ある日、お姫様になってしまった件について サイト。 【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日、お姫様になってしまった件について サイト

クロードが記憶喪失になったのはアーティの体内の魔力がルーカスがいない間に暴走してしまい(たぶん普段はルーカスがアーティの体内の魔力を調整してる)子どもの頃同様、吐血して倒れてしまったので、クロードがルーカスの変わりになんとかしてアーティを助けようとしたからです。 結果アーティは助かりますが、クロードはその時に何らかの作用で記憶喪失になってしまったようです。 ジェニットがアタナシアを見て泣いたシーンというのは56話のことでしょうか?56話でジェニットがアーティに会って泣いたのは記憶を無くしたクロードに殺す宣言されたアーティが皇室から失踪したと聞いてずっとアーティのことを心配していたからです。 ジェニットはアーティのことが大好きなので、アーティがいなくなったと聞いては心配でたまらなかったのでしょう…感動の再会的な感じですね 小説は私も読んでないので詳しくはわかりませんが、この後ルーカスが帰ってきてクロードの記憶を取り戻してくれるみたいです! ちなみに、たぶん最後、アーティはルーカスと結ばれるっぽいです 私にわかることはこのくらいです! 長文失礼しました 1. クロードの記憶喪失はアタナシアの魔力暴走を命がけで助けたからです。 アタナシアの魔力暴走は18話で一度起こり、その際はルーカスによって助けられました。 今回はルーカスは皇宮から離れているため、クロードが命がけで助けます。 この魔力暴走はジェニットからプレゼントされた髪飾り(ジェニットが購入する際にアナスタシウスにより細工された)をつけたアタナシアがクロと接触することで起こったものです。 ジェニットの涙は何話のことでしょうか?? 55話でしたら、ジェニットの伯母が亡くなったのにその葬儀に参列させてもらえないからです。 ジェニットがクロードの子だと思い、将来の切り札としてジェニットを保護してるアルフィアス公爵は他者にそれがバレないようジェニットの行動を制限していました。 ジェニットは幼い頃から外出を制限され遊び相手はイゼキエルか人形しかなく、家族だと教えられている皇帝と姫にそれを伝えることも許されず、愛情とくに家族愛に飢えています。 愛する伯母の葬儀に行くことすら許してもらえないジェニットは泣く泣くイゼキエルにお別れの言葉と花を託し、一人お留守番しています。 小説は購入したいと思ってますが、まだ入手できてませんので回答できません。 参考までに韓国での購入サイトのURLです。 おそらく他にも色々あるかと思いますが… 前世と合わせて初めて知った家族愛だというのにそれを失った際のアタナシアは本当に見ていて辛かった。 68話現在ようやく皇宮に戻れたけど、まだ頭痛が治ってないし、ルーカスも留守のまま…はやく解決して欲しいですね。

次の

ある日、お姫様になってしまった件についてという韓国漫画が大好きで...

