熱性 痙攣 対応。 【熱性けいれん】小児科医が教える正しい対処方法!!

【熱性けいれん】小児科医が教える正しい対処方法!!

熱性 痙攣 対応

子どもが突然けいれんを起こし、意識を失ったりしたら、驚いてしまう保護者の方も多いのではないかと思います。 しかし、正しい知識を持っていれば冷静に対処することができます。 子どもが熱性けいれんを起こしたときには、以下のような対処法を実践してください。 <けいれん時の対処法> ・首の周りなどを締め付けないように衣服を緩めてください ・抱きかかえず、平らなところに寝かせてください ・嘔吐や口の中に固形物がある場合は、顔を左に向けて吐いた物が気道に詰まらないようにしてください ・口や鼻の周りの吐物を拭き取ってください ・診察時にそなえて、けいれんの様子(左右差)や持続時間、体温などを確認しておいてください。 余裕があれば不謹慎だと思わずに動画などを撮影してください(診察時、てんかんとの鑑別に役立ちます)。 <してはいけないこと> ・大声で名前を呼んだり、身体を揺すったりしない(刺激となり、けいれんが長引く場合があります) ・「舌を噛まないように」と口の中に物を入れたりしない(熱性けいれんで舌を噛むことはほとんどありません。 また、噛む力はかなり強いため、ケガをする恐れがあります) 病院に行くor&119番が必要なのはどんなとき? 多くの場合、熱性けいれんは数分以内に治まります。 数分以内で治まるけいれんであれば、ほとんどのケースにおいて救急車を呼んだり病院に行ったりする必要はありません。 しかし中には、緊急性が高く救急車を呼ばなければならないケースや、緊急性は高くないが複雑型の疑いがあり検査の必要があるためけいれんが治まったあとに速やかに病院へ行ったほうがよいケースがあります。 緊急性を判断する上では以下の目安を参考にしてみてください。 #8000番に電話すると、お住まいの都道府県の相談窓口つながります。 そこで小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などのアドバイスを受けることができます。 熱性けいれん時以外にも使用することができます。 #8000番に電話をして状況を伝えることで、医師や看護師の適切な指示を受けることができ、子どもの保護者も、その場の対処や救急車・通院の判断を行いやすくなります。 同じようにけいれんを症状とする疾患にてんかんがあります。 てんかんとは、大脳の神経細胞が過剰に興奮することで発作が起こる慢性的な脳の疾患のことです。 熱性けいれんが起こるのは主に発熱時に限られますが、 てんかんの場合は発熱時以外にも発作が起こります。 また 熱性けいれんは主に乳幼児期に限って発症するのに対し、てんかんは発症してから長く治療し続ける疾患です。 てんかんは、意識を失い全身をけいれんさせる大発作、身体の一部がピクッと動く発作、話の途中でぼんやりしてしまう発作などがあり、必ずしもけいれんを伴うものではないことも特徴です。 一般的なてんかん発症率の0. 5%程度といわれています。 このため、何らかの関係が存在すると考えられていますが、詳しいことはわかっていません。 単純型熱性けいれんの場合は自然と治るため特に問題はありませんが、複雑型熱性けいれんの場合はてんかんなどとの合併症の疑いがあるため検査を行います。 検査を行うのは大体2回目のけいれんが起こった後だといわれています。 初めてのけいれんでパニックを起こしている状態でよく観察できていない場合や、けいれんが1回だけで終わる人もいるためです。 ・てんかんや急性脳症との鑑別が必要なとき 発達の遅れ、発作後のマヒ、複雑型熱性けいれんで部分発作があった場合はCTとMRIを行います。 ・細菌性髄膜炎との鑑別が必要なとき 髄膜刺激症状と30分以上の意識障害が伴う場合には髄膜検査を行います。 髄膜刺激症状とは首の硬直や膝を曲げた状態で股関節を直角に屈曲し、そのまま膝を伸ばそうとすると抵抗があることをいいます(ケルニッヒ徴候)などがあります。 その他にも医師が必要と認める検査を受けることがあります。 まとめ 熱性けいれんを初めて目の当たりにすると、そのショッキングな症状に保護者や周囲の人はパニックを起こしてしまうこともあります。 熱性けいれんの70~85%が一過性のもので再発することはないといわれていますが、保護者は子どもが発熱する度にいつ再発するか分からないという恐怖心が植え付けられます。 しかしけいれんは数分で治まり、脳の発達によって5~6歳までに発症しなくなるといわれていますし、熱性けいれんは10人に1人がかかるような日常にありふれた疾患のひとつです。 大きな病気ではないので安心して、その都度落ち着いて対応することを心がけましょう。 熱性けいれんを起こさないためにも日頃から風邪や感染症を予防することは大切です。 子どもだけではなく、周囲の大人たちも予防につとめましょう。 もし熱性けいれんが起こった場合には、#8000番を利用するなど冷静な判断で対処・判断をしてください。 はじめてけいれんが起こった際や単純型・複雑型どちらのけいれんか判断できない場合などは、迷わず病院へ行くことをおすすめします。

