リアルタイム 動画保存。 Python, OpenCVでカメラのリアルタイム動画から静止画を保存

スマホもPCも対応!Goproで撮影した動画を保存する2つの方法

リアルタイム 動画保存

スポンサードリンク YouTube Liveの魅力とは? ニコニコ生放送やTwitchなど数多くのライブ配信サービスが登場している昨今。 利用者の選択肢の幅も広がり配信者も視聴者も各々利用しやすい サービスを見つけてライブ配信を楽しんでいます。 サービスの提供者側からするとそれだけ利用者を集めることが大変な時代ですが、 YouTube Liveの配信者数は現在も順調に数字を伸ばしています。 では、YouTube Liveが人気を集める理由とは 一体どのような点にあるのでしょうか!? 利用料が無料 ライブ配信ブームの火付け役とも言えるニコニコ生放送は 月額制のプレミアム会員にならなければ利用することができません。 しかし、最近ではTwitchやFC2ライブなど 無料で配信可能なサービスが大勢を占めています。 YouTube Liveももちろん無料で配信・視聴が可能なサービスです。 有料というだけで敬遠する方も多いですから 「利用料無料」はシンプルながら大きな魅力と言えます。 画質・音質に制限がない 大抵のライブ配信サービスには画質や音質のビットレートに制限があります。 しかし、YouTube Liveにはビットレートの制限がないため 高画質かつ高音質の配信を楽しむことができます。 もちろん、PCのスペックや通信環境によって実質的な制限はありますが、 サービス側から制限をかけられないというのは大きなアドバンテージです。 配信方法が簡単 YouTube Liveの配信方法は非常に簡単です。 画面のキャプチャー方法やエンコーダの設定などPC側で行う手順は若干複雑ですが、 YouTubeのサイト側で求められることは非常にシンプルです。 また、PS4から直接YouTube Liveでライブ配信を行うこともできます。 さらに2017年2月からは公式アプリからの配信も可能になっています。 収益化が可能 最近ではYouTuberという職業が確立しつつあり、 動画配信で生計を立てている人も珍しくない世の中になってきました。 YouTubeでは通常の動画と同様にライブ配信でも収入を得ることができます。 2017年1月には視聴者から直接配信者に投げ銭ができるという 機能も実装され配信で収益を得る方法はさらに幅広くなっています。 YouTube一本で生活していくというのが難しくても副業として ライブ配信を楽しみながら収入を得られると考えたら それだけでも大きな魅力になるでしょう。 配信動画の保存期間に制限がない YouTubeが他のストリーミングサービスと比べ 最も優れている点が配信動画のアーカイブの保存期間です。 例えば、Twitchでは配信動画の保存期間が無料会員で14日間、 有料会員で60日間と定められています。 保存期間を過ぎてしまうと動画が消えてしまうので 昔の配信動画を見返すことが難しくなってしまいます。 しかし、YouTubeでは配信動画の保存期間に期限がありません。 そのため、配信動画をいつでも自分のチャンネルから見返すことができます。 HDDに録画映像を残しておく必要もないので保存容量の削減にも繋がります。 YouTubeでライブ配信をする方法 ライブ配信をするために必要なもの はじめにライブ配信をするために必要なものを確認しましょう。 また、電話でのアカウント確認とライブストリーミングの有効化も必要になります。 アカウントの設定方法については後述する ライブストリーミングの有効化で詳しく紹介します。 基本的にはPCからの配信になりますが、 PS4やスマホからも配信することができます。 PS4の場合はゲーム実況が主になりますが、 別売りのPS Cameraを使うことで実写配信も可能です。 スマホアプリからの配信はチャンネル登録者数1万人を超えている クリエイターのみしか利用できませんが、 今後、利用者の範囲が順次拡大されていく見込みです。 PC用エンコーダには様々な種類がありますが、 YouTubeではという無料配信ソフトが推奨されています。 無料で使える上に導入や設定方法も簡単なため初心者の方でもすぐに使えます。 スマホアプリからの配信であれば公式のYouTubeアプリから行うことができます。 ただし、先述した通りアプリからの配信には 条件がありますのでその点には注意してください。 