深田 恭子 ドラマ 主題 歌。 『鬼滅』主題歌の“LiSA”勘違いツイートで赤っ恥!「また騙されたのか」

『鬼滅』主題歌の“LiSA”勘違いツイートで赤っ恥!「また騙されたのか」

深田 恭子 ドラマ 主題 歌

Contents• スポンサーリンク ルパンの娘2が放送予定!? いつから放送? ボーっとニュースを眺めていると、新ドラマの情報が飛び込んできました。 なんと「ルパンの娘2」が放送予定だというのです。 この春、フジテレビでは木曜22時に石原さとみ(33才)主演の『アンサング・シンデレラ』を放送するはずだった。 ただ、深田さんと石原さんをめぐって非常に微妙なことになっている」(フジテレビ関係者) このニュースによると10月から深田恭子さん主演の「ルパンの娘2」が放送予定だというのです。 そうだったのか!? 初めて知ったので詳細を調べてみました。 ルパンの娘とは? まずはルパンの娘の復習からです。 ルパンの娘のあらすじは以下の通りでした。 三雲華は警察官の恋人・桜庭和馬の家に挨拶に訪れるが、華が育った三雲家は代々泥棒を生業としていた。 そんな中、荒川の河川敷で華の祖父・巌らしき人物の焼死体が見つかり、和馬は犯人を捜すことになる。 そして主要なキャストは、以下の通りです。 Lの一族• 三雲華〈32〉(図書館司書) - 深田恭子(幼少期:小畑乃々)• 三雲悦子〈55〉(華の母) - 小沢真珠• 三雲渉(華の兄) - 栗原類(幼少期:鴇田蒼太郎)• 三雲マツ〈76〉(華の祖母) - どんぐり• 三雲巌(華の祖父) - 麿赤兒(青年期:柄本時生)• 三雲尊〈55〉(華の父) - 渡部篤郎• 桜庭家• 桜庭美佐子(和馬の母・鑑識課非常勤職員) - マルシア• 桜庭典和(和馬の父・警視庁警備部SAT隊長) - 信太昌之• 新谷香(和馬の妹・杉並警察署交通課) - さとうほなみ• 桜庭和一(和馬の祖父・元警視庁捜査三課課長) - 藤岡弘 深田恭子さんの泥棒スーツ姿が話題となりましたよね。 美しすぎました。 スポンサーリンク ルパンの娘2のキャストは? ルパンの娘2は、ルパンの娘の続編ですので主要なキャラクターのキャストは、ルパンの娘からそのままでいくのではないかと思います。 ですので、上記のキャストと同じになると考えられます。 他に新しいキャストが加えられるのかどうかを調べてみたのですが、情報はありませんでした。 ルパンの娘2の主題歌は? ルパンの娘2の主題歌についての情報も今のところありませんでした。 ただ前作「ルパンの娘」では、サカナクションが歌っているので「ルパンの娘2」でも同じくサカナクションが担当する可能性も高そうです。 ルパンの娘2が放送予定!? いつから放送? 新キャストは? 主題歌は? まとめ.

次の

午後の紅茶(2020)CMの女優(女性)は誰?深田恭子がリリーフランキーとカレーを食べる

深田 恭子 ドラマ 主題 歌

back numberが、新曲「HAPPY BIRTHDAY」のフル・サイズ音源を1月15日に初オンエアすることが決定した。 新曲「HAPPY BIRTHDAY」は、1月15日に放送がスタートする深田恭子主演のTBS系火曜ドラマ"初めて恋をした日に読む話"の主題歌として書き下ろしたもの。 なおフル・サイズ音源は、21時台に全国各地のラジオ番組で初オンエアされるのでぜひチェックしてほしい。 傍にいるはずの大切な人への溢れる想いと悔恨の念。 哀しみ故の美しさに、心をえぐられるような衝撃があった。 しかし、メジャーという新たなステージに立った彼らは、4thシングル『恋』で大きく羽ばたいた。 切ない想いを描く繊細さはそのままに、愛する人との未来へ向かって踏み出そうというのだ。 "思い出との別れ"を忘れられずにいた心が、"卒業"というひとつの別れの形を通して、迷いながらもあたたかい光の射す未来を手に入れようとする。 手にする明日がどんな形であれ、彼らは現実に立ち向かう強さを手に入れるはずだ。 (山田 美央).

次の

『鬼滅』主題歌の“LiSA”勘違いツイートで赤っ恥!「また騙されたのか」

深田 恭子 ドラマ 主題 歌

そんな彼女が自身のツイッターで恥ずかしい〝勘違い〟を披露してしまい、ネット上で話題を呼んでいる。 6月19日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、ゲスト出演したLiSAが「紅蓮華」を大熱唱。 その影響なのか、同日のツイッターには〝LiSA〟がトレンド入りを果たすことに。 トレンドを見たLiSAは、Twitter上に「トレンドすんごい」という文言と〝日本のトレンド LiSA〟と書かれた部分のスクリーンショットを同時にツイート。 「しかしこのトレンドは彼女のことではなく、韓国アイドル『BLACKPINK』のメンバーである〝LISA〟の方だったようです。 どうやら同日に『BLACKPINK』が新曲を発表していたようで、よく見るとトレンドのジャンルも〝K-POP〟に。 2人の名前は〝LiSA〟〝LISA〟といったように表記が違うものの、ツイッターの仕様で検索やトレンドは大文字と小文字の判定がないため、LiSAは自身が騒がれていると勘違いしてしまったみたいですね」(芸能ライター) LiSAのファンが激怒するカオスな展開に…… 彼女の勘違いツイートに、ネット上では、 《これは悲しい》 《また騙されたのか》 《ブラックピンクの方で草》 《LiSA勘違いシリーズ》 《〝LISA〟じゃなくて〝LiSA〟がトレンド載ってたなら勘違いちゃうところもあるな》 《そりゃLiSAの方も多少は含まれてるやろうけど……》 《Mステに出て、それでバズったと思ったんだろうな》 《LiSAがMステで注目されてたのは事実だろうけど流石にね……》 などの反響が巻き起こっている。 一方でファンたちは〝LiSAのことではない〟という事実を知らないまま、 《トレンド入りさすが! でも〝K-POP〟??? 》 《K-POP? 何を言ってんだ? いつからLiSAがK-POPになったんだよ?》 《なんでLiSAのトレンドの種類が『K-POP・トレンド』なの? Twitterは韓国に忖度してるの?》 などと謎に満ちた怒りを爆発させていた。 「LiSAは以前にも勘違いツイートで話題になっています。 5月18日に『鬼滅の刃』作者の吾峠呼世晴氏を名乗る〝偽アカウント〟が現れたのですが、なんと彼女は偽アカへ《鬼滅の刃をまた最初から読み直し、何度も大号泣しては手を止め、先生のコメントと共に、丁度今読み終わったところでした。 運命》とマジのリプライを送信。 すぐに『週刊少年ジャンプ』公式ツイッターから偽アカウントであると報告され、LiSAは騙されたことに謝罪の言葉を述べていました」(芸能ライター) ネットの情報を鵜呑みにしてしまうほど〝純粋〟なところも、LiSAの魅力の一つなのかもしれない。

次の