オセロニア ミリム の ダメージ チャレンジ 決戦。 【オセロニア攻略】魔属性中心に組み立てたバランス重視の魔デッキを紹介!テクニカルな戦術で相手を翻弄しよう![PR]

【オセロニア】転スラコラボの当たりキャラとイベント情報|ゲームエイト

オセロニア ミリム の ダメージ チャレンジ 決戦

「囁き」をもつやと組み合わせたり、やなどのバフとあわせて使いたい。 ヴィクトリアと似たスキルをもつ駒をピックアップ 名称 スキル倍率 固定ダメージ 1. 6倍 3,600 1. 5倍 3,500 1. 5倍 4,000 1. 5倍 3,500 エンデガやアラジンはレアリティがAなので、コストに余裕ができ、ほかのキャラ駒を優先できるのも大きなポイントである。 ただし、どの駒も入手方法が限られているため、もし持っていればヴィクトリアの代わりに編成しよう。 混合デッキのフィニッシャーとして竜駒を採用するなら、最近まではや、といったラインナップが人気だった。 しかし、闘化ベルーガやダウスタラニスよりも、火力面ならやのほうが高く、発動条件さえ満たすことで文句なしの切り札となる。 や忍竜などは、代償ダメージがあるぶん、かなり高い威力を誇る。 もちろん貫通スキルを持った竜駒を最優先でデッキに入れておきたいが、持っていなければ代償スキルを持つ竜駒をフィニッシャーとして使うことを考えてみてほしい。 フィニッシャーとして有効な竜駒を火力順にピックアップ 対人戦で勝利を狙う際は、基本的に複数の駒をひっくり返せる場所を狙っていきたい。 そこで、「 蘭陵王がリーダー」と「 2枚ひっくり返せる状況化」を前提条件として、各竜駒が出せる火力をランキング形式で紹介してみた。 順位 名称 スキル倍率 ダメージ値 1 2. 5倍 7,203 2 2. 3倍 6,135 3 2. 1倍 5,438 4 1. 8倍 5,074 5 1. 9倍 5,006 6 2. 3倍 4,728 7 2. 4倍 4,653 8 1. 8倍 4,585 9 1. 7倍 4,572 10 2. 1倍 4,036 11 1. 9倍 3,823 以上の結果をみると、発動条件が厳しかったり代償ダメージを受ける竜駒だと、安定して火力を出せることが分かるはずだ。 ただ、闘化ノイレのように代償ダメージで受ける値が大きい駒は、使いどころを間違えると自滅してしまう危険性がある。 環境的に貫通スキルを優先したほうが役立つため、自分のデッキにあわせて調整していこう。 魔駒は単色にしないと発動しづらいスキルが多く、混合デッキだと「フィニッシャーと組み合わせるためのルート要因」として採用することが多い。 なら、バフがかかるコンボスキルと組み合わせることでスキルの威力も上がっていき、コンボスキルもHPが減少するほど強力なバフとして使用できる。 そのため、混合デッキでも使い勝手がよく、やなどのS駒とくらべても、フィニッシャーとして機能させやすい。 フィニッシャーと組合わせたい駒をピックアップ 魔属性には混合デッキでフィニッシャーとして活躍できる駒がかなり少ないので、ここからフィニッシャーと組合わせたいコンボスキルを持つ駒もあわせて紹介していく。 名称 おすすめポイント 属性 ・3ターンの間、強力な毒ダメージ ・X打ちでも発動しやすいコンボスキル 魔S ・本家よりも効果が長い毒スキルもち ・混合でも活躍するコンボスキル 魔S ・無料で手にはいる性能としては破格 ・基本ATKが高い駒と相性バツグン 魔S ・カウンターではトップクラスの性能 ・放置されてもコンボスキルが輝く 魔S ・毎ターン続く毒スキルで安定ダメージ ・ライフバースト系の固定ダメージ 魔S ・削り目的としても文句なし ・どの属性ともコンボスキルが発動可能 魔A フィニッシャーを遅らせるのに役立つ ・属性縛りのないバフも活かしやすい 魔A これらの駒は、スキルはもちろんコンボスキルの性能もよく、決めやすいルートさえ作ってしまえば、フィニッシャーが手駒にきた段階で勝負を決めにいける。 なかでも、アズリエルのように強力な毒スキルをもつ駒でX打ちを仕掛けると、相手によっては角を捨ててまでひっくり返そうとするため、有利な盤面を作ることも可能だ。 デッキの内容によってフィニッシャーも変化が!? 以上から、フィニッシャーには神か竜がベストという印象になるはず。 ただし、注意点としてデッキの内容によっては、最適なフィニッシャーも決まってくる。 例えば、以下の2種類のデッキを比べてみてほしい。 まず左の画像は、神属性のバフを活かして成歩堂の特殊ダメージスキルで勝負を決めるデッキだ。 こちらは特殊ダメージをメインに相手のHPを削っていくので、神駒が多めに編成されている。 このように、通常攻撃に依存するコンボスキルを活かすのであれば竜駒をフィニッシャーにして大ダメージを狙おう。 また、ヴィクトリアをフィニッシャーとするのであれば、逆に通常攻撃ダメージを高めるコンボスキルを持つ駒をデッキに編成していこう。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 倍率やダメージが変動するスキルの仕組みを徹底検証!

