扁桃炎 冷やす。 「急性扁桃炎」の原因について医師が解説ーほかの人にうつるの?予防方法はあるの?

「扁桃炎」の原因を医師が解説―人にうつるの?予防対策はあるの?

扁桃炎 冷やす

扁桃腺の役割 まず扁桃腺の役割がどういうものなのか知っていますか? 扁桃腺という呼び方は実は正式なものではなく、正式名称は口蓋扁桃(こうがいへんとう)と言います。 扁桃腺は体の中で免疫細胞を沢山持っていて、 体の中に入り込もうとする菌やウイルスから、体を守ってくれている役割を持っています。 扁桃腺は自分の体の免疫力が正常に働いているかを知ることのできる器官です。 様々な原因と治し方 この扁桃腺が腫れてしまうということは、免疫力が落ちているサインです。 免疫力と言っても体調だけでなく、ストレスや自律神経の乱れも関係してきます。 基本的に人間はストレスをため込まないように、ある程度は睡眠をとったり、ストレスを発散したりストレス解消のために趣味に時間を使ったりして、自分の体が正常に働くようになっています。 ですがそれはある程度はそうやって自力でなんとかできる、ということです。 過剰なストレス負荷が長期間で続いてしまったりすると体がストレスの処理に追い付かなくなってしまい免疫力が下がったり、体調を崩す結果になってしまいます。 ストレスが原因の場合治し方はストレス解消をすることが一番です。 運動など体を動かすことがいい人もいれば、静かに本を読んだり休息をしている方がいい人もいます。 自分が思うストレスの発散方法でストレスを発散させるようにしましょう。 他にも食生活が乱れていたりすると、扁桃腺が腫れる原因になったりもします。 ジャンクフードを食べる生活が続いていたり、同じものばかり食べていたり、反対に多忙な生活が続いていて何も食べていなかったりすると 栄養バランスが取れておらず体調が崩れて扁桃腺が腫れます。 食生活を意識してみると バランスのとれた食事ができていないことがあります。 普段から栄養バランスの取れているものを摂取している場合は食生活が原因ではないのかもしれませんが、健康にいい食事をしておけばもし扁桃腺の腫れを感じたときも早く治せることに繋がると思います。 栄養バランスを考えて食事をする為には野菜を多く摂る必要があります。 野菜不足になりやすくなってしまっている人は多いですが、 野菜不足は簡単に対策をすることが可能です。 一番手軽な方法は青汁を飲むことですが青汁を飲んだことがない人もとても多いです。 そんな青汁初心者の人は少なからず青汁にいいイメージを持っていないと思います。 ほとんどの人が 苦そう、まずいという考えかもしれませんが、最近では おいしく飲める青汁も増えているんです。 オーガニックフルーツ青汁って知っていますか?青汁なのにフルーツを使用しているから 苦みが少なくフルーティーな風味で飲むことができるんです。 青汁の効果はそのままに味は美味しくなっているので飲みやすいと口コミでも高評価。 その口コミが本当なのかどうかを調べるために 実際に飲んでみた記事もありますので是非見てください。 こういった自分の体調が関わってくるようなことが原因になっている場合もありますが、 気温の変化や乾燥した空気が関わってくることもあります。 時間帯によって気温の変化が激しい時期などは特に注意です。 寒暖のにも注意が必要! 寒暖差が激しいと自分の体が外の温度の変化についていけず、風邪を引いて扁桃腺が腫れてしまうことがあります。 寒さ対策、熱さ対策をしっかりするようにして、 汗をかいた時はそのままにせずしっかりと拭いて体が冷えないようにしておくことが大切です。 お風呂上りに濡れた髪をそのままいにしておくのもNGです。 夏でも夏風邪を引き起こす原因になったりするのでできるだけ早くドライヤーで乾かすようにしましょう。 また空気が乾燥していると空気が通る道である喉は、乾燥しやすくなってしまいます。 人によっては部屋の中にいても空気が乾燥している時は、乾燥を肌で感じたりすることもあるようです。 扁桃腺は乾燥が大敵と言っても過言ではないほど乾燥に弱いです。 喉が乾燥しているということは喉に乾燥した空気が入ってきているので、空気と一緒に体に悪影響な菌が入り込んで、扁桃腺を刺激していることがあります。 冬になると乾燥で風邪菌が繁殖しやすくなって風邪が流行することと同じですね。 いつでも部屋の湿度を保っておくと部屋の中の乾燥で扁桃腺が腫れることがあまりないように対策ができます。 外出時は加湿器をもって歩くことは難しいですしできるだけ水分を摂るようにして、 喉に潤いを与えて乾燥を防ぎましょう。 扁桃腺は本当に様々な理由から腫れることが原因とされています。 また扁桃腺が腫れたときはお風呂などに入るのはやめておきましょう。 ただ熱がまだ出ていない状況や症状が軽いときなどは入っても大丈夫ですが自分の体と相談するようにしてください。 