本牧 レストラン。 本牧ふ頭の「海員生協本牧レストラン」で天ぷらそば&生卵

イオン本牧

本牧 レストラン

必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 営業期間 営業時間:月〜土、祝前日: 11:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00)日、祝日: 10:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00) 定休日:なし 所在地 〒231-0000 神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10 交通アクセス 1 石川町駅よりバス16分。 元町バス停より99、107、105、106、108、127系統のバス乗車。 本牧宮原バス停下車。 左手です。 平均予算• 観光MAP• 印刷用MAP 交通アクセス 1 石川町駅よりバス16分。 元町バス停より99、107、105、106、108、127系統のバス乗車。 本牧宮原バス停下車。 左手です。 営業期間 営業時間:月〜土、祝前日: 11:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00)日、祝日: 10:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00) 定休日:なし 駐車場 あり(平日:10台、土日:30台の駐車OK) お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 045-623-3960(11:00〜21:30) 最近の編集者 ホットペッパーグルメ 新規作成 このスポットに掲載している内容はホットペッパーが提供している情報のため、ユーザの皆様は編集をすることができません。 情報更新日:2020年06月13日• 情報提供元: 滞在時間•

次の

本牧ふ頭の「海員生協本牧レストラン」で豚バラビビンバ丼のお持ち帰り

本牧 レストラン

前身は旧が前に開発した マイカル本牧(マイカルほんもく)で、の1号店でもある。 概要 [ ] に、マイカルを吸収合併したは、マイカル本牧を 「イオン本牧」、本牧サティを 「イオン本牧店」に名称変更した。 マイカルから受け継いだ棟は1番街・3番街のみである。 マイカル本牧時代 [ ] の後、はの管理下に置かれ、軍人やその家族の居住地として接収された。 の本牧米軍接収地返還式を以って日本に土地が返還された事により、新本牧地区(約8. 8ha)は再開発の機運が高まった。 再開発に当たり、は新本牧地区を「街づくりの実験台」と位置づけ、同区をセンター地区・表通り一地区・表通り二地区の3つに分けた。 そのうち、センター地区には市からの委託を受けて既に出店表明していたが、に行われたを経て同社初のを手掛ける事となった。 開発に当たり、新本牧地区商業課発基本策定委員会はセンター地区を単に物販販売施設だけでなく文化施設等をふんだんに取り入れたリゾート性の高い商業地域にする事を提案。 この提案を受けてニチイは、六区画に分かれているセンター地区を一体開発して全体の半分以上を非物販施設にして、商業施設には、、、スポーツ施設の導入する報告書を纏めた。 仮称SC名称は 本牧ポート・ヒル。 に開かれたテナント募集の説明会には約1000人の希望者が集まった。 一番高いテナント料金は5番街の1階の契約面積3. 3㎡当たり補償金が400万円、賃貸料が同月間4万円に加え売り上げ歩合だとされている。 にニチイがマイカル宣言を行う。 当時ニチイの社長だった小林敏峯はSC名称にもマイカルを使おうと提案。 マイカル宣言通りの理念に沿った未来都市の1号店として、寸前のに マイカル本牧が誕生した。 目標年商は320億円。 ニチイはや等の観光拠点が近い事に注目、当施設を「都会派消費者がくつろぎ、楽しめるアーバンリゾート型ショッピングセンター」と位置づけた。 更に東京や遠方からの客もターゲットにする為、本牧だけにしかない専門店を集中してテナントとして出店させており、大型複合ショッピングセンターのパイオニアともいえる存在であった。 ・ネビューラといったニチイグループの専門店の他、外資系・日系の飲食店、やといった海外ブランド専門店、住宅機器・外車専門のショールーム、・・が入居する、ニューヨークのとの提携による多目的イベントホール、、等、計234のテナントが1番街から6番街の建物に入居した。 マイカル本牧はスペイン風にしており、近隣の道路もそれに合わせてイスパニア通りと命名されている。 建物はでを採用。 開業当初、6棟体制であったが最終的には計10棟が完成している。 