食べ 過ぎ 背中 が 痛い。 食べすぎと腰痛

「すい炎」の予防は食生活の改善で

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

食べ過ぎで腹痛になる理由 消化不良 食べ過ぎによってお腹が痛くなるほとんどのケースが胃で消化を十分に行うことができないことにあります。 口にした食べ物は胃に入って消化されていきますが、胃の消化機能以上のボリュームの食べ物を摂取してしまうと、消化が間に合わずに胃痛がしてしまうのです。 また、腹痛だけでなく下痢や吐き気といった症状もあらわれやすいので注意しなければなりません。 胃液の過剰分泌 これは特に普段から精神的な影響を受けやすかったり、ストレスを溜め込みやすい人に当てはまります。 胃に食べ物が入ると、それを消化しように胃液が分泌されますが、ストレスを溜め込んでいると必要以上に胃液が分泌されてしまい、胃自身の粘膜を傷つけてしまうのです。 これは、急性胃炎や胃潰瘍の初期症状であるともとらえることができます。 胃腸の機能低下 体調が悪かったり、風邪をひいていたり、あるいは加齢によって胃腸の機能は低下してしまいます。 つまり、消化できる食べ物の量が普段よりも少なくなってしまっているのです。 このような状態のときに食べ物を多く食べてしまうと、胃の過剰活動につながり腹痛につながってしまうのです。 食べ過ぎで腹痛になったときの対処法 安静にする 食事後や食べすぎた後に腹痛がした場合は、まずは椅子やソファに座り安静にすることが大切です。 詳しくは後述しますが、このとき横になってしまうと腹痛が悪化してしまうおそれがあるので、体の上半身は垂直に保ち重力に逆らわないようにするようにしましょう。 腹八分目の食事や体の不調を感じない場合は食事後に激しい運動をしなければ問題ありません。 しかし、食べすぎたと感じた場合や腹痛がする場合は少なくとも 30分〜1時間程度は活動せずに安静にしているようにしましょう。 深呼吸をする 満腹感や腹痛によって呼吸が乱れて酸素を体内に十分に取り込むことができずに、さらに痛みを助長してしまうおそれがあります。 なので、意識的に呼吸を十分に行ったり、深呼吸を行うことはとても大切です。 また、深呼吸をすることで精神的にもリラックスでき、胃痛を和らげることができます。 お腹を温める 体を温めることは、血液の流れを促進し胃の消化活動も助けることができます。 普段から体温が低い方、冷え性の方、体(特にお腹)が冷えていると感じている方は体を温めるようにしましょう。 室内にいる場合は暖房をつけたり、重ね着をしたり、毛布を体にかけたりすることで対処することができます。 また、ホッカイロやホットタオル(蒸しタオル)で腹部を重点的に温める方法でもいいでしょう。 特に腹痛の他にも下痢などの症状がある場合はお腹を温めるようにしましょう。 参考: ホットミルクを飲む 前述したように、食べ過ぎによる腹痛ではお腹を温めることで痛みを和らげることができます。 なので、温かい飲み物を飲むことも効果的です。 特に、ホットミルクはおすすめです。 牛乳は胃の粘膜を保護してくれる働きがあるので腹痛を和らげることができます。 ただし満腹感であまり飲み物を飲む気がしない場合は無理して飲む必要はありません。 お腹の締め付けを緩める 食べ物をたくさん食べるとその分、胃にたくさんの消化物が溜まりお腹が普段よりも膨れることになります。 そうすると、ベルトなどのお腹の周り締め付けがきつく感じ、腹部を圧迫してしまう状態になります。 このように、腹部を圧迫してしまうと腹痛の原因になり、胃の正常な消化活動も妨げてしまうため、お腹の締め付けは緩めるような対処が必要となります。 胃腸薬を服用する 腹痛がするときは、胃腸を保護したり消化を促す胃腸薬を服用するのも手です。 例えば、 ハイウルソ顆粒や 第一三共胃腸薬プラス細粒は胃腸での消化を助けてくれる作用があるので、食べ過ぎによる腹痛や胃もたれには最適です。 総合胃腸薬は飲み合わせに問題ないようにさまざまな症状を考慮して配合されているのが特徴です。 食べすぎた後に控えるべきこと 横になる 食べ過ぎで満腹感を感じると、ソファなどで寝そべりたくなる気持ちになりますが、食事後は原則、横にならない方がいいです。 特に食べ過ぎた後は、胃が活発に活動しているときなので、横になりお腹を圧迫してしまうと腹痛を助長してしまうおそれがあるのです。 ただし、体の右側を下にして横になる場合は胃の形状を考慮すると、消化を助けることができ適しているとよく言われています。 しかし、実はここには落とし穴があり、日本人の約3割は「曝状胃」という変わった胃の形状をしているのです。 この曝状胃の場合は胃の入り口が低い位置にあるので、体の右側を下にして横になる(右向きに寝る)と消化に時間がかかってしまったり、逆流性食道炎を起こしやすくなったりするので注意しなければなりません。 つまり、曝状胃ではない約7割の人は右向きに横になるべきで、曝状胃である約3割の人は左向きに横になるべきなのです。 ただしこのときの問題点は自分自身が曝状胃なのか、曝状胃ではないのか分からないことです。 自分自身が曝状胃なのか分かっている場合は、それに合わせて横になれば消化活動を促進させることができますが、多くの人はその判断をすることができません。 なので、そこでリスクを取って横になるよりも、上半身は垂直にしてソファや椅子に座り安静にすることが食べ過ぎによる腹痛を和らげるために適した対処法となるのです。 運動をする 常識的ですが食事後、特に満腹感を感じている場合は運動をすることは控えるようにしましょう。 特に食べ過ぎた後は、重い荷物を運んだり、ランニングをしたりすると腹痛が起こる可能性が高いので注意しなければなりません。 ただし、ウォーキングなどの軽い運動であれば胃の消化活動を促進させるため、行っても問題ありません。 食べ過ぎによる腹痛を予防しよう 食べ過ぎによる腹痛のさまざまな対処法についてお伝えしましたが、何よりも大切なのは食べ過ぎによって腹痛を起こさないようにしっかりとあらかじめ予防しておくことです。 例えば、 食事をするときは腹八分目になるように加減して食べる、脂っこいものや揚げ物など消化に悪い食べ物は食べ過ぎないようにする、といったようにあらかじめ対処しておくことで食べ過ぎによる腹痛は多くの場合で予防することができます。 万が一、お腹が痛くなってしまったら今回お伝えしたような対処法や控えるべき行動を参考にしてください。 また、ヨーグルトなどの特定の食品を多く食べ過ぎることによっても腹痛や下痢になってしまうことも多いので注意しましょう。 参考:.

