広告 youtube うざい。 YouTube広告がうざい!邪魔!多い!消す方法・非表示設定

YouTubeのVチューバー広告がうざい!脱毛やダイエット商品動画を消す方法についても

広告 youtube うざい

こんにちは。 落武者です。 みんなYouTubeって見る?見るよね!今やほとんどの人が生活の一部となっておりますよね。 そんなYouTubeに最近よく見る広告があります。 タイトルでもうちょっとお察しかと思いますが・・・ そう! バーチャルユーチューバー系広告!! バーチャルユーチューバー系広告という名称でいいのかわかりませんが、まぁいいでしょう!知らないって方はYouTubeを見ない方かYouTubeプレミアに会員登録してる人ぐらいじゃないでしょうか!? わかりやすく図で説明すると こいつとか こいつとかね!! まじでこれを作った人は正気ですか!?と思うほど 腹立たしい。 もうね、本当ここまでくると逆にすごいな!って思ってしまうほど至高の一品に仕上がってるよね。 研ぎ澄まされてるんだよね。 ストレス緩和要素を一切そぎ落とし、すべてをストレス向上に充てた飽くなき探求心。 あっぱれです。 本当結構この広告でてくるんですよね。 増税とかどうでもいいからこの広告をなんとかしてほしいレベル。 仮に外国人が見たら帰国するレベルだよ。 という訳で今日はなんでここまでのウザキャラでバーチャルユーチューバーを作り広告をうっているのか・・・そんな疑問を考察していこうと思います。 バーチャルユーチューバー系広告のうざさ まぁ改めて書くほどでもないと思いますが、一応知らない人の為に何故うざいのか。 についてちょこっと書いていこうと思います。 というかもうこれが全てな気もしなくもない。 何を言ってたかあんま覚えてないけど 「今まで肌がボロボロでキモがられていた僕が一瞬で美男子になった方法!」みたいな事を言うんですよね。 その声がね、なんか超絶不快なんですよね。 なんていうか・・・ ちょっと上からしゃべってんですよね。 しかも全然美男子って感じの声じゃないんですよね。 活舌も悪いしちょっと籠った声の割に言ってることは上から目線で 「肌荒れ男子は全然モテないよ~笑笑」 みたいな感じで言うんですよね。 想像しただけで胃が痛くなるほどストレス感じるよね。 全然関係ないけど多分BPOにもすごいクレームが行ってそう。 綺麗になるとか、痩せるとか、白くなるとか・・・そっち系の商品ばかり紹介してるんですよ。 なんか雑誌の裏とか怪しいLPサイトに載ってそうなやつばっか。 もうなんか開き直りを感じますよね。 ここまできたらヤバイ広告打っちゃおうぜ!!笑 みたいな。 少しでも「本当に良い商品をお客様に届けたい!」っていう思いがあったらあんな広告絶対打たないよね。 とまぁここまで詮索するとある仮説が生まれてくるわけですよ!! 気づいてる人も多いんじゃないかと思いますが・・・ YouTubeプレミアに登録を促すためにうざい広告を流してる説 これですよ!じゃなきゃあそこまで人を不快にする広告なんて絶対流さないよね!? だって広告だって制作に金がかかるわけだし、あの無駄に腹立たしいバーチャルユーチューバーだって生み出し費用がかかってるわけじゃないですか。 それで売ってるものが胡散臭い商品って・・・やる気もセンスもない営業マンだってもっとマシな戦略立てますよ。 それを会社単位でやってるって意味わからないですもんね。 金をドブに捨てるよりタチ悪いですよね。 でももしYouTubeプレミアに登録を促すためと考えると全て納得いくんですよね。 広告なしで動画が見られる YouTubeプレミアに登録を促そうと思ったら、「この広告飛ばしてぇぇぇ!」と思わせる必要がありますよね。 そうなると必要になってくるのがどうしても飛ばしたくなるほど不快な広告です。 