インスタ ストーリー 足跡 並び順。 【インスタ公式見解】いいねに表示されるアカウントの順番は3つの要素

インスタ、DMやストーリー視聴者の緑の丸の意味は何?消し方は?

インスタ ストーリー 足跡 並び順

すっかり定着したInstagramストーリーズですが、まだまだ使いこなせていないという企業の担当者の方も多いのではないでしょうか? Instagramストーリーズは、ハイライト機能を使うとさらに活用の幅が広がります。 今回は、Instagramストーリーズとハイライト機能の特徴と、両機能をうまく活用している企業の事例を解説していきます。 勢いが止まらないInstagramストーリーズ• Instagramストーリーズ&ハイライトを活用している企業事例• まとめ 1. 勢いが止まらないInstagramストーリーズ Instagramストーリーズとは、フィード投稿とは別に、写真・動画の投稿やライブ配信ができる機能のことです。 投稿は通常24時間後、ライブ配信の場合は配信終了後に自動で消滅するのが大きな特徴です。 によると、Instagramストーリーズを使用する1日のユーザー数は2億人を超え、この機能の人気の高さが分かります。 また、Instagramストーリーズは通常投稿のフィードと同じく表示順にアルゴリズムが働いています。 ユーザーが普段からよく見ている、いいねやコメントなどのアクションをしているアカウントのストーリーは、ホーム画面上部のより左側に表示されるのです。 ユーザーの興味関心合った内容や、更新されるたびに見たくなる有益な情報などを投稿していけば、ストーリーへのエンゲージメントが増加し、上位表示、閲覧数のさらなる増加に繋がります。 投稿内容の検証や改善によって成果を高められるので、ぜひ注力していきたいところです。 ストーリーハイライトを使うと、活用の幅が広がる! さらにInstagramストーリーズにはハイライト機能があります。 ハイライトとは、残しておきたいストーリーを任意の組み合わせでプロフィールに保存できる機能です。 ユーザーは、ハイライトに保存されたストーリーをまとめてチェックすることも可能になっています。 ハイライトを使えば、企業としてまとまった情報を提供したり、商品ジャンルごとのハイライトを作ったりできます。 いろいろな活用方法ができるので、Instagram活用の幅がさらに広がることでしょう。 またストーリーは、1画像(動画)ごとにリンクをつけられるため、リンク先への誘導も簡単にできます(ただし、ストーリーへのリンク設置ができるのは公式アカウントや1万人以上のフォロワーがいるアカウントなど、制限があります)。 ユーザーにとっての利便性の向上やリンク設置による効果を得られるという点以外にも、ハイライトを活用するメリットがあります。 Instagramは、「アカウントの評価のために500以上のスコアを設定している」と発言しており、そのスコアの一部に「Instagramの複数の機能を活用できている」という要素も含まれているようです。 つまり、ストーリーやハイライト、その他の機能を含めてどんどん活用していくことが、Instagram内での高評価につながるといえます。 もちろん、「アルゴリズムから評価されるためにハイライトを使う」というのは本質的ではないのでおすすめしません。 しかし、ユーザーからのニーズがあるから機能として実装されているのは事実。 そういった機能を活用することがユーザーへの提供価値を高めることにつながり、ひいてはアカウントの評価に繋がるのです。 参考: Instagramストーリーズ&ハイライトを活用している企業事例 事例1:ロフト 文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなどを幅広く取り扱う生活雑貨の専門店「ロフト」。 ストーリーに登場する商品もバラエティに富んでいます。 ハイライトでは「Stationery」「Lifestyle」「Beauty」の3ジャンルの投稿をそれぞれまとめています。 このように、ジャンル別に商品紹介をまとめるのは、もっともスタンダードなハイライトの使い方といえるでしょう。 自分が欲しい情報・商品を見つけやすく、ユーザーにとっての利便性も高いです。 一つひとつの投稿は、動画と背景を組み合わせたクリエイティブが美しく、インスタ映えもばっちりです。 事例2:東急ハンズ 家電やインテリア、生活雑貨、キッチン用品からパーティグッズまで、多くの商品を取り扱う東急ハンズ。 ストーリーは純粋な商品紹介だけでなく、お客様が商品をどのように使っているかの紹介や、ユーザー参加型のキャンペーンに関する投稿など、バリエーションに富んでいます。 定番商品の活用事例をまとめた「CLIPBOOK」というハイライトでは、特定商品をさまざまに活用しているお客様の事例を紹介しています。 ライブ配信で紹介したアイテムをまとめた「LIVE配信紹介アイテム」では、配信中に気になったアイテムをあとから探せるようになっています。 