自分の声を配信に乗せないのであれば必要ありませんが、 基本的にはマイクを使って声付き配信をすることになるでしょう。 PCマイクにはデスクなどに置いて使うスタンドタイプと ヘッドフォンと一体となっているヘッドセットタイプがあります。 それぞれにメリット・デメリットがあるので 自分の配信スタイルに合ったマイクを選びましょう。 PCの内蔵カメラでも問題ありませんが、カメラの位置を自由に動かしたい場合は WEBカメラを購入した方が良いでしょう。 ヘッドセット付きのWEBカメラも販売されているので、 マイクがない方はセットになっているものを購入すると手間が省けます。 キャプチャーボードによって接続できるゲーム機が決まっており PCとの接続法も異なってくるので購入の際には事前に情報をよく調べておきましょう。 ライブ配信の手順 次にライブ配信の手順について解説します。 を開き、国を選択します。 確認コードの受取方法を指定し電話番号を入力して「送信」をクリックします。 指定した方法で確認コードが送られてくるので 受信した確認コードを画面に入力し「送信」をクリックしてください。 「YouTube アカウントが確認されました」と表示されればアカウントの確認は完了です。 YouTubeからアカウントの「クリエイターツール」を開いたら 左にある「ライブストリーミング」を開き「始める」をクリックします。 これでライブストリーミングの有効化が完了します。 配信ソフトは様々ありますが、今回は最も広く使われている OBS Studioを用いた場合の設定方法をご紹介します。 まずは公式サイトからをダウンロードしてください。 OBS Studioを起動し「設定」をクリックします。 コピーしたストリームキーをOBS Studioの「ストリームキー」にペーストします。 「ビットレート」「CPU使用のプリセット」などを任意の数値に設定します。 ビットレートは回線の速度によって変更する必要があります。 回線速度に余裕があれば2000〜2500辺りの数値に設定しておくと良いでしょう。 CPU仕様のプリセットは10段階あり、 上のレベルに設定するとCPU使用率が低くなります。 PCのスペックに合わせて調整してください。 出力解像度は配信映像のサイズになりますので 任意の数値に設定してください。 この設定を忘れるとマイクの音声が配信に乗らないので気をつけましょう。 「ソース」から「+」マークをクリックします。 配信映像に載せる画面のキャプチャ方法が一覧で表示されます。 取り込みたい映像によって細かく使い分けられますが、 よく分からない方は「ウィンドウキャプチャ」を選択してください。 「ウィンドウキャプチャのプロパティ」が表示されたら 「ウィンドウ」からキャプチャしたいアプリケーションを選択します。 プレビュー画面ではキャプチャした映像を確認することができます。 キャプチャ映像をクリックすることで大きさを調整できるので 任意の大きさに設定してください。 YouTubeのクリエイターツールから「を開き 配信映像を確認してみましょう。 OBS Studioのプレビュー画面に表示されている映像が 再生されれば配信が正常に行われています。 「基本情報」タブを開き「配信タイトル」「説明文」「カテゴリ」を設定しましょう。 これでYouTubeでライブ配信を行う準備が全て完了です! ライブ配信の保存動画の削除方法 ライブ配信動画は自動的にアーカイブとして保存されます。 保存された動画を削除したい場合はクリエイターツールの「動画の管理」を開きます。 削除したい動画の「編集」をクリックし「削除」を選択すれば動画が削除されます。 YouTubeのライブ配信を見る方法 ライブ配信を見るために必要なもの YouTubeのライブ配信はPCやスマホさえあれば いつでも誰でも見ることが可能です。 配信側とは違って視聴するだけならアカウントも必要ありません。 YouTubeにアップロードされている動画と同じような感覚で ライブ配信を楽しむことができます。 ただし、一点だけ気を付けなければならない点も……。 ライブ配信は配信者の配信映像をリアルタイムで受信しているため 十分な通信速度が必要です。 通信速度が安定しない状態だと配信が途切れ途切れになったり、 途中で止まってしまうこともあります。 また、スマホから見る場合は通信量にも気を付けなければいけません。 短時間であれば問題ありませんが、数時間もライブ配信を 見続けていると通信量も膨大になってしまいます。 