ロマサガ rs ロビン 杯。 【ロマサガRS】ロビンカップ(R杯)攻略のコツと編成おすすめキャラ【ロマサガ リユニバース】

【ロマサガRS】ロビンカップ(R杯)攻略のコツと編成おすすめキャラ【ロマサガ リユニバース】

ロマサガ rs ロビン 杯

獣人らしく 熱、冷、雷の耐性が低いものの weakが付く程ではない為表記上の弱点なし なので「弱点集中」持ちのキャラでも火力は出ません。 状態異常耐性は「マスタードビー」以外は全て0の為入れ放題、しかしHP自体マスタードビー以外はそこまで高くない為状態異常を無理に入れる必要もなく、全体攻撃でまとめて倒した方が早いかも ゴブリンズ 対策 物理攻撃が多いイメージのある獣人ですが、実はゴブリンズは弓攻撃や催眠による状態異常攻撃が非常に厄介なチームです。 ゴブリンは「 催眠」 ドビー、マスタードビーは「 イド・ブレイク」 による睡眠、混乱がありますが[ 混乱]の対策を行うのがいいでしょう。 ゴブリンはHPが低く全体攻撃であっさり倒せてしまうので、HPが高くしぶといドビー、マスタードビーの方が警戒が必要です。 同じ理由で 防御耐性は突属性の耐性を上げたほうがいいです! ドビー、マスタードビーは「 イド・ブレイク」以外にも「 二本射ち」等地味に威力の高い攻撃をしてくる為突属性を上げてダメージを減らしましょう。 ゴブリンズ オススメ戦法 基本的には初期BP15を活かした熱、冷、雷属性の強力な全体攻撃で短期決戦にしたほうがいいでしょう。 数が多い為、仕留めそこなうと反撃で壊滅状態に陥ることが多いです。 先鋒で先鋒を、中堅で中堅をという具合に確実に倒していきましょう! もし全体攻撃では一掃しきれないorキャラが足りない場合はゴブリン、ドビーの状態耐性の低さを利用し、全体状態異常でマヒや睡眠、石化等させて先にマスタードビーから撃破する事も戦略です。 一応マスタードビーは[ 気絶]の耐性が低めになっていますが、精神陣形による能力アップ要素がなく精神が高いのか 気絶確率は高くありません。 どうしても倒せない場合にだけ[気絶]リセマラも視野に入れましょう。 ゴブリンズ まとめ ・耐性が低いのは熱、冷、雷だがweakは出ない為「弱点集中」持ちはそこまで有効ではない! ・状態異常攻撃が多く[混乱]は危険!対策しておくと事故が減ります。 ・基本は短期決戦狙い!全体攻撃が貧弱であれば他を状態異常にさせてからマスタードビー優先撃破! 以上、ロビン杯の新チーム「ゴブリンズ」のざっくり攻略でした! 新チームが追加されてから初でしょうか? 新チーム追加されても途中で負けてて中々遭遇しなかったので記憶が曖昧ですw 原作でもマスタードビーは意外な事故要素でしたがロマサガRSでも地味に厄介な存在ですね、弱点なしの確率は低くとも混乱付与は面倒くさいです。 「皆死ね矢」を使ってこないだけマシですが…いつか雑魚敵でも使ってくる日がくるのでしょうか… しかしこの調子で新チームと続々当たってくれるようになるといいですね、既存チームはマンネリ感があるので新しい刺激が欲しいところ! それでは本日は以上になります、ありがとうございました!.

