ある日お姫様になってしまった件について 10話。 【超豪華限定版】韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった3』(紙人形本+ステッカー4種+メガネふき+はがき+ボックス)プルートス /スプーン :comic56

転生先は、悲運のサブキャラプリンセス!? 韓国の人気作がついに発売!『ある日、お姫様になってしまった件について』第①巻・第②巻 7月5日 2冊同時発売!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

ある日お姫様になってしまった件について 10話

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、自室に戻ったアタナシアの元にルーカスがやっていて、いつの間にか彼女につけられた良くないものを祓う。 その後、彼女を寝せたルーカスは、まだしばらく傍にいようと決める。 アルフィアス公爵邸では、勝手な行動をしたことでジェニットが公爵に叱られていた。 ジェニットは美しいアタナシアと、父であるクロードを思い浮かべ嬉しそうだ。 宝石眼をもつらしい黒髪の紳士は、クロードの変化や焦るアルフィアス公爵について面白くなってきたとにやつく。 そしてまずは魔力補充をしようと思うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」35話のネタバレ デビュタント以来、アタナシアのもとには連日多くの招待状が届くようになった。 原作のアタナシアは寂しいものだったが、今回はクロードがエスコートしてくれたのが効いたらしい。 どの家の招待を受けていいかわからないし、そもそも皇宮から出ていいのかもわからない。 アタナシアは、クロードに聞こうと彼の執務室まで行く。 クロードは仕事中だったので、ソファに座り大人しく待つアタナシア。 小説内では聖君などと書かれていただけあり、仕事をきっちりこなしているようだ。 ふとテーブルに、黒い犬の小さな置物が見えたので、クロードの机の上にあったものではないかと触れてみる。 欲しいのかといわれ、ただ意味のある置物かと思っただけとアタナシアは答える。 ただのみすぼらしい石の彫刻だ、ほしければやろうかと思ったというクロード。 ところで何の用事だったのかと聞かれるが、仕事のため絶えず動き続けるクロードのペン先を見ていたら、皇城の外に出かけてもいいかなんて聞けなかった。 アタナシアは、パパは忙しそうだからいいと言うと、クロードはそんなに忙しくないと答える。 そしてフィリックスを呼びつけ、今日中に仕上げる書類が残ったから代わりに済ませろと押し付ける。 既に目は通したからほとんどすることはない、必要だからこれを貸すと言い、さっきの黒い犬の置物を投げ渡した。 それをキャッチしたフィリックスは、国宝ともいえる玉璽は大切に扱ってくださいと焦る。 アタナシアは目を丸くして驚く。 クロードは、騒ぐ暇があるなら書類1枚でも処理しろとと言い、アタナシアを連れ執務室から出る。 これで1,2時間は大丈夫だろうというクロードは、庭にでるから茶を用意させようと、フィリックスを呼ぼうとしてハッとする。 クロードのうっかりにニコニコ笑うアタナシア。 彼女は、天気がいいからたまにはと、ボートにクロードを誘う。 ボートに乗り込むと、幼い頃アタナシアが湖に落ちたなとクロードは話す。 アタナシアは小さくて覚えていないと言う。 じーっとクロードに見つめられるので、何を考えているのか気になる。 アタナシアが湖に手を入れ楽しむので、あまり水の近くによると危ないとクロードは注意する。 だが彼女は、透明な蓮の花を指さし、パパあれを近くで見たいとお願いする。 クロードは、そういえば小さい頃もあれを見ようとしていたな、あんなのが気になるのかと言う。 危ないと言って欲しいアタナシアは、キラキラした目でクロードに訴える。 クロードは、変な趣味だなと一蹴。 そんなこと言わなくてもいいじゃないかと思い、ムッとするアタナシア。 クロードは、ちょっと待っていろと言い、魔法でその蓮の花を持ち上げた。 それは、透明できれいな蓮の花の根元に、人の腕並みに太い触手のようなものが沢山生えている、かなり気持ち悪い植物だった。 触手が暴れないように丸めたから、思う存分見るがいいと言うクロード。 あまりの気持ち悪さに、アタナシアは悲鳴をあげクロードに抱き着いた。 近くで見たいんじゃなかったのかと驚くクロードに、あんなに気持ち悪いものだと知らなかった、あっちにやってと騒ぐアタナシア。 アタナシアが突然移動したため、ボートが転覆。 クロードはアタナシアを抱え、岸まで移動。 幼い頃は助けもしなかったので、今回のクロードの行動に成長は感じるが、二人とも全身ずぶぬれになってしまい、やらかしてしまったアタナシアはへこむのであった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」35話の感想 クロードはアタナシアを目に入れても痛くないほど可愛いようですね。 かなりの溺愛ぶりに微笑ましくなります。 忙しそうだと言われたので、娘との時間を作るために、フィリックスに仕事を押し付けるクロード 笑 しかも玉璽を投げて渡しました。 厳重に保管しなければならない玉璽ですが、普段からあまり気にしていないようですね。 クロードはかなりの魔力を持っているので、不審者にはすぐ対応できるようになっているのだとは思いますが。 さて久々にボートに乗ったアタナシアとクロード。 湖には透明な蓮の花があり、以前 も興味を持ち、手を伸ばしたせいでボートから落ちてしまいました。 そのとき、ウネウネした触手に捕まれ、湖の底まで引きずり込まれそうになりました。 クロードは慌てる様子もなく、溺れるアタナシアを眺めているだけでしたね。 一応は助けましたが。 あのときアタナシアを引きずり込んだのは、この蓮の花だったのですね。 あのときはボウっと魅せられていたので、そのように餌を誘い込む特性がある植物のようです。 クロードはこの植物がどのようなものか知っていたので、アタナシアの好みが理解できなかったようです。 まさかあんなに気持ち悪いとは。 何故皇宮の湖に、あのような食人植物のようなものが生えているのでしょう。 皇宮警備の一貫でしょうか? ボートが転落した後、クロードも全身びしょびしょになってしまいましたが、特に怒ることもなく、魔法でアタナシアのドレスを乾かしていました。 アタナシアは、前回からかなりクロードとの仲が進行したと思いました。 で、いつか殺そうと思っていたと、クロードはアタナシアのことで苦しんでいましたが一緒に暮らすうちに、で気持ちの区切りがついたようですね。 ようやく普通の親子になれたようです。 このままほのぼのした毎日が続くと良いのですが、前回の魔力補充しないとと言っていた男性が、何かしてくるのではないかと心配です。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