なお、新本牧地区に建てられる建築物は美観を維持統一する為、屋根に勾配をつけ、外壁の色は原色を避け無ければならない為、建築協定に則りマイカル本牧の建物全ての屋根に勾配がついている。 開業1か月後の来場者数や売上はニチイが当初予想していたものを上回る形となった。 更に1年後には来場客数1500万人を達成、そして商業施設として横浜市の2つの賞に受賞 する等、順風満帆であったように見えたマイカル本牧だが、実際には約70億円の不動産取得費を含めた事業費約400億円の投資が足を引っ張る形となっていた。 1990年代に入ると、の影響でテナント料金が急騰し多くのテナントが撤退。 には等の新名所の完成でが頭角を現した事により、交通アクセスの悪いマイカル本牧の客足が徐々に奪われていった。 これを受け3月より、ニチイ(1996年より)はの強化等、マイカル本牧の全面改装に踏み切る ものの、客足やテナント流出に歯止めがかからず、マイカル自体の業績悪化に加えて、見据えていたの本牧延伸が採算が合わないとして議論が凍結した事に伴い2000年までに衰退していった。 経営再建の為、マイカルは大半の建物を売却し、末期にはサティの1番街と金融と駐車場の3番街のみの2棟体制となった。 、の下で経営再建されたが吸収合併で消滅する事となり、マイカル本牧は約22年の歴史に幕を下ろした。 ペデストリアンデッキ [ ] このモールは前述にもある通り、一つの広大な建物内に各ジャンル別ゾーンがあったり、本館があり別館がある方式でもなく、目的ジャンル毎に別棟なのが特徴である。 街計画と共に建設され、中核となる棟やその他の棟とは公道を挟んで分断される形になった。 公道を挟んだ各棟とは連絡通路としてペデストリアンデッキで繋がっている。 法律上、公道を跨いだ連絡通路をマイカル(民間)が設置する事が出来ない。 だが、回遊性の都合などから連絡通路は必要不可欠であった。 マイカルは建物周辺の公園へ続くプロムナード(市道)計画があることに着目し、マイカル側がペデストリアンデッキを建設して横浜市へ無償譲渡することで決着がついた。 そのため各施設の一部と思えるペデストリアンは横浜市の市道である。 各棟の変遷 [ ] 今では珍しく、建物ごとに各ブランドの店を入れていた。 マイカル本牧時代は全12番街までの計10館の建物があった(4番街・9番街はにより)。 上述の通り、景気の衰退や時代の変化に伴い、当初は10棟あったが、2・7・8・12番街の4棟が解体され、1・3・5・6・10・11番街の6棟が残るのみである。 また解体された各棟はマンションになりかつての面影は少ない。 1番街(本牧サティ) 現在は本牧店となっている。 2番街(SATY生活用品館)(現存しない) 後に、本牧サティの子供雑貨売場であるKidsTownを経てテナントの撤退により長らく閉鎖が続いていたが、マイカルが1億9300万円で売却した後に解体。 2008年3月に分譲マンションの「ザ・レジデンス本牧 横浜ベイサイド」が誕生した。 その際、ペデストリアンデッキが残されマンションと直結し、下層階にはテナントスペースとなって周辺へ配慮された作りになっている。 社員食堂や運営事務所はこの2番街に置かれていた。 駐車場はイオン本牧店の駐車場として現在も使用されている。 5番街(ファッション・レストラン・雑貨・ライブハウス・映画館・フィットネス) のクラブ「」との提携で生まれたライブハウス「アポロシアター」や、映画館「シネスクエア本牧」が入居するなど、マイカル本牧の中で一番大きな建物であった。 2005年秋に完全閉鎖し、マイカルは沖創建設に2億1300万円で売却した。 その後、沖創建設が破綻し、ユニディオコーポレーションに売却されて「シュロア本牧」として5番街を再生する計画があったが、それも頓挫しゲオエステート(現・)に売却され「ベイタウン本牧5番街」として営業を続けている。 6番街(ショールーム・駐車場) オープン当初は本牧などの自動車ディーラーとファストフード店、が設置されていた。 1996年の大幅改装によりフードコート・パチンコ店・シネマコンプレックス「マイカル松竹シネマズ本牧」が開業。 運営母体の変更で2004年に本牧となったが、競合のシネマコンプレックスが登場したことや、3Dに対応出来ない事などを理由に2011年1月16日に閉館となった。 フードコートも閉鎖され、その後、パチンコ店とフィットネスクラブになっている。 7番街(ホテル ル・ファール本牧)(現存しない) ニチイが初進出した都市ホテル事業としてに開業。 運営はニチイの完全子会社「ホテル ル・ファール」。 建物は地上12階・地下1階でが賃借する形を取っていた。 の内装を担当したフランスの が内装を担当した。 マイカルの経営悪化後に閉鎖・解体され、現在はマンションの「グランドメゾン本牧」になった。 8番街(ファーストフード・駐車場)(現存しない) 閉鎖し、解体された。 跡地は分譲マンションのアトレ横浜本牧。 