オセロニア ミリム の ダメージ チャレンジ 決戦

HPの減り具合によって変動する• ライフバースト(HPが減るほどダメージアップ)• HPが多いほど倍率アップ• HPが少ないほど倍率アップ 盤面の駒数によって変動する• 囁き系(盤面の〇駒1枚につき〇倍)• 盤面の駒数が多いほど倍率アップ• 盤面の駒数が少ないほど倍率アップ• 終盤の勝負どころで利用する機会も多いだけに、勝敗にも直結している要素。 どのくらいダメージが出るか、を把握することは非常に重要であるといえるだろう。 実際のゲーム内で同じ挙動をすることを保証するものではないので注意されたい。 HPに依存してダメージが変動するライフバースト系スキル まずは、HPに依存して変動するスキルをご紹介。 最初はその代表格といえるライフバースト系のスキルだ。 ライフバーストは強力だが、明確にどのくらいのダメージが出るかが特にわかりにくい。 HPとそれに伴うダメージがどのくらい出るかを検証してみたので、倒し損ねたり、不用意にダメージを与えないための参考にしてみてほしい。 例)ヴァイセを出したときのダメージ• おすすめライフバースト持ちダメージ早見表 主要なライフバースト持ちアタッカーの与ダメージは次のとおり。 倍率が変動する上、それにATKをかける作業が発生するため、ライフバーストよりさらにダメージが読みにくいといえる。 「HPが減少するほど」倍率が上がるスキル計算方法• (1):最大倍率と最小倍率の差を求める• (2):(1)の値に減少したHPの割合をかける• およその倍率がなんとなくでも把握できれば、どの駒を出すべきなのか見えてくるはずだ。 例)アギラを出したときの攻撃倍率(最大2. 2倍)• 9倍 「HPが減少するほど」倍率アップ系駒倍率早見表 HPが減るほど倍率の上がるスキル、コンボスキルを持ったおすすめの駒は以下のとおり。 スキルは需要の高そうな盤面バフのみに絞っている。 また、各倍率は、序盤、中盤、終盤をそれぞれ想定した残りHPごとで設定している。 40 1. 10 1. 20 1. 30 1. 30 1. 08 1. 15 1. 23 1. 20 1. 05 1. 10 1. 15 1. 20 1. 05 1. 10 1. 00 1. 25 1. 50 1. 75 1. 90 1. 23 1. 45 1. 68 2. 10 1. 28 1. 55 1. 83 2. 00 1. 25 1. 50 1. 75 1. 80 1. 20 1. 40 1. 60 1. 60 1. 15 1. 30 1. 45 1. 80 1. 20 1. 40 1. 60 「HPが減少していないほど」倍率アップを検証! 次に、「HPが減少していないほど倍率アップ」系スキルの検証へ。 サンプルに選んだのは、攻撃力アップスキル持ちの男ハンター(竜)と盤面バフのクリスマス・レオノーラ。 検証とともに、スキルによる計算方法の違いの有無などを確認した。 「HPが減少しないほど」倍率が上がるスキル計算方法• (1):最大倍率と最小倍率の差を求める• (2):(1)の値に現在の残HPの割合をかける• 当たり前だが、ノーダメージのときが最大倍率となり、HPが0に近づくほど倍率が1に近づいていく。 できる限り序盤に出したいスキルであるといえるだろう。 例)男ハンター(竜)を出したときの攻撃倍率(最大2倍)• 25倍 例)クリスマス・レオノーラを出したときのバフ倍率(最大1. 5倍)• 25倍• 13倍 「HPが減少していないほど」倍率アップ系駒倍率早見表 おすすめのHPが減少しないほど倍率が上がるスキル、コンボスキルを持った駒は以下のとおり。 こちらは序盤から中盤を想定した残りHPで設定している倍率、ダメージを計算している。 40 4,020 3,434 2,011 1,646 2. 20 3,621 3,127 1,812 1,642 2. 00 3,284 2,874 1,643 1,187 1. 50 1. 50 1. 38 1. 25 1. 40 1. 40 1. 30 1. 