キョ ダイ パウダー。 【ポケモン剣盾】カレーの作り方まとめ!リザードン級を作るコツ【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

キョ ダイ パウダー

概要 で大流行中の料理であり、で調理することができる。 主人公自らが食材を作るという点での、のに似た要素を持ち、これらと同様に最大4人のプレイヤーと共同で調理することもできる。 ・以外の各にいるNPCのポケモンキャンプでNPCと一緒に調理をすることもできる。 行程 調理には「あおいで」「まぜて」「まごころ こめて」の行程があり、出来具合により完成するカレーの完成度が異なる。 あおいで 火起こしをする。 火の勢いが強すぎると鍋が焦げて減点となる。 Aボタンを押すかJoy-Conを振って操作する。 まぜて 鍋の具をかき混ぜる。 かき混ぜる速度が遅いと焦げるが、早すぎてもルーがこぼれて減点となる。 スティックを回すかJoy-Conを回して操作する。 まごころ こめて 黄色い輪が中央の黄緑色のゾーンに入るタイミングでハートを投入する。 Aボタンでハートを投げてから鍋に入るまでにタイムラグがあるため、黄緑色に入ってからボタンを押すようでは少し遅い。 完成 作ったカレーは主人公とポケモン達が一緒に食べ、の回復・の取得・の上昇といった恩恵を受ける。 おいしさのランクにより回復量の上昇や状態異常の回復、PPの回復と効果が変わる。 このときレベルアップし条件を満たせばわざを覚えたり、することもある。 ダイオウドウ級以上になるとPP回復によりポケモンセンターでの回復と同等になるが、この域にまで達するには希少なとが必要になってくる。 最低級のドガース級は低級の食材の料理行程に一切手を加えないことで出来上がり、主人公やポケモンの反応も他のランクに比べ大きく異なったものになるが、これでも一応の回復効果はあるし、なかよし度が減ったりすることは無い。 誕生日では主人公のカレーにロウソクが立つ。 ポケモンのカレーのサイズは、スプーン一杯程度の小サイズ・主人公と同じサイズ・山盛りの大サイズの3種に分かれる。 これはやとは関係が無く、種族の生態として食事量が多いかで決まる。 グループのポケモンなどは進化前でも大サイズを食べたり、進化すると一転し小サイズになることもある。 前作までやを食べなかった、、も、小サイズながら食べる。 カレーずかん カレーの種類は151種類あり、作ったカレーは カレーずかんに登録される。 サイズも登録の対象になる。 キョダイマックスカレーのみサイズは固定。 カレーずかんの完成度によりにいるキャンプキングからポケモンキャンプ用のおもちゃ等が貰える。 また、カレー図鑑を15種類以上埋めるとで使用できる背景にカレー模様が増える。 No 種類 食材 説明文 001 カレー なし ガラルマサラの 香りが 鼻を くすぐる ごくごく シンプルな 基本の カレー。 002 からくちカレー ガラルマサラの 香りで シンプルな 辛味が 引きたつ きわめて 基本的な カレー。 003 しぶくちカレー ガラルマサラの 香りで 強い 渋味が 際立つ 食べやすい 基本の カレー。 004 あまくちカレー ガラルマサラの 香りに 強い 甘味が アクセント。 万人 好みの カレーだ。 005 にがくちカレー ガラルマサラの 香りが 苦味を 強く 引きたてる ごくごく 基本の カレー。 006 すっぱくちカレー ガラルマサラの 香りが 酸味を まろやかに する じつに シンプルな カレー。 007 ヴルストのせカレー シンプルな 味つけ ゆえ ボイルした ソーセージの 味が 引きたつ カレー。 008 からくちヴルストのせカレー 辛みの 効いた ルーで ソーセージの うまみを 引きたたせた カレー。 009 しぶくちヴルストのせカレー ソーセージの 脂っこさを 渋い ルーが やわらげる とても 食べやすい カレー。 010 あまくちヴルストのせカレー ソーセージの うまみと 甘めの ルーが マッチした 洗練された カレー。 011 にがくちヴルストのせカレー ソーセージの 食感と 苦い ルーが マッチした やや 大人向けの カレー。 012 すっぱくちヴルストのせカレー 酸味 際立つ ルーと 濃厚な うまみの ソーセージが 食欲を 刺激する カレー。 013 ジューシーカレー ボブ 秘伝の 食材で 驚きの ボリュームと 強い コクが 楽しめる カレー。 014 からくちジューシーカレー 奥深い 辛味と パンチの 効いた 具材の 出会いが 奇跡を おこした。 015 しぶくちジューシーカレー 渋味と 脂の ハーモニーは 老若男女に 好まれる 安心と 安定の 味。 016 あまくちジューシーカレー ミスマッチとも 思える 組み合わせが 比類なき コクと キレを 両立した。 017 にがくちジューシーカレー 押しよせる 脂の 中で ルーの 苦味が ほのかだが 主張する カレー。 018 すっぱくちジューシーカレー 酸味で 具材の クセを おさえつつ うまみ のみを 引きだすことに 成功した。 019 リッチカレー 門外不出と いわれた バックの 食材を 使った 貴重な カレー。 020 からくちリッチカレー うまみの 強い 食材と 辛味の 効いた ルーは 王道の 組み合わせと いえる。 021 しぶくちリッチカレー ルーの さわやかな 渋味で 濃厚な 味の 具材が 一層 引きたつ カレー。 022 あまくちリッチカレー 強い 甘味と 深い コク。 カレー通を 名乗るなら 必ず 食べるべき 一品。 023 にがくちリッチカレー 舌が しびれるほどの うまみ。 苦めの 味つけが 素材の 味を 強く 引きだしている。 024 すっぱくちリッチカレー 酸味の 効いた ルーが からんだ 具材は いくら 食べても 飽きが こない。 025 マメだくさんカレー オーソドックスな ルーに ほどよく 煮こまれた マメ。 じつに 素朴な 味わいだ。 026 からくちマメだくさんカレー ルーが 持つ 強い 辛味と マメの ナチュラルな 甘さの コントラストが 楽しい。 027 しぶくちマメだくさんカレー ルーの 渋味と マメの シンプルで 軽い うまみ。 素朴だが 飽きが こない。 028 あまくちマメだくさんカレー 甘めの 味つけが ともすれば 淡白な マメを まろやかにし 深い 味わいを 生んだ。 029 にがくちマメだくさんカレー ルーの 苦味が マメの クセを 中和 している。 マメ嫌い にも 好評。 