ライブ配信をスマホで見る際は通信速度が安定していて 通信量を気にする必要のないWi-Fi接続の利用をおすすめします。 ライブ配信の探し方 ここではライブ配信の探し方を説明します。 ライブチャンネルに登録すると登録チャンネル一覧に表示されるので 頻繁に利用する方は登録しておくと良いでしょう。 ライブチャンネルでは「ゲーム」「スポーツ」「テクノロジー」など 様々なジャンルごとにライブ配信を表示しています。 見たいライブ配信が特に決まっていない方は こちらの方法で探してみることをおすすめします。 検索フォームは通常の動画を探す際に使うものを利用します。 任意のキーワードを入力したあと「フィルタ」を開き 「特徴」から「ライブ」を選択します。 すると、キーワードを含むライブ配信やライブ配信の録画映像が表示されます。 現在放送中のライブ配信を優先的に表示したい場合は 「フィルタ」の「アップロード日」から「1時間以内」や「今日」を選択しましょう。 その範囲内でアップロードされた録画映像も表示されてしまいますが、 ライブ配信が一覧の上部にまとまって表示されるはずです。 YouTubeからゲーム実況配信を探す場合とは異なり ゲームタイトルごとにライブ配信を検索できるのが大きな特徴です。 「ゲーム」タブを開くと人気のゲームタイトルが一覧で表示され、 現在行われているライブ配信の数も確認することができます。 お気に入りのゲームを登録しておくと「マイコレクション」から すぐにライブ配信を確認することもできます。 ゲーム実況配信が好きな方はYouTube Gamingからライブ配信を探すのが良いでしょう。 ライブ配信へのコメント方法 ここではライブ配信のコメント方法を紹介します。 ライブ配信にコメントをするためには アカウントの登録とログインが必要になります。 アカウントを持っていない方は事前にアカウントの作成と ログインを済ませておきましょう。 チャット欄の下に「メッセージを入力」と書かれた 入力フォームがあるのでそこにコメントを書き込みましょう。 入力を済ませて右下の決定ボタンを押すとコメントがチャット欄に反映されます。 匿名のコメントはできないためどのユーザーが どのコメントを残したか分かるようになっています。 ライブ配信の通知設定方法 お気に入りの配信者を見つけたらチャンネル登録することで 通知の設定をすることができます。 通知設定をしたいチャンネルを開きチャンネル登録ボタンの 横にあるベルの形をしたマークをクリックします。 「このチャンネルの通知をすべて受け取る」にチェックを入れると ライブ配信を開始した際に通知が来るようになります。 おすすめ配信者3選 ここからはおすすめの配信者を3名ご紹介します。 皆さんなかなか有名な方ですが、まだ一度も見たことがないという方は ぜひ一度チェックしてみてください! A. Channel (出典:) A. Channelの投稿者であるキズナアイさんは 世界初のバーチャルYouTuber(自称)です。 美しい3Dモデリングで作られたキズナアイさんがユーザーからの 質問に答えたりゲームに取り組む様はとてもかわいくて癒やされます。 動画投稿がメインですが時折ライブ配信でユーザーとのゲーム対決なども行っているため、 気に入った方はぜひチャンネル登録してみてください。 木下ゆうか Yuka Kinoshita (出典:) 木下ゆうかさんは大食い美人YouTuberとして有名な方です。 木下ゆうかさんが様々な料理を次々平らげていく様子は見ているだけで お腹が空いてくると同時にそんなに食べて大丈夫なの?と思わず心配してしまうほど。 通常の動画では大食いの様子が早送りされてしまいますが、 晩ごはんライブ配信では食事の様子がリアルタイムで見られるので 気になる方はぜひチェックしてみてください。 marasy8 (出典:) marasy8の動画投稿者であるまらしぃさんは 「〜を弾いてみた」シリーズ動画で有名なYouTuberです。 数年前にはまらしぃさんが弾いた「千本桜」が 車のCMに起用されたことでも話題を呼びました。 これまでライブ配信を行っていませんでしたが、 2017年8月にライブ配信でピアノ演奏を披露してくれました。 今後も機会があれば生演奏を聞くことができるかも!? 【編集後記】 YouTube Liveの特徴や詳しい使い方に関する解説は以上になります。 人気ユーチューバーが続々、YouTube Liveに参入することで 今後ますます目が離せないサービスになりそうです! スポンサードリンク.

