今年の夏至はいつ。 2020年の夏至はいつ?夏至の日を2倍楽しくする6つの雑学│知って得する!お役立ちCLIP

今年の夏至の日はいつですか?夏至早見表で一発チェック!

今年の夏至はいつ

夏至とは?今年はいつ?冬至との関係や夏至の食べ物を知りたくありませんか? この記事では、夏至とは?今年はいつ?冬至との関係や夏至の食べ物を紹介します。 この記事の内容は次の通りです。 夏至とは?今年はいつ?冬至との関係や夏至の食べ物を紹介 今年の夏至はいつ?……2020年夏至の日は6月21日 夏至は二十四節気の一つ 夏至と冬至の関係 夏至の祭り 夏至の風習と食べ物 風流な夏至の「短夜」 夏至の初侯・次侯・末侯 まとめ 夏至とは?今年はいつ?冬至との関係や夏至の食べ物を紹介 夏至とはどんな日でしょう?2020年の夏至はいつ?冬至との関係は?……知っておきたい夏至の豆知識を紹介します。 今年の夏至はいつ?……2020年夏至の日は6月21日 2020年の夏至の日は、6月21日です。 北半球においては、1年のうちで最も昼の時間(日の出から日没までの時間)が長くなるため、「1年で最も日が長い日」としておなじみです。 夏至の日は太陽の位置が1年で最も高くなるので、日が昇ってから沈むまでの時間が長いわけです。 正午頃に太陽がほぼ真上を通るため、大変短い影を見て、夏至を実感する方も多いのではないでしょうか。 夏至は二十四節気の一つ 夏至は二十四節気のひとつです。 二十四節気は期間なので、夏至(二十四節気の第10)から小暑(二十四節気の第11)までの期間をさし、毎年6月21日頃~7月7日頃にあたりますが、その節気に入る日をさすこともあります。 特に夏至の場合、一般的には「1年で最も昼の時間が長い日」として捉えることが多いです。 また、夏至は立夏と立秋のちょうど真ん中にあたります。 梅雨の最中の地域が多いのですが、「夏に至る」と書くように、この頃から夏の盛りに向かっていきます。 夏至と冬至の関係 1年で最も日が長い夏至に対し、1年で最も日が短いのが冬至です 「1年で最も日が長い日」である夏至と対になるのが、「1年で最も日が短い日」である冬至(12月22日頃)です。 太陽が真南にきて最も高くあがったときの地平線との間の角度を「南中高度」といいますが、夏至は南中高度が最も高いため、太陽が出ている時間が長くなります。 冬至はその逆です。 なお、南半球は北半球と逆転するので、「1年で最も日が長い日」が冬至、「1年で最も日が短い日」が夏至になります。 夏至の祭り 夫婦岩の間から朝日が昇る二見浦。 夏至の神秘的な情景です 北半球では夏至に祭りを行うところがたくさんあります。 とくに北欧で盛んに行われていますが、なかでも有名なのがスウェーデンの夏至祭りで、最も大事な日とされています。 日本では、お伊勢参りで身を清める場所として知られる二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ/三重県伊勢市)で行われている「夏至祭」が有名です。 伊勢神宮には太陽を神格化した天照大御神が祀られており、太陽の力が最大になると考えられている夏至の日に、二見浦で夫婦岩の間から昇る朝日を浴びながら禊を行う祭りです。 夏至の風習と食べ物 関西では夏至にタコを食べる風習がみられます 前述の通り、古くから、夏至に太陽の力が最大になると考えられてきました。 そこで、太陽の恵みに感謝し、豊作を祈願するようになり、夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)までに田植えをする習わしができました。 そして、田植えが終わると 小麦餅を作って供えるようになりました。 関西では、この小麦餅を「 半夏生餅(はんげしょうもち)」といいます。 また、関西には稲の根がタコの足のように強く深く、広く根付いて欲しいと願い、タコを食べる風習があります。 愛知には、不老長寿の果物といわれたイチジクを田楽踊りに由来する味噌田楽で食べるところもあるそうです。 風流な夏至の「短夜」 夜の長さは、季節のめぐりとともに変化します。 昼と夜の長さがほぼ同じになる春分から昼の時間が長くなり、夏至にいたると最も夜が短くなります。 そこで、夏の短い夜のことを「 短夜(みじかよ)」と呼ぶようになり、夏の季語として親しまれるようになりました。 平安時代、貴族たちは短い夜をいつくしみ、蛍狩りを愉しんだそうです。 清少納言も、「夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがいたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 」と『枕草子』で綴っています。 今でも夏至の短夜をいつくしむかのように蛍狩りをするところや、最低限の光で短夜を過ごすためのライトダウン、キャンドルナイトなどのイベントをするところがあります。 なお、夏の「短夜」に対し、秋には「夜長」、春には「日永(ひなが)」、冬には「短日(たんじつ)」ということばがあります。 夏至の初侯・次侯・末侯 二十四節気をさらに3つに分けた七十二侯は、夏至の間にこのように移り変わります。 日付は2020年の日付です。 夏枯草は、うつぼ草の異名です。 ここでいうあやめは、端午の節句に用いる菖蒲 しょうぶ ではなく、美しい花が咲く花菖蒲をさしています。 昔は、田植えを終える目安とされていました。 半夏は、烏柄杓(からすびしゃく)の異名です。 まとめ 今年の夏至はいつでしょうか? 夏至とは1年で最も日が長い日ですが、文化的にどんな意味があるのでしょう? 夏至と冬至、二十四節気との関係とは? 2020年の夏至はいつか、風流な「短夜」、夏至祭、夏至の食べ物、この時期の七十二侯などを紹介しました。