030 すっぱくちマメだくさんカレー ポリポリと 心地よい マメの 食感が すっぱい ルーと よい ハーモニーを 奏でる。 031 トーストカレー 2種類の 炭水化物で いやでも 満腹に なれる。 まさに 素人 料理。 032 からくちトーストカレー 乱暴に 乗せられた トーストも 辛い ルーの おかげで 以外に サクッと 完食 できるぞ。 033 しぶくちトーストカレー はじめに トーストを ちぎり ルーと よく まぜると 渋味が マイルドになり 食べやすいぞ。 034 あまくちトーストカレー 甘い ルーは ジャムのようで 香ばしい トーストに 乗せて 食べれば 不思議に うまい。 035 にがくちトーストカレー こんがりと 焼いた トーストの 風味が ルーの 苦味と 不思議と マッチする 一皿。 036 すっぱくちトーストカレー トーストの ふっくら とした 味わいが 酸味の 効いた ルーに 奥行きを 与える。 037 パスタカレー カレーライスと カレーパスタを 一気に 楽しめる 一皿。 空腹の ときに 食べよう。 038 からくちパスタカレー 辛めの 味つけを いかし はじめに すべてを まぜてから 食べるのも おすすめだ。 039 しぶくちパスタカレー 渋味が パスタにも マッチする。 ライスと パスタの 2つの 炭水化物を 楽しもう。 040 あまくちパスタカレー みためは ともかく 味は いい。 しっかりと 甘い カレーは パスタにも ライスにも よくあう。 041 にがくちパスタカレー 強い 苦味が 効いている 濃厚な 味つけは パスタも あるくらいが ちょうどよいのだ。 042 すっぱくちパスタカレー パスタも 食べたい よくばりに おすすめ。 酸味の 強い ルーは 食が 進むぞ。 043 いろいろキノコカレー 数種の キノコの うまみが ルーに とけだし 極上の 一品に しあがっているのだ。 044 からくちいろいろキノコカレー キノコの うまみを 引きだす コツは できるだけ ルーの 辛味を 効かせてやることだ。 045 しぶくちいろいろキノコカレー いくつかの キノコの 味が 重なりあうことで ルーの 渋味を まろやかに している。 046 あまくちいろいろキノコカレー 甘い ルーを まとった キノコたちの シャッキリとした 食感が 楽しい カレー。 047 にがくちいろいろキノコカレー キノコの 成分の おかげで ルーの 苦味が より 強く 感じられる 個性派の カレー。 048 すっぱくちいろいろキノコカレー キノコの コクと ルーの 酸味に より 複雑だが あとひく うまみが 生まれた。 049 あぶりテールカレー 王道と 呼べる 一皿。 テールの うまみが ルーを ワンランク上の 味に。 050 からくちあぶりテールカレー さわやかな 辛味の ルーが ともすれば しつこい テールを 食べやすく しているのだ。 051 しぶくちあぶりテールカレー ジューシーな テールと ルーの 渋味の マリアージュ。 まさに 極上の 一品。 052 あまくちあぶりテールカレー 甘さ きわだつ 味つけに 香ばしい テールが マッチ。 香りも ごちそうの 一品。 053 にがくちあぶりテールカレー テールから したたる 脂が 苦めの ルーを まろやかに。 深い 味わいの 一品。 054 すっぱくちあぶりテールカレー ルーの 酸味が テールの 持つ 特有の クセを やわらげる。 じつに 食べやすい 一品。 055 ネギもりカレー 暴力的な ボリュームが 魅力。 基本の 味つけは ネギの 味を くもらせない。 056 からくちネギもりカレー 香ばしく 焼いた ネギは 果実の ように 甘く ルーの 辛さと 絶妙の バランス。 057 しぶくちネギもりカレー 渋味が 強い ルーに ネギの エキスが とけこみ 味の 深みを 増しているのだ。 058 あまくちネギもりカレー ネギが 主役の カレー。 甘味が たった ルーが ネギの うまみを 引きあげている。 059 にがくちネギもりカレー フレッシュな ネギの 甘味が ビターな ルーの 持ち味を より ビビッドに している。 060 すっぱくちネギもりカレー 酸味の 強い 味つけに ネギの 鮮烈な 甘味が じつに さわやかな カレー。 061 アップルカレー かなり 甘い 部類の カレー。 クセは 強いが 中毒性は 高いぞ。 062 からくちアップルカレー 甘い リンゴと 辛味の 効いた ルーが 生む 意外な ハーモニーが 楽しい 一皿。 063 しぶくちアップルカレー リンゴの 酸味と 甘味が 渋い ルーの 角を とり 非常に 食べやすいのだ。 064 あまくちアップルカレー 甘い ルーと 甘い リンゴの 出会い。 しびれるほどの 甘味が 舌と 心を 深く 打つ。 065 にがくちアップルカレー 苦味の 効いた 味の 奥に リンゴから しみでた ほのかな 甘味が 余韻を 残す。 066 すっぱくちアップルカレー リンゴの 酸味が ルーの 酸味を さらに ふくらませ すがすがしい 味を 生む。 067 ボーンカレー ホネから しみだした エキスが ルーを 深くする。 濃厚だが スッキリとした うまさの カレー。 068 からくちボーンカレー 辛味の 効いた 味つけに 煮こまれた ホネの エキスが 力強く 主張する。 069 しぶくちボーンカレー ホネから でた うまみと コクが 渋い ルーに とけだして 気品高い 味に なったのだ。 070 あまくちボーンカレー ルーの 甘味に 負けない 濃厚な ホネの エキスが たまらない 余韻を 残す。 071 にがくちボーンカレー 苦味が 薄れるほど 強い うまみが ある。 厳選された ホネが 持つ 素材の 力だ。 072 すっぱくちボーンカレー ホネの エキスの 濃い うまみと 酸味の きいた 味つけ。 心地よい 後口の 一皿。 073 イモごろごろカレー ホクホクとした 食感の イモが ゴロゴロと はいった ベーシックな おいしさの カレー。 074 からくちイモごろごろカレー イモを 楽しむ 一皿。 辛めの 味つけは 飽きが こず イモ好きには もう たまらない。 075 しぶくちイモごろごろカレー 渋めの ルーを からめながら イモを かじる。 言葉の いらない おいしさが そこにある。 076 あまくちイモごろごろカレー イモの 持つ 素朴な うまさを 甘く 味つけた ルーが 引きたてる すばらしい 一皿。 077 にがくちイモごろごろカレー 苦味を 効かせた ルーと 素朴な 甘さの イモ。 最高の コンビネーションだ。 