風邪の時も高熱時にはお風呂に入らないようにしたりするように、お風呂に入るのには体力が必要です。 安静にしていたほうがいい時は無理に体を動かさないようにするのも早く扁桃腺の腫れを処置できる治し方です。 特に免疫力が落ちて風邪を引き始めたときに腫れて熱がでたりします。 その場合は風邪が悪化してきている証拠なので水分と休息をよくとりましょう。 熱が出るのは扁桃腺炎症を起こしていて、扁桃炎になっている可能性があります。 扁桃腺の炎症は危険! 扁桃炎にも段階があり、初期段階では「扁桃腺が赤く腫れる」「痛みを感じる」「食事の際に喉に違和感がある」などです。 この症状は軽い症状で、 風邪を引き始めたときに扁桃腺が腫れている、と言われるのはこの症状の時が多いです。 扁桃腺が腫れて高熱が出てくることを「急性扁桃炎」といわれています。 急性扁桃炎の症状• 高熱がでる• 関節痛• 初期段階よりも食事をするときに喉に違和感があり飲み込むときに痛みがる また扁桃腺が腫れて急性扁桃炎になると、中耳炎などの耳の病気も併せて引き起こすことがあります。 急性扁桃炎になると何をしていなくても扁桃腺が痛み食事をするのも億劫になってしまいます。 そうすると栄養失調や脱水症状になったりすることもあるので注意をしてください。 扁桃腺が腫れる原因の根本は先ほどお話したようにストレスや気温などのせいで免疫力が落ちることが原因です。 でも急性扁桃炎になるほど扁桃腺が腫れてしまうのはどんな原因があるのでしょうか? 早めに処置をしておかないと危険なものもあるんです。 急性扁桃炎は扁桃腺が腫れ始めた際に 常在菌が増殖して炎症を起こしていることが原因です。 私たちの体には常在菌がいくつも存在しています。 その常在菌はいつもなら免疫細胞を多く持った扁桃腺が増殖しないようにしてくれていますが、免疫力が下がってしまって扁桃腺が上手く機能しなくなって増殖をしてしまいます。 常在菌は様々で良く耳にする「インフルエンザ菌」も常在菌として私たちの体に潜んでいます。 扁桃腺の腫れが原因で インフルエンザ菌が増殖してインフルエンザになってしまうんです。 インフルエンザって重い症状の出る病気の一つですよね。 常在菌が増殖して酷い症状になるよりも早く扁桃腺の腫れを処置をするようにしましょう。 早くからの処置が治療への近道 1度扁桃炎になってから1年以内に扁桃炎に3~4回ほどかかってしまうのは「慢性扁桃炎」という扁桃炎にかかっている可能性があります。 この慢性扁桃炎も症状によっていくつかに分かれています。 「慢性単純性扁桃炎」と呼ばれるもので急性扁桃炎程の高熱は出ませんが、喉が痛くなったり違和感が続くものです。 扁桃炎を何回も繰り返すことで扁桃腺が大きく腫れてしまうので 小さい子供よりも大人に症状が出ることが多いです。 扁桃腺そのものにはあまり症状はでず、喉に違和感や軽い痛みがあるものを「扁桃病巣感染症」というものです。 これは皮膚や関節など扁桃からは遠いところに症状が出ます。 他の病気も併発したりするので併発にも注意が必要な病気です。 小学校入学前の子供に多いのが「習慣性扁桃炎」というもので 急性扁桃炎を年に5回ほど繰り返すことがある病気です。 慢性扁桃炎はこの3つにだいたい分けられていて、原因は常在菌による炎症が原因になっています。 この炎症にはうがいや薬などで喉を清潔にしておくことが重要で、炎症が酷い場合には抗生剤の使用をしたりすることが有力です。 あまりにも扁桃炎がひどくなっていて、扁桃周囲膿瘍などにまで発展している場合は体にとってもすごく危険なので扁桃腺を摘出したりすることも考えなくてはなりません。 でも摘出ってちょっと怖いですよね。 体の1部がなくなってしまって他にどこか悪いところが出てきたりしても嫌だし、扁桃腺が腫れても酷くならないように初期段階で扁桃腺の腫れが引くように処置をするようにしましょう。 治し方を知らないと早く処置ができない 扁桃腺が腫れる原因、そして扁桃炎の種類についても結構理解ができたんじゃないでしょうか? 原因が違えば治し方や予防の仕方も変わってきますが、扁桃腺が腫れる原因を知って原因から治すことができれば、慢性扁桃炎のように繰り返すことも少なくなると思います。 逆に治し方を知らずに放っておくと扁桃線の腫れはどんどん酷くなっていきます。 酷くなればなるほど治りも遅くなるし症状も重くなります。 最終的には摘出という言葉まで出てくるぐらいです。 風邪の引き始めのサイン程度にしか思っていなかった扁桃腺の腫れってものすごく怖いことなんですね。 高熱がでたり、何度も繰り返すようになる前に早くからの処置をすることが大切です。 扁桃腺の腫れが見られるときには激しい運動などをせず安静にしていることが1番の治し方かもしれませんね。