そこであのバーチャルユーチューバー系広告ですよ! あれ以上不快な広告って、多分今の日本の技術じゃ無理ですからね。 つまりYouTubeプレミアに登録を促すのにはこれ以上ない最適な広告というわけですよ! 気のせいかもですが、あの広告もYouTubeプレミアを促すようになってからよく見るようになった気がしますし。 まとめ 日本の品位をこれ以上下げない為にも消すべき という訳でまとめると、理由とかどうでもいいけどあの広告は消すべきなんじゃない。 ってことでしょうか! 最近じゃちょっとした理由でアカBANされるらしいけど、そんなことよりまずこの広告をBANすべきでしょ。 誰も得しない!って言いたいとこですが、YouTube側はきっとあの広告でぼろ儲けしたのかな・・・ もう本当まじで辞めてほしいよね。 多分低評価もすごいんだろうし、あんな広告野放しにしちゃいけないよね。 いつの日かあの広告を見なくなる日が来ることを祈りましょう。 それじゃ! うわぁ、同じこと思ってました。 YouTubeは作業用BGMとして再生したり、あるいは気になるチャンネルで情報を得るためにというので見たりしてますが、たまに気になる何かをクリックすると出てくるこいつら。 イラっとしますね。 しかもそこそこ出てきます。 違う意味でイラっとするのが、これもまたFaceRigとかそういう系統かつ、同型タイプのキャラであるということです。 歯を白くするのもありましたね。 モーションも同じというのもあればなんか汎用体みたいなのがあるんでしょうか。 仮にこれが企業依頼によるモデルタイプだというのであれば、よくもまあこのキャラで作られたなと感心します。 女性タイプも存在しているわけですけど、どっちもどっちなのは確かでもあります。 ウザさで言えば男性タイプの方が圧倒的ですが。 顔がイラっとするのかな…。 某ゲームのバーチャルユーチューバー化したキャラが2D寄りでちゃんと似てるのもあるとかで微妙に判断してるからかも。 普通から既に外れている関係で何か言われても「知るかタコ」って思ってる自分もいて、5秒経過するまで耐えるという日常です。 最悪は5秒も待てないなら本来の動画が再生されるまでリロードでF5を連打するしかないようです。 私が女性なので出てくるのは女性体バージョンのスキンケアやダイエットの広告が多いですが、いずれも不快な物ばかりです。 女子高生風Vtuverが「おばちゃんの私がたった2週間で20代肌に!」というバージョンが一番多いですが、「20代肌」なのに服装は女子高生?キャラ設定としては若作りが痛々しいし、何より上から目線で若くない人を馬鹿にしている感じが不快。 しかもTVCMや通販カタログ等とセットで送られてくるチラシでも謳い文句は「2ヶ月でプルプル肌に」程度なので、2週間で40代から女子高生に若返るとか却って危険としか思えないんですけど。 チェックした紐付けされている分野に「教育」が含まれているせいか、最近は「孫の名前すら覚えられない80代女性が英語ペラペラに」という怪しすぎる英会話関連のバージョンも出てきましたが、これも高齢者を馬鹿にしていると感じて非常に不快。 しかも i 押して非表示設定にしてもまだ出てくるし。 ていうかわざと酷いしゃべり方の声優を起用したとしか思えないレベルですよね笑 正直謳い文句があり得ないことばかり言っているので、これはもう景品表示法違反? とかで捕まってもおかしくないレベルですよね。 僕もYouTubeで広告を出したことがあるのですが、広告動画はまずYouTube側で一度審査が入るので、あの動画もYouTubeの審査を通ったことになるわけで・・・ 普通に考えたらあんな広告をYouTubeが許すとは思えないのでやはりプレミアム会員にさせるための不快広告説が有力ですよね笑.