20 1. 30 1. 30 1. 23 1. 00 2. 00 1. 75 1. 50 1. 90 1. 90 1. 68 1. 45 1. 90 1. 90 1. 68 1. 45 1. 70 1. 70 1. 53 1. 35 1. 40 1. 40 1. 30 1. 20 盤面の属性駒数に依存して倍率が変動する囁き系スキル 倍率が変動するスキルには、盤面の駒数に依存するものも多い。 最大倍率が出せる状況を逃さないように、その仕組みについても把握しておこう。 まずはその代表格ともいえる「囁き」系スキルについて紹介していこう。 アムルガルの最小、最大倍率時のダメージ比較(リーダーバフなし)。 かなりの差があることがわかる なお、計算上属性駒の数が盤面に増えれば増えるだけ倍率が上がるが、実際には最大倍率以上にはならない。 いずれにしても発動の頃合いはきちんと見極めておこう。 例)闘化ユルルングル:竜駒1枚につき1. 2倍、最大で2. 竜駒が盤面に1枚(ユルルングルのみ):1. 竜駒が盤面に2枚(ユルルングル+1枚):1. 2=1. 44倍• 竜駒が盤面に3枚(ユルルングル+2枚):1. 2=1. 73倍• 竜駒が盤面に4枚(ユルルングル+3枚):1. 2=2. 07倍• 竜駒が盤面に5枚(ユルルングル+4枚):1. 2=2. 30倍 例)アムルガル:竜駒1枚につき1. 3倍、最大で2. 竜駒が盤面に1枚(アムルガルのみ):1. 竜駒が盤面に2枚(アムルガル+1枚):1. 3=1. 69倍• 竜駒が盤面に3枚(アムルガル+2枚):1. 3=2. 20倍 また、闘化ユルルングルとアムルガルを比較してみると、最大倍率を出すために必要な駒数が大きく異なることがわかる。 竜駒1枚につき「1. 2倍」と「1. 3倍」の差は非常に大きいことを意味するので、最大倍率だけでなく、「少ない枚数で倍率を出しやすいかどうか」も駒の選定基準の1つといえる。 コンボスキルをメインで利用するような駒選びで重宝するはずだ。 盤面の総駒数に依存して倍率が変動するスキル 最後は、盤面の総駒数に依存して倍率が変動するスキル。 今のところ「駒数が少ないほど」倍率が上がるもののみ存在している。 キルアとレオノーラで「駒数が少ないほど」倍率アップを検証! 盤面の駒数に依存して倍率が変動するスキルは、盤面で表になっている間効果を発揮するバフ、デバフしか存在していない。 この記事では攻撃に関わるものをメインに紹介しているので、両方とも盤面バフになってしまうが、倍率の異なるキルアとレオノーラをサンプルに検証を行った。 暗算は非常に難しいので、「盤面が半分ほど埋まればバフ効果も最大、最小の中間くらいになる」程度の認識で問題ない。 そのあたりが勝負どころと思っておこう。 例)キルアを出したときのバフ倍率(最大1. 3倍)• 駒数が13枚(5ターン目終了時点)のとき:(1-1. 3=1. 22倍• 駒数が15枚(6ターン目終了時点)のとき:(1-1. 3=1. 20倍• 駒数が17枚(7ターン目終了時点)のとき:(1-1. 3=1. 4倍)• 駒数が7枚(2ターン目終了時点)のとき:(1-1. 4=1. 36倍• 駒数が9枚(3ターン目終了時点)のとき:(1-1. 4=1. 34倍• 駒数が11枚(4ターン目終了時点)のとき:(1-1. 4=1. おわりに 以上、ライフバーストや囁きスキルなどの、HP・駒数でダメージや倍率が変化するスキルの検証をお届けした。 いずれも、対戦中に正確に計算することは難しいが、仕組みを知っていればスキルの効果を最大限に発揮する打ち方ができるようになるはずだ。 ただし、オセロニアは1つのスキルだけではなく、盤面の状況やコンボスキル、ひっくり返す枚数など、勝負の行方を左右する要素は他にも数多くある。 これらを総合的に判断して、打つ駒や位置を決めていくようにしよう。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: ミリ残しとはおさらば!混合デッキでも使えるフィニッシャー駒