次の

【簡単3ステップ】Pornhubの動画をダウンロード保存する方法

リアルタイム 動画保存

ISLAND TV(アイランドTV)、YouTube、LINE、AmebaTV、ニコニコ配信動画を保存したい! 今、生中継で動画を配信するライブ動画配信サービスが盛り上がっています。 アーティストからスポーツ、エンタメから政治まで、10代から50代まで、幅広い世代に視聴されています。 ライブ配信がメインの動画配信サービスなのですが、見逃してしまった場合など、また期間限定配信である場合はアーカイブも表示されない可能性もあります。 ライブ配信動画は、ライブ配信が終了すると ISLAND TV(アイランドTV)、YouTube、LINE、AmebaTV、ニコニコなどのサイト側で自動的に録画してくれます。 ただ、配信者によってはライブ配信したものの配信が終了したと同時に動画を削除してしまっていることもあります。 そのため、対象チャンネルに訪問してもアーカイブが残っていない事もしばしばあります。 (ライブ映像をMP3で聞きたい場合におすすめ) 一回だけ見れば、すぐに忘れられてしまうから、ライブ配信録画された場合、何回も繰り返してみることができます。 ですので、お気に入ったライブ動画を録画して保存したほうがいいです。 それで、今回はライブ配信録画方法を紹介します。 初心者でも簡単に操作できます。 ライブ動画を録画する方法について ライブ配信録画には、大体二つの方法があります。 一つはパソコンでライブ録画ソフトでライブ動画を録画します。 もう一つはスマホでライブ録画アプリで生放送を録画します。 どの方法を選ぶのか、あなたのニーズによって異なります。 メリット: ・インターネットを通さずにローカルで保存するので、正常に録画できる確率が高いです。 ・パソコンで動作するので、軽くてスムーズにライブ配信録画できます。 ・パソコンのローカルでライブ配信動画を保存するので、どんな長いライブ動画でも容量不足の心配が要らないです。 デメリット: ・ライブ録画ソフトをパソコンにインストールする必要があります。 メリット: ・場所に縛らず、いつでもどこでもライブ配信録画できます。 ・録画されたライブ動画はスマホに保存されるので、通学、通勤中でも見られます。 デメリット: ・WiFi環境ではない場合、インターネット回線の瞬断等により正常に生放送を録画されない可能性があります。 ・長いライブ動画だったら、スマホ容量に圧迫します。 ・アプリでライブ配信録画は画質劣化する可能性があります。 上記の内容から見ると、パソコンでライブ録画ソフトでの録画方法が最優先におススメです。 高性能、空き容量十分のスマホだったら、録画アプリでの録画方法もいいです。 そこに映った画面がPC画面を読み込みます。 「クロップ」をクリックして、マウスの左クリックを1回押し続けて、録画したい範囲を決めたら指を離します。 そして、 パソコン内部の音、あるいはマイクの音声を録画するかを設定することもできます。 そしてソフト右下にある赤い「REC」ボタンをクリックすると、5秒間のカウントダウンが始まり、0になるとTVer動画録画の作業が開始されます。 ヒント• ライブ配信動画を保存するために、「録画」機能以外、VideoProcに搭載する「ダウンロード」機能を利用すればもできます。 操作方法はお気に入りのライブ配信サイトの動画のURLをVideoProcにコピペするだけです。 PCでライブ動画をダウンロードして保存したいなら、絶対試してください。 iPhoneはiOS11以降にアップデートすると画面を録画することが出来るようになりますので、ここでは、まずはiPhoneです iPhoneでライブ配信動画を録画する操作手順 iPhoneで生放送を録画する方法について詳解します。 iPhoneの画面録画機能を使うまえに、コントロールセンターに画面録画ボタンを追加します。 iPhoneの設定からコントロールセンターをタップして、「コントロールをカスタマイズ」をタップします。 そして カスタマイズ画面で画面収録プラスボタンを押してコントロールセンターに追加します。 追加完了した後、ホームに戻って下記の手順に従って、iPhoneでライブ配信動画を録画できます。

次の

ツイッター動画保存リアルタイム100とかいう宝の山 4RT

リアルタイム 動画保存