次の

熱性痙攣2回目は危険!医者の対応が曖昧で1歳の息子が心臓停止に!

熱性 痙攣 対応

ただし、他に髄膜炎や脳炎などの中枢神経感染症や代謝異常など明らかな発作の原因がなく、てんかんの既往がない場合に限られます。 乳幼児の脳はまだ未熟ですので、高熱という刺激に過剰に反応して熱性痙攣を起こしますが、成長して脳が成熟すると、高熱を出しても過剰な反応を起こしにくくなります。 そのため、熱性痙攣は基本的に5歳ごろまでしか起こらず、8歳以上になると起こさなくなるのです。 熱性痙攣の原因となる疾患は、インフルエンザや風邪、ヘルパンギーナ、突発性発疹などで、これらの疾患で発熱したことをきっかけとして、熱性痙攣を起こします。 また、熱性痙攣は遺伝的な要素が強く、両親や兄弟の中に子どもの頃に熱性痙攣の既往がある人がいると、熱性痙攣を起こすリスクが高くなると言われています。 熱性痙攣は日本人の5~6%が起こしたことがある病気です。 1)また、初めて熱性痙攣を起こす年齢は3歳未満が約80%を占めていて、3歳以上で初めて熱性痙攣を起こすのはあまり多くありません。 2、熱性痙攣の症状 熱性痙攣の症状は、次のようなものがあります。 ・全身の強直間代性けいれん ・意識消失 ・チアノーゼの出現 この3つが熱性痙攣の特徴です。 強直間代性けいれんとは「強直=こわばる」、「間代=ガクガクする」ですので、四肢が硬直してこわばり、その後にガクガクと震えるような痙攣です。 この時に、眼球が上転し、白目をむくことが多くなります。 また、熱性痙攣が起こっている時には、呼びかけに反応がなく、意識を消失していて、顔にチアノーゼが現れるようになります。 明らかな熱性痙攣の症状ではないのものの、意識がぼんやりとしていて、数分間一点を見つめるような症状も熱性痙攣の1つと考えられています。 これらの症状はたいてい5分以内に消失し、その後は元の意識状態に戻るか、グッスリと眠り込むようになります。 熱性痙攣は単純型熱性痙攣と複雑型熱性痙攣に分けることができます。 次の3項目のうち1つでも当てはまると複雑型熱性痙攣に分類されます。 焦点性発作(部分発作)の要素がある• 発作が15分以上持続する• 1回の発熱で24時間以内に複数回の発作がある これに1つでも当てはまれば複雑型熱性痙攣になり、当てはまらないと単純型熱性痙攣になります。 単純型熱性痙攣は脳に後遺症を残すことはなく、てんかんの発症率は一般と差はないものの、複雑型熱性痙攣はてんかんへ移行するリスクが高くなります。 3、熱性痙攣の小児に対する看護 熱性痙攣は乳幼児が起こしますので、小児科の看護師さんは熱性痙攣を起こした子どもへの看護をきちんと把握しておく必要があります。 3-1、熱性痙攣の看護問題 熱性痙攣を起こした子どもの看護問題は、次の3つがあります。 ・けいれん発作による危険 ・高熱 ・家族の不安 この3つの看護問題を1つ1つ確認していきましょう。 また、意識も消失します。 発作が起こっている時には、口から泡が出たり、嘔吐したりすることがあり、吐物で窒息する可能性があります。 また、ベッドからの転落やベッド柵への衝突などで怪我を負う危険もあります。 熱性痙攣が起こるほどの高熱は、放置しておくと、体力の消耗につながりますので、看護介入が必要になります。 また、強直間代性発作を起こしている時に、子どもを揺さぶったり、舌を噛んではいけないからと割り箸やフォークなどを口に入れようとするなど、間違った対処法を実践しようとすることもあります。 