出雲大社紫野教会。 全国の「出雲大社」分祠・分院など!出雲に行けなくてもお参り、お守り!

風水家相鬼門の凶相がすべて無くなる出雲屋敷地鎮祭

出雲大社紫野教会

現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。 本殿の後ろにある八雲山が約100mですから、山の頂上付近に千木(本殿屋根の先端にある交差した二本の木)が見えていたと想像すると、現代でも圧倒される高さです。 また平安時代の頃には約48mあったと伝えられ、平安時代中期の貴族の子弟の教科書『口遊(くちずさみ)』には、雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)という言葉が記されており、これは当時の建物の高さベスト3を表現していると言われています。 「雲太」とは出雲大社本殿、「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は京都御所の大極殿を示し、当時本殿が日本一の高さを誇っていた事が分かります。 この説は明治時代から様々な研究がなされ、当時の技術ではその高さの木材建築は不可能ではないかとも言われてきました。 しかし2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました。 出雲大社の主祭神である大国主大神は、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。 大きな袋と打出の小槌を持って米俵の上に立つ「だいこく様」の姿でもお馴染みです。 大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。 大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。 出雲大社には「大きなもの」がたくさんあります。 出雲大社御本殿は現在も神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約2倍の高さ、48mあったといわれています。 この巨大神殿は長い間伝説とされていましたが、2000年に出雲大社境内遺跡から当時のものとされる柱が発見され、神殿の存在を証明するものとして注目されました。 (実際に発掘された柱は、出雲大社宝物殿及び古代出雲歴史博物館でご覧いただけます。 ) 主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか?雄大な雰囲気の漂う出雲大社は、「大いなる国の王」の名を持ち、福徳の神でもある大国主大神のおおらかさを表現しているようです。 名称 出雲大社 住所 出雲市大社町杵築東195 問い合わせ電話番号 0853-53-3100 営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00 御守所 6:00~20:00 16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。 定休日 年中無休 駐車場 有り 385台 平均予算 お一人様 【料金】 宝物殿/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料 彰古館/大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円 土・日・祝日、大祭礼期間(5月14日~16日)、神在祭期間(旧暦10月11日~17日)、正月(概ね元日から5日)、大型連休期間(ゴールデンウィークほか)のみ開館 交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。 車で20分。 山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。 車で約30分 一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分 JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「正門前」または「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分.