【超豪華限定版】韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった3』(紙人形本+ステッカー4種+メガネふき+はがき+ボックス)プルートス /スプーン :comic56

ある日お姫様になってしまった件について 10話

より安全な船遊びをお楽しみいただけるよう、大きな船をご用意しております。 濡れる。 そんなこと言ってる時?! ジェニットが溺れてるんだよ! 今 うるさい、ジェニット? 言葉ではそう言ったが、すぐ助けだした。 陛下が服を乾かしてくださり、お姫様が温かくしてくださいました。 魔法は本当に不思議ですね。 すみません。 クロード:…… マグリダさんが「お父さん、ありがとうございました」って! …だそうです。 お二人はやはり仲がいいな。 ーーー ーーーー お前はもう前のパパよりもずっと積極的に出ていってるよ。 うん?そうなのかな? パパがかなり好転したじゃないかな。 外見だけだよ。 その場しのぎで言ったんだろ。 好転したんじゃない。 信じれる所ができたからかも。 逃げる考えがあることはあるね。 ふーん でもかなり希望的じゃない? 寝て起きたら、知らない子を「お前の子だ」と言われて、そうなんだ! って納得する人がどこにいるのよいきなり。 あっ、パパは結婚すらしてないじゃない。 煌々と1人で話す それはそうだろう。 それでもお父さんの性格で今の私を拒否しないというのは回復しているという証拠にならないかな。 たかだかそれがそんなにうれしいのか。 家族か…… お前、お父さんがそんなに好き? うん?当たり前だよ。 お前に…。 あ、そうだ!ルーカス!私に魔法教えて! 魔法… ぱちっ え、魔法? うん。 今回ジェニットが水に溺れた時に何もできなくてほんとうに申し訳なかったの。 お金や宝石はすぐ作れるんだけど、見てみて。 カランカラン… お、作り方… 一日経てば消えてしまうの。 こいつ…本当にお金に対する執着が強いな。 物を浮かせるのもうまくいかないのよ。 それはもともと初心者には… これくらいしかできないの。 本当にありがとうございます、ルーカスさん! 世界樹の話はまたゆっくりやってもいいか… 誤訳含んでいるかもしれません! 参考までにどうぞ.