その他「ヒントマガジン」というメディアのまとめや、商品を使ったコンテストの入賞作品のまとめなどにもハイライトを活用しています。 事例3:ソフトバンクセレクション スマートフォンアクセサリーのトータルブランドである「ソフトバンクセレクション」。 ハイライトを「実用的」に使っているのが特徴的です。 実用的な投稿とは、「渋谷」「六本木」など、店舗案内のストーリー。 世界観の統一が重要になるInstagramの通常投稿では、こういった実用的な投稿はしにくいものですが、プロフィールに残らないストーリーならできますね。 店舗紹介をハイライトとして残しておくことで、ユーザーの来店を促し、利便性を高めています。 また店舗紹介とは別に、「GLIDiC」では動画を使った商品紹介もしています。 ストーリーの縦型動画を活かした商品紹介です。 事例4:じゃらん 日本の旅先を紹介している「じゃらん」のアカウントです。 ストーリーでは特定のハッシュタグをつけて投稿されたユーザー投稿をリグラムのように紹介しており、UGCを活用した運用になっています。 ハイライトでは、ユーザー投稿を紹介したハイライトをテーマごとにまとめています。 ストーリーは本来24時間で消えてしまいますが、ハイライトにすることでUGCが長期的に利用可能です。 事例5:肌ラブ 美容情報Webサイト「肌らぶ」の公式Instagramアカウントです。 いくつかあるハイライトから2つご紹介します。 「LUNASOL」は、新作商品やシーズンの新作をまとめて閲覧できるハイライトです。 このストーリーやハイライト自体はPRではないと思われますが、通常投稿ではなくInstagramストーリーズを使ったPRを考える良い例になるでしょう。 そしてユーザーからの質問に回答する「Q&A」では、事前に「質問を受け付けるスタンプ」を使った投稿で質問を集め、それに回答したストーリーをまとめています。 一つひとつの質問に回答するだけではなくハイライトに残しておくことで、あとからユーザーが確認しやすくしています。 事例6:ラッシュジャパン 自然派のコスメやスキンケアアイテムを扱うブランド「ラッシュ」の公式アカウントです。 ラッシュは、ストーリー+ハイライトで「肌診断」ができるというユニークなコンテンツを作っています。 画面の指示に従って進むと肌診断(正確には肌色診断)ができるようになっており、新しいファンデーションのカラーバリエーションの中から、自分に最適なものがわかります。 画像の「アンダートーン」ではベースのカラータイプがわかり、さらにそれぞれのタイプ向けのストーリーをまとめたハイライトでは、そのタイプの中のどの色番が自分の肌色に近いかを診断できます。 事例7:キレイキレイ これは、日用品メーカーのライオンが展開するハンドソープブランド、「キレイキレイ」のアカウントです。 同アカウントには、「メイキング」や「#キレイキレイゲーム」などのハイライトがあります。 なかでもゲーム感覚で楽しめる「#キレイキレイゲーム」は、画面が遷移するInstagramストーリーズの仕組みを利用した、楽しいコンテンツになっています。 事例8:パナソニッククッキング 「パナソニック」の調理家電を使ったおすすめのレシピやキャンペーン情報を発信するアカウントです。 「ホームベーカリー」や「Creative!」などのハイライトがありますが、特に「土用の丑の日」というストーリーハイライトでは、ストーリーのアンケートボタンを活用し、画像は「うなぎ」と「ちくわ」のどちらかを当てる、クイズ形式の楽しい内容になっています。 事例9:ポカリスエット スポーツドリンク「ポカリスエット」のアカウント。 キャンペーンをストーリーでも投稿し、参加方法やアカウント情報、アクセスタグをなどを1画面で見やすく掲載しています。 「気を付けてお嬢さん 砂山で」などのように、何種類かの異なるタイトルとCM動画に、キャンペーンの解説を加えています。 事例10:cohina 155cm以下の小柄な女性向けのファッションアイテムを扱うECサイト「cohina」のInstagramアカウント。 ユーザーからのレビューやコメントを紹介している「レビュー集」では、Instagramの投稿をただ載せるだけではなく、加工やコメントなどで演出し、かわいくて楽しいストーリーに仕上げています。 小柄で服選びに苦労している人の共感を呼ぶようなレビューを多く紹介し、コメントをつけることで、ユーザーとコミュニケーションをとっています。 まとめ 国内のアクティブユーザー数が2,000万人を超え、40~50代の利用者も増加率が高くなっているなど、今や若い女性だけでなく、幅広い世代に人気が波及しているInstagram。 新しい表現方法でマーケティングを展開できるInstagramストーリーズ、そしてハイライトは、企業のInstagram活用の有用性をさらに高めてくれることでしょう。 本記事を参考に、ぜひ独自の活用方法を見つけてください。 合わせて読みたい記事.