ある日、お姫様になってしまった件について サイト

『 ある日、お姫様になってしまった件について』はspoon先生によるコミカライズ作品で、現在FLOSコミックにて3巻まで刊行されています。 原作はPlutus先生が担当しており、韓国で刊行された小説となっております。 本作は現代で人気があったネット小説『かわいらしいお姫様』というタイトルの中に登場する悲劇の脇役姫・ アナタシアの幼少期に転生してしまった事から物語が始まります。 ストーリー通りに物語が進めばアナタシアは物語の主人公である ジェニットに毒をもった冤罪で父・ クロードに処刑されてしまいます。 そこでアナタシアは悲劇の結末を避けるため必死に奮闘しますが、物語と全く異なるタイミングで父親と遭遇し、その上興味を持たれてしまいます。 本当は父親であるクロードに全く愛される筈ではなかったのですが、父親に興味を持たれてしまったのならばと今度は生き残りをかけた奮闘劇がはじまります。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ記事です。 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻はアナタシアとクロードが舟遊びをしている最中、アナタシアが船から転落し溺れる様子をクロードが見つめたまま助ける事がなかった事件の後から始まります。 興味を失われたかと思いきや父親によって護衛騎士として任命された ロベインに連れられ、アナタシアは再びクロードの元へと連れていかれます。 部屋の中で仮眠を取るクロードを前に、積もり積もった鬱憤が爆発するアナタシア。 一発殴ろうとした直前に目を覚ましかけたクロードに、子守唄を歌うふりをしてアナタシアは難を乗り切ります。 クロードの態度はいつも通り変わらない者の、アナタシアとティータイムを共にするなど引き続き興味は持っている様子。 アナタシアはクロードの飲むお茶に興味を示し、同じものを口にします。 珍しい味に「口の中で花さくようだ」と感動したところ、お茶会の空気が固まります。 アナタシアの亡き母である ダイアナもアナタシアと全く同じ感想を口にしていたからです。 クロードの元を去った後、自分の宮殿で母親であるダイアナに会ってみたいと口を滑らせてしまうアナタシア。 侍女であるリリーと騎士であるロベインはなんとかアナタシアにダイアナの事を伝えられないかと奮闘しますが、アナタシアはクロードが母親の話題を嫌っているため「クロードに母親に会いたがっていると伝えないでほしい、自分まで嫌われてしまうから」と怒ってしまいます。 何とかその場をやり過ごし、再びクロードの元に行くアナタシアの前に アルフィアス公爵と名乗る男性に出会います。 彼は小説に登場する男主人公・ イゼキエルの父親だったのです。 クロードの元でアナタシアは再び以前うたった子守歌を歌う様命令されます。 必死に歌うアナタシアの子守歌で眠りにつくクロードの横で、アナタシアも眠ってしまいます。 そこでアナタシアは何処か自分に似た、とても美しい容姿の女性が登場する夢を見るのでした。 その後、再会したアルフィアス公爵はアナタシアに同年代の友達が欲しくはないかと声を掛けます。 候補の一人目はイゼキエル、そして二人目はヒロインであるジェニットだとアナタシアは気が付きます。 皇帝であるクロードに気に入られている自分に保険を掛けているのだと気が付いたアナタシアは、アルフィアス公爵に「自分より程度の低い友人など必要ない」と毅然と断ってしまいました。 場所が代わり、アナスタシアは自分が暮らす宮殿の近くで魔法を操る青年と子犬に似た獣に出会います。 不思議な雰囲気をもつ青年は、獣がアナタシアの中で抑えきれない魔力が生んだ神獣だと告げます。 クロと名付けた神獣を食べてしまおうとする青年から、クロを守るためにアナタシアは契約を結びます。 しかし、そこで事件が起きます。 いつものようにお茶会をしていたところ、 アナタシアが口から血を吐いて倒れてしまったのです。 なんとかアナタシアは目を覚ましたものの、激痛にうなされ続けるアナタシア。 原因はアナタシアの体内での魔力暴走だったため、宮廷仕えの魔術師ですらどうすることもできません。 そんなアナタシアを助けたのは、以前庭で出会った 不思議な魔法使いの青年でした…… 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻の感想 1巻ではまだアナタシアに興味を示し始めたばかりだったクロード。 2巻ではそんな二人の距離がアナタシアの涙ぐましい努力によって少しずつ変わり始めます。 アナタシアの生き残りをかけた奮闘戟がクロードに影響していく様子は思わず何度も読んでしまう程です。 特に今回二人の関係が大きく変わったのは、アナタシアがクロードの前で血を吐いて倒れてしまうシーン。 今まで殆ど表情を動かさなかったクロードが倒れていくアナタシアを前に驚いたように目を開くシーン。 そして目を覚まし駆け寄ってくるアナタシアを思わず抱きとめるシーンはドキドキが止まりません。 本来の物語とは全く異なる展開になり始めた中でアナタシアは今後どうなるのか、クロードとアナタシアの関係はどうなっていくのか、3巻も目が離せません! 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』をまとめてお得に読みたいなら以下のサイトがおススメです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について サイト

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の