCアジアカップ予選の開催延期を各国に正式提案することが合意に達したとする共同声明を出した。 中国を発生源とする新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Jリーグを含めた多くの国の国内リーグや、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)などの国際試合の開催延期が相次いでいる。 ワールドカップ予選を含む国際試合への影響も懸念される状況となっていた。 AFCでは加盟協会の代表者を緊急召集した上で対応を協議。 3月から6月にかけて開催が予定されている予選の開催可否についてFIFAとの協議を行うことを先日発表していた。 その結果として、「サッカーに関わる全ての個人の幸福と健康こそが最大の優先事項」との判断により、各国協会に正式な試合延期の提案を行うことが決定したとのことだ。 ワールドカップ2次予選兼アジアカップ予選の試合は3月下旬に各グループの第7節と第8節、6月上旬に第9節と第10節の開催が予定されていた。 日本代表は3月26日に豊田でミャンマー代表と、同31日にウランバートルでモンゴル代表と、6月4日に神戸でタジキスタン代表と、同9日に吹田でキルギス代表と対戦する予定だった。 今後FIFAとAFCは各国協会との協議を経て新たな試合日程を発表する見通し。 東京五輪に向けた女子サッカーアジア予選の女子韓国代表対女子中国代表戦、トルクメニスタンで開催予定のAFCフットサル選手権2020についても今後協議を行っていくことが見込まれている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

おーるじゃんる

アジアニュースまとめチャンネル

【フランクフルト 0-2 マインツ ブンデスリーガ第30節】 ブンデスリーガ第30節、11位フランクフルトと15位マインツの試合が現地時間6日に行われた。 ホームのフランクフルトが0-2の敗戦を喫している。 新型コロナウイルスの影響で中断していたブンデスリーガは5月16日から再開された。 フランクフルトは再開後に2連敗を喫したものの、フライブルク戦の引き分けを挟んで最近は2連勝をおさめている。 今節のマインツ戦でフランクフルトに所属する長谷部誠と鎌田大地は共に先発出場を果たした。 長谷部にとってはブンデスリーガで通算309試合目の出場となり、現役時代にレバークーゼンなどでプレーしたチャ・ボムグン氏が持つアジア人におけるブンデスリーガ最多出場記録を更新している。 試合開始して29分、DF裏に抜け出したマインツのロビン・クアイソンに決定的な場面を作られるがシュートはゴール上に外れて失点を免れた。 対するフランクフルトも30分、フィリップ・コスティッチが相手を交わしてシュートを放つがゴール右に外れる。 すると43分、コーナーキックからマインツのムサ・ニアカテにヘディングシュートを決められ失点。 53分にはマインツのジャン・フィリップ・マテタにゴールネットを揺らされたがオフサイドの判定により2失点目は免れる。 67分にもクアイソンの得点はオフサイドでノーゴールに。 再三失点を免れていたフランクフルトだったが、77分に後方でボールを奪われてからショートカウンターを仕掛けたピエール・クンデ・マロングに追加点を決められた。 フランクフルトは1点も返すことが出来ずに0-2の敗戦を喫している。 長谷部と鎌田は共にフル出場を果たした。 【得点者】 43分 0-1 ニアカテ(マインツ) 77分 0-2 マロング(マインツ).

次の