次の

【ロマサガRS】R杯交換所で優先して交換すべき報酬

ロマサガ rs ロビン 杯

変更前 怪傑1~5の5段階 変更後 怪傑1~7の7段階 R杯の難易度がリニューアルによって細分化されます。 怪傑6と7が新たに追加されますが、怪傑7は現在の怪傑5相当になるということなので、さらなる高難易度が追加されるわけではありません。 報酬の総獲得量は変化なし 開催回数や難易度の追加が行われますが、最終的に獲得できる報酬の量はリニューアル前と変わらないように調整されます。 怪傑5をクリアできていた人はこれまで通り、怪傑5までクリアできない人でも今後は報酬が獲得しやすくなるようです。 ロビンカップの攻略ポイント 【最重要】敵チームに合わせて編成を変更 敵に合わせて毎回編成を変更するのは非常に手間です。 ロビンカップでは 10パターンまで編成セットを用意しておけるので、敵のチームに合わせた 対策パーティをあらかじめ用意しておくことで、スムーズに攻略が可能です。 【重要】OD発動を狙って立ち回る オーバードライブの発動ができれば、確実に 先制で大ダメージを与えることができるため、何もできずに1チーム落ちてしまうといった事故が無くなります。 ODゲージ貯めを意識した立ち回りを行い、ODの発動、できれば OD連携を狙いましょう。 それを狙って 先鋒のパーティをある程度 耐久ができ、かつ、 強めのキャラで編成しておくと、少し ゆっくり気味で1ラウンドを突破することで、 2ラウンド目の早い段階でODゲージを貯めきることができます。 2ラウンド目に先鋒がODを発動することで、先鋒が倒れた後でも 後続の中堅・大将が立ち回りやすい状況を作ることができます。 同時に BP温存も可能になるため、 OD連携も発動しやすくなり難易度が大幅に下がります。 「 炎の番犬」「 スネークトラップ」「 でたらめうさぎ」といったチームには確実に編成しましょう。 パリイ、回復役は各チーム1人まで ロビン杯はアタッカーの育成具合によって ごり押しが難しいため、パリイ役や回復役を編成して、ある程度 耐久出来るようにするのも有効です。 ただし、通常のクエストとは違い 3人パーティで戦闘を行うため、補助役を複数編成してしまうと純粋なアタッカー役が減ってしまい、火力不足で ジリ貧になる場合が多いです。 編成しても 各チーム1人までが適正です。 毒などはそのままダメージを受けることになるため、注意しましょう。 難易度 戦闘力目安 1体当たり ステータス目安 怪傑. 6 怪傑. 5 怪傑. 4 怪傑. 5相当であることを参考にしています。 攻略おすすめキャラ ロビン杯の高難易度を攻略するうえで特に育成しておいたほうが良いキャラを紹介しています。 それらのキャラに加えて、敵チームの弱点を付ける火力役を複数育成しておきましょう。 パリイ役 現状、敵の単体攻撃の火力が非常に高く、まともに食らえばほぼワンパンされてしまいます。 そのため、パリイ役の存在は攻略するうえでかなり重要です。 パリイの技覚醒さえしておけば、育成不足でも活躍します。 超女軍団・RS• すべての敵に斬属性の攻撃が有効• 先鋒のアイスジャベリンや吹雪が強力なため、冷耐性を高めておく• 中堅や大将では単体攻撃をパリイで対処する すべての敵に対して斬属性が有効なので、それらの攻撃を主体としたキャラでパーティを編成しましょう。 先鋒戦はアイスジャベリンや吹雪の対策として冷耐性を高めておくと突破しやすいです。 数は2体と少ないため、高火力で素早く処理してしまいましょう。 中堅戦はサイクロンスクィーズが高火力のため、やはり冷耐性は高めておきたいところです。 単体高火力も厄介ですが、シーを後回しにしていると誘惑で魅了されて詰むこともあるので、パリイ持ちがいるならシーから倒しましょう。 大将戦は単体高火力が最大で4回飛んできますが、パリイであれば対処がしやすい攻撃です。 セフィラスが2回行動なので、素早く処理できれば相手の手数を減らすことができます。 【怪傑3のクリアパーティ】 オーダー 陣形 キャラ 先鋒 中堅 大将 アサルトボーンズ• すべての敵に打属性の攻撃が有効• 先鋒と中堅はパリイで対処する• 大将は遠の攻撃があるとモータルゴーストが処理しやすい 打と陽属性が共通の弱点となるため、それらの攻撃が行えるキャラで固めておきましょう。 なお、スタンのみ、耐性が0となっています。 先鋒戦・中堅戦のどちらも敵の使う技が強力で、まともに食らうと致命傷になりかねません。 単体攻撃なので、パリイであれば無力化しやすいです。 大将戦では、モータルゴーストがイルヘッドに守られるような配置で出現します。 遠の攻撃以外では最初からモータルゴーストを狙うことができません。 先鋒や中堅のパーティで大将戦に突入したときは手前のイルヘッド2体から処理していきましょう。 【怪傑3のクリアパーティ】 オーダー 陣形 キャラ 先鋒 中堅 マヒや睡眠などの状態異常持ちのキャラなど 大将 マヒや睡眠などの状態異常持ちのキャラなど ピラニアンズ• 魅了以外の状態異常耐性が0• 敵の数が多いため、ロックブーケの大召雷やワグナスのサイコバーニングといった攻撃でまとめてマヒを狙いましょう。 また、敵の数が減ってくると画面に「マケラレナイ!」という表示が出て敵が強化されてしまいます。 中途半端に敵を倒してしまうと却って危険な状況に陥るので、大震撃や練気掌、スコールといった全体攻撃でまとめて処理してしまいましょう。 なお、敵の弱点が打属性のため、打属性アタッカーを採用したいところですが、突攻撃に弱い点には注意が必要です。 