僕 だけ が いない 街 声優。 大貫勇輔、アニメ声優初挑戦は「2割の不安と8割の楽しみ」 『富豪刑事』宮野真守との共演を語る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

大貫勇輔、アニメ声優初挑戦は「2割の不安と8割の楽しみ」 『富豪刑事』宮野真守との共演を語る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

僕 だけ が いない 街 声優

ネタバレに入る前に、まずはキャラをわかるようにしとこうか。 名前 呼び方 特徴 藤沼 悟 悟 副業漫画家でリバイバル能力者 藤沼 佐知子 母さん 悟の母。 白鳥 潤 ユウキさん 犯人として逮捕された青年 片桐 愛梨 アイリ 高校生で悟のバイト仲間 雛月 加代 ヒナ月 or 加代 最初の被害者 小林 賢也 ケンヤ 観察力が高いアジト仲間 修 オサム ドラクエ好きのアジト仲間 カズ カズ シューティング好きのアジト仲間 杉田 広美 ヒロミ 三人目の被害者。 中性的な男子でFF好き 美里 美里 雛月を陥れようとする意地悪女子 中西彩 中西彩 二人目の被害者。 ピ:ほうほう。 つまりこれを明らかにする事で、悟視点はこの事件を推理することが出来るってこと? い:そういうことだね。 このあたりは後述するけど、犯人特定、あるいは犯人像の推定に大きな影響を及ぼす項目なので、これは言及する必要があると考えた。 ピ:それじゃ早速ヨロシクたのむよ! スポンサーリンク セイ的暴行痕の有無が重要な理由 い: 「児童に対するセイ的暴行」が目的なのか、「サツ害そのもの」が目的なのかで大きく事件の内容が変わってくるんだ。 多くの場合、セイ的暴行の延長か口封じのどちらかの理由で「サツ害」に繋がるんだけど、「サツ害」のみが目的の快楽サツ人事件はあまり聞いたことがない。 もちろん存在しないわけじゃないんだけど、 「身代わりの犯人を用意する」という真犯人の手口からして、「サツ害そのもの」が目的である可能性は低いと思うんだ。 ピ:なんで? い:特殊な嗜好の持ち主がそうそう世の中にいるわけじゃないからね。 真犯人は自分の犯行をごまかすために毎回「身代わり」を用意するので、セイ的目的がない犯人ばかりでは不自然になってしまうからだ。 ピ:じゃあ、 被害者の女児二人にセイ的暴行痕はあると考えたほうがいいってこと? い:それが自然だと思う。 ただし、第三の被害者であるヒロミが「犯人がヒロミの性別を誤認したことによってターゲットにされた」と警察に断定されていることから、 ヒロミにだけはセイ的暴行痕がなかったと思う。 ピ:まぁそうじゃないとヒロミの性別誤認説のストーリーが成り立たないよねぇ…… い:ただ、実際にはユウキさんがヒロミと面識があったため、彼はヒロミを女児と誤認した可能性はゼロであったと気づいた真犯人によって、ユウキさんの部屋に同性ホ゜ノレノを置いたのだと本編でも推測されている。 澤田さんの調査によると「サツ害後にヒロミの写真を撮っていて、その写真がヒロミさんの部屋から発見された」と言っていることから、真犯人はユウキさんの部屋に「同性ホ゜ノレノ」と「サツ害後のヒロミの写真」の二つを置いていったんだろうと思われる。 加害者の体液が犯行現場に残されているかどうか ピ:これも原作に描写がないんだろうけど、これは重要なの? い:とても重要だね。 なぜならば被害者の体内に残された体液をすべて除去するのは不可能なので、体液を被害者の体内に残さないようにする必要があるから。 ピ:単に被害者の体内に残さないように、犯人が対策していたのかもしれないよ? 犯人のDNAが残っていれば、それが証拠になるとマズイって意識ぐらいはみんな持ってるんじゃないの? い:それはね、完全に現代人の発想だよ。 事件の舞台は1988年、すなわちDNA鑑定が捜査や証拠に使われ始めた直後ぐらいの時期で、かつ推理小説なんかでもまだまだ一般的な単語ではなかったんだ。 つまり、もし DNA鑑定を恐れていたのだとすれば、犯人は当時最新法医学に詳しい人物であると考えることができる。 ピ:つまり犯人は相当に学のある人物ってことだね。 インターネットも一般的じゃない時代だし。 い:そうそう。 つまり1988年の段階で犯行現場に体液を残していないってことは、それだけで加害者像を「法医学に詳しい人物」と絞り込む事が出来るはずなんだ。 ピ:逆に、体液を犯行現場に残していたとしたら、後日DNA鑑定でユウキさんが犯人じゃないって証拠になるもんね。 い:作者の意図に関わらず、 1988年っていう時代設定は、本当に巧妙だと思うよ。 「図書館に通って最新の法医学を調べている人物」という捜査方針が立つからね。 仮にこれが1980年代中盤以前のDNA鑑定捜査導入前なら全く無意味な考察だし、90年代以降だったらドラマや漫画の科学捜査にDNA鑑定がポピュラーになってしまう。 何よりも90年代中盤以降はインターネットで調べ物も簡単になっちゃうからね。 結論 ピ:上記の推測から、下記の結論が導き出される。 ・被害女児二人 雛月、中西彩 にはセイ的暴行痕があるが、被害男児 ヒロミ にはない。 ・犯行現場、あるいは被害者の体内には加害者の体液が残されてはいない。 ・犯人は図書館に通って最新の法医学を調べている詳しい人物である。 スポンサーリンク 閉会式.