3-2、熱性痙攣の看護目標と看護計画 熱性痙攣の看護目標と看護計画を、先ほどの看護問題をもとにして立案してみましょう。 看護目標 ・けいれん発作中の安全を確保できる ・適切な時期に解熱できる ・家族の不安を軽減し、正しい知識を持ってもらう OP(観察項目) ・けいれん発作の状況 ・けいれん発作の持続時間 ・バイタルサイン ・前駆症状(振戦や不安、頭痛等)の有無 ・けいれんの型 ・眼球移動の有無 ・嘔吐の有無 ・チアノーゼの有無 ・意識状態や麻痺の有無 ・食事や水分摂取量 ・発作後の様子 TP(ケア項目) ・けいれん時の安全確保 ・体位の工夫 ・気道の確保 ・医師の指示に基づく与薬 ・発熱時のクーリング ・家族や患児への精神的な支援 ・家族からの情報収集 ・ベッド柵を上げておく ・必要であれば、ベッド柵の患児の間にクッションを置いて、ぶつからないようにする EP(教育項目) ・振戦や不安、頭痛などの前駆症状があれば、すぐに知らせてもらう ・発作予防や発作時の対処の指導 ・熱性痙攣についての正しい知識の指導 3-3、熱性痙攣の看護観察のポイント 熱性痙攣を起こした患児の看護をする時には、看護師は熱性痙攣の症状をきちんと観察しておく必要があります。 複雑型熱性痙攣の場合は脳波等の検査の必要がありますし、熱性痙攣ではなく、脳炎や髄膜炎による痙攣の可能性があります。 そのため、看護師は「ただの熱性痙攣だろう」と判断せずに、どのような痙攣だったのかを観察しておかなくてはいけないのです。 <熱性痙攣の観察ポイント> ・痙攣発作の持続時間 ・発作はいつ頃、どこで、どんな時に起きたか ・嘔吐はあるか ・全身性か部分性か ・痙攣の部位、左右対称か ・けいれんの型 ・眼球移動の有無 ・意識の有無 ・嘔吐の有無 ・チアノーゼの有無 このようなことを観察し、速やかに医師に報告するようにしましょう。 3-4、熱性痙攣の看護対応 熱性痙攣を起こした患児には、ただ観察していれば良いというわけではありません。 観察も重要ですが、きちんと対応して、患児の安全を確保しなければいけません。 熱性痙攣を起こすと、嘔吐して、窒息してしまう可能性があります。 そのため、まずは顔を横向きにして、衣服を緩めて寝かせるようにしましょう。 この時に、痙攣していると、ベッドから転落したり、ベッド柵にぶつかったりする可能性がありますので、安全確保にも努めてください。 熱性痙攣を起こしていても、舌をかみ切って死ぬことはありません。 それよりも口に入れたものを誤飲したり、口の中を傷つける可能性がありますので、口の中には何も入れてはいけないのです。 でも、余計な刺激を与えると、痙攣を長引かせる可能性がありますので、横向きにして安全を確保したら、痙攣が終わるまでは余計な刺激を与えずに、観察を続けなければいけません。 解熱剤で熱を下げると、薬の効果が切れて、また熱が上がる時にまた熱性痙攣を起こしやすくなります。 必ず痙攣止めの座薬を使ってから、30分後に解熱剤の座薬を使うようにしなければいけません。 まとめ 熱性痙攣の基礎知識や症状、看護問題、看護目標・計画、観察、対応のポイントをまとめました。 乳幼児の熱性痙攣は、珍しい疾患ではありませんが、正しい知識を持って、適切な観察・対応を行えるようにしましょう。 参考文献 1)|日本医師会 jdepo.