次の

ある日、お姫様になってしまった件についての75話を翻訳した方、内容を教...

ある日お姫様になってしまった件について 10話

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードは、アタナシアの全てを自分が管理すると言いだした。 彼と数回会ううちに、馴れ馴れしい方が好みだとわかったアタナシアは、愛嬌たっぷりに振る舞う。 ある日、クロードとボートに乗ることになる。 彼の髪をキラキラでキレイ、キラキラ大好きと喜ぶ彼女に、彼女の宝石袋は自分が預かっていると話すクロード。 生きた心地がしない彼女を乗せたボートは、ただゆったりと進むのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」10話のネタバレ 周囲の景色に蓮のような葉っぱや青い花が増え始めたので、アタナシアはボートの端に寄り覗き込む。 青い蓮の花かと思ったが、青いのは湖の色が映っているだけで、透明な花だった。 あれ欲しい、と彼女の心に突然湧いた感情。 ボートから身を乗り出し、その花に手を伸ばした。 クロードは、黙ってその姿を眺めている。 あともう少しで手がとどきそうだと、まるで何かに取り憑かれたように虚ろな瞳のアタナシアは、身を乗り出し過ぎたせいでバランスを崩し、ボートから落ちてしまった。 慌てて、水面に顔をだす彼女。 しかしうまく泳げない。 ジタバタ暴れ、助けてと口にするが、目に入ったのは、興味なさそうに彼女を見つめる、頬杖ついたクロードの姿だった。 一瞬彼女の時が止まる。 この男は助けてくれない。 そう絶望した彼女の足を、うねうねとした触手のようなものが絡め取る。 湖の底へ引きずり込まれるアタナシア。 こうやって私が死ぬのも、じっとして見ているだけなんだろう、この最低野郎。 だが彼女は陸に上がることができた。 激しく咳き込み、水を吐き出す彼女。 リリーはアタナシアに駆け寄り心配する。 その傍らには、片腕を濡らしたクロードが、平然と立っていた。 クロードはフィリックスを呼ぶと、俺の娘が湖で溺死でもしたら恥ずかしいから、明日から水泳を教えろと指示する。 そしてそのまま、アタナシアをその場に残し、去るクロード。 荒く息をし、涙ぐむ彼女は、震えながらクロードの姿を見つめるのだった。 その後、アタナシアは湖に落ちたせいで熱を出し、寝込んでいた。 5歳の子供が湖に落ちたのに、あんな目で見ているだけなんて、なんて最低な男なのかと、彼を軽蔑しつつ怯えるアタナシア。 あんな極悪人のハートをゲットするなどありえないので、早く逃走資金を集めて脱出しなければならない。 そして、ストレスが限界まできた彼女は、無性にチョコが食べたくなった。 前世では、チョコなど贅沢品で、消費期限切れのコンビニおにぎりを食べているような生活だったため、お菓子は夢のような存在なのだ。 その執着心から、こっそり厨房に忍び込む彼女。 すると後ろで、ガサっと音が鳴り、彼女は慌てて後ろを振り向くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」10話の感想 透明な蓮の植物なのか、あの湖には対象を魅了して、湖に引きずり込む何かがいるようですね。 それに引っかかった娘を、頬杖ついたまま眺めるクロード。 アタナシアは、彼を軽蔑します。 ですが、子供と今まで一緒に過ごしていないので、どこまで子供が自力で動けるか把握できてないだけだと思います。 なんかボートから落ちたけど、自力で泳いで上がってくるだろうとか、ふざけているのかなとか、あまり深く考えていなそう。 まさかアタナシアが泳げないとは思ってなかったのでしょう。 あの服装で泳ぐことがどれだけ大変かも理解してなさそう。 だからあの表情なのでしょうね。 一応彼は、片腕でアタナシアを助けますが、彼女は理解してないようです。 それより、自分がすがったときの彼の目つきがショックで、それどころじゃないようですね。 そしてアタナシアがストレス軽減に求めたのが、チョコレートですが、厨房で一体何があったのでしょうか。 この漫画は既にコミックが2巻まで出ています。 先が気になる方はこちらも検討してみてください。 絵がとてもキレイです。 フルカラーで、アタナシアもかわいいし、クロードもカッコいい、見応えがあります。 1巻 ~10話 、2巻 11~19話 の収録内容です。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の