次の

【炎上!】VtuberのCMがうざいや嫌いと話題?好評な意見はあるの?

広告 youtube うざい

元ウェブ広告業務経験者から見るyoutube漫画動画広告のうざさ まず、私は一応クリエイエティブ職&ウェブ広告業務を前職で行っていた。 その職務の中でいわゆる怪しい健康食品のランディングページのつくり方や、「頭がよくなる」「若返り」「金儲け」に関する胡散臭い広告に使われているセールスライティングを研究材料として見ていたことがあった。 もちろん、その手のウェブサイトや広告を見るだけで制作はしていない。 詳しい業務は伏せるが、まっとうな商品をグーグル広告を使って宣伝したり、アマゾン、楽天などの大手ネットショップの広告枠に掲載する…という業務を行っていた。 そんな経歴があるからこそ、今youtube上に流れてくる見る人に不快感を抱かせる動画広告の類については、色々思うところがあるというのが実情だ。 大多数の人に不快に思われていいので、ごく一部の人が買いさえすればいいという戦略が、もと同業者としては非常に不快である。 広告そのものの価値や品格を損なわせる恐れがあるということを強く恐れている。 本来見るべきターゲットではない相手に対してまで漫画動画広告を打っている点が問題 正直に言えば、 youtubeの漫画動画広告は、その多くがゴシップ雑誌の巻末に載っている金運アップを謳う信ぴょう性に乏しい霊感商法を匂わせるような広告と同じだと私は見ている。 しかし、その手の雑誌は基本的に自分で購入しなければ見れないし、そもそもゴシップ雑誌を買うような民度、感性に合っているからこそ広告が載せられているはずだと推測できる。 また、ゴシップとは無縁な子供や学生とか、ゴシップ雑誌に興味のないインテリ層が見ることはなく、良くも悪くも住み分けが出来ていたというのが、リアルの世界での広告である。 もちろん、例外はあるが。 しかし、 漫画動画広告については住み分け関係なく配信されてしまい、本来であればその広告に関心を持つはずのない人までも視聴できてしまうことがある。 つまり、ただなんとなく見ようと思ってみた動画の広告が、自分の感性に合わないものや興味・関心のない広告を嫌でも目にする…という機会の増加が、リアルとネットの違いであると私は思う。 もちろん、動画広告もある程度興味や関心に沿った形である程度は配信されているのだろうとは思うが、例外的に自分の関心の枠から外れた、不快な動画広告が流れてしまい、スキップするまでの5秒間だけ不快な思いをすることになるのだ。 漫画動画広告を制作している漫画家、クリエイターについて思うこと 一応クリエイティブ職でもあるので、この手の漫画動画広告を見ると、広告を発注する側だけでなくこの動画を制作した漫画家や絵師などのクリエイターの方にも興味が出てくる。 私が調べたところ、漫画動画広告を作って欲しいために、クラウドサージングサイトに応募ページを出しているのを何件か確認できた。 また、場合によっては漫画家のアシスタントを募集しているサイトに同様の応募ページを出している例も確認できた。 もちろん、一クリエイターとしてはとにかく実績が欲しいだとか、絵で食っていくためにこうした仕事を受けているのだろうと推測はできる。 しかし、自分が制作したものが胡散臭い商品を売られるために使われていたり、詐欺や悪徳商法と間違われても仕方がない売り方のために用いられている事実に、果たして耐えられるのだろうか…という疑問が湧き出てくる。 華々しそうに見えるクリエイターの世界は、多くの人が知っているように決して裕福な世界とは呼べない。 むしろ、普通に就職して働いたほうが給与・待遇の面で遥かに安定していると判断できるぐらいに、クリエイターの世界は不安定である。 そんな不安定なクリエイターの世界を生き抜くために、今日も今日とて怪しい漫画動画広告の案件や、音の出るまとめサイトみたいな漫画動画案件を受けている人のことを考えると、ちょっと憂鬱になる。 いくら製作者のクレジット表記がないからといって、自分が携わった作品が誰かのためにならない形で使われていることに対して、どう感じているのかが非常に気になってしょうがない。 同じクリエイティブ職として他所様の制作物にとやかく言うのは御法度だとは重々承知しているが、自分が制作したものが公益に反すると思われても仕方がない形で使われている状況は、正直よろしくないと思うばかりだ。 関連記事.

