アドマイヤ 武豊。 JRA岩田望来「騎乗停止」に武豊もガッカリ!? 単勝1.7倍「アドマイヤ2連勝」がゴール目前の痛恨不利で……

藤田伸二氏がアドマイヤ武豊を絶賛www

アドマイヤ 武豊

経歴 [ ] 競走馬時代 [ ] デビュー前(0歳〜1歳) [ ] のでは1600万円で落札された。 育成段階では1日も調教を休むことなく、育成スタッフに丈夫な印象をもたれていた。 関係者からは早くもクラシック候補と言われていた。 2歳 [ ] 、の第5競走でデビューし、5番人気ながら勝利を挙げる。 以降とコンビを組み、、と3連勝した。 4戦目のでは1番人気に推されるもに交わされハナ差の2着に終わり、初の敗北を喫した。 3歳 [ ] はからスタートし、この競走からに乗り替わった。 2番人気に推されると、先行した1番人気のを最後の直線で差しきり2勝目をあげた。 続いてのでは、唯一敗戦を喫した相手であるサクラメガワンダーを最後の直線で差し切り勝利。 皐月賞の優先出走権を得た。 武豊が無敗での皐月賞出走となったとどちらに騎乗するか注目されたが、アドマイヤムーンに騎乗した。 しかしの4着に敗れ、フサイチジャンクにも先着を許した。 さらに次走でもとどちらに騎乗するかが注目されたが武豊はアドマイヤムーンに騎乗した。 またしてもメイショウサムソンの7着に敗れ、アドマイヤメインにも先着を許した。 夏はに出走。 このレースが初のとの対決となったが、後に鞍上の武が「札幌記念から馬が変わってきた」と振り返った通りに後方から差し切り勝利を収め、での雪辱を果たした。 次走はではなく、に出走した。 この時、から帰国したもメンバー登録をしており、近藤が「ディープが(天皇賞に)出走しても豊は譲らん! 」と発言していたため、ディープインパクトが出走した場合武豊がどちらを選択するのか話題になったが、結局ディープインパクトは回避した。 レースは後方から追い込んだものの届かず3着に敗れた。 その後に出走。 凱旋門賞2着馬のに僅かの差で2着に敗れた。 4歳 [ ] 2007年はからスタートした。 59のを背負い、また2着のが出走したこともあってポップロックに次ぐ2番人気に留まった。 しかしレースでは中団から鋭く伸び、最後はポップロックの追い込みをクビ差だけ粘り切り勝利を収めた。 その後ドバイデューティーフリーに出走し、やこの年のを制する、といった強豪を抑えて勝利。 悲願のG1初制覇は海外遠征によるもので、このレースでのは125と評価された。 その後、日本では未だ異例とも言える海外を転戦するローテーションを組み、ドバイから日本へは戻らず直接香港に移動し、香港G1・に出走した。 しかし、後方から追い込むもスローペースのレース展開があわず、3着に終わる。 帰国後はに向け調整が進められたが武豊の降板が決定し、への乗り替りとなった(それまでのだった武豊はポップロックに騎乗した)。 国内GI初制覇を果たすと共に、皐月賞と日本ダービーで苦杯をなめさせらたメイショウサムソンに雪辱を果たした。 レースでのレーティングは前年の覇者ディープインパクトと同じ124ポンドと評価された。 また、に発表されたの2007年度上半期において125ポンド(Mile)の評価を得た。 レース後、天皇賞(秋)を目指してに放牧中だったに「ダーレー・グループ」の日本であるへと所有権が移転されたことが明らかとなり、に所有権の移譲がによって行われた。 日本国内での馬主変更という形となり、厩舎は厩舎所属のままとなった。 には前哨戦を使わずにへ直行することが発表された。 当馬はその後ノーザンファームに移動し、に帰厩した。 に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、宝塚記念を制したことにより122ポンドの評価を得て15位タイとなった。 なお、前年と同じく香港カップに予備登録を行っていたが、にの影響で検疫期間が1ヶ月かかることから回避することとなった。 ジャパンカップ勝利後ウイニングランを行うアドマイヤムーンと岩田康誠 そして迎えた天皇賞(秋)では4ヶ月ぶりの実戦ながら2番人気に支持され、鞍上にかつての主戦騎手・武豊を迎えたメイショウサムソンとの今年2度目の対決であったが、直線で他馬からの走行妨害があったことも響き6着という結果に終わり、圧勝したメイショウサムソンとは対照的な結果となった。 