次の

今年の夏至の日はいつですか?夏至早見表で一発チェック!

今年の夏至はいつ

夏至とはなんぞ? 夏至っていうのは、簡単に言うと一年の中で、 昼間の時間が一番長い日のことですよね。 っとまぁ一般的にはそう言われますが、実際のところどうなのかをちょっと調べてみたので一緒に見て行きましょう。 夏至とは、二十四節気の中のひとつを指すようです。 二十四節気ってまた聞きなれない言葉ですね。 読み方は「にじゅうよんせっき」ではなく、「にじゅうしせっき」です。 二十四節気というのは、太陽の黄道上の位置を24等分して、ちょうど4分の1にあたる部分に季節の名前をいれたものの名称のようですね。 そして夏至は、 北半球では一年の中で一番昼の時間が長くて、夜の時間が短い日になります。 ここまで調べてふと思ったんですが、 じゃあ南半球ではいったいどうなるんでしょう? 単純に考えると北半球にある日本の夏至は、南半球では冬至になるの?っていう素朴な疑問。 これもちょっと調べてみましたので見てみましょう。 南半球の夏至も北半球と同じ日なの?? あるサイトには「北半球の 夏至は当然南半球でも 夏至です」とあり、 またあるサイトには「北半球の 夏至は南半球では 冬至です」と説明されています。 はて、一体どっちが正解なのでしょう?? 実は 二十四節気の中の夏至っていうのは、 天文学上の名称なんですね。 つまり、天文学上は北半球が 夏至なら南半球も 夏至ってことになります。 夏の 至りと書いて 夏至ですが、北半球の夏至は 南半球では冬真っ只中になりますね。 じゃあ北半球の夏至が南半球では冬至だって情報は間違いなの!?って話になりますが、 いやそれも実は正解なんですね。 もともと「夏至」という名称は 天文学上の名称なんですよね。 なので天文学の 名前の定義上は北半球も南半球も夏至の日になります。 「でも一般的に生活している中で冬なのに夏至って呼ぶのどう考えても変じゃない?」 というのが天文学には馴染みのない殆どの人の考え方で、 「やっぱ夏の至りが夏で冬の至りが冬でしょ」 という一般的な風習がちゃんと出来上がっているようですね。 なので、どちらも正解ということになりますね。 今年の夏至の日はいつ? 以下に夏至早見表を作成してあります。 なので、それ2100年以降の「今年の夏至の日一発早見表」次の世代に任せましょう(笑) 年によって夏至の日が違うのはなぜ? さて、なぜ「今年の夏至の日」はその年年によって違うのでしょう? それは、 地球の自転や公転が影響しているからですね。 地球の公転周期は365. 2422日ほどあります。 端数がおよそ0. それがうるう年ですね。 なので、夏至の日もそれに合わせてズレがあるんです。 「でも待てよ?夏至は20日の日もあれば22の日もあるぞ?うるう年だけじゃ説明つかなくないですか?」 とも思いますよね。 実は公転周期もほんの少しずつズレているようで、4年に一度だけでなく、長い周期で見るとそういったズレが出てくるみたいですね。 また、 一年の中で日の出が一番早い日というわけでもありません。 日没が一番遅い日は夏至の日から8~9日ほど先の6月30日~7月3日ほど 日の出が一番早い日は夏至の日から8~9日ほど前の6月11日~6月14日ほど となるようですね。 これは「均時差」の影響で、こちらも地球の公転が大きく関係しているようですね。

