ほうとう れい。 顔真卿

金銅宝塔鈴|奈良国立博物館

ほうとう れい

出自 [ ] (の弟子)の末裔と称した。 生まれはであり、『』で知られるの五世孫にあたる。 顔氏は代々学問で知られ、また能書家が多く、世に 学家と称された。 経歴 [ ] 顔惟貞の子として生まれた。 25年()に及第し、元年()に文詞秀逸科に挙げられ、に昇進し、内外の諸官を歴任した。 ただ、生来が剛直な性質であったが為に、権臣のに疎んじられ、天宝12載()にに降格された。 時まさにの軍の勢いが熾烈を極めた時期に当たり、や山東の各地がその勢力下に帰属する中にあって、顔真卿は、族兄(お互いの五世の前の男系祖先が同じ)で太守であったとあい呼応して、唐朝に対する義兵を挙げた。 その後、元載()に平原城を捨て、に避難中であったの許に馳せ参じて、憲部(尚書)に任じられ、をも加えられた。 「」 台湾 蔵 しかし、長安に帰った後、再度、勢力や宰相ののような実権者より妬まれ、反臣の淮南西道に対する慰諭の特使に任じられ、そこで捕えられた。 李希烈は真卿を惜しみ、自らの部下となるよう何度となく説得したが真卿は断固拒否し続け、唐への不変の忠誠心を表す「」を記すに至り李希烈は説得を断念、殺された。 この最期は非常に劇的であったため、後世の典型例として、に取り上げられている。 書 [ ] 顔氏は顔真卿以前より能書家の家系として知られており、真卿も壮年期にはにを学び、『』を残している。 楷書 [ ] 真卿は初唐以来の流行である流()の流麗で清爽な書法に反発し、「」の技法を確立した。 力強さと穏やかさとを兼ね備えた独特のがその特徴である。 では、顔真卿が貧しかった頃、に染みたの痕を見てこの書法を編み出したといわれている。 叔父・が編纂した「」の規範意識に基づく独自の字形を持つものも多いが、その字形は当時標準とされた楷書とは異なり、正統的な王羲之以来の楷書の伝統を破壊するものであったため、賞賛と批判が評価として入り混じっている。 これらの楷書は「顔体」(顔法、北魏流)とも呼ばれ、の一人として後世に大きな影響を与えた。 楷書作品には『』、『』、『』、『』などがある。 多宝塔碑 [ ] 『多宝塔碑』(たほうとうひ)の建碑は11年(752年)。 題額はの隷書、碑文は真卿44歳のときの楷書、撰文はによる。 題額の隷書は「大唐多宝塔感応碑」の8文字、碑文の初行には「大唐西京千福寺多宝仏塔感応碑文」とある。 この碑は長安の千福寺に勅命により建立したもので、僧の(698年 - 759年)が千福寺に多宝塔を建立した由来を記した碑である。 現在はに移されている。 現存する真卿の作品の中では最も若いときのもので、後年のいわゆる「顔法」と称される風骨は未だ十分に発揮されていないが、碑字にあまり損傷がなく、旧拓もあるため楷書の手本として広く用いられている。 顔勤礼碑 [ ] 『』(部分)顔真卿撰・書 『顔勤礼碑』(がんきんれいひ)の建碑は2年(759年)と14年(779年)の両説ある。 真卿ののの墓碑で、真卿の撰ならびに書の楷書碑である。 碑高は268cm、幅は92cmの四面刻であったが、最後の銘文のあった一側面が宋代に石材として利用され削られたことが『』に記録されている。 碑は永く土中にあったため文字が鮮明で、技巧的に洗練されて筆がよく冴えており、「顔法」を学ぶ上に最も重要な資料である。 顔氏家廟碑 [ ] 『顔氏家廟碑』(がんしかびょうひ、『顔惟貞廟碑』とも)の建碑は元年(780年)、真卿72歳の時の楷書碑である。 はの書で「顔氏家廟之碑」と3行に入れてある。 真卿が父の惟貞のために廟を造り、碑を建てて顔家の履歴を自ら述べたもので、西安碑林に現存する。 碑高は345cm、幅は160cmの四面刻で、両面は各24行・各行47字、両側は各6行・各行52字あり、全部で2000字をこえる力作である。 碑の保存もよく、拓本も多く伝わっており、真卿の楷書の代表作である。 行書 [ ] に関しては楷書と異なり、書の達人として王羲之に匹敵するとされており、文句なしの賞賛を受けている。 遺墨が多く残り、『』、『』、『』が特に有名である。 争座位帖 [ ] 詳細は「」を参照 後世への影響 [ ] 顔真卿の影響を受けた書家には、弘法大師()・・らがいる(書に造詣の深いのも、顔真卿の影響を受けていると語ったことがある)。 空海が唐に入った頃、が王羲之を否定して顔真卿を称揚する主張を行っていたため、空海が顔真卿の書風を好んだのではないかとは推測している。 日本でも中国でも、過去の歴史に於いては書道に於いては王羲之流が主流派であったため、顔真卿が評価されるようになったのは、でも実は 最近のことである。 日本ではが顔法の開拓者として名高い。 著書 [ ]• 顔魯公文集 伝記 [ ]• 『』巻128• 『』巻153• 「顔魯公行状」(『顔魯公文集』所収) 参考文献 [ ]• 『顔真卿』(、1964年)• 『』(、1971年)• 飯島春敬ほか 『書道辞典』(、1975年4月)• 西林昭一・鶴田一雄 「隋・唐」(『ヴィジュアル書芸術全集』第6巻 、1993年8月)• 『中国書道史事典』普及版(、2008年8月)• 星弘道 『顔真卿の書』(、2010年2月) 関連文献 [ ]• 『顔真卿伝』(法藏館、2019年)• 『書道芸術 第4巻 顔真卿 』(中央公論社、普及版1979年)• 『王羲之と顔真卿 二大書聖のかがやき』(平凡社・別冊太陽、2019年)。 富田淳監修 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - の著者で時代の顔真卿の幕下にいた。 外部リンク [ ]•

