ヤマダ電機 ポイント還元率 何パーセント。 家電量販店で高額家電を購入するならデビットカード払いがおすすめ!クレジットカード払いとは違い、ポイント付与率が落ちません。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに? 10月から最大5%還元

ヤマダ電機 ポイント還元率 何パーセント

ケーズデンキの5%現金値引きは、クレジットカード決済でも有効な件 大手の家電量販店はほぼ確実に、自社独自のポイントサービスをやっていて、そのポイント付与率は決済方法により少々違いを持たせています。 例えばヤマダ電機は現金やヤマダ電機発行のクレジットカードでの決済だと、税別価格の10%相当のポイント ヤマダポイント を付与し、他社クレジットカード決済だと8%を付与します。 また、ジョーシンもこれと似ていて、他社 ジョーシン以外の クレジットカード決済でのポイント ジョーシンポイント 付与率は、ジョーシン発行のクレジットカード決済や現金決済よりも一律2%低く設定してあります。 スポンサーリンク このように家電量販店の多くは、他社クレジットで買い物されることをあまり好まず、ポイント付与率を下げることをその対抗策としています。 多くの量販店が上記策を取るのに対し、ケーズデンキではあんしんパスポートの保有者であれば 厳密には会計時にパスポート提示すれば 、 決済手段を問わず、税込価格から一律5%の値引きを受けられます! 文章にすると単純ですが、ケーズデンキのこの方針は、クレジットカードのポイントを貯めてる人にとっては相当ありがたことです。 例えばケーズデンキで税込10,000円の商品をパスポート提示で買う場合、現金払いの人は単に500円安くなるだけです。 一方、同じ買い物を例えば還元率1% 税込100円ごとにTポイント1P獲得 のYahoo!JAPANカードで行う場合、値引き後の9,500円から95Pが得られます。 つまりまったく同じ1万円買い物でも、現金の人は5%しか得できないけど、還元率1%カードの人はほぼ6%得 500円割引+95P還元 できるのです! このことは、ケーズデンキで税別定価839円の商品 テレビ・パソコン対応の延長コード を買った僕のレシートからも確認できます。 パスポート保有者の僕は会計時にそれを提示し、決済で上記商品を買いました。 この商品は税別839円で、税込だと906円なので、もし5%値引きが効くなら、レシートの合計金額は5%OFFの 税込 860円になってるはずです。 実際、僕のレシートは860円となってますし、5%値引の記載もちゃんとあります。 また、決済内訳はクレジットカードとなってるので、クレジット決済でもちゃんと5%値引されたことが確認できます。 JCBブランドのYahoo!JAPANカードで支払いました つまり先ほどの理屈通り、ほぼ6% 値引5%+カード決済のTポイント1% の還元が達成されたのです! 逆に他の多くの量販店だと、 例えば還元率1%カードでの クレジット決済者はカードからポイント1%を得られはしますが、量販店から得られるポイントは現金決済者よりも2%少なく、結局、トータル1%だけ損をします。 しかしそんな中、ケーズデンキは現金決済であろうとクレジット決済であろうと、パスポート提示さえ忘れなければ、等しく5%割引が適用されるので、他の量販店とは良い意味で一線を画してるというわけです。 ということで、ケーズデンキで現金払いしてる人は、今後 は何かしらのクレジットカード利用で買うようにしましょう! 現金値引きは短期的にメリットが大きく、10%ポイント付与は中長期メリットに富む! ジョーシン、ヤマダ電機、エディオン等、家電量販店の多くは最大10%のポイント付与を売りにしています。 一方、ケーズデンキは一律5%の現金値引なので、もしこの特典を他店のポイント10%付与と比べた場合、ケーズデンキの特典は他店の半分しかメリットがないように、一見感じられます。 しかしこれは少々間違いで、 短期的には前者 5%値引 、中長期的には後者 ポイント10%付与 の方がメリットに富むというのが、より正確な理解です。 なぜなら単純に買い物 会計 回数が2回以内なら、リアルな割引率はケーズデンキの方が大きいからです! 例えば税別10,000円 税込10,800円 の買い物を、パスポート提示でケーズデンキでする場合、この買い物は何回行っても10,800円から一律5%値引がされるので、買い物回数によらず、割引率は5%になります。 一方、ヤマダ電機の 税別に対し 10%ポイント付与を例にすると、会計時は単に1,000Pを得られるだけで、この時点では何の割引もないので、1回目の割引率は0%です。 続いて2回目の会計時は、前回得た1,000P利用により、実費は税込9,800円に減らせると同時に、税込9,800円の税別換算である9,074円の10%分、つまり907Pが得られます。 つまりヤマダ電機での買い物2回目までの割引率は、計21,600円の商品を1,000円安く買えたということで、4. 6%と計算できます。 9%となります。 そして家電量販店のポイントサービスの多くは、ヤマダ電機のような還元率の変遷を辿ることになります。 なので家電量販店での買い物回数が少ない人は、ケーズデンキの即時値引が、逆に買い物頻度が高い人には10%ポイント付与の方が実利は大きいと言えるのです!.