次の

出雲大社教

出雲大社紫野教会

京都で風水・家相の相談を行っています 出雲大社紫野教会では、家相の鑑定、相談を受けております。 家相の相談に来られる理由をだいたいまとめてみますと、 (1)家を買おう、あるいは建てようとしたら、家相が悪いことに気がついた。 (2)家を建ててしまった、あるいは購入してしまった後に、家相が悪いことに気がついた。 (3)最近、何かうまくいかないことが多く、その原因が家相にあるのではないかと思えてきた。 (4)家に何か霊的な問題があるのではないか、と思えてきた。 というような相談をよく頂きます。 そもそも鬼門や家相、風水ってどういうものなのか、とお知りになりたい方は以下のページをご覧下さい 風水、家相の鑑定と相談 今のも昔のも含めて、相当な数の家相の本を読んで勉強してみましたが、流派、あるいは著者によって細かい話は違いがあります。 そのため、家相が悪いと思って自分で調べてみると、いろんな人がいろんなことを言っているので余計わからなくなってしまいます。 ただ、鬼門裏鬼門など共通するところはありますから、その基本に沿った鑑定を行います。 家相鑑定をする人の中には、生年月日から四柱推命や九星を組み合わせる人もいますが、それは行いません。 面白いのですけど、本当に影響あるかわかりませんし、また不安事を増やすだけになることが多いためです。 引っ越す方位(その年の吉方とか)は見てもいいのですが、夫婦で合わなかったりして、選べる物件が少なくなりますし、どちらかが凶だった場合、そこに引っ越した場合に夫婦が揉めそうとかいうのもあります。 この手のものはあまり増やさない方が無難です。 それらよりの大切な、土地の話は診ていきます。 土地の形状や全般的な土地の位置、それからその土地に昔は何があったのか、などです。 風水というのはどこに何色のものを置くとかいう話が多いですが、本来は土地のような大きな話が基本です。 これらのことから、家相を診ていきます。 出雲屋敷 出雲大社に古くから伝わる信仰に「出雲屋敷」というのがあります。 これは出雲大社からいただいた神土を敷地の四方と中央に埋め、神札を建物の四方と中央に貼り、さらに神棚をお祀りすることで、土地建物をいわば大国主大神さまの神屋敷となり、鬼門や家相の凶相を一切気にしなくてよくなるというものです。 こちらはこの出雲屋敷を薦める立場ではありますが、家相的にあまり問題ない家もありますので、そんな時は特には必要ないとお話しすることもあります。 本当に鬼門家相で困っている人、また風水で開運を願っている人には、出雲屋敷がよいと思います。 出雲屋敷についてもっと詳しくお知りになりたい方は以下のページをご覧下さい。 相談の依頼 なにはともあれ、相談しないと話が進みません。 お気軽に相談下さい。 相談の際、必要となるのは家の見取り図です。 不動産会社が作った図面があるのでしたら最適です。 もうすでに住んでいる家で図面がない場合は、おおまかに部屋の見取り図を書いたものをお持ち下さい。 出雲大社紫野教会は京都市内、北区にありますので、そこにお越し下さい。 遠隔地の方は郵便かメールでお送りいただいても構いません。 鑑定料は特に決めておりません。 自分で思った額を神さまへのお供えとしてお納め下さい。 (遠隔地の方には銀行口座をご連絡いたします) 金額に応じて、お札やお守りなどの授与品をお渡しいたします。 家相相談の申し込み 京都に来られる場合、神主不在の時もございますので、相談時間は前もってご予約下さい。 <お問い合わせの方法> ・電話 075-491-2943 不在の場合は携帯に転送となります ・パソコンから よりご連絡下さい。 ・スマートフォンから 上記お問い合わせページからか、 「LINE」 LINE で公式アカウントを設定しました。 こちらのボタンを押して、友達に追加したのち、ご連絡ください。 その他、お問い合わせ等ありましたら、お気軽にご連絡下さい。 京都市北区で大国主大神さまをお祀りし、ご参拝、ご祈願ができます。 また、お札お守りなどの授与を行っています。 気軽にお参り下さい。 相当な時間を掛けて作り上げました。 ぜひ一度お読みください。 〒603-8216 京都市北区紫野門前町44-43 TEL:075-491-2943 大徳寺前バス停より徒歩3分です 紫野教会• 宗祠出雲大社について• 神道について• 教会長の話•

次の

出雲大社教

出雲大社紫野教会

現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。 本殿の後ろにある八雲山が約100mですから、山の頂上付近に千木(本殿屋根の先端にある交差した二本の木)が見えていたと想像すると、現代でも圧倒される高さです。 また平安時代の頃には約48mあったと伝えられ、平安時代中期の貴族の子弟の教科書『口遊(くちずさみ)』には、雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)という言葉が記されており、これは当時の建物の高さベスト3を表現していると言われています。 「雲太」とは出雲大社本殿、「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は京都御所の大極殿を示し、当時本殿が日本一の高さを誇っていた事が分かります。 この説は明治時代から様々な研究がなされ、当時の技術ではその高さの木材建築は不可能ではないかとも言われてきました。 しかし2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました。 出雲大社の主祭神である大国主大神は、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。 大きな袋と打出の小槌を持って米俵の上に立つ「だいこく様」の姿でもお馴染みです。 大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。 大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。 出雲大社には「大きなもの」がたくさんあります。 出雲大社御本殿は現在も神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約2倍の高さ、48mあったといわれています。 この巨大神殿は長い間伝説とされていましたが、2000年に出雲大社境内遺跡から当時のものとされる柱が発見され、神殿の存在を証明するものとして注目されました。 (実際に発掘された柱は、出雲大社宝物殿及び古代出雲歴史博物館でご覧いただけます。 ) 主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか?雄大な雰囲気の漂う出雲大社は、「大いなる国の王」の名を持ち、福徳の神でもある大国主大神のおおらかさを表現しているようです。 名称 出雲大社 住所 出雲市大社町杵築東195 問い合わせ電話番号 0853-53-3100 営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00 御守所 6:00~20:00 16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。 定休日 年中無休 駐車場 有り 385台 平均予算 お一人様 【料金】 宝物殿/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料 彰古館/大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円 土・日・祝日、大祭礼期間(5月14日~16日)、神在祭期間(旧暦10月11日~17日)、正月(概ね元日から5日)、大型連休期間(ゴールデンウィークほか)のみ開館 交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。 車で20分。 山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。 車で約30分 一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分 JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「正門前」または「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分.

次の