078 すっぱくちイモごろごろカレー あえて イモには 味つけせず 酸味を 効かせた ルーを からめながら 楽しむのだ。 079 ミックスハーブカレー 鼻を 刺激する ハーブの 辛味が シンプルな ルーに アクセントを 与えてくれる。 080 からくちミックスハーブカレー ハーブの 持つ さわやかな 辛味。 ルーの 深い 辛味。 辛口好き マストの 一皿。 081 しぶくちミックスハーブカレー ハーブの フレーバーが 渋く 重めの ルーに さわやかさを プラス。 じつに 食べやすい。 082 あまくちミックスハーブカレー 甘めの 味つけに することで ハーブの スキッとした 辛味と 香りを 強く 楽しめるのだ。 083 にがくちミックスハーブカレー ハーブの 鮮烈な 香りが 苦めの ルーに よく あう。 やや 大人向きの 味わい。 084 すっぱくちミックスハーブカレー すっぱい ルーに ハーブの クセある 香りが たまらない。 やや 通好みの カレーだ。 085 ベジタブルカレー たくさんの 野菜が ルーを 甘く まろやかに している。 とても ヘルシーな カレー。 086 からくちベジタブルカレー 辛めの 味つけが 野菜の うまみを 引きだして 深い 味わいを 醸しだしている。 087 しぶくちベジタブルカレー 野菜の 甘味と コクが ルーの 渋味を 丸くして じつに 食べやすい カレー。 088 あまくちベジタブルカレー 野菜の エキスが とけだし 甘味の 効いた ルーに 深い うまみを 与えている。 089 にがくちベジタブルカレー 苦味の 効いた 味つけに 野菜の 風味と 甘味が いい アクセント なのだ。 090 すっぱくちベジタブルカレー 酸味の 強い ルーに 野菜の 甘さが 調和する バランスの よい カレーだ。 091 ミックスフライカレー 豪快に 盛りつけられた フライは スパイシーな ルーに マッチするが いささか もたれる。 092 からくちミックスフライカレー 数種の フライは いずれも 脂っこいが 辛い ルーの おかげで なんとか 食べられる。 093 しぶくちミックスフライカレー フライの 衣は ブ厚く 脂が 多い。 渋い 味つけも かすむほどだ。 094 あまくちミックスフライカレー 脂っこい フライと 甘い ルーの 組み合わせは 食べる 人を 選ぶとしか いえない。 095 にがくちミックスフライカレー ルーの 苦味を かきけすほど フライの 脂が 多い。 高カロリーな カレー。 096 すっぱくちミックスフライカレー 酸味の 効いた 味つけで 脂が 強い フライも なんとか 飽きずに 食べられる。 097 ゆでタマゴカレー 一言で いえば 絶品。 スパイシーな ルーが タマゴの おいしさを 引きたてている。 098 からくちゆでタマゴカレー タマゴの 豊かな うまみを 辛口の ルーが ひきだす。 究極の カレーの ひとつ。 099 しぶくちゆでタマゴカレー 渋い 味つけが タマゴの 持つ 甘味を 引きたてる。 まちがいの ない 一品だ。 100 あまくちゆでタマゴカレー 甘味の 強い ルーに タマゴの コクが じつに あう。 感動を もたらす 一皿。 101 にがくちゆでタマゴカレー グルメに 人気の 一皿。 タマゴを くずして いただくと ルーの 苦味が コクに 変わる。 102 すっぱくちゆでタマゴカレー 酸味の 効いた 味つけは タマゴの 白身と よく あう。 うなるほどに うまいぞ。 103 トロピカルカレー フサを ひとかじりし すかさず スパイシーな ルーを すすれば 南国の風を 感じるだろう。 104 からくちトロピカルカレー フサは 甘く フルーティ。 辛めの ルーに 心地よい アクセントを 与えてくれる。 105 しぶくちトロピカルカレー 渋味の 効いた 味つけで フサの 特有の 甘味が 一層 引きたつ カレー。 106 あまくちトロピカルカレー フサの 甘味が ルーに しっかり とけだしている。 きわめて 甘い カレーだ。 107 にがくちトロピカルカレー ビビッドな 甘味を 持った フサと ルーの 苦味が 意外に マッチした カレー。 108 すっぱくちトロピカルカレー クセの ある フサの 甘味と 酸味の 強い 味つけが くせになる 個性派 カレー。 109 チーズまみれカレー とけだした チーズが カレーに 強い コクを 与えている。 女性に 人気の カレー。 110 からくちチーズまみれカレー チーズの コクと 甘味で 辛さが マイルドに なり 口当たりの よい カレー。 111 しぶくちチーズまみれカレー チーズは 惜しみなく かけろ。 多ければ 多いほど 渋い 味つけが 引きたち うまいぞ。 112 あまくちチーズまみれカレー チーズの コクで ルーの 甘さが 強く 引きたつ。 甘党に ぴったりの カレー。 113 にがくちチーズまみれカレー 調理の コツは 惜しまず チーズを かけること。 ルーの 苦味が 深みに 変わるのだ。 114 すっぱくちチーズまみれカレー ルーの 酸味と チーズの 甘味が 生む 独特の 味が クセに なる カレー。 115 スパイシーカレー スパイスが 強く 効いた 刺激的な 一皿。 まさに カレー好きの ための カレー。 116 からくちスパイシーカレー 50種を 超える スパイスが 複雑な 味わいを 生む。 辛めの 味わいが いい。 117 しぶくちスパイシーカレー 渋味の 効いた 味つけで スパイスの 持つ コクと 香りが きわだつ カレーだ。 118 あまくちスパイシーカレー 刺激は 強いが 食べやすい。 スパイスの クセを 甘めの ルーが マイルドに しているぞ。 119 にがくちスパイシーカレー まさに 大人の 味。 深い 苦味と スパイスの 刺激が やみつきに なるぞ。 120 すっぱくちスパイシーカレー スパイスの 香ばしい 香りと 酸味 強い ルーの クセが みごとに 調和 している。 121 ホイップカレー ホイップの おかげで じつに まろやかな 味わいの カレー。 おこさまも 安心の 一皿。 122 からくちホイップカレー ホイップの 豊かな 甘味が 辛めの 味つけに 不思議な アクセントを 生んでいる。 123 しぶくちホイップカレー ホイップの コクが 渋味の 効いた ルーに 奥深い うまみを 与えているのだ。 124 あまくちホイップカレー ホイップが たされ 甘めの ルーが より 甘くなった。 その甘さ スイーツの ごとし。 125 にがくちホイップカレー ホイップと まざりあうことで ルーの 苦味が マイルドに。 