次の

食べ過ぎると疲れるし背中が痛い!やる気なくなる理由はなぜなの?

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

食べ過ぎて胃が痛いときは『何もやらないこと』 まず一番大事なことを最初に! それは 『極力、動かない事』です。 食べ過ぎたということは 胃に許容範囲以上の食物が入ってるってこと。 それを全て消化する為には 体を消化に専念させてあげる必要があります。 要は血流を胃に送れる環境を 自分で整えるってこと。 そんな専念しないといけない状態なのに 運動したりストレッチをしたら あなたの体はどうなるでしょうか? 胃に血流が十分に流れずに 消化不良を起こして 余計、胃に 激痛が走ります。 食後に走ると お腹が痛くなるのと同じ。 なので徹底させたい事は 食べ過ぎた直後は なるべく活動しないということ。 お風呂も体全体に血流を巡らせるので 食後すぐは避けた方がいいですね。 体を動かさない• 頭も働かせない 何もせずボーっとする時間を増やして 胃が働きやすい環境を作ります。 これで胃痛や不快感などの症状を スッキリ解消させるまでの時間を短縮でき これ以上の不調を予防することができます。 同じような理由で食後は 牛乳や水を飲むのは辞めましょう。 牛乳や水 白湯 は 胃液を中和させてしまうので 消化力を落としてしまいます。 胸焼けを感じるなら飲んだ方がいいですが 食後の胃痛では辞めた方がいいですよ。 スポンサーリンク 胃薬より消化不良の漢方や生薬がオススメ 薬局に行くと いろいろな種類の胃薬があります。 キャベジン、正露丸、セルベックス、 ロキソニン タケプロンetc どれを選べばいいかわかりませよね? 結論からいうと 何も選ばなくていいと思います。 …というのも胃薬は効能が複数あって 自分の症状に合わないタイプを選べば 悪化するリスクもあるからです。 薬剤師さんに聞いても 『どちらがいいか飲んでみないとわからない』 …と言われることもあります。 胃酸を抑えるタイプか• もしくは消化を促進させるタイプか• 腸にも効くタイプか 商品を特徴を抑えながら 自分の症状に合ったものを選ぶのは 思ってるより大変です。 そこでオススメしているのが 総合的な胃薬の漢方や生薬です。 胃の不調を広範囲で フォローしてくれる漢方なら 合わない可能性も低くできます。 薬の力を借りたいなら 予め医師に処方してもらうか、 幅広く効果を期待できる漢方から試しましょう。 ツボを刺激して胃痛の不快感を和らげる 漢方は東洋医学なので その延長上でツボの話も。 胃に関係するツボを刺激することで 胃の血流を増やすことができます。 反射区ってやつですね。 ツボ押しも有効なので 今からお話ししますね。 まず手のツボから。 これは 合谷というツボです。 これは 万病のツボとされていて 体の不調全体にアプローチする箇所。 胃の不快感にも効きますし 外出時でも刺激しやすいので 実用性という点でもオススメですね。 次は足のツボを2つ。 まずは足三里について。 膝の外側の皿に人差し指を置いて そこから 指4本分下の場所にあります。 小指の場所で 向こうずねの外側にあります。 もう一つは足の裏。 第二の心臓と呼ばれているので 足裏の胃の箇所もしっかり押しておきます。 スポンサーリンク 横になる時は右を下に!消化を促す寝方 食べ過ぎた後 苦しくて横になりたいですよね。 そんな時は 体の右側を下にして 横向きに休むことをおすすめします。 温める必要はありませんが 冷やさない様に腹巻などで 体の中を冷まさない様に。 