次の

今年の夏至の日はいつですか?夏至早見表で一発チェック!

今年の夏至はいつ

2020年の夏至はいつ?日の出日の入り、日照時間は?夏至の風習は? どんどん日が長くなってきましたね。 19時なのにまだ外が明るい!なんてビックリします。 今年も 夏至が近づいてきたんんだなぁ~っと思いつつ、 そういえば今年の夏至っていつなんだろう?っということで、今回は2020年の夏至はいつなのか、日の出日の入りや日照時間、夏至の風習などをまとめていきます! そもそも夏至とは? 夏至とは、 一年のうちで一番昼の時間が長い日のことです。 もうちょっと難しく言えば 「太陽の中心が夏至点を通過し、北半球では一年の中で昼の時間が最も長く、夜の時間が最も短くなる日のこと」をいいます。 日本の旧暦 二十四節気のうちの一つで、夏至は10番目に当たる季節になっています。 二十四節気とは1年を太陽の動きに合わせて24等分して、それぞれに季節の名称を割り当てたものとされています。 春の春分(しゅんぶん)とか冬の大寒(だいかん)とか聞いたことありますよね。 あの中の一つになります。 お昼(正午)における太陽の高度が最も高く、 北半球において昼の時間(太陽が出ている時間)が最も長い日が夏至です。 2020年の夏至はいつ? 2020年の夏至は、6月21日(日)です。 (夏至は毎年6月21日というわけではありませんのでご注意を!!) 今年は 父の日と重なりますね!! 「夏至」は 一日だけを指す場合もありますが(これがほとんどでしょうけど)、 期間を指す場合もあります。 期間を指す場合には、 次の二十四節気の「小暑」(しょうしょ)の前日までが夏至となります。 夏至の日の日の出日の入り・日照時間は? 一年で一番お昼の時間が長い「夏至」。 各地の日の出、日の入り、日照時間をまとめてみました。 地域名 日の出 日の入り 日照時間 札幌 3:55 19:17 15時22分 仙台 4:13 19:03 14時40分 東京 4:25 19:00 14時35分 名古屋 4:38 19:10 14時32分 大阪 4:45 19:14 14時29分 福岡 5:08 19:32 14時24分 沖縄 5:38 19:25 13時47分 福岡や沖縄地方では19時30分近くまで明るい一日となるようです。 夏至の日で、一番日照時間が長いのは「札幌」ということになります。 夏至の風習は? 冬至の時だと「ゆず湯に入る」とか「冬至かぼちゃを食べる」という風習がありますが、あまり夏至の風習はなじみがないようにも思います。 しかし、調べてみると、全国各地で夏至の風習があるようです。

次の