このレースの後のに、からにて種牡馬入りし、初年度の種付料が同場最高額の500万円(受胎確認後9月末日支払い、フリーリターン特約付き)となること、天皇賞(秋)で他馬と接触した影響がなかったことから、のに出走することが発表された。 また、に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、前回と同じ122ポンドの評価を得たが、順位は17位タイとなった。 ジャパンカップでは前走敗れたことや、距離不安をささやかれていたこともあり5番人気にとどまる。 掛かったことも影響してか道中は普段よりも前方でレースを進め、ロスの少ない内側を通って直線で早めに先頭に立つと、最後はポップロックの追撃をアタマ差しのぎきり勝利を飾った。 大方の予想では後方からレースを進めると予想されたが、それとは違い先行して押し切るという新境地を見せた。 レース後、このレースをもって現役を引退することが発表され、2007年付で競走馬登録を抹消、翌に北海道のダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスに移動した。 なお、アドマイヤムーン自身の登録抹消年月日は12月4日となっているが、引退発表後の付でダーレー・ジャパン・ファームは中央競馬の馬主登録抹消手続きを行っている。 ちなみに、出走に至らなかったが、に発表されたファン投票の最終結果で5位となる6万4886票を獲得した。 に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、ジャパンカップを制したことにより123ポンドの評価を得た。 さらにに発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、日本馬のなかで最高位となる123ポンドの評価を得て11位タイとなった。 競走馬引退後 [ ] 2007年度のが に発表され、年度代表馬とを受賞した。 またには2007年度のが発表され、日本馬最高の125ポンドを獲得し、を制した(English Channel)とを9馬身差で制した(Soldier of Fortune)と並ぶ総合7位タイにランキングした。 に発表されたトップ50ワールドリーディングホース(対象期間は2007年10月1日から2008年3月31日までのレース)では、123ポンドの評価を得て日本馬最上位の第5位タイとなった。 種牡馬時代 [ ] に種牡馬入り後初めての展示会に参加し、競走馬時代よりも約50kg増えた530kgで登場した。 父と相性の良かったとの交配も行われる。 初年度の種付け料は500万円と設定され、初年度には300頭を超える種付け希望から厳選した138頭の牝馬との種付けを行い、種付け頭数を抑えたため受胎率も極めて良好である。 なお、種牡馬生活2年目となるの種付け料は400万円(出生条件:産駒誕生後30日以内支払)に設定された。 また、この年は前年に申込のオファーを絞りすぎた反省からか、種付け頭数を大きく増やして195頭の牝馬との種付けを行った。 に初年度産駒がデビュー。 同年のをが優勝し、重賞初勝利をあげた。 その後も、堅実に産駒が活躍。 GI・グレード制重賞優勝馬 [ ] 太字はGI競走。 2009年産• ファインチョイス(2011年)• (2011年、2012年)• (2012年、2013年、)• (2013年、、、2014年、2015年、阪神ジャンプステークス)• アルキメデス(2013年)• 2012年産• ブラックムーン (2018年)• 2013年産• (2017年 、2018年)• (2017年セントウルステークス、2018年、 高松宮記念、セントウルステークス、 )• (2018年)• ファインニードル(2013年産) 地方重賞優勝馬 [ ]• 2010年産• コウセン(2017年桂樹杯、ハーベストカップ、)• 2011年産• ムーンドロップ(2014年サファイア賞)• 2012年産• 16 6 11 8. 0(5人) 1着 54 芝1800(良) 1:54. 4(35. 9) -0. 4 (グラスウィーク) 8. OP 10 8 10 2. 4(1人) 1着 本田優 54 芝1500m(良) 1:29. 5(35. 6) -0. 0 (ニシノアンサー) 10. 札幌 GIII 13 8 13 2. 9(1人) 1着 本田優 55 芝1800m(良) 1:50. 4(35. 5) -0. 