スポンサードリンク YouTube Liveの魅力とは? ニコニコ生放送やTwitchなど数多くのライブ配信サービスが登場している昨今。 利用者の選択肢の幅も広がり配信者も視聴者も各々利用しやすい サービスを見つけてライブ配信を楽しんでいます。 サービスの提供者側からするとそれだけ利用者を集めることが大変な時代ですが、 YouTube Liveの配信者数は現在も順調に数字を伸ばしています。 では、YouTube Liveが人気を集める理由とは 一体どのような点にあるのでしょうか!? 利用料が無料 ライブ配信ブームの火付け役とも言えるニコニコ生放送は 月額制のプレミアム会員にならなければ利用することができません。 しかし、最近ではTwitchやFC2ライブなど 無料で配信可能なサービスが大勢を占めています。 YouTube Liveももちろん無料で配信・視聴が可能なサービスです。 有料というだけで敬遠する方も多いですから 「利用料無料」はシンプルながら大きな魅力と言えます。 画質・音質に制限がない 大抵のライブ配信サービスには画質や音質のビットレートに制限があります。 しかし、YouTube Liveにはビットレートの制限がないため 高画質かつ高音質の配信を楽しむことができます。 もちろん、PCのスペックや通信環境によって実質的な制限はありますが、 サービス側から制限をかけられないというのは大きなアドバンテージです。 配信方法が簡単 YouTube Liveの配信方法は非常に簡単です。 画面のキャプチャー方法やエンコーダの設定などPC側で行う手順は若干複雑ですが、 YouTubeのサイト側で求められることは非常にシンプルです。 また、PS4から直接YouTube Liveでライブ配信を行うこともできます。 さらに2017年2月からは公式アプリからの配信も可能になっています。 収益化が可能 最近ではYouTuberという職業が確立しつつあり、 動画配信で生計を立てている人も珍しくない世の中になってきました。 YouTubeでは通常の動画と同様にライブ配信でも収入を得ることができます。 2017年1月には視聴者から直接配信者に投げ銭ができるという 機能も実装され配信で収益を得る方法はさらに幅広くなっています。 YouTube一本で生活していくというのが難しくても副業として ライブ配信を楽しみながら収入を得られると考えたら それだけでも大きな魅力になるでしょう。 配信動画の保存期間に制限がない YouTubeが他のストリーミングサービスと比べ 最も優れている点が配信動画のアーカイブの保存期間です。 例えば、Twitchでは配信動画の保存期間が無料会員で14日間、 有料会員で60日間と定められています。 保存期間を過ぎてしまうと動画が消えてしまうので 昔の配信動画を見返すことが難しくなってしまいます。 しかし、YouTubeでは配信動画の保存期間に期限がありません。 そのため、配信動画をいつでも自分のチャンネルから見返すことができます。 HDDに録画映像を残しておく必要もないので保存容量の削減にも繋がります。 YouTubeでライブ配信をする方法 ライブ配信をするために必要なもの はじめにライブ配信をするために必要なものを確認しましょう。 また、電話でのアカウント確認とライブストリーミングの有効化も必要になります。 アカウントの設定方法については後述する ライブストリーミングの有効化で詳しく紹介します。 基本的にはPCからの配信になりますが、 PS4やスマホからも配信することができます。 PS4の場合はゲーム実況が主になりますが、 別売りのPS Cameraを使うことで実写配信も可能です。 スマホアプリからの配信はチャンネル登録者数1万人を超えている クリエイターのみしか利用できませんが、 今後、利用者の範囲が順次拡大されていく見込みです。 PC用エンコーダには様々な種類がありますが、 YouTubeではという無料配信ソフトが推奨されています。 無料で使える上に導入や設定方法も簡単なため初心者の方でもすぐに使えます。 スマホアプリからの配信であれば公式のYouTubeアプリから行うことができます。 ただし、先述した通りアプリからの配信には 条件がありますのでその点には注意してください。 自分の声を配信に乗せないのであれば必要ありませんが、 基本的にはマイクを使って声付き配信をすることになるでしょう。 