アスルクラロ東京。 クラブ紹介

アスルクラロ沼津 2020 日程・結果・試合比較

アスルクラロ東京

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ アスルクラロスルガ株式会社 Azul Claro Suruga Co. ,Ltd. 本社所在地 410-0051 静岡県沼津市西熊堂711-1 事業内容 サッカークラブの運営他 代表者 渡邉隆司(代表取締役社長) 資本金 9,600万円 売上高 3億6,100万円 2018年1月期 営業利益 1,000万円 2018年1月期 経常利益 1,700万円 2018年1月期 純利益 1,700万円 2018年1月期 純資産 5,900万円 2018年1月期 総資産 2億1,900万円 2018年1月期 決算期 1月期 関係する人物 山本浩義(副会長) (会長) 外部リンク アスルクラロ沼津(アスルクラロぬまづ、 Azul claro Numazu)は、日本のをホームタウンとする 、(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。 概要 [ ] に創設された 沼津アーセナル(1980年に 沼津香陵クラブに名称変更)を起源とし、に現クラブ名・運営体制となった。 クラブ名の「アスルクラロ」はの青(azul)と明るい(claro に由来する。 エンブレムは、形の上部に空を表すクラブカラーの水色、下部に沼津の頭文字 "N" とを表した白の山型に、海を表現した紺色のライン。 エンブレムは水色に白抜きで「アスルクラロ」の頭文字 "ac" と、紺色に白抜きで「azulclaro」、山型は右上がりに伸びたデザインであり、「日本一の富士山よりも高い日本一に、そして世界へのスポーツクラブを目指す」というメッセージが込められている。 なお、クラブを創設したは監督を務めたの実弟 で、2017年2月まで運営会社の社長を務めた。 歴史 [ ] 前史 [ ] に 沼津アーセナル(ぬまづアーセナル)として創設。 1980年に 沼津香陵クラブ(ぬまづこうりょうクラブ)に名称を変更した。 、総合型地域スポーツクラブを運営する有限会社アスルクラロ沼津(4月、 沼津セントラルスポーツクラブとして発足。 6月に 有限会社アスルクラロ沼津に変更、2013年に アスルクラロスルガ株式会社に商号変更)がクラブの運営を引き継ぐと共に現在のクラブ名を変更した。 2006年 - 2013年(地域リーグ) [ ] 2011年、に出場してブロック優勝。 2012年に2部に、2013年に東海リーグ1部に昇格した。 2013年9月17日、Jリーグ理事会においてとして承認された。 また、2014年より発足するへの参入を目指し、J3ライセンス資格審査及びJ3スタジアム要件審査にも合格した。 一方で東海リーグ1部は4位に終わり、およびへの出場は成らなかった。 地域リーグでJ3への参加資格を有した3クラブのうち、地域決勝に出場した・の次に審査を行うものとされ 、「J3ライセンスを交付するが、J3入会審査には及ばなかった」ものとしてJ3リーグ参入は叶わなかった。 一方で、 JFL のチーム数減に伴う入会希望申請も行っており、2013年12月4日のJFL理事会で2014年度からのJFL入会が承認された。 2014年 - 2016年(JFL) [ ] JFL初年度のは14チーム中8位(1st7位・2nd8位)の成績、は14チーム中5位(1st6位・2nd5位)の成績で共にJFL残留となった。 は、1stステージが3位。 2ndステージは第15節でを破り4位。 年間順位で3位となった。 同年に開催されたJリーグ理事会にて2017年からのJリーグ加盟(J3リーグ参入)が承認された。 これにより静岡県からは・・に続いて4クラブ目、静岡県東部からは初のJリーグクラブとなった。 2017年 - (J3) [ ] J3参入1年目。 、、が期限付き移籍満了、、、、がJFL・へ移籍するなど14名が退団。 一方でから元日本代表の、から、から、から、、から、からを完全移籍で、から、からを期限付き移籍で獲得。 期限付き移籍だったが完全移籍に移行、・の、元水戸の、のが加入した。 8月、からが期限付き移籍で加入した。 J3リーグ初勝利は第3節戦だったが、第6節から4連勝を含む7試合負けなしで2位に浮上、第13節首位戦に敗れ一旦4位に後退するが、再び5試合負けなしで、J3リーグ中断期間前の第18節終了時点では10勝4分3敗の勝点34で3位となる。 第23節、3連勝で中断前からの連続負けなし記録を10に伸ばした時点で暫定首位に浮上。 