次の

ヤマダ電機ポイントアップル製品ならヤマダ電機!itunesやipadもオススメ!

ヤマダ電機 ポイント還元率 何パーセント

ケーズデンキの5%現金値引きは、クレジットカード決済でも有効な件 大手の家電量販店はほぼ確実に、自社独自のポイントサービスをやっていて、そのポイント付与率は決済方法により少々違いを持たせています。 例えばヤマダ電機は現金やヤマダ電機発行のクレジットカードでの決済だと、税別価格の10%相当のポイント ヤマダポイント を付与し、他社クレジットカード決済だと8%を付与します。 また、ジョーシンもこれと似ていて、他社 ジョーシン以外の クレジットカード決済でのポイント ジョーシンポイント 付与率は、ジョーシン発行のクレジットカード決済や現金決済よりも一律2%低く設定してあります。 スポンサーリンク このように家電量販店の多くは、他社クレジットで買い物されることをあまり好まず、ポイント付与率を下げることをその対抗策としています。 多くの量販店が上記策を取るのに対し、ケーズデンキではあんしんパスポートの保有者であれば 厳密には会計時にパスポート提示すれば 、 決済手段を問わず、税込価格から一律5%の値引きを受けられます! 文章にすると単純ですが、ケーズデンキのこの方針は、クレジットカードのポイントを貯めてる人にとっては相当ありがたことです。 例えばケーズデンキで税込10,000円の商品をパスポート提示で買う場合、現金払いの人は単に500円安くなるだけです。 一方、同じ買い物を例えば還元率1% 税込100円ごとにTポイント1P獲得 のYahoo!JAPANカードで行う場合、値引き後の9,500円から95Pが得られます。 つまりまったく同じ1万円買い物でも、現金の人は5%しか得できないけど、還元率1%カードの人はほぼ6%得 500円割引+95P還元 できるのです! このことは、ケーズデンキで税別定価839円の商品 テレビ・パソコン対応の延長コード を買った僕のレシートからも確認できます。 パスポート保有者の僕は会計時にそれを提示し、決済で上記商品を買いました。 この商品は税別839円で、税込だと906円なので、もし5%値引きが効くなら、レシートの合計金額は5%OFFの 税込 860円になってるはずです。 実際、僕のレシートは860円となってますし、5%値引の記載もちゃんとあります。 また、決済内訳はクレジットカードとなってるので、クレジット決済でもちゃんと5%値引されたことが確認できます。 JCBブランドのYahoo!JAPANカードで支払いました つまり先ほどの理屈通り、ほぼ6% 値引5%+カード決済のTポイント1% の還元が達成されたのです! 逆に他の多くの量販店だと、 例えば還元率1%カードでの クレジット決済者はカードからポイント1%を得られはしますが、量販店から得られるポイントは現金決済者よりも2%少なく、結局、トータル1%だけ損をします。 しかしそんな中、ケーズデンキは現金決済であろうとクレジット決済であろうと、パスポート提示さえ忘れなければ、等しく5%割引が適用されるので、他の量販店とは良い意味で一線を画してるというわけです。 ということで、ケーズデンキで現金払いしてる人は、今後 は何かしらのクレジットカード利用で買うようにしましょう! 現金値引きは短期的にメリットが大きく、10%ポイント付与は中長期メリットに富む! ジョーシン、ヤマダ電機、エディオン等、家電量販店の多くは最大10%のポイント付与を売りにしています。 一方、ケーズデンキは一律5%の現金値引なので、もしこの特典を他店のポイント10%付与と比べた場合、ケーズデンキの特典は他店の半分しかメリットがないように、一見感じられます。 しかしこれは少々間違いで、 短期的には前者 5%値引 、中長期的には後者 ポイント10%付与 の方がメリットに富むというのが、より正確な理解です。 なぜなら単純に買い物 会計 回数が2回以内なら、リアルな割引率はケーズデンキの方が大きいからです! 例えば税別10,000円 税込10,800円 の買い物を、パスポート提示でケーズデンキでする場合、この買い物は何回行っても10,800円から一律5%値引がされるので、買い物回数によらず、割引率は5%になります。 一方、ヤマダ電機の 税別に対し 10%ポイント付与を例にすると、会計時は単に1,000Pを得られるだけで、この時点では何の割引もないので、1回目の割引率は0%です。 続いて2回目の会計時は、前回得た1,000P利用により、実費は税込9,800円に減らせると同時に、税込9,800円の税別換算である9,074円の10%分、つまり907Pが得られます。 つまりヤマダ電機での買い物2回目までの割引率は、計21,600円の商品を1,000円安く買えたということで、4. 6%と計算できます。 9%となります。 そして家電量販店のポイントサービスの多くは、ヤマダ電機のような還元率の変遷を辿ることになります。 なので家電量販店での買い物回数が少ない人は、ケーズデンキの即時値引が、逆に買い物頻度が高い人には10%ポイント付与の方が実利は大きいと言えるのです!.