意外な うまさの 一品。 126 すっぱくちホイップカレー ホイップの 甘さで 酸味が うまく マスキングされている。 バランスの よい カレーだ。 127 デコレーションカレー 味を 捨てさり かわいらしさを 選んだ 邪道 カレー。 写真映えには もってこいだ。 128 からくちデコレーションカレー かわいい 見た目に つりあわない 辛すぎる ルーが 特徴。 視覚と 味覚を 混乱させる。 129 しぶくちデコレーションカレー 渋味が きつく 味は わるいが 飾りつけに こだわった 一品。 玄人好みの ニッチな カレー。 130 あまくちデコレーションカレー くどいほどに 甘すぎる ルーと かわいらしい 見た目の ため 小さな 子供には 大人気だ。 131 にがくちデコレーションカレー あざやかな 飾りつけ からは 想像 できないほどの 苦さ。 飲む 水が 甘く 感じるほど。 132 すっぱくちデコレーションカレー 見た目とは 裏腹に 変に 酸っぱい 味が する。 食べると 不思議な 気持ちになるぞ。 133 ココナッツカレー ミルクの 甘さと コクが カレーを ワンランク上の ステージに 引きあげたのだ。 134 からくちココナッツカレー 辛めの 味つけの ルーに ミルクの 甘味が ベストマッチ。 まさに 絶品の 一皿。 135 しぶくちココナッツカレー ミルクの 上質な 甘味と 出会ったとき ルーの 渋味は すばらしい うまみに 変わった。 136 あまくちココナッツカレー かなり 甘口の カレーだが ミルク 由来の 甘味なので しつこくなく 食べられるぞ。 137 にがくちココナッツカレー ミルクの 甘味と コクが ルーの 苦みを うまくする。 乙な 味とは このことだ。 138 すっぱくちココナッツカレー 若者に 人気の 一皿。 酸味の 効いた ルーに ミルクの 甘味が よくあう。 139 インスタントめんカレー レトルト麺と カレーが 出会ったとき みためどおりの ジャンクな 味が 生まれた。 140 からくちインスタントめんカレー 若者 好みの 味。 辛い ルーと レトルト麺は 意外なほど マッチするのだ。 141 しぶくちインスタントめんカレー 渋い ルーが からむとき レトルト麺は ワンランク上の おいしさに 進化する。 142 あまくちインスタントめんカレー レトルト麺の 人工的な うまみは 甘めの ルーと じつに 相性が よい。 143 にがくちインスタントめんカレー 苦味の 強い 味つけが レトルト麺を 本格的な 味わいに 生まれ変わらせた。 144 すっぱくちインスタントめんカレー レトルト麺の ものたりなさを ルーの 力強い 酸味が 補って なかなかに うまい。 145 ハンバーグカレー ハンバーグを くずし カレーに まぜながら 食べると バツグンの おいしさだぞ。 146 からくちハンバーグカレー 辛口の ルーと ジューシーな ハンバーグの コンビネーションで スプーンが とまらない。 147 しぶくちハンバーグカレー ともすれば 脂が しつこい ハンバーグを ルーの 渋味が 軽やかに 食べやすくしている。 148 あまくちハンバーグカレー 人を 選ぶ 一皿だ。 甘い ルーと ハンバーグの 相性は クセが 強い。 149 にがくちハンバーグカレー 脂っこい ハンバーグと 苦い 味つけが よくあう。 まちがいの ない 一品だ。 150 すっぱくちハンバーグカレー パンチの 効いた 酸味の ルーが ハンバーグの うまみを 引きだす おいしい 一皿。 151 キョダイマックスカレー キョダイマックスの 名に 恥じない ギガンティックな うまみが ほとばしる カレー。 カレーずかん登録数に応じた報酬は以下の通り。 しょくざいはまたはにいる食材屋から購入するか、で見つける、の成功報酬として貰う、他プレイヤーから貰うなどの手段で入手でき、バッグの「しょくざい」欄に収納される。 しょくざいには以下の種類がある。 貴重なきのみほど高評価のカレーを作りやすい。 きのみ レアリティ 味 説明 辛味 渋味 甘味 苦味 酸味 1 1 ピリッとした 辛味が クセになる。 料理 初心者でも 扱いやすい シンプルな きのみ。 1 1 ほのかな 渋味が 脂っこい 具材に よく合うと 評判の きのみ。 1 1 さっぱりとした 甘味が 人気。 手に入りやすく 料理でも 定番の きのみの ひとつ。 1 1 少しの 苦味が 料理の アクセントに なるので 隠し味として よく 使われる。 1 1 かじると ツンと 酸味が 香る。 たくさん 使えば サッパリとした 後味に。 1 1 1 1 1 いろんな 味が ギュッと つまった 楽しい きのみ。 渋味は ないので 食べやすい。 1 1 1 1 1 甘くなく 大人向けの 味。 料理に 使えば パリッと ハリのある 風味が でる。 1 1 1 1 1 独特な 味だが 苦味が なく じつは 料理でも 使いやすい。 鮮やかな 色は 熟した 証拠。 2 1 1 1 1 酸味は 無いが バランスの とれた 味。 ポケモンの 身体に 良い 成分が たっぷり。 2 1 1 1 1 辛味が ないので どんな人でも 食べやすく 使いどころを 選ばない 万能 きのみ。 2 2 特徴的な 形の その中には 辛い 成分が しっかり つまっている。 2 2 周りの イボイボには 渋味が たっぷり 含まれていて 食感も 楽しくなる。 2 2 実の 曲がり方が 大きいほど 甘い。 そのままでも 食べやすく ちょっとした おやつに 最適。 2 2 ヘタに 近いところが 特に 苦いが よく 煮込むと 味に 深みが 増す。 2 2 大きな 実の 中には 酸味と 水分が ぎっしり つめこまれている。 3 1 1 1 甘辛い 果肉を 何度も 噛み続けていると 苦味が 後から 舌に 広がる。 3 1 1 1 そのまま 食べることも できるが 煮つめて でた エキスは 料理の 味を 際立てる。 3 1 1 1 皮は 辛いが 果肉の 甘酸っぱい 香りが 食欲を そそる きのみ。 3 1 1 1 黄色い 部分が 盛りあがっているのは きのみが 熟している 証拠。 変わった 味だが ファンも 多い。 3 1 1 1 柔らかく かじると 酸味と 甘味の ハーモニーが 口いっぱいに 広がる。 サラダとの 相性も 良い。 3 3 1 口が 真っ赤に なるほど 辛い。 あえて スパイスと 組み合わせて ゲキカラ 料理を 楽しむのも アリ。 5 2 1 実は かたく 味も 辛いが 火を 通すことで 甘味が 増す。 