直後の第24節戦で敗れ首位は1節のみとなったが、その後も2位につけ、第30節から32節まで一旦3位に下がった後、第33節で再度2位に浮上、最終節の首位戦に勝てば優勝だったが引き分けに終わり、最終節勝利した前節3位の秋田に逆転優勝を許した。 最終結果は16勝11分5敗、勝点59の3位となった。 J3参入2年目。 J2昇格を目指し、愛鷹多目的競技場のJ2ライセンス基準化への改修工事推進を図るが、6月末のライセンス申請締め切りまでに話がまとまらず、J2ライセンス申請を断念しJ2昇格は消滅。 J3ライセンスを申請し、10月承認された。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル・表彰 [ ] クラブ• 、 個人• JFLベストイレブン• 2016年 -• 2018年 - 下部組織 [ ] かつてはと業務提携を結んで「ACNジュビロ沼津」を組織していた。 、アスルクラロスルガ株式会社にトップチームの運営だけを残して、アカデミーおよび総合スポーツクラブ(サッカーの他、、のクラブを有する)は別途設立したアスルクラロスポーツクラブに移管した。 スタジアム [ ] ホームスタジアムはである。 なお、過去のホームゲーム開催スタジアムはを参照のこと。 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 青 青 青 FP(2nd) 白 白 白 GK(1st) 赤 赤 赤 GK(2nd) 緑 緑 緑 GK 2nd ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 USUi 2015年 - 2014年は背中上部 鎖骨 MEIDEN 2020年 - 左右とも掲出 2014年、2016年 - 2019年は袖 2015年はパンツ 背中上部 SURUGA bank 2015年 - 2012年 - 2014年は胸 2018年 - 2019年は「スルガ銀行」表記 背中下部 なし - 袖 加和太建設 2020年 - 2018年 - 2019年は鎖骨 パンツ なし -• スルガ銀行とはユニフォームスポンサーとして契約する他、同銀行が特別協賛する「SURUGA bank CUP フットサルフェスタ」の主催・運営をアスルクラロスルガ株式会社が担当している。 2017年2月に同銀行出身者がアスルクラロスルガの社長に就任した。 ユニフォームサプライヤー [ ]• 2013年 - 現在: 歴代ユニフォーム [ ] FP 1st 2019 歴代ユニフォームスポンサー年表 [ ] 年度 胸 鎖骨 背中上部 背中下部 袖 パンツ サプライヤー 2013 解禁前 - 解禁前 - 2014 2015 - 2016 - - 2017 2018 2019 2020 エピソード [ ] ラブライブ! サンシャイン!! とのコラボレーション [ ] 沼津を舞台とするテレビアニメ『』の舞台が当クラブのホームタウン、沼津市であることから、コラボレーション以前からの楽曲をチャントとして使用しており、2018年9月2日の対戦でコラボレーションマッチが開催され、役のが来場。 当日は「沼津・ひものマッチ」として沼津市民が無料招待されたことから、2018年シーズン最多となる5687人が来場した。 2019年9月15日の戦では、役のが来場。 出典 [ ]• 日本プロサッカーリーグ. 2017年8月26日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 アスルクラロスルガ(アスルクラロ沼津). 2015年9月14日閲覧。 2011年9月22日. 2015年9月5日閲覧。 2017年2月19日. 2017年3月20日閲覧。 アスルクラロ沼津. 2016年5月22日閲覧。 アスルクラロ沼津. 2013年9月17日. 2017年7月22日閲覧。 プレスリリース , レノファ山口FC, 2013年11月19日 , 2016年11月17日閲覧。 日本フットボールリーグ. 2013年12月4日. 2013年12月4日閲覧。 2016年11月16日. 2017年2月1日閲覧。 静岡新聞. 2016年11月17日. 2016年11月18日閲覧。 プレスリリース , , 2015年12月4日 , 2016年8月6日閲覧。 静岡新聞 2019年9月3日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• azulclaro1990 -•

