奈良の鹿。 最近鹿の行動範囲が広がっている気がする… このままでは「奈良公園から鹿が消える」のでは⁉︎ → 鹿愛護会に聞いてみた

奈良公園

奈良の鹿

「モノづくり」の技術が結集した鹿紙で作った紙袋。 協賛企業のロゴを入れることも可能 「鹿紙(しかがみ)」が話題だ。 奈良県内の企業3社が共同開発した、米ぬかを配合した特殊な紙。 それを使った、鹿のイラストがデザインされた紙袋が制作された。 A4サイズで、観光の土産物入れや奈良で開催するイベントに使用されるなど、少しずつ広まりをみせている。 開発まで8カ月!奈良の鹿を救う鹿紙とは 広大な奈良公園に生息する「奈良の鹿」は、昔から神の使いとして親しまれている。 その鹿が近年、ポイ捨てされたポリ袋を食べ、それが原因で死亡する事故が増えている。 昨年度は死因不明の鹿25頭のうち、16頭の胃からポリ袋が見つかった。 エサと、エサが入ったポリ袋の区別がつかないため、口に入れ飲み込んでしまうのだ。 何とかしたいと立ち上がったのが、奈良県内にある化粧品企画業の「ならイズム」、紙器製造業「ナカムラ」、印刷デザイン業「文洋堂」の3社。 もし誤飲しても、鹿への健康被害が最小限に抑えられる紙を実現するため、再生パルプに米ぬかを配合するなど材料にこだわりながら、8カ月間かけて完成させたのが「鹿紙」だ。 それを用いて作られた紙袋は、現在1枚110円(税込)で販売。 値段は通常のポリ袋の数倍で、マチがないから厚みのある物は入れにくいが、今は認知度アップを目指し奮闘中。 広く知られることで仕入れ先や協賛企業が増えれば、価格を抑えられ形状の改善もできる。 奈良市観光協会は会員向けに配布する資料入れに、鹿紙の袋300枚を発注。 「奈良公園の鹿は、国の天然記念物に指定されている野生動物です。 会員を通じて鹿紙を広く知ってもらい、鹿と共存した観光地づくりを行っていきたい」と、事務局広報の胎中さんも期待を寄せる。 5月中旬から7月頃までは鹿の出産シーズン。 奈良観光の帰りには、鹿紙でできた紙袋にお土産を入れて帰りたい 「奈良のため、鹿のため」、環境にも高い意識を持ちたい 「鹿紙は、鹿の餌ではありません。 もし誤って食べたとしても鹿への負担が少ない紙です」と語るのは、開発企業の1つ、紙器製造業「ナカムラ」の中村社長だ。 米ぬかを配合したのは、誤飲した場合の負担を軽くするほかに奈良県産の米、ヒノヒカリの精米時に出る米ぬかを使用。 循環型社会を目指す目的もある。 変えたいのはゴミに対する人の意識という中村さんは、以前見た、ある訪日外国人の姿が忘れられないという。 その人は、鹿にビニール袋を取られたのにそのままにしていた日本人に一言注意らしきことをし、急いで鹿がくわえていたビニール袋を取り返すと、自分の子どもに何かを懸命に教えていた。 「奈良公園は、昔から人と鹿が共存する空間です。 世界でも数少ない大切な場所だからこそ、価値があります。 その外国の方は、この特別な空間で互いに支障なく暮らしていけるルールを、子どもにも鹿にもきちっと教え込んでいるようでした」 鹿がポリ袋を食べてしまうなら、そうならないよう人間が積極的に行動を起こさなければならない。 世界に誇る観光地である奈良を、環境にも配慮した奈良にしたいと話す中村さん。 「奈良のため、鹿のため」に開発した鹿紙をきっかけに共感の輪を広げ、人の意識が高められたらと願う。 (まいどなニュース特約・國松 珠実).