次の

文化遺産データベース

ほうとう れい

利根の恵みとともに、先人たちが町に残した文化財や遺跡の数々。 マップをクリックすると拡大図がご覧人れます。 (別ウィンドウで開きます。 ) 千代田町文化財一覧 1 銅五種鈴(どうごしゅれい) 国指定重要文化財 赤岩・光恩寺 「銅五種鈴(どうごしゅれい)」は、鎌倉時代の作品と推定される高さ約20cmの銅製の鈴で、密教法具(みっきょうほうぐ)として使われる、宝珠鈴(ほうじゅれい)、宝塔鈴(ほうとうれい)、五鈷鈴(ごこれい)、三鈷鈴(さんこれい)、独鈷鈴(とっこれい)の五種類がまとまって残っている数少ない貴重な文化財です。 (平成19年6月8日 国指定) 2 地蔵菩薩画像板碑(じぞうぼさつがぞういたび) 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 文永8年(1271年)の製作で、画像板碑としては最古に属するものです。 俗に、弘法大師「爪引(つまび)き地蔵」の愛称で親しまれ、人々の信仰(しんこう)を集めてきました。 当地方の歴史を考えるうえで欠くことのできない資料であり、鎌倉時代の石造美術品としても貴重なものです。 3 阿弥陀三尊像 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 阿弥陀如来(あみだにょらい)とその左右に脇侍(きょうじ)する観音(かんのん)・勢至(せいし)の両菩薩は、鎌倉時代初期の代表的作品で、豊麗な姿であらわされ、北関東におきえる定朝(じょうちょう)様式を伝える阿弥陀如来像と、宋朝(そうちょう)風の脇侍は、貴重な三尊像です。 4 仁王像 町指定重要文化財 木崎・東光寺 松材製寄木造り、差し首、玉眼(水晶)嵌(かん)入の彩色(さいしき)像で、造像年代は17世紀後半から18世紀初期頃と推定されます。 非凡な技法と独特の表現が各所に見られる優れた仁王像です。 5 寳林寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 新福寺・寳林寺 国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉の家老、黒田信濃守が館林の広済寺(こうさいじ)に寄進したものです。 館林城が廃城の際、同宗である寳林寺に本尊、什宝(じゅうほう)等とともに、この梵鐘が移されました。 当地方の歴史を語る貴重なものです。 6 光恩寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 赤岩・光恩寺 寳林寺の梵鐘とともに、国の重要美術品とされた名鐘で、撞座(つきざ)に金剛界五仏(こんごうかいごぶつ)の種子を配し、乳の間には、梵字(ぼんじ)百字真言が見事に鋳出(ちゅうしゅつ)されています。 江戸時代、五代将軍綱吉治政下で、学問・文化の興隆等々清新の気風がみなぎった、いわゆる元禄文化の一端を知るうえで貴重なものです。 48MB).