次の

株式会社アスルクラロ東京

アスルクラロ東京

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ アスルクラロスルガ株式会社 Azul Claro Suruga Co. ,Ltd. 本社所在地 410-0051 静岡県沼津市西熊堂711-1 事業内容 サッカークラブの運営他 代表者 渡邉隆司(代表取締役社長) 資本金 9,600万円 売上高 3億6,100万円 2018年1月期 営業利益 1,000万円 2018年1月期 経常利益 1,700万円 2018年1月期 純利益 1,700万円 2018年1月期 純資産 5,900万円 2018年1月期 総資産 2億1,900万円 2018年1月期 決算期 1月期 関係する人物 山本浩義(副会長) (会長) 外部リンク アスルクラロ沼津(アスルクラロぬまづ、 Azul claro Numazu)は、日本のをホームタウンとする 、(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。 概要 [ ] に創設された 沼津アーセナル(1980年に 沼津香陵クラブに名称変更)を起源とし、に現クラブ名・運営体制となった。 クラブ名の「アスルクラロ」はの青(azul)と明るい(claro に由来する。 エンブレムは、形の上部に空を表すクラブカラーの水色、下部に沼津の頭文字 "N" とを表した白の山型に、海を表現した紺色のライン。 エンブレムは水色に白抜きで「アスルクラロ」の頭文字 "ac" と、紺色に白抜きで「azulclaro」、山型は右上がりに伸びたデザインであり、「日本一の富士山よりも高い日本一に、そして世界へのスポーツクラブを目指す」というメッセージが込められている。 なお、クラブを創設したは監督を務めたの実弟 で、2017年2月まで運営会社の社長を務めた。 歴史 [ ] 前史 [ ] に 沼津アーセナル(ぬまづアーセナル)として創設。 1980年に 沼津香陵クラブ(ぬまづこうりょうクラブ)に名称を変更した。 、総合型地域スポーツクラブを運営する有限会社アスルクラロ沼津(4月、 沼津セントラルスポーツクラブとして発足。 6月に 有限会社アスルクラロ沼津に変更、2013年に アスルクラロスルガ株式会社に商号変更)がクラブの運営を引き継ぐと共に現在のクラブ名を変更した。 2006年 - 2013年(地域リーグ) [ ] 2011年、に出場してブロック優勝。 2012年に2部に、2013年に東海リーグ1部に昇格した。 2013年9月17日、Jリーグ理事会においてとして承認された。 また、2014年より発足するへの参入を目指し、J3ライセンス資格審査及びJ3スタジアム要件審査にも合格した。 一方で東海リーグ1部は4位に終わり、およびへの出場は成らなかった。 地域リーグでJ3への参加資格を有した3クラブのうち、地域決勝に出場した・の次に審査を行うものとされ 、「J3ライセンスを交付するが、J3入会審査には及ばなかった」ものとしてJ3リーグ参入は叶わなかった。 一方で、 JFL のチーム数減に伴う入会希望申請も行っており、2013年12月4日のJFL理事会で2014年度からのJFL入会が承認された。 2014年 - 2016年(JFL) [ ] JFL初年度のは14チーム中8位(1st7位・2nd8位)の成績、は14チーム中5位(1st6位・2nd5位)の成績で共にJFL残留となった。 は、1stステージが3位。 2ndステージは第15節でを破り4位。 年間順位で3位となった。 同年に開催されたJリーグ理事会にて2017年からのJリーグ加盟(J3リーグ参入)が承認された。 これにより静岡県からは・・に続いて4クラブ目、静岡県東部からは初のJリーグクラブとなった。 2017年 - (J3) [ ] J3参入1年目。 、、が期限付き移籍満了、、、、がJFL・へ移籍するなど14名が退団。 一方でから元日本代表の、から、から、から、、から、からを完全移籍で、から、からを期限付き移籍で獲得。 期限付き移籍だったが完全移籍に移行、・の、元水戸の、のが加入した。 8月、からが期限付き移籍で加入した。 J3リーグ初勝利は第3節戦だったが、第6節から4連勝を含む7試合負けなしで2位に浮上、第13節首位戦に敗れ一旦4位に後退するが、再び5試合負けなしで、J3リーグ中断期間前の第18節終了時点では10勝4分3敗の勝点34で3位となる。 第23節、3連勝で中断前からの連続負けなし記録を10に伸ばした時点で暫定首位に浮上。 