次の

慢性扁桃炎の私が普段やっている10のこと〜体は資本!〜|み ゆ ま る🐣|note

扁桃炎 冷やす

この時期、夏風邪と間違えやすいのが「扁桃炎」です。 熱が出たり、のどの痛みがあり、夏風邪だと思い市販の風邪薬を飲んでも、治りが悪い、こうした場合、のどの入り口付近の扁桃が炎症を起こした「扁桃炎」かもしれません。 また、扁桃炎は、慢性化し何度も繰り返す人もいます。 悪化すると、うみが広がり手術が必要になったり、腎炎などの引き金になったりすることもあります。 軽く見ないで早めの治療が大切です。 そこで、7月1日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、扁桃炎について取り上げました。 扁桃の場所ですが、口を大きく開いて舌をやや下げるようにした状態でのぞきこんでみると、のどの奥の左右にぷっくりと膨らんでいる部分があります。 これが一般的にいわれる扁桃で、医学的には口蓋扁桃(こうがいへんとう)と呼ばれます。 人間の体には「免疫」と言う働きがあります。 外から異物が入ってきたときに、すかさず、それを攻撃して排除してしまいます。 体外からの入り口の鼻や口で免疫機能を持っているのが口蓋扁桃なのです。 そのため、扁桃の表面にたくさんの凸凹があります。 これは、のどにやってくるウイルスや細菌をなるべく多くくっつけるためですが、細菌やウイルスの巣になりやすいという面ももっています。 疲れやストレスなどで抵抗力が弱ると感染を広げ、炎症を引き起こしてしまいます。 これが「扁桃炎」です。 昔は扁桃のことを「扁桃腺」と呼びました。 「腺」というのは、リンパ腺とか甲状腺とかの「腺」で、体に不要なものを排出したり、必要なものを取り込んだりする働きがあります。 ところが扁桃は、扁桃腺と呼ばれていましたが、実際には「腺」ではなかったんです。 そのため、近年では、扁桃腺ではなく、扁桃と呼ぶのが正しい呼び方となっています。 原因となる細菌は、溶連菌や黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、梅毒、淋菌などさまざまです。 またウイルスでは、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが原因で発症することもあります。 ただ、いずれの細菌やウイルスも強いものではないので、通常は感染しても身体の免疫力で減少・除去されてしまうことがほとんどですが、免疫力が低下していると発症してしまいます。 扁桃は、まさに防衛の最前線なのです。 両方の扁桃が腫れることもありますし、片方だけのこともあります。 また息苦しくなったり、ものを飲み込みづらくなったりします。 食事ができない、あるいは水も飲めないほどの痛みがあります。 さらに、38度以上の発熱、寒気や震え、首のリンパ節のはれ、身体のだるさ、頭痛、関節痛などがあります。 