次の

僕だけがいない街(僕街)をガチ考察①!現代視点での犯人考察

僕 だけ が いない 街 声優

作品の内容に沿った素晴らしいデザイン! 明朝とゴシック2つの世界が混ざり合うタイトル テレビアニメ 『僕だけがいない街』 のOPで、タイトルロゴが流れるシーンがありますが、 ロゴに何か違和感を抱いた人はいたでしょうか? 実は、その感覚は間違いではありません! 上の画像の通り、棒街のタイトルロゴは 明朝体とゴシック体が組み合わされたデザインとなっており、丁度 タイトルの中間に位置する 「が」と「い」は、更に 2つの書体が融合した特殊書体となっています。 このデザインは、 作品の世界観(現在が過去に、過去が現在に影響しあう2つの世界の物語)とあっていて、非常に素晴らしいロゴデザインですよね! これは改悪か…? 映画版ロゴデザインにも細工が! ちなみに、『僕だけがいない街』は3月から実写の劇場版が公開予定ですが、こちらのタイトルロゴも実は一工夫がされており、 漢字の部分が明朝体で平仮名がゴシック体になっています。 アニメ版などのロゴデザインをオマージュしているものだとは思うのですが、 肝心の特殊文字などはなくなってしまっていたりするため、 ネットでは余り好評ではなく 「改悪だ」 という意見も出ています。 サブタイトルにも変化が! この変化は何を表しているのか? タイトルロゴに工夫がなされている僕街ですが、なんと ファンの方が 「 サブタイトルに仕掛けがある!」 という事実を発見したことにより、ネットで話題となっています。 それが 上の画像になりますが、なんと サブタイトルにフォントが変わる仕掛けがなされていたんですね・・・ 何気なく見ていると、サブタイトルって集中してみないと気付かないですよね。 気になる 仕掛けの条件ですが、 現状ではリバイバル世界で変えた歴史の数に対応した画数のゴシック体が、明朝体に変わると予想されています。 以下は、 発見した方を含めたネット上の考察ツイートです。 この書体の変化、明朝が母親が死んだ元の世界線、ゴシックがリバイバルした悟によって変化した世界線を意味していると予想中。 おそらく最終話ですべてがゴシックになり、歴史が変わるのかと。 — 天狼星 tianlangxing 「灯」の最後は明朝体で間違いないと思います。 メインタイトルの「街」の最後の画と同じ部品ですが、ゴシック体のそちらとは形が違い、明朝体と思われる第二話「掌」の最後の画と同じ形をしています。 — 天狼星 tianlangxing いよいよ迫る最終話に向けて 今後のアニメも見逃せない! 出典: 原作がアニメに合わせて完結することが判明している 『僕だけがいない街』 ですが、 アニメも原作最終話までアニメ化することが告知されています! 今回の サブタイの仕掛けはもちろんですが、 作品の方も非常によく練り込まれているので、最終話に向けて熱量が加速してゆく今作は非常に見逃せませんね。 最終回に何か起こるのか? 今から楽しみです! 第一話ご視聴いただきありがとうございました! TVアニメ『僕だけがいない街』、原作の最後までやるみたいですよ。

次の

僕だけがいない街みたいなアニメって他にありますか?