PCマイクにはデスクなどに置いて使うスタンドタイプと ヘッドフォンと一体となっているヘッドセットタイプがあります。 それぞれにメリット・デメリットがあるので 自分の配信スタイルに合ったマイクを選びましょう。 PCの内蔵カメラでも問題ありませんが、カメラの位置を自由に動かしたい場合は WEBカメラを購入した方が良いでしょう。 ヘッドセット付きのWEBカメラも販売されているので、 マイクがない方はセットになっているものを購入すると手間が省けます。 キャプチャーボードによって接続できるゲーム機が決まっており PCとの接続法も異なってくるので購入の際には事前に情報をよく調べておきましょう。 ライブ配信の手順 次にライブ配信の手順について解説します。 を開き、国を選択します。 確認コードの受取方法を指定し電話番号を入力して「送信」をクリックします。 指定した方法で確認コードが送られてくるので 受信した確認コードを画面に入力し「送信」をクリックしてください。 「YouTube アカウントが確認されました」と表示されればアカウントの確認は完了です。 YouTubeからアカウントの「クリエイターツール」を開いたら 左にある「ライブストリーミング」を開き「始める」をクリックします。 これでライブストリーミングの有効化が完了します。 配信ソフトは様々ありますが、今回は最も広く使われている OBS Studioを用いた場合の設定方法をご紹介します。 まずは公式サイトからをダウンロードしてください。 OBS Studioを起動し「設定」をクリックします。 コピーしたストリームキーをOBS Studioの「ストリームキー」にペーストします。 「ビットレート」「CPU使用のプリセット」などを任意の数値に設定します。 ビットレートは回線の速度によって変更する必要があります。 回線速度に余裕があれば2000〜2500辺りの数値に設定しておくと良いでしょう。 CPU仕様のプリセットは10段階あり、 上のレベルに設定するとCPU使用率が低くなります。 PCのスペックに合わせて調整してください。 出力解像度は配信映像のサイズになりますので 任意の数値に設定してください。 この設定を忘れるとマイクの音声が配信に乗らないので気をつけましょう。 「ソース」から「+」マークをクリックします。 配信映像に載せる画面のキャプチャ方法が一覧で表示されます。 取り込みたい映像によって細かく使い分けられますが、 よく分からない方は「ウィンドウキャプチャ」を選択してください。 「ウィンドウキャプチャのプロパティ」が表示されたら 「ウィンドウ」からキャプチャしたいアプリケーションを選択します。 プレビュー画面ではキャプチャした映像を確認することができます。 キャプチャ映像をクリックすることで大きさを調整できるので 任意の大きさに設定してください。 YouTubeのクリエイターツールから「を開き 配信映像を確認してみましょう。 OBS Studioのプレビュー画面に表示されている映像が 再生されれば配信が正常に行われています。 「基本情報」タブを開き「配信タイトル」「説明文」「カテゴリ」を設定しましょう。 これでYouTubeでライブ配信を行う準備が全て完了です! ライブ配信の保存動画の削除方法 ライブ配信動画は自動的にアーカイブとして保存されます。 保存された動画を削除したい場合はクリエイターツールの「動画の管理」を開きます。 削除したい動画の「編集」をクリックし「削除」を選択すれば動画が削除されます。 YouTubeのライブ配信を見る方法 ライブ配信を見るために必要なもの YouTubeのライブ配信はPCやスマホさえあれば いつでも誰でも見ることが可能です。 配信側とは違って視聴するだけならアカウントも必要ありません。 YouTubeにアップロードされている動画と同じような感覚で ライブ配信を楽しむことができます。 ただし、一点だけ気を付けなければならない点も……。 ライブ配信は配信者の配信映像をリアルタイムで受信しているため 十分な通信速度が必要です。 通信速度が安定しない状態だと配信が途切れ途切れになったり、 途中で止まってしまうこともあります。 また、スマホから見る場合は通信量にも気を付けなければいけません。 短時間であれば問題ありませんが、数時間もライブ配信を 見続けていると通信量も膨大になってしまいます。 ライブ配信をスマホで見る際は通信速度が安定していて 通信量を気にする必要のないWi-Fi接続の利用をおすすめします。 