次の

芳燈れい(ほうとうれい)さんのプロフィールページ

ほうとう れい

スポンサーリンク• ステータス Cost3. 同時に敵軍複数を恐慌状態にし。 毎ターン一定の兵力が減少(ダメージ率29. 戦闘終了まで持続。 恐慌の効果が与えるダメージは回避を無視。 使用感 必ずお越しいただけるありがたい武将。 良い武将に恵まれない時、彼は主役に躍り出る。 といってもダメージをしっかり与えるすごい武将。 体感的にはlv50時には絶好調時12000程削ってくれる事もあった。 シッカリとした戦法を組めばかっちり戦える。 微課金・無課金ユーザーなら序盤は霊帝隊を作るつもりで戦法を用意。 その後手に入れた武将によって本格的に育てるかを決めると良さそうだ。 霊帝に関しては色々な情報があるので詳しく書かなくてもいいだろう。 大営において後半回復しない特性をうまく隠して戦うべし。 攻撃力にステータス配分していく構成と知略に配分して強兵兵法と使う構成。 色々楽しみ。 分析戦法も優秀。 分析か霊帝で遊ぶか。 この悩みと戦っていく事になるゲーム。 3ターン目からもしっかり戦えるし場所を選ばない戦法として理想的な選択だ。 火積は相手の強化を解除する事が可能。 強兵兵法と火積は入手経路が限られているものの手に入れたら是非使用してみたいコンボ技だ。 だがそれよりも手軽に霊帝の強さを体験できるので上記戦法が上位に挙がっているのだろう。 また対人戦として百戦精兵に変えている編成もある様だ。 速度を調整できるので対人戦においては多少ダメージを犠牲にしても早く相手に攻撃を与えたい…というコンセプトであるならば非常に有効だ。 知略・物理両方使用できる彼の編成案は多岐に渡る。 前半シーズンは漢陣営隊として。 後半は複合陣営編成にも。 また霊帝自体の評価は近年再評価されている。 実際中の人も分析にまわしちゃったりして後悔しているので是非育てておくと良いだろう。 ただ下記の中の霊帝編成は絶水渇敵がある為に稼働している編成案。 まだ日本には未実装なので現状ではゾンビ隊への対策が出来ない。 その為強さを実感する事は難しい。 霊帝のテンプレはその後時代の推移によって変化している。 どのシーズンでも活躍できるので是非育てておこう。 彼の性能を如何に引き出すか。 そこに勝敗が分かれるというくらいに。 他にも核となる武将はいるがS1から安定して入手できる武将は霊帝のみ。 入手したら大切に育てていきたい。 征服季では知略をフルに生かした編成が求められる。 主に大賞神降系列の編成の本営として。 準備ターンが少ない主戦法を持たせてダメージソースとしていく形が良いだろう。

次の