濃いめの 味付けに うってつけ。 5 2 1 見た目 通りの 渋い 味。 柔らかい 果肉は 水に 溶けやすく 料理の 味を 引き締めてくれる。 5 2 1 黄色く かわいい 見た目と 甘酸っぱい 味から スイーツにも 使われる。 ジャムに しても おいしい。 5 1 2 苦味の 中に 広がる ほのかな 辛味が 後を引く。 おやつとして 食べる 大人も 多い。 5 1 2 渋くて 酸っぱい さわやかな 味。 冷やして ほおばれば 火照った 身体も すっかり ヒエヒエに。 5 2 1 果肉の 中に 熱を 発する 成分が 含まれており 辛い。 寒い 地方で 重宝 される。 5 2 1 鮮やかな 緑の 部分は 酸っぱいが 中を 割ってみると 渋くて 黒い 実が ぎっしり つまっている。 5 1 2 黄色い 果肉には 甘味が たっぷり。 そのままでも おいしいが 熱を 通せば 香ばしい 風味が 増す。 5 1 2 とても かたくて 苦い 味。 青い 色素が 含まれていて かじると 舌の 上が 真っ青に。 5 1 2 丸い 膨らみが 大きいほど 甘味も 水分も 多くなり ジューシーな 香りが ただよう。 5 3 1 油断して たくさん 入れると 強い 辛味が とっても 刺激的な 一品に 仕上がる。 5 1 3 渋味が 強く ピクルスの 材料に されることが 多い。 煮込むと かなり 柔らかく なる。 5 1 3 花の ような 見た目と 濃厚な 甘さから お菓子作りに 最適。 乾燥させて お守りに することも。 5 1 3 クセのある 苦い 味 だが 長い 時間 煮つめると 甘味が 際立ち 食べやすくなる。 5 1 3 トゲトゲした 見た目通りの すっぱさ。 表面の トゲで ポケモンに くっつき 遠くの 土地まで 運ばれるという。 5 4 1 とてつもなく かたく 刺激の 強い 辛味が 特徴。 古くは 薬としても 使われた。 5 4 1 濃厚な 甘味と エレガントな 香りで どんな 料理も おしゃれに。 ハーブティーの 材料にも なる。 5 4 1 丸っこい 見た目からは 想像 できないほど 渋く 食材の 臭みを とってくれる。 10 5 1 5 ちょっと 貴重な きのみ。 食べると 辛味と 甘味の ぶつかりあいが 口の中で 広がる。 10 5 1 5 ちょっと 貴重な きのみ。 独特な 渋味と 苦味が 強く 人によって 好みが 分かれる。 10 5 1 5 ちょっと 貴重な きのみ。 ゴツゴツした 皮の 中の 果肉は とてつもなく 甘酸っぱい。 10 5 5 1 ちょっと 貴重な きのみ。 目が 飛びでるほど 辛くて 苦いが その分 栄養は 盛りだくさん。 10 1 5 5 ちょっと 貴重な きのみ。 青い 部分は とても 渋く 緑の 部分は とても 酸っぱい。 10 5 5 1 1 1 ちょっと 貴重な きのみ。 地獄のような 辛さの 後に 猛烈な 渋味が 襲いかかる。 10 1 1 5 5 1 ちょっと 貴重な きのみ。 外側は とっても 苦いが 中は 甘くて ジュースのよう。 15 5 1 5 1 5 とても 貴重な きのみ。 持つと 幸せに なれると いわれており 食べると 不思議な 味が する。 30 5 1 5 1 5 強すぎる 力を 持つと いわれている 幻の きのみ。 味も 最高に おいしい。 NPCとの調理 NPCと一緒に調理する場合、食材はNPCが入れる。 NPCごとに食材の種類は固定されているが、NPCが入れるきのみの数と種類はプレイヤーの選んだきのみによって変化する。 関連項目• - モチーフとなった現実社会での料理について。

次の

【ポケモン剣盾】「鎧の孤島」でダイスープが追加されるけどどんな仕様になるんだろうな、素材集めが苦行なイメージしか湧かないんだが・・・

キョ ダイ パウダー

リザードン(キョダイマックス)の育成論 リザードン(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:もうか or サンパワー• 持ち物:命の珠、こだわりスカーフ、ヨロギのみなど• 努力値:B4 C252 S252• キョダイゴクエンを撃つ前に倒されてしまわないよう、スカーフでないドリュウズやヒヒダルマには先制をとれる保証があると動きやすいはず(ダイジェット込でスカーフ持ちも抜けるようになる)ですので、素早さに性格補正をかけた『おくびょう』がおすすめとなります。 リザードンは素早さの種族値が100と高く、素早さに補正をかけることでサザンドラやミミッキュらの上を取れるのも優秀だと言えます。 どちらの特性を選ぶかは構築次第? リザードンには『もうか』と『サンパワー』の2つの特性がありますが、基本的には『もうか』を選ぶことになるでしょう。 ですが、晴れ状態にできる構築であれば『サンパワー』も魅力的であり、晴れキョダイゴクエンでトゲキッスやニンフィアのような特防の高いポケモンであっても一撃で倒せてしまうほどのパワーがあります。 シングルでは晴れにするのは少し難しいかもしれませんが、ダブルではヤミラミやエルフーンなどの『いたずらごころ』の特性を持ったポケモンに『にほんばれ』を使わせたり、『ひでり』の特性をもったキュウコンやコータスと一緒に採用してあげるなど、『サンパワー』を活かせる形にしてあげるとリザードンがとても心強い存在になります。 持ち物について リザードンはダイマックスしても耐久が心もとないポケモンです。 弱点をつかれればたとえHPが2倍あっても簡単に倒されてしまうため、ダイマックス役の定石である『じゃくてんほけん』や『いのちのたま』以外にも『ヨロギのみ』や『ソクノのみ』といった持ち物が候補に挙がります。 持ち物は特性やバトルのスタイルによって変わるのですが、 特性が『もうか』であるなら、『いのちのたま』がおすすめです。 一撃で倒せる範囲を広げることで、結果的に被弾を抑えることができたりするので、火力を増強したいという理由からです。 一方、『サンパワー』の場合には半減実がおすすめです。 火力が過剰というのもありますが、『サンパワー』と『いのちのたま』を両立するとHPの消耗が激しいのもあり、強気に動かしていける半減実(4倍弱点の岩技をケアできる『ヨロギのみ』がおすすめ)が良いでしょう。 また、ダイマックス時には恩恵を得られなくなってしまうものの、多くのポケモンの上を取れるようになる『こだわりスカーフ』も候補となります。 耐久調整はせずに、努力値はCSぶっぱでOK! 