2 (ディープエアー) 12. GIII 12 6 8 2. 2(1人) 2着 本田優 55 芝2000m(良) 2:01. 9(34. 8) 0. GIII 11 1 1 2. 8(2人) 1着 57 芝1800m(良) 1:48. 4(33. 9) -0. 1 () 3. GII 10 2 2 1. 6(1人) 1着 武豊 57 芝2000m(良) 2:01. 5(34. 7) -0. 1 (グロリアスウィーク) 4. 中山 GI 18 7 15 2. 2(1人) 4着 武豊 57 芝2000m(良) 2:00. 4(34. 8) 0. 5 5. 東京 GI 18 5 10 5. 9(3人) 7着 武豊 57 芝2400m(稍) 2:28. 8(35. 4) 0. 9 メイショウサムソン 8. 札幌 GII 15 6 11 3. 2(1人) 1着 武豊 54 芝2000m(良) 2:00. 3(33. 5) -0. 2 () 10. 東京 GI 16 8 15 6. 0(2人) 3着 武豊 56 芝2000m(良) 1:59. 0(34. 2) 0. 2 12. GI 12 4 7 11. 0(6人) 2着 武豊 55. 8 芝2000m(良) 2:01. 6 0. GII 14 6 9 4. 0(2人) 1着 武豊 59 芝2200m(稍) 2:17. 2(35. 1) -0. 0 () 3. GI 16 10 10 発売無し 1着 武豊 57 芝1777m(良) 1:47. 94 (Linngari) 4. 沙田 GI 10 10 1 1. 6(1人) 3着 武豊 57. 2 芝2000m(良) 2. 2 0. 3 6. 阪神 GI 18 3 6 6. 7(3人) 1着 58 芝2200m(稍) 2. 4(36. 2) -0. 1 (メイショウサムソン) 10. 東京 天皇賞(秋) GI 16 6 12 3. 8(2人) 6着 岩田康誠 58 芝2000m(稍) 1. 1(35. 0) 0. 7 メイショウサムソン 11. 東京 GI 18 2 4 10. 9(5人) 1着 岩田康誠 57 芝2400m(良) 2. 7(33. 9) -0. 0 (ポップロック) 特徴 [ ] 緩い馬場も苦にしない末脚が最大の特徴である。 日本の高速馬場では良馬場でも差し切れないレースも多かったが、日本に比べて芝が重いドバイにおいてG1レースで勝利を挙げている。 また、相手を抜き先頭に立つとソラを使う(集中力を欠いて走る気をなくす、もしくは失速する)癖があり、ドバイでは抜け出すと急に失速し後続馬に差を詰め寄られていた。 このソラを使う癖のため、騎手に抜け出すタイミングが求められる馬であるが、ジャパンカップでは良馬場で先行し、抜け出しながらもソラを使わずしぶとく粘り勝利している。 2017年9月19日閲覧。 2017年9月19日閲覧。 2017年9月19日閲覧。 2017年9月19日閲覧。 父エンドスウィープにとってはにあたる産駒。 半弟サブミーカーは種牡馬。 祖母ケイティーズファーストの孫にダガーズアラベスク(など)、曾祖母Katiesの仔に(等)、ヒシナイル()、()、Katiesの孫()がいる。 その他近親馬については、を参照。 2007年ので半弟が高額で落札され話題となった。 1日目にアドマイヤコブラ(父・)が2億5000万円、2日目にアドマイヤガッツ(父・)が3億円という価格で同じくオーナーに落札された。 注釈 [ ]• 2016年2月24日閲覧。 香港賽馬會 The Hong Kong Jockey Club. 2016年2月24日閲覧。 日経ラジオ社. 2015年6月3日閲覧。 (胆振軽種馬農業協同組合)• JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2018年1月13日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2018年1月29日閲覧。 JBISサーチ. 2018年5月14日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 JBISサーチ. 2017年10月26日閲覧。 4536kgで換算• ドバイでは、宗教上の理由で馬券は発売されていない。 4536kgで換算 外部リンク [ ]• - (英語)• 競走馬成績と情報 、、、•