次の

奈良の鹿の歴史(奈良時代):鹿はいつからいるの?万葉集にも詠まれた「鹿」

奈良の鹿

奈良公園の鹿はどこで?鹿せんべいでお辞儀をしてもらうコツは!? 子供の頃苦手だった、奈良公園の鹿ですが、大人になって外国人や子供と一緒に奈良公園に行くと、めちゃめちゃ楽しいことに気づきました。 しかも、 入園料もいらないのが嬉しいです。 ただ、小学生くらいのお子さんなら、楽しめるのですが、小さなお子さんの場合は、怖がるお子さんもいるので、無理に鹿に近づけないほうがいいです。 ベビーカーの子供にとっては、サファリパーク状態になってしまいますので、くれぐれもご注意を!! 奈良公園の鹿 どこなら確実に会えるの? 鹿も鹿せんべいを売っている所に自然と集まってくるので、鹿せんべいの販売所のあるところで鹿に会えます。 一番、鹿に確実に会えるのは、 東大寺の参道です。 特に奈良国立博物館向かいの土産物店が並んでいる辺りから、大仏殿までの道周辺には、確実に鹿がたくさんいます。 鹿せんべいのお店もいくつも出ているし、修学旅行生が集まる所で いまではほとんどの観光客は外国人と言っても良いくらい(特に中国人)一段と賑わいを増しています。 鹿せんべい販売所は30箇所ほどあるそうですが、東大寺の南大門前の販売所が一番うれているそうです。 他にも、 奈良県庁前の登大路園地 興福寺の五重塔 春日大社参道 鹿園 若草山 私のお勧めは、飛火野や春日野園地、浮御堂近くの梅園にもいます。 この辺りの鹿は、風景と溶けあってすごく素敵です。 桜の時期の素敵です。 奈良公園の鹿 鹿せんべいでお辞儀をしてもらうコツは 東大寺の参道のような、鹿の多いところで、鹿せんべいを買うと 財布を出すだけで、鹿に囲まれてしまいます。 私も、いくら大人になって、慣れたからと言っても、鹿せんべいに群がってくる鹿は苦手です。 怖がって餌を持ったまま逃げると余計に鹿は追ってきます。 鹿も、鹿せんべいをあげたらなくなっても付いてきます。 鹿にみえるように大きく手を振って餌がないことを示して、大きな動作で向こうへ行け!と手を振って下さい。 そうすれば鹿は諦めて何処かへ行きます。 鹿せんべいでお辞儀をしてもらうコツは、 まず、鹿せんべいを購入したら、すぐに袋などの中に見えないように入れてしまいましょう。 鹿せんべい販売所から離れて、鹿の少ないところで、 素早くあげるのが鉄則です。 その時に、手を高くあげて、お辞儀をしながら「ありがとう」というと、鹿がお辞儀を返してくれることもあります。 一回に一枚でも半分づつでも構いませんが、鹿にせんべいを見られてから半分にしたりしてると襲われますので、注意してください。 持っているせんべいを全てあげ終わったら、パッと手を広げて、 「もうありません」と、鹿に伝えます。 鹿もわかるので、執拗に追いかけたりはしません。 鹿は「ビニール袋の音」にも敏感で、さらにカバンに手を入れてゴソゴソとしただけでも、何か食べ物をくれると、勘違いして寄ってきます。 鹿せんべいってどこで買うの? 鹿せんべいは、奈良公園の道端や参道脇に出ている露店か、茶屋、土産物店で買えます。 1束10枚150円はどこで買っても同じです。 真冬の平日など参拝客が少ない時期や雨の日は、露店も少ないです。 土産物店の方が、季節や天気に左右されず開いています。 夏期は8時~17時頃まで 通常は、8時半~16時半頃までで 東大寺南大門の南側の売り場はいつも開いているとのこと。 奈良公園へのアクセス JR奈良駅より 東口出口から三条通りを東向きに一直線で猿沢池付近に到着。 バスなら JR奈良駅より市内循環バス 東口2番乗り場の奈良公園、東大寺、春日大社方面行き JR奈良駅から近鉄奈良駅までの三条通りはすっかり綺麗になっているので、歩いて回るのがオススメです。 近鉄奈良駅より 近鉄奈良駅より東向きすぐ 西北出口を出てすぐのところのバス停1番乗り場より、 奈良公園、東大寺、春日大社方面 全て210円で運行しています。

次の

ジブリ?桃源郷?今年の奈良公園の桜と鹿のコントラストはこんなにも美しかった(2020年5月26日)|BIGLOBEニュース

奈良の鹿

奈良の鹿たちが、観光客が減ったことでお腹を空かせているという噂は、まあデマですよという話は通りだ。 鹿たちはきょうも元気に、自らエサを求めて市井を闊歩している。 あっちをウロウロ、こっちをウロウロ。 ウロウロウロウロ…… ……ん? いや、待てよ。 ちょっとウロつき過ぎではないか?? 「今までこんなところ来たことなかったやろ!」という、奈良公園から離れた場所でたびたび姿を見かけるようになったのだ。 もしやエサを求めるあまり、行動範囲が拡大しているのではないだろうか。 このままでは、奈良公園から鹿がいなくなっちゃうんじゃないの!? ・奈良公園化の外に出はじめた鹿たち 鹿の勢力拡大について、そのように感じているのは記者だけではないらしい。 SNSをのぞくと「こんなところにも鹿が!」という投稿を、頻繁(ひんぱん)に見かけるのだ。 先日なんて、奈良公園から離れた民家の車庫で優雅に雨宿りしている鹿の写真を、知人がアップしていた。 鹿が道路を横切れば、例え信号無視することになっても鹿優先。 庭の草を食べられようが選挙ポスターを噛みちぎられようが、文句は言わない。 だって、文句を言ったってシカたがないからな。 鹿は可愛いし、神様を乗せて来たとされる大切な存在だ。 なので、基本的には鹿が何をしていようと何処にいようと、問題ではない。 問題ではないのだが、フトしたきっかけに「奈良公園以外の草の方が美味しい」とか思っちゃうんじゃなかろうか。 このまま 奈良を捨てて、外に飛び出してしまったらどうしよう。 鹿のいない奈良なんて、アイデンティティの崩壊も良いところである。 「鹿が奈良公園からいなくなってしまうような可能性は、ありますか」と。 以前にも何度か紹介している通り、同会には奈良の鹿のスペシャリストたちが勢ぞろいしているのだ。 ・いなくならないよ 電話対応をしてくださった同会職員いわく、やはり 鹿の行動範囲は広まっているとのこと。 鹿は怖がりな生きものらしく、人が大勢いる場所には積極的に出向かないそうなのだ。 コロナ禍により観光客をはじめ、市民も外を出歩かなくなった。 そのため、鹿たちは心置きなく出歩いているのだろうという話だった。 そもそも現在の奈良公園は、人が暮らし始めるよりずっと前から、鹿の生息地だったという。 人のほうが、鹿の住居に棲まわせてもらってるんだな。 柵がある訳ではないので、もちろん外に出ることはあるだろうが、生息地が大きく変化することはないようだ。 それを聞いて、ほっと一安心。 とんだ杞憂だったようだ。 考え方が、人間目線過ぎたというべきかもしれない。 鹿たちよ。 どうか今後も人間は大人しくしているので、この地で健やかに暮らしてくれよな! Report: Photo:Rocketnews24.

次の