僕 だけ が いない 街 声優

未視聴の方は非推奨です!! 悟の記憶が戻ったきっかけは、やはりあの加代の赤ん坊とのタッチだったようです。 そういえば2話で同じように、 加代と手のひらを合わせるシーンがありましたね。 15年ぶりの記憶が戻るほど、あの時ときめいていた、ということなのかも(笑) 八代にとっての15年間 八代が15年も悟を生かしておいた理由。 それは悟を殺す直前の 「オレはお前の未来を知ってるぞ!」 という言葉の真意を探る為でした。 だがそのために悟の命だけではなく、久美ちゃんの命までタテにするとは!15年たっても歪みねぇ外道っぷり! ・・・ただ裏を返せば、 「なぜ15年前の悟が、自分の計画を阻止できたのか」、自分の未来を知っているという言葉はどういう意味なのか・・・それほどまでに知りたがっていたということ。 だが、悟は 「先生に僕は殺せない」と断言します。 悟と八代が求める「結末」 この事件の、八代と悟の「結末」とはなんなのか? 八代は「悟を殺すこと」 ? 悟は「八代を警察に突き出す」こと? ですが既に15年の時が経ち、証拠もなく、時効が成立しています。 どちらの結末も、もう既に意味の無いものです。 悟は9話で加代を救った時の八代の横顔は、 父親そのものだったと。 八代の言葉に、空いた穴を埋めてもらったと告げます。 そして何を思ったのか、悟は自ら屋上から飛び降りてしまいます。 僕はもう、 君がいなければ生きていけない 15年前のあの出来事以来、殺人衝動を失ってしまった八代。 彼にとって「他人の蜘蛛の糸を切る」ことは、たとえそれがどんなに最悪な形であっても、唯一の生きがいと呼べるものだったのでしょう。 そしてその衝動を失くした彼の、新たな生きがいとなったのは・・・悟。 15年間彼を生かし続けていたのは、悟の存在だったのです。 泣きながら手を離した八代。 悟の後を追い飛び降りようとしますが・・・そこにはクッションの上でウインクしてみせる悟と、悟の仲間たちの姿がありました。 悟が望んだ結末とは、どちらかが死ぬものではなく、自分も彼も、生き続けるという結末でした。 悪者がいない世界 悟の勇気によって、結果的に加代から始まる八代の殺人の連鎖は止まり、さらに 15年間、事件を起こさなかったという八代。 恐らく、彼はこの時間軸で人を殺してはいません。 つまり悟が救ったのは犠牲者だけではなく、 本来なら加害者になるはずの八代をも救った形となるのでしょう。 熟女から男の娘まで攻略していた悟でしたが、ここにきて犯人の八代まで攻略するとは・・・。 正直驚きでした。 一発ぐらいはブン殴るのかと思ってました。 蜘蛛の糸は何を暗示していたのか 前回までは 蜘蛛の糸=寿命と予想していましたが、今回、自分の負けを認めた八代が水たまりに映った自身の頭上に、蜘蛛の糸を視ています。 そして、 その蜘蛛の糸は八代の目の前で切れてしまいました。 蜘蛛の糸はその人間の寿命が見えていた・・・というよりも、八代の能力そのものの暗示だった、ということなのでしょうか。 ハムスターのスパイスを助けたことで、神様らしきものが、彼に特別な力・・・八代にとって都合のいい能力を与えたのか?だとしたらこのタイミングで蜘蛛の糸が切れたことは、悟という新たな生きがいを得たことで、もう彼に蜘蛛の糸の救いは必要ない、ということ・・・? うーん、この「蜘蛛の糸」についてはもうちょい考察したいところです。 ただ 八代の蜘蛛の糸が切れたと同時に、悟のリバイバルが起きなくなったことを考えると、やはりこの二つの能力は互いに関連しあっていたのかな、と思います。 蜘蛛の糸が見える八代の瞳が 赤なのに対し、悟のリバイバルが 青い蝶でしたし、よくよく考えれば 悟の瞳も暗めの「青」なんですよね。 そこから既に対比していたのかな。 サブタイトルの「宝物」とは アニメでは悟が眠っていた15年間、悟だけがいない街で、佐知子はもちろんのこと、加代やヒロミやケンヤ、そして・・・ 最後に ユウキさんが結婚して子供と一緒にいたシーンがあって嬉しかった、良かったよぉぉ!そして今までの時間を取り戻すかのように、悟にとっても最高にハッピーエンドの最終回で、本当に良かったと思います。 自己犠牲エンドとかだったらマジで欝になるとこでした。 前回意味ありげだった病院の先生とか、 OPの銃弾とかミスリードに思いっきり騙されたことや、あの高さからいくらクッションがあったとはいえ、病み上がりで飛び降りたら骨逝きそうだなーとかいうツッコミはちょっとありつつも、ヒロインやサブキャラだけでは飽き足らず、真犯人まで攻略する悟のたらしっぷりに惚れ惚れしたので、そこら辺は全て良しとしましょう。 僕街、今期アニメで最高に面白い作品でした!! そして遂に・・・ 原作解禁!! ネタバレしないようず~~っと気をつけていたら、前回から アニメオリジナル展開になっていたということに気付かず、大いに盛り上がり損ねてしまったのが残念だったので・・・。 これから原作、全部読んできます!!.

次の