次の

【競馬】武豊、ついにアドマイヤと和解する。5億円馬アドマイヤビルゴの調教に騎乗

アドマイヤ 武豊

19日(日)の京都競馬場6Rに3歳新馬戦が組まれている。 この時期の新馬戦は珍しいものではないが、このレースに関してだけは熱い注目を集めている。 というのも、2017年のセレクトセールで6億2640万円(税込)という超高額で落札された馬が出走するからだ。 その名を アドマイヤビルゴ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)という。 父はディープインパクト、母は仏1000ギニー(G1)を制したほか、重賞戦線で活躍した名牝イルーシヴウェーヴという血統。 価格に見合うだけの超良血馬と言える。 ちなみにセレクトセールでの6億円という取引額は、史上2番目となる歴史的な高額取引となった 鞍上は名手、 武豊騎手。 2007年途中まではアドマイヤの馬の主戦騎手を務めていた武騎手。 だが、先ごろ惜しまれつつも急逝した「アドマイヤ」の冠を抱く馬主、近藤利一氏との確執で2007年以降、アドマイヤの馬から騎乗依頼がなかった。 武騎手の絶頂期にアドマイヤの主戦騎手を務めさせていた近藤氏。 元々騎手には何かと騎乗に注文を付けるタイプの馬主だったようだが、この当時の武騎手には一切口出ししなかったという。 だが、2007年の皐月賞(G1)に出走したアドマイヤオーラが1番人気ながら4着に終わったことで、騎乗に不満を持ったのをきっかけとして、同年香港で開催されたクイーンエリザベス2世C(G1)でアドマイヤムーンが3着になったことが2人の間に決定的な確執を生んだようだ。 以来、アドマイヤとの蜜月がウソのように終わり、武騎手はアドマイヤの馬に騎乗することがなくなった。 近藤利一氏が亡くなって、馬主の名義が夫人の近藤旬子氏に代わったことで、6億円の超良血馬と武騎手のコンビが復活したわけだ。

次の

JRA武豊、約10年ぶり「アドマイヤ」騎乗! 「6億円」超良血アドマイヤビルゴ堂々デビューで黄金コンビ復活

アドマイヤ 武豊

2020. 消費税を含めれば 6億2640万円という驚異の価格で取引された馬だ。 昨年11月に亡くなった近藤利一氏も、同馬をセレクトセールで落札した際は「 種牡馬にしないといけないし、ディープインパクトの後継にならなくちゃいけない」と語っていたほど。 その期待度の高さとは裏腹にデビューまでは紆余曲折があったという。 とある馬産地で活動をしているライターは次のように語る。 「そもそも馬体が牡馬にしては小さすぎてデビューできるのかという話もあったほど。 POG(ペーパーオーナーゲーム)の際にも話題にはなっていたけど、どこの社も期待度の高さだけを触れていたほどだった。 1週前時点の追い切りに跨った武豊騎手も歯切れがよくなかったし、とりあえずデビューに漕ぎつけただけ、かと思っていたけど……」 見事に フアナ(牝3、栗東・角居厩舎 父ルーラーシップ、母イサベル)らを抑えての勝利に実況アナも思わず近藤オーナーのことに触れていた。 この勝利には同馬を生産したノーザンF関係者、友道厩舎、騎乗した武豊騎手もホッとしたことだろう。 口取りでは旬子夫人と関係者らが遺影を持って撮影に。 武豊騎手もにっこりと微笑みかけるという表彰式だった。 某馬主関係者は意地悪く解説する。 「近藤オーナーが 遺言で『武豊騎手』をと要望したのも確かだろう。 ただ、同馬を引き継いだ遺族たちが、前オーナーのように馬主業を維持していくかは分からないよね。 競馬の場合、馬主欄に掲載されているのはあくまでも馬主の代表者みたいなもの。 勝てば価値も高まるし、注目されるのも悪い話じゃないから。 新馬戦を勝つことは馬主にとって重要なんだよ」 いわゆるそこには大人の事情が絡んでいることを示唆してくれた。 近藤氏は生前、セレクトセールで落札した馬をキャンセルしたことがしばしばあった( トーセンバジルなどが該当)。 アドマイヤビルゴも恐らく共有という声が上がっている。 また、興味深かったのは2着馬フアナのオーナー。 同馬は近藤利一氏の元夫人である英子氏の所有馬である。 前出の某馬主関係者は面白おかしく続ける。 「いやー、数年前のアザレア賞(17年)を思い出したよ。 この時は発表こそされていなかったけどすでに離婚していた。 1番人気が英子氏の アドミラブル、2番人気が アドマイヤロブソンという人気だった。 ともにノーザンFの生産馬だし、普通は使い分けるところでしょう? ところがアドミラブルはM・デムーロ騎手、アドマイヤロブソンはルメール騎手でガチンコの勝負。 結果はアドミラブルが勝利して、その後に青葉賞も勝利。 仮に負けていたら青葉賞にもダービーにも出られなかったわけだから。 今回は一矢報いたというと語弊もあるのは確かだけど(苦笑)、結果も含めて面白い一戦となったのは間違いないよね」 否が応でもアドマイヤビルゴは今後も注目される存在となることだろう。 近藤利一氏が願ったように競馬界を代表するようなスターになれるのか。 興味は尽きないところである。

次の