次の

ケーズデンキの5%現金値引きは、クレジットカード決済でも有効な件

ヤマダ電機 ポイント還元率 何パーセント

ヤマダ電機のポイント(還元率)について教えてください。 先日はじめてヤマダ電機のポイントカードを作りました。 クレジット機能付のポイントカードにすれば、現金払いと同じ10%の還元率だと言われそちらを申し込みました。 その日は即発行できる通常のポイントカードで現金で支払い買い物をしました。 帰ってきてレシートを見てみたら、6710円買ったのにポイントは104ポイントでした。 10%なのかと思ってたのですが・・・ 買ったものはゲームソフトとパソコン関連のものです。 ものによって還元率違うのですか?だいたいゲームだったらどれくらいの還元率ですか? 最初に現金だと10%、他社カードだと8%の還元率との説明しか受けてないので、なんだか騙された気分です。 8) ってことですか? ヤマダ電機は、店舗、商品ジャンル、商品、時期によってポイントが違います。 ポイント3%と表示されているのに10%ポイントが付くことがありました。 逆に、2倍ポイントセールといいながら店員のミスで2倍にならなかったこともありました。 1年前に何度も経験したことですが、他社カードで払っても、現金払いと同じ還元率の場合と、2%低くなる場合の両方がありました。 商品ジャンルやレジの場所も関係ないようでした。 僕としては、ヤマダのポイントは何が正しいのかよくわかりません。 店員のいうこともあてになりません。 表示やチラシの内容をきちんと見て、ポイントが不当に低いと思ったら抗議し、不当に高いと思ったらそのままにしてます。

次の