直後の第24節戦で敗れ首位は1節のみとなったが、その後も2位につけ、第30節から32節まで一旦3位に下がった後、第33節で再度2位に浮上、最終節の首位戦に勝てば優勝だったが引き分けに終わり、最終節勝利した前節3位の秋田に逆転優勝を許した。 最終結果は16勝11分5敗、勝点59の3位となった。 J3参入2年目。 J2昇格を目指し、愛鷹多目的競技場のJ2ライセンス基準化への改修工事推進を図るが、6月末のライセンス申請締め切りまでに話がまとまらず、J2ライセンス申請を断念しJ2昇格は消滅。 J3ライセンスを申請し、10月承認された。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル・表彰 [ ] クラブ• 、 個人• JFLベストイレブン• 2016年 -• 2018年 - 下部組織 [ ] かつてはと業務提携を結んで「ACNジュビロ沼津」を組織していた。 、アスルクラロスルガ株式会社にトップチームの運営だけを残して、アカデミーおよび総合スポーツクラブ(サッカーの他、、のクラブを有する)は別途設立したアスルクラロスポーツクラブに移管した。 スタジアム [ ] ホームスタジアムはである。 なお、過去のホームゲーム開催スタジアムはを参照のこと。 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 青 青 青 FP(2nd) 白 白 白 GK(1st) 赤 赤 赤 GK(2nd) 緑 緑 緑 GK 2nd ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 USUi 2015年 - 2014年は背中上部 鎖骨 MEIDEN 2020年 - 左右とも掲出 2014年、2016年 - 2019年は袖 2015年はパンツ 背中上部 SURUGA bank 2015年 - 2012年 - 2014年は胸 2018年 - 2019年は「スルガ銀行」表記 背中下部 なし - 袖 加和太建設 2020年 - 2018年 - 2019年は鎖骨 パンツ なし -• スルガ銀行とはユニフォームスポンサーとして契約する他、同銀行が特別協賛する「SURUGA bank CUP フットサルフェスタ」の主催・運営をアスルクラロスルガ株式会社が担当している。 2017年2月に同銀行出身者がアスルクラロスルガの社長に就任した。 ユニフォームサプライヤー [ ]• 2013年 - 現在: 歴代ユニフォーム [ ] FP 1st 2019 歴代ユニフォームスポンサー年表 [ ] 年度 胸 鎖骨 背中上部 背中下部 袖 パンツ サプライヤー 2013 解禁前 - 解禁前 - 2014 2015 - 2016 - - 2017 2018 2019 2020 エピソード [ ] ラブライブ! サンシャイン!! とのコラボレーション [ ] 沼津を舞台とするテレビアニメ『』の舞台が当クラブのホームタウン、沼津市であることから、コラボレーション以前からの楽曲をチャントとして使用しており、2018年9月2日の対戦でコラボレーションマッチが開催され、役のが来場。 当日は「沼津・ひものマッチ」として沼津市民が無料招待されたことから、2018年シーズン最多となる5687人が来場した。 2019年9月15日の戦では、役のが来場。 出典 [ ]• 日本プロサッカーリーグ. 2017年8月26日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 アスルクラロスルガ(アスルクラロ沼津). 2015年9月14日閲覧。 2011年9月22日. 2015年9月5日閲覧。 2017年2月19日. 2017年3月20日閲覧。 アスルクラロ沼津. 2016年5月22日閲覧。 アスルクラロ沼津. 2013年9月17日. 2017年7月22日閲覧。 プレスリリース , レノファ山口FC, 2013年11月19日 , 2016年11月17日閲覧。 日本フットボールリーグ. 2013年12月4日. 2013年12月4日閲覧。 2016年11月16日. 2017年2月1日閲覧。 静岡新聞. 2016年11月17日. 2016年11月18日閲覧。 プレスリリース , , 2015年12月4日 , 2016年8月6日閲覧。 静岡新聞 2019年9月3日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• azulclaro1990 -•

