グッドラック 炎上。 【グッとラック】せやろがいおじさんのコーナーはいつ?時間や内容を調査!|らいふはっくん

立川志らく『グッとラック!』1%台突入……TBS関係者の“嘆き”とは? 国山ハセンの卒業も!?(2019/11/13 11:50)|サイゾーウーマン

グッドラック 炎上

『グッとラック!』(TBS系)より 9月30日の放送開始当初から、たびたび低視聴率ぶりが報じられているTBS系朝の情報番組『グッとラック!』。 現時点で、同番組のワースト視聴率回は、10月15日と同月31日放送の1.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となっており、視聴率が上がる傾向にある祝日こそ3%台に届くものの、11月に入ってからも2%台前半をウロウロしている。 番組のメインMCは、立川志らくとTBSアナウンサー・国山ハセンが担当しているが、国山アナの『グッとラック!』出演をめぐり、局内では放送開始以前から否定的な声が出ていたそうだ。 「バラエティー番組のイメージが強い国山アナですが、2017年からサブキャスターを担当した報道・情報番組『Nスタ』での活躍ぶりは、局内外でも評価が高まっていました。 「前番組となる『ビビット』は、視聴率低迷から抜け出せずに打ち切られましたが、TOKIO・国分太一と真矢みきへのギャラと比較すれば、『グッとラック!』は制作費をかなり抑えられているはず。 しかし、2%台が2カ月以上続く現状を考えると、最初からメインMCを全て局アナにしていた方がよかったのかもしれません。 というのも、日本テレビ系の情報番組『バゲット』は視聴率こそ低いものの、前番組の『PON!』終了後、レギュラー出演者にタレントや文化人を起用することなく局アナのみで番組を構成。 低予算で番組制作をしていますが、『PON!』と比較しても数字は下がってはいないので、業界内では『コスパが良い』なんて言われています。 「現在の志らくは、コメンテーターのような立ち位置での発言もあるなど、司会に徹しきれておらず、番組での役割が定まっていないことは明らか。 現在の視聴率水準であれば、賛否両論を呼ぶ企画を仕掛け数字が落ちる心配もありませんし、いっそのこと志らくのコーナーとして『一つのニュースを3分間で、1人語りする』くらいの大胆なコーナーを設けてもいいかもしれません……」(情報番組デスク) 放送開始からまだ2カ月の段階だけに、すぐに打ち切りといった話は出ていないものの、「1年後には番組終了を本格的に検討する」(同)とか。