次の

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説します【LITALICO発達ナビ】

熱性 痙攣 対応

保育士ヨーコです。 小さい子どもの辛そうな姿を見るは、いつになっても慣れることがなさそうです…。 特に熱性けいれんは、初めて直面した時「え?え?どうしよう!」と泣きそうになりました。 白目をむいて手足をつっぱって朦朧としてる子どもを目の前にして、冷静に対処できる自信がありますか? 私は病児保育室にお手伝いで入ったことがあるのですが、看護師さんの的確な指示と行動はさすがでした。 熱性けいれんは突然起こることもあるので、当然 保育園でけいれんを起こす可能性もあります。 そうなった時に少しでも冷静にきちんと対応できるようにしておきたいですよね。 熱性けいれんとは、起きたらどうしたらいいのか、などをまとめてみました。 けいれん発作は3~5分で治まり,生命の危険はない。 5歳以下のに好発し,ことに1歳代にピークがある。 になると自然に消失する。 発熱の際,解熱剤やを投与すると,予防できる。 激しいけいれん発作が長時間にわたる場合には,を疑う必要がある。 より引用 日本では、 6歳未満児の10人に1人の割合で熱性けいれんを起こすと言われています。 それだけ身近なことだってことですよね。 熱性けいれんで覚えておきたい基本事項は以下の通り。 けいれんは2~3分で治まることが多い• 高熱がでて24時間以内に起きることが多い• 遺伝することが多い• 1~2歳児がピーク 熱性けいれんが起こった時の基本対応• まず落ち着くこと!• 危険物のない広い場所に寝かせる。 洋服の締め付けをなくす。 特に首回り• 軌道を確保できるように頭を反らし気味にする。 嘔吐することがあるので、窒息しないように顔を横に向ける。 口の中に物があれば取り出す。 時計を確認し、発作時間を計る。 呼吸を確認する。 けいれんが治まったら、体温を測る。 元に戻るまでそばにいる。 してはいけないこと• 歯を食いしばっているから、口の中に物を入れる。 ケガをする恐れ• 大声で呼んで、体を揺する。 治まってすぐに飲み物を与える。 慌てて子どもから目を離す。 熱性けいれんには2種類ある 単純型熱性けいれん• 15分未満で治まる• 全身が震える 複雑型熱性けいれん• 15分以上続く• 体の半分だけが震える 熱性けいれんの 多くは単純型熱性けいれんで、即座に命に関わるような心配はありません。 ここで補足ですが、冒頭でも記載したように 熱性けいれんというと「手足をつっぱって、歯をくいしばって…」というイメージじゃないですか? それとは真逆で脱力するタイプの熱性けいれんもあります。 ぐにゃっと力なく倒れこんで、呼びかけにも反応しないという症状の場合もありますから要注意です。 保育中に熱性けいれんを起こしたらすべき行動 とにかく慌てないこと!! 子どものそばを絶対に離れずに、助けを呼びましょう。 園常駐の看護師がいればすぐに来てもらいます。 1人が子どもの対応をして、もう1人は経過をメモします。 絶対にそばを離れないで経過観察してください。 発熱の時点で保護者への連絡は済んでいると思いますが、けいれんを起こしたこともお伝えした方がいいでしょう。 救急車を呼ぶべき症状• けいれんが3~5分以上続く• 繰り返し発作が起きる• 初めての発作• 1歳未満児の発作• 左右非対称のけいれん• 意識障害がある• けいれんの前後に嘔吐がある• 昏睡状態や麻痺がある きちんと対応マニュアルがある場合は、それに従いましょう。 また、この記事を読んでマニュアルが不完全だと思ったら改善を提案してみてくださいね。

次の