症状が進むと首が腫れてきて、口も開けにくくなります。 ここが大きなポイントです。 ただ、症状だけでは判断しづらい場合もありますので、耳鼻咽喉科で早急にのどを診てもらうことをおすすめします。 問診と視診で、まず診断がつきます。 その扁桃炎は、人にうつると思っている人もいます。 でも、それはありません。 さきほどもお話したように、免疫力の低下が引き金になって発症します。 ですので、免疫力がある健康な人が、扁桃炎にかかっている患者さんと接しても、まず、扁桃炎がうつることはありません。 一方、細菌性の場合は主に抗菌薬も用いられます。 具体的にはペニシリン、セフェム系抗生剤で、食事が取れるのであれば、抗菌薬等の内服でも治療可能ですが、食事が取れない場合は、入院の上、抗菌薬の点滴をします。 それは、扁桃炎が慢性化した慢性扁桃炎の場合です。 慢性扁桃炎は、扁桃炎を何度も繰り返すもので3つあります。 「慢性単純性扁桃炎」、「習慣性扁桃炎」、「扁桃病巣感染症」の3つです。 慢性単純性扁桃炎は大人が多く、子供は少ないです。 急性扁桃炎から移行する場合と、喫煙・飲酒・化学物質の吸入などが原因となる場合があります。 一方、習慣性扁桃炎は、1年に4回以上、2年に5~6回以上の急性扁桃炎を繰り返すものです。 扁桃の深いところに炎症の病巣ができてしまい、刺激を受けることで、炎症が繰り返しおきます。 症状は、急性扁桃炎と同じで、高熱、強い痛み、そして膿などです。 習慣性扁桃炎の原因は、幾つかありますが、副鼻腔炎など鼻の空気の通りが悪くなり、口呼吸をするようになると、細菌やウイルスが直接、扁桃に届くようになり、発症を繰り返すことなどがあります。 その他、体質などの影響もあり、苦しんでいる方も多いです。 最後の扁桃病巣感染症は、扁桃から離れた皮膚、関節、腎臓に疾患が引き起こされる状態です。 日本の基準では、小児においては感染症が1年で4~5回以上、または2年で5~6回以上ある場合に手術の必要性があるとしています。 また、抗菌薬による治療を行っても改善しない重度の急性扁桃炎や、扁桃の肥大による閉塞で睡眠障害が起こる場合などにも手術が検討されます。 手術時間は30分から1時間程度ですが、手術の検査のために、2日ほど、術後に5日から6日ほどの入院が必要です。 手術後に入院が必要な理由は、切除部分を切ったままの状態にしておかないといけないので、出血することがあるなど、注意しなければならないことがあるためです。 ただ、一般的にはその心配はありません。 影響が出る方も稀にいますが、多くは免疫力が落ちることはないとされています。 手術で摘出する扁桃は、主に口蓋扁桃です。 その他にも、扁桃は周辺に多くありますので免疫力が極端に落ちることはありません。 十分な睡眠を取り、食事もきちっととり、規則正しい生活です。 無理はしない。 特に糖尿病など全身疾患のある人は、より注意して体力の温存に努めましょう。

次の

扁桃腺の腫れが治らない!効果的な治し方5選!