【怪傑5のクリアパーティ】 【怪傑3のクリアパーティ】 オーダー 陣形 キャラ 先鋒 中堅 大将 ぶよぶよゼリー• 状態異常耐性は石化のみ0• そのため、術士系のキャラが多いと有利に戦えます。 なお、状態異常耐性は石化のみ0となっています。 先鋒戦はそこまで敵の攻撃が強力ではないため、ライトボールなどで攻撃を行えば問題なく突破できます。 中堅戦はムドメインのダークスフィア、ゼラチナスマターの大招雷などで被ダメージが大きくなりがちです。 味方の先鋒で可能な限りダメージを与えておき、味方の中堅と入れ替わったときに一気に押し切るようにしましょう。 大将戦では、ゴールデンバウムがスコールやメイルシュトロームといった全体攻撃を多用するため、大将に配置するキャラには冷耐性を高める装備を用意しておきましょう。 また、後方に控えるアゾートが使用するペインによってスタンさせられてしまうと火力を出し切れない可能性があります。 パリイ役でペインを防ぎつつ、ゴールデンバウムに火力を集中させて被害が拡大する前に倒しきりましょう。 【怪傑3のクリアパーティ】 オーダー 陣形 キャラ 先鋒 中堅 パリイ役 斬アタッカー 斬アタッカー 大将 パリイ役 斬アタッカー 斬アタッカー スクリーム• 術や複合技などで火力を重視した編成のほうが突破しやすいです。 また、物理アタッカーは小剣や銃などを選び、敵のデバフによる火力の低下を避けましょう。 炎の番犬• 状態異常耐性はすべて0 朱蒼の牙• 突属性が共通の弱点• 単体対象のふみつけはパリイ、全体対象の冷気や火炎は装備で耐性を高めるといった対策を取っておきましょう。 石化を付与できるキャラを育成できているのであれば、石化で行動を封じてしまう戦法が効果的です。 カエルトライアングル• 魅了以外の耐性がすべて0 先鋒と中堅は出現する敵の数が少ないため、マヒなどで行動を封じつつODの準備を整えましょう。 ラッパーのナップ、カエル術士の超音波といった厄介な攻撃で、睡眠や混乱を付与されてしまうと不利な状況での戦いを強いられてしまうので、カエル戦士よりも優先的に対処しておきましょう。 マッスルブラザーズ• 先鋒戦や中堅戦は全体攻撃も使用されるため、パリイ役を活かしにくいです。 一方で、大将戦では攻撃を受け流す際に役立つので、手持ちの火力次第で編成しておくか検討しましょう。 森の怒り 親と子 オーシャンズ ロビンカップの基本ルール 毎週月曜日に報酬がリセット! ロビン杯の開催はリニューアルによって毎週末(土日のみ)から常設へと変更されました。 それに伴い、報酬のリセットは毎週月曜日の4:00に行われるようになっています。 途中で 負ける、もしくは リタイアしても 敗退にはならず、 勝つまで繰り返し挑戦することが可能です。 高難度クリアで下の報酬もまとめてゲット ロビンカップには怪傑1~怪傑7までの難易度があり、 数字が大きいものほど難易度が高くなります。 と同様に上の難易度をクリアすれば 下位の難易度の報酬もまとめて獲得できるので、クリアできる範囲で最も難易度が高いものを選びましょう。 難易度はリタイアすれば変更可能 ロビン杯では一度難易度を決定した場合、戻るボタンを押しても「 R杯参加中! 」の文字が出ている間は難易度の変更が行えません。 陣形 効果 フリーファイト 1・2・3:効果なし オープンデルタ 1:狙われやすさが上昇する 2:狙われやすさが低下する 3:狙われやすさが上昇する クローズデルタ 1:狙われやすさが低下する 2:狙われやすさが上昇する 3:狙われやすさが低下する シングルライン 1:狙われやすさが上昇する 2:効果なし 3:狙われやすさが低下する。 通常とは異なるルールが適用される R杯では初期BP15でスタートするといったように通常と異なるルールが適用されます。 また、リニューアルによって常設となったため、ルールの変更は日替わりではなくなりました。 味方の技・術を閃くことがある R杯の中でのみ、「技・術伝承」という特別な新システムが存在します。 このシステム(ルール)が有効なときは、 武器種関係なく味方の技を閃くことがあります。 例えば、先鋒にを編成していて、先鋒が全滅して中堅キャラに変わった後に、中堅の味方3体の誰かが、 地ずり残月を閃く可能性があります。 プレイヤーランク800くらいでも必要経験値は50000以上。 一周を再戦やスタミナ回復やらこみの一分フラットでもランク1上げるのに二時間半かかるから、1日24時間休みなしでも10上がらない。 もちろんニートだとしても睡眠も食事も取らなきゃいけないから頑張って12時間以上やって5上がりゃ頑張った方。 単純計算で800から1400まで上げるのにはそれを120日繰り返さなきゃいけない。 ランクが上がる毎に必要経験値が増えるからさらにスピード落ちるしステージも2章以前なら経験値は落ちる。 普通に無理です。

次の

ロマサガRS(リユニバース)攻略Wiki

ロマサガ rs ロビン 杯

舞台は「ロマンシングサガ3」から300年後の世界。 歴代のキャラクター達も集結し、オリジナルストーリーで描かれる新たなSaGa。 それは突如として世界中に現れた。 そして、グレイヴを攻略した者だけに与えられる力。 誰でも編集できるwikiとなっていますので、ぜひご参加ください。 編集はできないけど情報提供だけでも…というお気持ちだけでもとてもありがたいです。 当サイトは相互リンクを募集しています。 コメント欄またはにてご連絡お待ちしております。 このウェブサイトで使用されている画像や文章データは株式会社スクウェア・エニックス及び株式会社アカツキに帰属します。 , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

次の