次の

国分『ビビット』視聴率2%台連発で打ち切り、志らく『グッとラック!』開始前から批判殺到

グッドラック 炎上

政治・経済から、生活情報まで。 今、熱い話題に対して、立川志らくは何を話す? スタジオには、これまであまりテレビに出てこなかった文化人も参戦! 「グッとラック! 」は、志らく・コメンテーター陣の意見を通じて、最大関心事を「深堀り」します! ビビットのあとの情報番組です。 主婦層に人気の立川志らくと国山ハセンがMCを務めます。 果たして低迷する情報番組を立て直すことができるのか注目です。 初のMC志らくさんはコメンテーターとして人気で、良く言えば歯に絹きせずに忖度せず番組を進めることを期待出来ます。 しかし発言が強気で度々批判をされることがあるので、MCとしてはどうなるのか気になります。 嘘はつかない、忖度をしないと意気込みを言われていますが、自分の意見を押し通すのがMCではなく、ゲストに話を振ることも必要ので、志らくさんの進行がどのようになるのか注目したいです。 炎上商法のようにならなければ良いと思います。 個人的には、ひるおびまで生放送が続くので、健康に不安がある志らくさんの体力が持つか心配です。 また、朝の情報番組はレギュラー出演者も注目が集まるため、出演する文化人も気になります。 志らくの番組ならではの方が出演することに期待したいですが、発言が強い人がばかりがあつまるとまとまりがなくなりそうなので、落ち着いて発言ができる人も出演してほしいと考えます。 現時点では出演者やコーナーについてはあまり情報がないので、番組が始まるのが待ち遠しいです グッとラック! キャスト MC 立川志らく 国山ハセン TBSアナウンサー アシスタント 若林有子 TBSアナウンサー お天気キャスター 根本美緒 気象予報士 芸能デスク 高野貴裕 TBSアナウンサー 現地レポート 上路雪江 ほか グッとラック 動画 見逃し配信の感想 落語家の立川志らくさんと、TBSアナウンサーの国山ハセンさんの二人がMCとなり、新たに始まる情報番組と聞いて、朝からどんな新しい情報番組を見せてくれるのか、非常に興味深いなと思いました。 この時間帯は他局も情報番組をしており、かなりの競争激化が予想され、そんな中で記憶に残りながらも、また見たいと思わせるのは大変だろうなと感じますので、その辺りの斬新な番組への取り組みを感じさせる挑戦的なコーナーや、企画が見たいなと思っています。 かつてこの枠は、はなまるマーケット、という人気番組がありましたので、それを上回る様な番組作りにも期待したいなと思いました。 立川談志さんという歯に衣着せぬ物言いが記憶に残る大落語家を師匠に持つ、立川志らくさんが、師匠に負けない破天荒な独自の意見で起きた物事をブッタ切るのにも期待しています。 また、番組アシスタントに、TBS新人アナウンサーの若林有子さんを大抜擢した点も局の挑戦する気持ちが伝わってきて、何も分からない新人だからこその失敗やハプニングもある意味面白そうですし、それでも頑張る姿は見ていて朝から笑顔や元気も貰えそうだなとも感じました。 未知の彼女の魅力を見ながら成長していく姿を見られるのも楽しみだなと思いました。 そんな点に期待したいです。 グッとラック 動画 見逃し配信 フル 無料視聴 再放送まとめ ビビットの国分太一、真矢ミキもそれなりに良かったと思うんですが、立川志らくならインパクト与えると言う点ではこっちがあるかなと思いますね。 国分太一、真矢ミキはどうしてもコメントするにもグループだったり好感度だったりを気にしないといけないんで捨て身感がある立川志らくは強いですねそのぶん。 あとは立川志らくの自分の思ったことを言うスタイルがどれだけ世間とマッチするかどうかと思います。 今までは何人かいる中でのコメンテーターとしてのコメントを求められて、ある程度高い評価を受けていたとは思うんですが司会となるとどうなるかは、立川志らくの正念場かなと思って番組見たいなと思います。 支えてくれるメンバーはアナウンサーの人ばかりで大丈夫かなと心配してしまいます。 VTR見ての時間もそれなりには長いだろうけど二時間以上ある番組なんで、コメントもそれなりに必要だとはおもうんですがちょっと弱いメンバーかなと思ってしまいます。 ゲスト呼んだりするとは思うんですがこのメンバーなら良い番組は出来るとは思いますが視聴率は少し心配ですね。 ただ考えかたによっては立川志らくを目立たせて、立川志らくを中心に心中するというならこれがベストメンバーになりますね。 見て確認したいです。 そこで、高額な金額を請求されてしまったとしても自分自身では把握しきれないといったリスクがあります。 また、自分の意図しないページを勝手に開かされてしまうもう一つのリスクとしてはコンピューターウィルスに犯されてしまうリスクがあるということです。 たまに警告文が出てきますが間違えてクリックしてしまうとどのような事になってしまうのか想像もつきません。 従ってそのようなリスクを避けるためには違法動画には触らない方が良いという事になります。 2つ目の理由としては、倫理観の問題となります。 違法動画はその作品を作った方々の利益にはならない為、その作品を作った人の努力が報われないといった事になります。 そして自分がその違法動画を見る事によって違法動画をアップした人の利益になります。 やはり、違法な事をして儲かるといい事は間違っていると考え、それを見る事により利益を与えてしまうのに協力する事は避けたいので、違法動画を見たり触るという事をしたくはないです。 グッとラック 動画 見逃し配信 フル 無料視聴 youtube 私がインターネットにある違法動画やリーチサイトに触りたくない理由は、そのサイトがかなり怪しく下手に操作をすると私のパソコンがウイルスやマルウェアに感染してしまう恐れがあるからです。 大抵そのようなサイトは後からステルスで浮かび上がってくる広告がありますが、これはまだましなほうでクリックしてしまっても広告のサイト(大抵は18禁ものの動画や漫画)に飛ばされるだけで済みます。 しかし中にはかなり悪質なものがあり、クリックしたとたん開いているブラウザの小さいウインドウが開きそれをほっておくと勝手に通信してしまったり、その他には画面上にウイルスに感染しましたと偽の警告メッセージを表示し、サイトに誘導する等のものがあります。 なぜこの様なことになるかというと、違法動画のアップロードやリーチサイトはそもそもが違法なので正規の方法まともに運営できません。 しかし無料で行うことはできないのでこのような詐欺やウイルスサイトでアンダーグラウンドマネーで運営しています。 従いましてまとめると違法動画やリーチサイトは犯罪組織の資金源にもなりかねないので、そのようなサイトを見るということはこれらの犯罪にも手を貸すことから触れたくありません。

次の

「鬼滅コス」特集の『グッとラック!』にコスプレイヤーが批判 ロンブー淳はTwitterで謝罪、ネットリンチには疑問

グッドラック 炎上

オチをつけるのが落語家の技量とはいえ、新番組の開始早々に視聴率をサゲれば噺は終わってしまう。 TBSの情報番組「グッとラック!」で、初MCに抜擢された立川志らく(56)が、さっそくの試練に直面した。 あと3カ月もせずに除夜の鐘が鳴り響く。 テレビの年間視聴率を競う民放各局において、「秋の改編」は新番組を次々に投入してのラストスパートである。 特に日本テレビ、テレビ朝日に次ぐ3位に甘んじているTBSにとってみれば、視聴者を惹きつける大胆な変革が求められているんだとか。 それ故、日テレの「スッキリ」、テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」、フジ「とくダネ!」が鎬(しのぎ)を削る平日朝の情報番組に大鉈がふるわれた。 国分太一と真矢ミキがMCを務めていた「ビビット」が終了し、代わって始まったのが立川志らくをMCに起用した「グッとラック!」なのだ。 TBS関係者によれば、 「志らく師匠は3年前にTBS『ひるおび!』のコメンテーターになって以来、歯に衣着せぬ物言いが視聴者に好評を博していました。 今年5月に川崎市で起きた無差別殺傷事件の犯人に対して、『一人で死んでくれ』と口にして炎上騒動を起こしましたが、このご時世で本音を喋れる人物は稀有な存在だと、局はリスク覚悟で起用したのです」 ところが、蓋を開ければ初回の平均視聴率は2・9%(関東地区、以下同)と、同じ時間帯でのワーストを記録。 2回目の10月1日放送分も2・6%、3回目に至っては2・3%と負け続き。 さる放送記者が言う。 「首位をひた走る『羽鳥慎一モーニングショー』の年間平均視聴率は9・1%で、TBSの数字はその3分の1にも満たない。 日テレやフジの裏番組と比べても半分以下です。 あわせて読みたい関連本•

次の