扁桃炎 冷やす

扁桃腺の腫れの原因? 扁桃腺が腫れて高熱などの諸症状が現れるのが扁桃炎です。 風 邪をひいたときにも熱や喉の痛み、腫れなどの同じような症状 が起こるので、扁桃炎と風邪を間違えてしまうことも多いです。 扁桃炎は大人もなりますが、比較的小さな子供に多く見られる 喉の病気です。 そもそも喉にある扁桃腺とはどこにあるのかご 存知でしょうか。 大きく口を開ける時に見える舌の付け根の両サイドにある部分 が扁桃腺で、人にとってこの扁桃腺の大きさには違いがありま す。 扁桃線が腫れる扁桃炎の原因は、細菌やウイルスです。 喉の扁桃腺に細菌やウイルスが侵入して増殖し、炎症を起こし てしまうのですね。 扁桃腺というのは本来、免疫力の低い小さ な子供を細菌やウイルスから守るために存在しています。 生活しているとさまざまなシーンでどうしても細菌やウイルス が外部から侵入してきます。 扁桃腺はこれらをキャッチして、 喉から体内に侵入するのを防ぐ役割があるのです。 ですから、細菌やウイルスを捕まえるとこれらが扁桃内で増殖 して炎症を起こし、扁桃腺が大きく腫れてしまうのです。 この 状態を扁桃炎と呼んでいます。 扁桃炎には急性扁桃炎と慢性扁 桃炎がありますよ。 発症してから急激に症状が悪化するのが急性扁桃炎ですが、1 週間も経過すれば次第に症状も落ちついてきます。 治ったのに また症状が再発するのを繰り返すのが慢性扁桃炎です。 慢性扁桃炎になると、1年間に2回以上は高熱や扁桃腺の腫れな どの症状が現れるようになります。 小さな子供が良く発症する のは急性扁桃腺の方です。 他にも頭痛や悪寒、倦怠感などの症状も現れますよ。 扁桃腺の腫れの治し方? 扁桃腺の腫れは、喉を冷やしたり乾燥を防ぐために濡れマスク をしたり、市販薬や漢方薬などでも症状を軽くすることができ ますよ。 しかし、慢性化しないためにもまずは病院で診てもら い適切な処方薬でしっかりと治すのがおすすめです。 扁桃腺の治療では、発症の原因によって治し方も違ってきますが、 いずれにしても内服薬で治療していきますよ。 肺炎球菌などの菌 が原因となっている扁桃炎は、ペニシリン系などの抗生剤の内服 薬での治療が行わるのが一般的です。 ウイルスが原因の扁桃炎では、抗生剤を服用しても扁桃腺の腫れ は改善できません。 ですから、ウイルスに対応した薬物治療が必 要になってきます。 原因が細菌でもウイルスでも、現れる症状は ほぼ同じです。 発熱や喉の痛みには非ステロイド性の鎮痛剤が用いられ、腫れた 喉に対しては抗炎症剤が用いられます。 このようにはっきりと原 因を特定してから内服薬を処方してもらうのが確実です。 しかしなかなか病院に行く時間がないという人は、市販薬や漢方 薬で治すのも良いでしょう。 薬局で薬剤師さんに扁桃炎に効果的 な市販薬や漢方薬を教えてもらってください。 また腫れによる痛みが辛い時には、寝ている時などには喉を乾燥 から防ぐために濡れマスクをするのもおすすめです。 薬局などで 濡れマスクが市販されていますが、普通のマスクに水をスプレー するだけでもオッケーです。 炎症を起こし、熱を持っている扁桃腺の腫れは、冷やすのも有効 です。 首の横や正面などを保冷剤などで冷やすと痛みが軽減でき ますよ。 扁桃腺の腫れの食べ物? が腫れるといつものように食べることが出来なくなります ね。 痛みや症状を悪化させる食べ物があるので注意が必要です。 炭酸水や、ヨーグルトなどの酸味のある食べ物は喉への負担とな るので避けた方が良いでしょう。 炭酸水は飲むときに喉に大きな刺激となります。 痛みがあれば、 炭酸水を飲む気にもならないでしょう。 扁桃炎になると吐き気を 伴うこともありますから、ヨーグルトなどの酸味のある食べ物を 食べると症状が悪化することもあるので要注意です。 扁桃腺が腫れている時には、水を飲むだけでも痛みが伴うことも あるので食べられるものも限られてきますね。 食事も水分補給も 難しいほどの痛みがある場合には、脱水症状も心配ですから経口 補水液などがおすすめです。 経口補水液やスポーツドリンクは水分と同時に電解質も補給でき ます。 体内にも素早く浸透し、脱水症状を防ぐことができますね。 冷たいミルクやスープなどもおすすめですよ。 小さいお子さんは 特に脱水症状になりやすいので注意してあげて下さい。 アイスクリームやゼリーなどもおすすめです。 乳脂肪分が高いア イスクリームは栄養価も高いですから、食事もままならない時の 栄養補給に最適です。 ビタミンやアミノ酸などが含まれた機能性 食品タイプのゼリーもあるのでこれも扁桃腺が腫れている時には ぴったりです。 まとめ 扁桃腺が腫れて急激に高熱が出る扁桃炎は、免疫力が低い子供に 多く発症するので注意してくださいね。 脱水症状が心配ですから 水分補給を心がけて、室内の乾燥や喉の乾燥にも注意しましょう。

次の