次の

YouTubeの広告が増えた理由?広告の消し方も紹介 2020年版

広告 youtube うざい

まぁ俺の戯言だと思って聞いてください。 ん~これが良いのか悪いのか、判断は皆さん自身ですが どうでしょうかこのKENTYは! 研究熱心な若気の至りって感じがしますね。 個人的な感想を率直に言うと うざいを通りこして、 詐欺臭さMAXなんですよね。 ただ、KENTYよ・・お前・・毛のトラウマ過ぎて、めっちゃ毛の調べ、毛の執着すごいめっちゃしてるな。。 しかも、合コンの仕組みから、保湿成分まで、ヒアルロン酸とかいってたな。。 それ以前にそういう仕事がKENTYに危機を覚えるのだが たまたまその女性が毛嫌いなだけじゃないの?って言いたい!笑 好きな人いるでしょうって言いたい!どこの統計なのかもわからない。 その商品が悪いわけではないが、やり方がよくない。 広告ばかりで、詐欺商品だと思われ、逆にイメージダウンしないか? 最初見たとき「なんだこいつ・・この広告なにがしたいんだ?」 では、他にどういうのがあるのかというと 結構たくさんのジャンルがあるんですよ! (結構YouTubeみてる暇人なのでどんどん見つかりました。 大体金儲けの為に感じるのが多いですねはい そういう広告をみて彼らも、必死なんだな~って思いながら・・・ 広告スキップしてます! 俺だけなのかな?YouTube見ようとすると、こういう広告がでるのは... こういった内容を書いた記事もないし、YouTube上でもあまり触れられてない。 というか、触れる意味ないけどね。 ほっとくのが一番だけど。 一応、無いなら、触れとこっておもって!笑 まぁ、動画あっても、そんなに少ないというか、それに対する愚痴?というかよくわからないん動画が多いんですが、それを動画で紹介するのも割とよくないしね笑 俺が気になったのは、うざいとかより。 この人達は、同じ会社?同じやり手を使って稼いでる??っていう疑問に至ったんだけど・・ 気になるポイントは YouTube+Vtuberという時流に乗っかって、 じゃ、これをビジネスモデルに使おう!っと考えている所。 うん誰得? 普通にYouTubeとして、やればいいのにってのはあるけど・・ Vアフィリエイターってなんか情報商材集めてからのステマの臭いがすごい強いし、 よくYouTubeに通ったなって感じするんだけどどうなんだろ。 ステマ=隠れて商品を宣伝する(名の通りステルスマーケティング)という あたかも、自分が使ったように見せかけて、その広告により 商品会社からお金をもらうやり方。 一種の詐欺みたいなやり方なんだけど。 これがあっているかわからないけど、結構そういうの最近勉強してたり。。 なぜ、FXで+になったお金を人に上げるのか??さっぱりわからない。 まぁ、それは置いといて、 今回のその Vアフィリエイターってのがそれに近いのではないかなっとふとおもったんですよね。 もう、 Vアフィリエイターって呼んでるし! まず、いろいろと、ジャンルが違う時点で、本当かウソかわからない実態と、YouTubeアカウントでの宣伝ではないということ。 やけに長い文章で商品紹介ページで 最後は、お申し込みはこちらという二度手間のやり方。 で、俺が思うのは、それだけじゃなく。 YouTubeとしてちゃんと行っている Vtuberの方々に印象が悪くなるのでは?っという感はあります。 さらに言えば 「 今流行りは、VTuberだし、これを使えば宣伝効果あり・・」って なっているような気がします。 その Vアフィリエイター達は笑 あ~いうのは、結果を出してない俺が言うのも変だけど まず、絶対儲かりません確実に言えます。 そして、 アフィリエイト=広告、口コミ、商品紹介とか等だと思う。 情報商材を集め、統計など、それを記事に書いての流れって感じなんだけど。 アフィリエイトするには、 結構な困難なことがあります。 甘く見ない方がいいです。 なんか記事書けばいいのか~とか思っているけど 「簡単そうに見えて難しい」です 本気でやらないと、すぐ収入0です。 これはYouTubeと同じように 収益化から毎日投稿しなくてはいけないのと同じように! 買ったものを毎日記事を書き、いい商品であることとして、商品紹介する。 案件とかもそうかもだけど。 ビジネスモデルとしてあるんですよね。 案件というのは、大体毎日投稿している方とかだとよく来やすいです。 信頼度があると見込んで。 まず前提に自身が購入して実際に 顔出しして、やらなければ、効果はないといっていい。 勝手に人の画像・動画拾って、あたかも、これが自分であるというのはNG(それが詐欺臭いんっすよね~) 今回紹介したVアフィリエイターは、フリー素材とかも多く、BGMもYouTuberの有名なフリー素材曲を使用したりのと結構あるので、本気度が見えない感じがしました。 ただ、流れに沿っているだけだな~って感じですね。 アフィリエイトするなら、信用がないと結構難しい世界・・ 俺もアフィリエイトやってみたいな~っとは一時期思ったけど、まだ勉強不足と信頼もまだないので、いつかやれたらいいなっと思います。 というか、アフィリエイト以前に違う事をしなくてはいけないから、継続できないけど!笑 もう一度言います。 ダメなアフィリエイトはステマするやつです 顔も出さない、人の画像、動画を借用し、いかにも自分が実践しましたタイプが「それだけじゃなくなんと有名な〇〇さんも使っており、9割が喜んで使ってました。 自分も〇〇を使ってて激変しました!」とかサイトとかリンクに飛ばすタイプです ちょっとあくどいやり方ですよね・・ホントかウソかわからないから怖い。 アフィリエイトってそういう印象付けられているから、嫌なんだけど・・ それだけじゃなく今回の広告 Vアフィリエイターは、 健全な他のVTuber達だけじゃなく、健全なアフィリエイターにも汚名がついてしまわないか?って思ったんですよね・・ アフィリエイトって、知らない人からすると、ちょっと詐欺臭いのがおおいんですよね。 その印象が付けられているからどうも嫌になるよねw これがいい広告モデルなのかは 、疑問点である 余談ですが 昔、TikTokのうざい広告とかTwitter有名でしたし。 あと荒野行動の広告も、うざいとTwitterでは定番でした。 でもその うざさで一回インストールして遊んでみようって方がいたと思う。 逆転の発想っていうの?笑 俺はその一部で一応 どっちも一回インストールしてやってみて、試したけど なんか、毎回やるのめんどくさいので、すぐアンインストールしました。

次の