次の

FCアスルクラロ東京

アスルクラロ東京

アスルクラロスルガとのパートナーシップ協定 伊豆の国市とサッカーJ3「アスルクラロ沼津」を擁するアスルクラロスルガが、静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会 通称:E-SPO の仲介により、平成30年7月1日に愛鷹広域総合運動公園多目的競技場でパートナーシップ協定を締結しました。 目的 アスルクラロスルガと伊豆の国市の包括的連携のもと、両者の資源を有効に活用した協働による活動により、地域の発展に寄与することを目的とする。 連携対象事項• スポーツを通じた観光及び商業の振興に関すること• 市内外へのシティプロモーションに関すること。 子どもたちの健全育成に関すること。 高齢者及び障がい者の生きがいづくりに関すること。 スポーツの振興に関すること。 その他必要と認められる事項 調印式 パートナーシップ協定の調印式は、平成30年7月1日 日曜日 に行われる「アスルクラロ沼津」のホームゲームが開催される愛鷹広域総合運動公園多目的競技場で行われ、アスルクラロスルガ株式会社社長、E-SPO会長、伊豆の国市長が出席しセレモニーを行います。 また、市にちなんだゆるキャラ「てつざえもん」や「ぬえ左衛門」もセレモニーに参加し調印式を盛り上げます。 時間は午後2時40分頃からの予定です。 伊豆の国市民 市内在住・在勤 無料招待試合「アスルクラロ沼津VSセレッソ大阪U23」 終了しました アスルクラロスルガ様のご好意により、伊豆の国市民 市内在住・在勤 は調印式当日に行われる「アスルクラロ沼津VSセレッソ大阪U23」(午後3時キックオフ)に無料招待していただけることになりました。 昨年度からJ3リーグに参入したアスルクラロ沼津はリーグ前半で3位(6月28日現在)と好位置につけています。 スタジアムをチームカラーの「青」一色に染め、全力で戦うアスルクラロ沼津をみんなで応援しましょう! 当日は、「伊豆の国市サンクスデー」として伊豆の国市PRブースを出展し、今が旬の田中スイカの無料配布や抽選によるプレゼントもご用意しています。 また、サッカースポーツ少年団によるエスコートキッズの出演やパワフルキッズによるハーフタイムショーも行われます。 市民の皆様には積極的にご参加いただき、伊豆の国市民によりホームゲームを盛り上げましょう! 無料招待試合の注意点 持ち物:当日はご本人の運転免許証、健康保険証、社員証など「住所」記載の本人確認資料を持参 引換え:当日会場内に設置される伊豆の国市専用チケットブースに確認資料を提示しチケットと引換え 留意事項• 小学生以下は保護者同伴が必要です• 無料招待以外の観覧には入場料がかかります• 車でお越しの場合は、愛鷹広域総合運動公園多目的競技場の駐車場をご利用ください• 詳細は、アスルクラロスルガ株式会社のホームページやチラシをご覧ください 問合せ アスルクラロスルガ株式会社 電話 055-929-8811 HP.

次の