10番街(ファーストフード・駐車場) 閉鎖し、ベイタウン本牧5番街の駐車場として再オープン。 テナント部分は閉鎖。 11番街(クリニック・ドラッグ・日本料理・駐車場) 現在は本牧エスタとなっている。 12番街(ポパイ本牧店)(現存しない) 閉鎖・解体後、現在はマンションが立地。 交通 [ ] 駅からは遠いため、車かバスが主な交通手段になる。 「和田山口」バス停下車• JR下車• 元町停留所より横浜市営バス99,101,105,106系統• JR根岸線下車• 横浜市営バス222系統• JR根岸線下車• 1番乗り場より横浜市営バス58,99,101系統• JR根岸線、下車• 2番乗り場より横浜市営バス8,58,148 急行 系統• 8番乗り場より横浜市営バス99系統• 10番乗り場より134系統• 11番乗り場より横浜市営バス101,105,106系統• JR各線、、、、、横浜市営地下鉄下車• 東口2番乗り場より横浜市営バス8,58,148 急行 系統• 東口4番乗り場より横浜市営バス105系統 営業時間 [ ]• 日経流通新聞 1986年2月13日 4面 横浜の新本牧地区開発、ニチイ、計画作成急ぐ 初のデベロッパー業務より• 日本経済新聞 1986年1月30日 地方経済 5面 横浜・新本牧、商業開発構想まとまる ニチイ63年秋開店 リゾート性重視をより• 日経流通新聞 1988年3月5日 4面 ニチイ、新本牧店周辺のテナントを募集より• 日経流通新聞 1988年3月15日 11面 ニチイの横浜「ポート・ヒル」。 テナント希望者千人より• 日経産業新聞 1989年5月19日 23面 横浜・新本牧 国際色豊かに街づくり、美観重視(大規模開発を点検する)より• 日経流通新聞 1989年6月6日 11面 ニチイのマイカル本牧、好調な滑り出し 目標年商上回るペースより• 日本経済新聞 1990年1月31日 地域経済 神奈川 26面 横浜市、マイカル本牧など19件 街作り功労賞・景観賞より• 朝日新聞 1996年5月8日 経済 3面 ニチイ 小林敏峯社長(うちの戦略)より• 日経流通新聞 1991年12月12日 1面 テナントが逃げる、SC選別の時代 家賃高騰採算割れ大型SC、強気が裏目より• 日本経済新聞 1996年3月9日 地方経済 神奈川 26面 マイカル本牧、20日に新装開業より• 日経流通新聞 1992年11月24日 7面 ニチイ、「SCホテル」30日開業 横浜・マイカル本牧により 参考文献 [ ]• 山下剛『MYCALグループ 時代の感性を読む経営』講談社、1990年12月。 関連項目 [ ]• - 作中ロケ地として登場し、エンドロールでは撮影協力としてマイカル本牧の名称も登場する。 - 作中ロケ地として登場し、マイカル本牧の名称も登場する。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

本牧館 本店 (横浜市) 最新のレストランの口コミ(2020年)

本牧 レストラン

必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 営業期間 営業時間:月〜土、祝前日: 11:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00)日、祝日: 10:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00) 定休日:なし 所在地 〒231-0000 神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10 交通アクセス 1 石川町駅よりバス16分。 元町バス停より99、107、105、106、108、127系統のバス乗車。 本牧宮原バス停下車。 左手です。 平均予算• 観光MAP• 印刷用MAP 交通アクセス 1 石川町駅よりバス16分。 元町バス停より99、107、105、106、108、127系統のバス乗車。 本牧宮原バス停下車。 左手です。 営業期間 営業時間:月〜土、祝前日: 11:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00)日、祝日: 10:30〜20:30 (料理L. 20:00 ドリンクL. 20:00) 定休日:なし 駐車場 あり(平日:10台、土日:30台の駐車OK) お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 045-623-3960(11:00〜21:30) 最近の編集者 ホットペッパーグルメ 新規作成 このスポットに掲載している内容はホットペッパーが提供している情報のため、ユーザの皆様は編集をすることができません。 情報更新日:2020年06月13日• 情報提供元: 滞在時間•

次の