ライブ配信の探し方 ここではライブ配信の探し方を説明します。 ライブチャンネルに登録すると登録チャンネル一覧に表示されるので 頻繁に利用する方は登録しておくと良いでしょう。 ライブチャンネルでは「ゲーム」「スポーツ」「テクノロジー」など 様々なジャンルごとにライブ配信を表示しています。 見たいライブ配信が特に決まっていない方は こちらの方法で探してみることをおすすめします。 検索フォームは通常の動画を探す際に使うものを利用します。 任意のキーワードを入力したあと「フィルタ」を開き 「特徴」から「ライブ」を選択します。 すると、キーワードを含むライブ配信やライブ配信の録画映像が表示されます。 現在放送中のライブ配信を優先的に表示したい場合は 「フィルタ」の「アップロード日」から「1時間以内」や「今日」を選択しましょう。 その範囲内でアップロードされた録画映像も表示されてしまいますが、 ライブ配信が一覧の上部にまとまって表示されるはずです。 YouTubeからゲーム実況配信を探す場合とは異なり ゲームタイトルごとにライブ配信を検索できるのが大きな特徴です。 「ゲーム」タブを開くと人気のゲームタイトルが一覧で表示され、 現在行われているライブ配信の数も確認することができます。 お気に入りのゲームを登録しておくと「マイコレクション」から すぐにライブ配信を確認することもできます。 ゲーム実況配信が好きな方はYouTube Gamingからライブ配信を探すのが良いでしょう。 ライブ配信へのコメント方法 ここではライブ配信のコメント方法を紹介します。 ライブ配信にコメントをするためには アカウントの登録とログインが必要になります。 アカウントを持っていない方は事前にアカウントの作成と ログインを済ませておきましょう。 チャット欄の下に「メッセージを入力」と書かれた 入力フォームがあるのでそこにコメントを書き込みましょう。 入力を済ませて右下の決定ボタンを押すとコメントがチャット欄に反映されます。 匿名のコメントはできないためどのユーザーが どのコメントを残したか分かるようになっています。 ライブ配信の通知設定方法 お気に入りの配信者を見つけたらチャンネル登録することで 通知の設定をすることができます。 通知設定をしたいチャンネルを開きチャンネル登録ボタンの 横にあるベルの形をしたマークをクリックします。 「このチャンネルの通知をすべて受け取る」にチェックを入れると ライブ配信を開始した際に通知が来るようになります。 おすすめ配信者3選 ここからはおすすめの配信者を3名ご紹介します。 皆さんなかなか有名な方ですが、まだ一度も見たことがないという方は ぜひ一度チェックしてみてください! A. Channel (出典:) A. Channelの投稿者であるキズナアイさんは 世界初のバーチャルYouTuber(自称)です。 美しい3Dモデリングで作られたキズナアイさんがユーザーからの 質問に答えたりゲームに取り組む様はとてもかわいくて癒やされます。 動画投稿がメインですが時折ライブ配信でユーザーとのゲーム対決なども行っているため、 気に入った方はぜひチャンネル登録してみてください。 木下ゆうか Yuka Kinoshita (出典:) 木下ゆうかさんは大食い美人YouTuberとして有名な方です。 木下ゆうかさんが様々な料理を次々平らげていく様子は見ているだけで お腹が空いてくると同時にそんなに食べて大丈夫なの?と思わず心配してしまうほど。 通常の動画では大食いの様子が早送りされてしまいますが、 晩ごはんライブ配信では食事の様子がリアルタイムで見られるので 気になる方はぜひチェックしてみてください。 marasy8 (出典:) marasy8の動画投稿者であるまらしぃさんは 「〜を弾いてみた」シリーズ動画で有名なYouTuberです。 数年前にはまらしぃさんが弾いた「千本桜」が 車のCMに起用されたことでも話題を呼びました。 これまでライブ配信を行っていませんでしたが、 2017年8月にライブ配信でピアノ演奏を披露してくれました。 今後も機会があれば生演奏を聞くことができるかも!? 【編集後記】 YouTube Liveの特徴や詳しい使い方に関する解説は以上になります。 人気ユーチューバーが続々、YouTube Liveに参入することで 今後ますます目が離せないサービスになりそうです! スポンサードリンク.

次の