性格や持ち物の項にも記載したとおり、高い素早さと高い特攻で倒していける範囲を広げることこそがリザードンの低い耐久をケアすることにも繋がるので、基本的にはCSぶっぱでOKです。 おすすめの技 リザードン(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 ブラストバーン キョダイゴクエンを威力150で撃てるようになる御三家の専用技です。 キョダイマックス前提であるなら、炎技はこの技を採用するといいかもしれません。 かえんほうしゃ、ほのおのちかい、だいもんじ、オーバーヒート ブラストバーンに比べると、ダイマックス時の技の威力は落ちますが、非ダイマックス時には使いやすい技たちです。 他のポケモンとダイマックスが競合しやすい構築の場合には、こちらの技から選ぶのが良いでしょう。 ねっぷう ダブルバトルの炎技としては全体技の『ねっぷう』がとても使いやすいです。 『このゆびとまれ』をされていても隣のポケモンに攻撃が通るのが非常に便利ですね。 エアスラッシュ タイプ一致の飛行技であり、『ダイジェット』により素早さもあげることができる技なので、相手の上を取りたいリザードンとはとても相性が良いです。 よほどのことがない限り採用することになるでしょう。 『ダイジェット』の威力にこだわる方は『ぼうふう』も覚えるので、そちらを採用するのも一考の価値があります。 ソーラービーム 炎技の通りにくい岩タイプや水タイプのポケモンに『ダイソウゲン』を撃つための技です。 この技を採用した際の技範囲はとても魅力的ですが、非ダイマックス時には使いにくいのがやや難点です りゅうのはどう ドラゴンタイプへの打点として、また『ダイドラグーン』の攻撃力ダウンも魅力的です。 技範囲的には、炎、飛行、草で完成しているので、どうしてもドラゴンタイプが重い場合にのみ採用する形になるかと思われます。 きあいだま 命中難&バンギラスピンポイントの技です。 ダイマックスすれば必中にはなりますが、格闘タイプのダイマックス技は威力が低めに設定されているという点には注意しましょう。 げんしのちから リザードンミラー、ヒートロトムの対策に! まもる リザードンは耐久の低いポケモンなので、ダブルバトルではほぼ必須になるでしょう。 キョダイゴクエンの定数ダメージ稼ぎにも便利です。 リザードン(キョダイマックス)の対策 リザードンは技の範囲が広く、キョダイマックスで火力と耐久を増強されることまで考慮すると、対策はそこそこ難しいポケモンです。 リザードンより早く行動できるポケモンを採用する リザードンの素早さの種族値は100と早い部類にはなりますが、これより高いポケモンも少なくはありません。 ダイジェットで素早さをあげられるとはいえ、素の状態で上をとれるポケモンが1匹いるだけでとても動きやすくなります。 リザードンは耐久も高くないので、アイアントやスカーフウオノラゴンなどを採用すれば、ダイマックスしたリザードンであっても一撃で倒すことも可能です。 気合の襷以外での行動保証を考える リザードンは耐久が低いポケモンのため、襷で無理やり耐えてでも攻撃を返していければ致命傷を与えることができます。 ですが、キョダイゴクエンの追加効果により襷が削られてしまうので、あまりスマートな対策とは言えません。 受けに回るのであれば、化けの皮の特性を持つミミッキュや、厚い脂肪の特性を持つカビゴン、すなおこしの特性を持つバンギラスといったポケモンで受けるのが得策になるでしょう。 炎タイプのポケモンであればキョダイゴクエンのスリップダメージを受けないので、ガオガエンやシャンデラなど炎タイプのポケモンを採用するのも良いですね。 リザードンは耐久が高くないポケモンなので、ダイマックスした状態でも攻撃を入れていけば処理するのは難しくありません。 キョダイマックスしたリザードンを使う場合には、リザードンをダイマックス状態で3ターン動かせることを意識した立ち回りをすると良いと思います。

次の

キョダイマックスポケモンの入手方法と技の効果|ポケモン徹底攻略

キョ ダイ パウダー

概要 野生のポケモンに4人で挑む。 このダイマックスポケモンは、バトル中ずっとダイマックス状態を保っており、パワーアップされているため、かなり強力である。 このダイマックスポケモンに複数人で挑み、倒すことで捕獲できるようになる。 プレイヤー側もポケモンをダイマックスさせることができる。 ポケモンをダイマックスさせる権利はターンごと順番に各プレイヤーを回る。 プレイヤー側は1人だけ1回しかポケモンをダイマックスさせることができず、通常通り3ターンで効果は切れるため、ダイマックスさせるタイミングは重要となる。 仕様 挑む方法• またはに行く。 光る柱が出ているを調べ、みんなで挑むか、一人で挑むか選ぶ。 使うポケモンを選ぶ(のポケモンも含めて一匹だけ選ぶ) 光る柱• から出る光の柱は通常だと赤い光だが、稀に紫色の強い光が出現する場合がある。 この場合出現ポケモンのパターンが変化する。 出ている柱全てのバトルに勝利すると新たな柱が8つ現れるようになる。 その内1つが紫色であることもあるが、紫色の柱が出ないこともある。 柱が1つでもクリアできないレイドが存在すると日付が変わるまで新しいレイドが現れなくなってしまう。 厳密にはを使わずに紫色の柱を含めて8回レイドバトルに勝利すると巣穴がリセットされるようになっている。 他のプレイヤーが主催したレイドにゲストプレイヤーとして参加することでも赤い柱が1本消えた扱いになる。 ホストプレイヤーとして参加した数とゲストプレイヤーとして参加した数の合計が8を超えるとリセットが発生する。 紫色の柱のレイドバトルは必ずホストとして参加して勝利する必要がある。 紫色の柱のレイドバトルが残っている場合、赤い柱のレイドに何度勝ってもリセットが起こらない。 紫色の柱は通常一度に1本しか出現しない。 ただし、自然発生した紫色の柱が出ているときでもねがいのかたまりによって紫の柱を出し、計2本の紫色の柱が出ることはできる。 ねがいのかたまりで出現した紫の柱が残っている場合はねがいのかたまりでもう一本紫色の柱を立てることはできない。 を入手するまではワイルドエリアの南側のエリア 、、、、、、、 にしか光る柱は出現しない。 ソード または シールド を入手するまでは、水上の巣や水上を通らないと辿り着けない巣には光る柱は出現しない。 登場するダイマックスポケモンについて 出現ポケモン• 巣穴の場所ごとに出現するポケモンは決まっている。 ポケモンの巣ごとの詳細な出現率はを参照。 マックスレイドバトルの難易度は5段階に分かれており、挑む前の画面でポケモンのシルエットと共に星の数 1個~5個 で表示される。 