オセロニア ミリム の ダメージ チャレンジ 決戦

「囁き」をもつやと組み合わせたり、やなどのバフとあわせて使いたい。 ヴィクトリアと似たスキルをもつ駒をピックアップ 名称 スキル倍率 固定ダメージ 1. 6倍 3,600 1. 5倍 3,500 1. 5倍 4,000 1. 5倍 3,500 エンデガやアラジンはレアリティがAなので、コストに余裕ができ、ほかのキャラ駒を優先できるのも大きなポイントである。 ただし、どの駒も入手方法が限られているため、もし持っていればヴィクトリアの代わりに編成しよう。 混合デッキのフィニッシャーとして竜駒を採用するなら、最近まではや、といったラインナップが人気だった。 しかし、闘化ベルーガやダウスタラニスよりも、火力面ならやのほうが高く、発動条件さえ満たすことで文句なしの切り札となる。 や忍竜などは、代償ダメージがあるぶん、かなり高い威力を誇る。 もちろん貫通スキルを持った竜駒を最優先でデッキに入れておきたいが、持っていなければ代償スキルを持つ竜駒をフィニッシャーとして使うことを考えてみてほしい。 フィニッシャーとして有効な竜駒を火力順にピックアップ 対人戦で勝利を狙う際は、基本的に複数の駒をひっくり返せる場所を狙っていきたい。 そこで、「 蘭陵王がリーダー」と「 2枚ひっくり返せる状況化」を前提条件として、各竜駒が出せる火力をランキング形式で紹介してみた。 順位 名称 スキル倍率 ダメージ値 1 2. 5倍 7,203 2 2. 3倍 6,135 3 2. 1倍 5,438 4 1. 8倍 5,074 5 1. 9倍 5,006 6 2. 3倍 4,728 7 2. 4倍 4,653 8 1. 8倍 4,585 9 1. 7倍 4,572 10 2. 1倍 4,036 11 1. 9倍 3,823 以上の結果をみると、発動条件が厳しかったり代償ダメージを受ける竜駒だと、安定して火力を出せることが分かるはずだ。 ただ、闘化ノイレのように代償ダメージで受ける値が大きい駒は、使いどころを間違えると自滅してしまう危険性がある。 環境的に貫通スキルを優先したほうが役立つため、自分のデッキにあわせて調整していこう。 魔駒は単色にしないと発動しづらいスキルが多く、混合デッキだと「フィニッシャーと組み合わせるためのルート要因」として採用することが多い。 なら、バフがかかるコンボスキルと組み合わせることでスキルの威力も上がっていき、コンボスキルもHPが減少するほど強力なバフとして使用できる。 そのため、混合デッキでも使い勝手がよく、やなどのS駒とくらべても、フィニッシャーとして機能させやすい。 フィニッシャーと組合わせたい駒をピックアップ 魔属性には混合デッキでフィニッシャーとして活躍できる駒がかなり少ないので、ここからフィニッシャーと組合わせたいコンボスキルを持つ駒もあわせて紹介していく。 名称 おすすめポイント 属性 ・3ターンの間、強力な毒ダメージ ・X打ちでも発動しやすいコンボスキル 魔S ・本家よりも効果が長い毒スキルもち ・混合でも活躍するコンボスキル 魔S ・無料で手にはいる性能としては破格 ・基本ATKが高い駒と相性バツグン 魔S ・カウンターではトップクラスの性能 ・放置されてもコンボスキルが輝く 魔S ・毎ターン続く毒スキルで安定ダメージ ・ライフバースト系の固定ダメージ 魔S ・削り目的としても文句なし ・どの属性ともコンボスキルが発動可能 魔A フィニッシャーを遅らせるのに役立つ ・属性縛りのないバフも活かしやすい 魔A これらの駒は、スキルはもちろんコンボスキルの性能もよく、決めやすいルートさえ作ってしまえば、フィニッシャーが手駒にきた段階で勝負を決めにいける。 なかでも、アズリエルのように強力な毒スキルをもつ駒でX打ちを仕掛けると、相手によっては角を捨ててまでひっくり返そうとするため、有利な盤面を作ることも可能だ。 デッキの内容によってフィニッシャーも変化が!? 以上から、フィニッシャーには神か竜がベストという印象になるはず。 ただし、注意点としてデッキの内容によっては、最適なフィニッシャーも決まってくる。 例えば、以下の2種類のデッキを比べてみてほしい。 まず左の画像は、神属性のバフを活かして成歩堂の特殊ダメージスキルで勝負を決めるデッキだ。 こちらは特殊ダメージをメインに相手のHPを削っていくので、神駒が多めに編成されている。 このように、通常攻撃に依存するコンボスキルを活かすのであれば竜駒をフィニッシャーにして大ダメージを狙おう。 また、ヴィクトリアをフィニッシャーとするのであれば、逆に通常攻撃ダメージを高めるコンボスキルを持つ駒をデッキに編成していこう。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の