【注意】胸焼けや胃酸が逆流する感覚があるなら… もし食べ過ぎて数時間した後に 胸焼けや呑酸 胃液が口まで逆流する があれば 先ほどとは逆に体の左側を下にして 頭を高くして横になることをおすすめします。 そうすれば胃酸が食道に上がりにくくなり 症状を軽くすることができます。 そこから独自の楽な姿勢が見つかると 症状を感じなくなってきます。 スポンサーリンク 食べ過ぎた翌日の朝食は食べなくてOK 最後は次の日の朝食。 前日に食べ過ぎて胃が痛くなった後で 何を食べればいいかを考えていきます。 メニュー作りのポイントは 胃に優しいかどうか?ですね。 胃に優しいって言うのは 消化しやすい、胃を刺激しないってこと。 キャベツや大根など 消化を助けてくれる 消化酵素が入ってる野菜はアリ。 逆に消化に時間がかかる 肉や 食物繊維 ピーナッツ,ごぼう は避けた方が無難。 またキムチなど 胃の粘膜を刺激するような辛いもの。 胃を冷やすようなヨーグルトや 冷たい飲み物は朝食から抜く。 食べ物を入れないと 胃が休める時間が作れるので 暴飲暴食が続くならオススメですね。 食べ過ぎの胃痛がどのくらい長引くか? それは年齢や胃の健康度合いで変わってきますが 一般的には 数日でよくなるはずです。 もし数日たっても胃痛が引かない場合は 別の病気という可能性もあります。 食べ過ぎて胃が痛い時は まず体を動かさない事。 ツボや寝方を工夫して 消化を促すこと。 そして翌日の朝は 食べないか軽いもので済ますこと。

次の

右胸の痛みの原因は?ズキズキやチクチクなど、痛み方で分かる病気とは!

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

スポンサーリンク 背中の痛みというのは何らかの病気が隠れている可能性があります。 日々の生活の中で背中を打った、どこかにぶつけたなどの事柄が発生している場合を除けば内臓系の疾患がある可能性が疑われます。 この痛みが食べ過ぎによって起こることが考えられるのでしょうか?? 起こる可能性は十分にあります。 通常であれば日常生活で起こりうる原因というのは姿勢が悪いことや不適切な動作をすることによって腰や肩に負担がかかることによって間接的に背中に痛みが出ることが多いです。 代表的なものは「猫背」であるということです。 背筋が曲がっていると外部からの衝撃を分散することが出来ません。 そのため腰痛や背中痛などの症状が出やすくなります。 またデスクワークなどで同じ姿勢を続けていたり、運動不足で起こることもあります。 しかしこのような外部的な負担ではなく内臓系が原因となって起こることがあります。 食べ過ぎてしまったと感じている場合には胃に負担がかかることによって起こります。 スポンサーリンク これには胃で起こっている痛みが背中の筋肉に伝わってしまい起こるというものです。 途中まで神経を共有している場合や神経が同じ束になっている場合に脳が信号を勘違いしてしまうことによってこのような状況になります。 これを関連痛と言います。 他にも膵臓や十二指腸、盲腸などの内臓で何らかの異常があった場合に起こることがあります。 例えば盲腸=虫垂炎の場合にも同じように背中に痛みが出る場合もあります。 また心筋梗塞や狭心症の場合にもみられることがあります。 そのため我慢できないほどの痛みが出ている場合には早めに病院へ行くことが必要になります。 早期発見することによって早期治療することが期待できます。 食べ過ぎが原因となっているとわかっている場合には、ほとんどの場合が胃などの消化器系の異常と考えられます。 暴飲暴食というのは身体にとっては負担となります。 食べ過ぎを防止して腹八分目で抑えることが大切だと言えます。 スポンサーリンク.

次の