出現する難易度はゲームの進行度に応じて制限がかかっている。 更新時に付く星の数よりも高い難易度のマックスレイドバトルは出現しない。 出現ポケモンのレベルも星の数に対応して決まる。 ただし期間限定のピックアップで出現するポケモンはピックアップごとに通常とは別のレベル設定がなされている。 15~20 ポケモン はっけん! 25~30 つよい ポケモン はっけん! 35~40 とても つよい ポケモンだ! 45~50 すっごく つよい ポケモンだ!! 55~60 すさまじく つよい ポケモンだ!!! できるポケモンもいる。 キョダイマックス可能な個体のポケモンに挑む場合はキョダイマックス状態でバトルになり、挑む前の画面に表示されるシルエットの違いで判別可能。 が入手できることがある。 ソード・シールド単体においては、隠れ特性はマックスレイドバトルにおいてしか出現しない。 通常のマックスレイドバトルで隠れ特性の確率が発生しないポケモンでも、期間限定のピックアップによって隠れ特性が発生する場合がある。 確率はピックアップの内容による。 のでのサーチ、ののように、やでしか習得できない特別なを覚えている場合がある。 ただし、図鑑ナビやしまスキャンで入手したポケモンと異なり、マックスレイドバトルで入手したポケモンが覚えている特別なわざは一度忘れさせるとで思い出すことができない。 マックスレイドバトルで出現するポケモンは1~4個のが最大値 31 に設定されている。 挑む際に表示される難易度 星の数 が高いほど最大値の個体値が多くなる傾向にあるが、最大値の個体値の数は難易度と完全には対応しておらずポケモンごとに決まっている。 詳細はから見られるポケモンの巣ごとの出現率を参照。 期間限定のピックアップでは5個以上の個体値が最大値に設定されているポケモンも出現する。 バトル中• 1ターン中に複数回のを繰り出すことがある。 に加えて、通常の技を使用する。 複数回行動するときも、ダイマックスわざは1ターンに1度までしか使わない。 持っている技が(ダイマックスわざを考慮せずとも枠自体が)5つ以上あることもある。 衝撃波を出し、味方ポケモンのや、自身のを打ち消すことがある。 特性を打ち消す効果では、そのターンのみ自身の攻撃に効果を付与する。 など状態に耐性を持つ特性も無効化される。 リセットされた能力はターンが終了しても消されたままとなる。 も1回の行動で使用する。 使用条件を満たさなくてもが使える。 ダイマックスによるHPの増加量が3倍になる。 ふしぎなバリアを持つポケモンがいる。 この状態では、複数回攻撃するまではダメージをほとんど受けない。 ふしぎなバリア• 一定以上の難易度のレイドに出現。 攻撃技のダメージを大幅に軽減して、変化技を全て無効化する。 ポケモンごとにバリアの枚数は異なり、2回バリアを張ることもある。 同じ種類のポケモンでも高難易度ほどバリアの枚数は増える傾向にある。 バリアはHPが規定値になると出現する。 どの攻撃もこの規定値を超えるダメージを与えることはできない。 ほとんどので1枚、やでは2枚バリアを割ることができる。 を無効化する。 一撃必殺技はバリアを割る効果しかなく、直接ダメージを与えることはできない。 であっても1枚しか割ることはできないが、1発目の攻撃でバリアが割れる。 1発目で全てのバリアを割った場合は2発目以降の攻撃はバリアで減衰しないが、全ての攻撃が終わってからランクが落ちる。 バリアに攻撃を防がれると、その攻撃で全てのバリアを割っても攻撃技のやダイマックスわざの効果が発動しない。 の追加効果による能力変化のリセットは有効。 で相手の能力変化を奪うこともできる。 による能力低下効果の反射や、によるメロメロ状態の反射はバリアによって防がれる。 ふしぎなバリアを全て割るとダイマックスポケモンは一定のダメージを受け、・ランクが2段階落ちる。 このバリアが剥がれたときのランク低下も相手の特性の効果対象であり、たとえばのポケモンであればぼうぎょ・とくぼうが2段階上昇し、のポケモンであればそれぞれまけんきが発動することでが4段階上昇する。 ・のポケモンはランク低下を防ぐ。 ただし、このランク低下はの対象では無い。 バリアはダメージを全て無効化するわけではない。 まだバリアが残っている状態でHPを2回目のバリアを張る規定値に落とすことで、割る必要のあるバリアの数を減らすこともできる。 そのポケモンが張りうる最後のバリアを張った後は規定値のリミットがなくなるため、バリアを破壊せずHPを削り切ることも可能。 攻撃技を無効化したときとは異なるため、相手のなどの攻撃技に対して発動する特性はバリアに対する攻撃に対しても発動する。 ひとりで挑戦するときのマックスレイドバトルの場合、基本的にバトル終了後にボールを投げれば必ず捕獲が成功する。 他のプレイヤーが主催の場合や、中のポケモンの場合、捕獲に失敗して対象ポケモンが逃げ出すことがある。 ボールの投てきは1回しかできず、失敗した場合ポケモンは必ず逃げ出す。 ピックアップ中のポケモンはたとえキョダイマックスの姿ではなくても捕獲に失敗することがある。 ピックアップ中のポケモンの中には最初から捕獲不可能に設定されているものがいる。 この場合マックスレイドバトルに参加しようとすると、捕獲ができないという警告文が表示される。 (など)• の捕捉率は通常と同じように作用する。 残りは1として処理される。 はダイマックスポケモンが倒されることで消えるため、捕獲に影響を与えない。 レイドの種類 ひとりで挑戦 みんなで挑戦の主催者 みんなで挑戦の参加者 通常 確定捕獲 種族ごとの捕捉率 キョダイマックス 確定捕獲 3 ピックアップ通常 種族ごとの捕捉率 ピックアップキョダイ 20 3 終了条件• 4回ポケモンがになる• 10ターンの経過 上述通りひんしになったポケモンもターンが経てば復活するが、累計のひんし回数が4回で強制的に巣の外に追い出されてバトルは終了する。 10ターン目が終了することでも、累計ひんし回数に関係なく巣の外に追い出される。 バトルに敗北しても柱は消えず、日付が変わるまで何度も挑戦することができる。 捕獲できたかできなかったかによらず、レイドバトルに勝利すると・等の報酬が貰える。 ピックアップ中のポケモンに勝利した場合、通常のレイドバトルで入手できないアイテムが報酬に含まれる場合がある。 報酬の内容は巣穴の場所ごとに個別に設定されている。 巣穴ごとの報酬の詳細はを参照。 味方ポケモンについて• になった味方のポケモンは次のターンが終了すると元気を取り戻し、HPや状態が全回復して再びバトルに出る。 の道具は自分のポケモンにのみ使うことができる。 ただし、ひんしになってしまうと道具を使うことはできない。 プレイヤーのポケモンがひんしになった場合もバトルは終わらず、他のポケモンを「おうえん」することができる。 おうえんによる効果は以下のいずれかが選ばれる。 味方全員のHPが全回復する• 味方全員の状態異常が治る• 味方全員が状態になる• 敵のバリアが破壊される• 味方全員の・・・・のいずれかが上がる• 味方全員のが上がる• 味方の場が状態、状態のいずれかになる• 何も起こらない• バトルに参加させるポケモンが、HPが減ったり状態異常になっていたりしても全回復した状態で戦う。 ただし、レイドバトルでHPが減ったり状態異常になった場合はバトルが終わってもそのまま。 サポートトレーナー 「ひとりで挑戦」を選ぶか、「みんなで挑戦」を選んでも人数が4人集まらなかった場合はNPCのサポートトレーナーと組む事になる。 どのNPCが付くかはランダムで決まり、中には補助技ばかり使うポケモンや、通常攻撃技が一切無いなど役に立たないポケモンもいる。 サポートトレーナーのポケモンのレベルは主催者のポケモンのレベルの7割で固定され、レベルが上がっても進化したり技が変わったりすることは無い。 プレイヤーがひんしにならなくても、サポートトレーナー達だけが4回ひんしになるとクリアできないため、ソロプレイにおいて相性以上に主催者ポケモンのレベルは重要となる。 特に前述のような役に立たないポケモンが復活すると逆に迷惑になることも。 また、COM操作のトレーナーはダイマックスを使わないようになっているため、サポートトレーナーはダイマックスパワーが溜まってもダイマックスを使わない。 名前はポケモンの関係者から取られていることがある。 道具を持っていないポケモンおよびハリーセンのは全て0、それ以外のポケモンの個体値は全て30に設定されている。 でのマックスレイドバトルではNPC候補に・・が追加されている。 マックスレイドバトルでは、他のポケモンのに影響を与える技 ・・・・・・・・・ を使用しても失敗する。 対象が味方でも敵ダイマックスポケモンでも同様であり、ダイマックスポケモンが使うこれらの技も失敗する。 ・などもちものが変わるポケモンが使用者のみである技は成功する。 使うとになる技 ・・・・・ も「しかし うまく 決まらなかった! 」というメッセージが出て失敗し、使用者はひんしにならない。 ダイマックスポケモンが使うこれらの技も失敗する。 ・・は「ダイマックスの ちからで はじかれた! 」というメッセージが出て失敗する。 ダイマックスポケモンが使うほろびのうたは有効。 ふしぎなバリアによりほろびのうたの効果は防がれ、このとき味方のポケモンのみが状態になる。 ・を敵ダイマックスポケモンに使用した場合はうまく決まらない。 味方に使用することはできる。 通常の技を使用した敵ダイマックスポケモンにを使うとダイマックスのちからではじかれて失敗する。 これらの技が失敗したときもは消費する。 そのほか• 通信エラーで切断された場合、切断されたプレイヤーはバトルから離脱する。 ただし他のプレイヤー側では切断扱いにならず、切断したトレーナーはCOM操作で戦闘を継続する。 COM操作になったトレーナーの動きはNPCと同じようなパターンになり、ダイマックスは使用しない。 ピックアップ ふしぎなおくりものの「ワイルドエリアニュースを受け取る」で期間限定で特定のポケモン(ピックアップポケモン)が出現しやすくなるようにできる。 これらのポケモンは見つけやすくなるものの、は通常よりも低く設定される(詳しくは上述)。 ポケモン名の前のGはキョダイマックス(あるいは進化後にキョダイマックス可能な個体)も出現することがあることを示す(キョダイマックスでないポケモンもピックアップ扱いであることに注意)。 が通常より多く手に入る。 ・・などが手に入る。 2個とが手に入るミュウツーのレイドもある。 ・からはが手に入る。 ・からはが手に入る。 ・からはが手に入る。 ソード:ハイなすがた シールド:ローなすがた 期間限定シリアルコード「PUNKR0CK」でが3個もらえる。 まれにが手に入る。 期間限定シリアルコード「G1GAGRANF1NALE」でが10個もらえる。 期間限定シリアルコード「0T0SH1DAMA」でが10個もらえる。 イベントバトル ストーリー中、マックスレイドバトルの形を取るイベント戦闘がいくつか存在する。 これはワイルドエリアで行われる本来のマックスレイドバトルとは仕様が異なる部分がある。 タワートップ・(ムゲンダイマックスのすがた)戦• 主人公との手持ちポケモン、・を加えた4匹でムゲンダイナと戦う。 通常のマックスレイドバトルと異なり、ポケモンの入れ替えができる。 場に出しているポケモンがやられた場合、次のポケモンが出せる。 やられたポケモンはなどを使わないと復活しない。 ホップは主人公と同様にやられたら次のポケモンを出すが、ザシアンとザマゼンタはやられるとそのバトル中は復活しない。 ムゲンダイナは「ふしぎなバリア」を張らないが、ダメージカットはある。 こちらは誰もダイマックスできない。 各スタジアム・暴走したダイマックスポケモン・の戦• 、、では主人公、ホップ、および各ジムのの4人で戦う。 、、、ハニカーム島では主人公のみで戦う。 通常のマックスレイドバトルと異なり、ポケモンの入れ替えができる。 場に出しているポケモンがやられた場合、次のポケモンが出せる。 やられたポケモンはなどを使わないと復活しない。 他のNPCも主人公と同様にやられたら次のポケモンを出す。 ダイマックスは使用可能。 ただし主人公がダイマックスを使わずにダイマックスの権利が次のトレーナー NPC に移った場合、そのNPCがダイマックスを使う事がある。 「ふしぎなバリア」を使わず、ダメージカットも無い(十分に強い攻撃なら一撃で倒せる)。 撃破後の捕獲は無い。 ローカル通信で「みんなで挑戦! 」を選び、メンバーを募集している途中でのHOME画面に戻り、そこで時刻を変更すると時刻変更ペナルティが課されないばかりか自然経過の場合と同じように時間経過によるイベントの進行が為されるバグがある。 これをワットの無限回収やの高速消化などに利用可能。 によれば、マックスレイドバトルのアイディアは、によって解像度が上がり、画面内に複数のトレーナーを登場させられるようになったことから本格的な協力プレイとして考案された。

次の