次の

インスタグラムの「ハイライト」機能まとめ──追加方法やカバー、足跡の仕様などを解説

インスタ ストーリー 足跡 並び順

日々の生活する中で、 『インスタグラムの為に写真を撮る!』 という人が多くなっているようです。 そんなインスタグラムの機能に タイムラインよりも気楽にアップする 【インスタストーリー】があります。 インスタストーリーの足跡の順番はどうやって決まる? インスタストーリーの足跡。 誰が見たのか気になると思いますが 『名前の順番って何で決まってるの?』 って思ったことありませんか? インスタストーリーの足跡は 基本的には見た順番で表示されていきます。 でも、 さっき見た順番と違う?! なんて事もあると思います。 実は、インスタグラムのタイムラインも 今まではアップされた時間順でしたが 【関心順】に変更されました。 それで名前の表示順が変わっている事が あった訳なんですね。 インスタストーリーの関心とは? ところで、【関心順】って言っても 『関心って何??』って思いませんか? インスタグラムの関心とは、• 過去のハッシュタグの検索などから あなたが関心がありそうな人• 他のSNSでの繋がり などが影響しているようです。 さらに、 ハッシュタグ検索を行った その内容のタグ付けを沢山している人も 上位に表示されるようですよ。 インスタストーリーの足跡は検索しただけでもつくの? インスタグラムの機能のひとつに ユーザーを検索する機能もあり 特定のユーザーを見つけることが できますよね。 ハッシュタグから写真が検索でき 他のユーザーの写真の分類が 指定されるので便利ですよね。 インスタストーリーもハッシュタグをつけて 投稿できるようになりました。 もちろん、 インスタストーリーに関しても ハッシュタグ検索する事ができます。 では、 『検索しただけでも足跡はつくのか?』 と疑問に思う人もいらっしゃいますよね? 実は、検索したことによって 足跡が残ったり、相手にわかるような 表示はありません。 ハッシュタグ検索をしても同じです。 ただし、検索結果から表示された インスタストーリーを見たら 足跡は残りますのでご注意を! ハッシュタグ検索などの 検索履歴も 自分しか解りませんのでご安心を。 また、検索履歴はプロフィールの 設定内にある【検索履歴を削除】から 消す事も可能です。 インスタストーリーは鍵アカウントでも足跡が付くの? インスタグラムの機能のひとつに フォローされている人以外が閲覧できない 【非公開アカウント・鍵付き設定】する事が できますよね。 その 鍵付きのアカウントの人が インスタストーリーを見たときは 足跡は残るんでしょうか?? 実は、鍵付きアカウントの人が見た場合 足跡も残らないようなイメージがありますが しっかりと足跡は残るようです。 私自身も鍵付きアカウントですが 友人のインスタストーリーを拝見したら しっかりと足跡が残っていたそうです。 アカウントを持っている人全員、 他ユーザーの インスタストーリーを見れば 足跡は残るという事になりますね。 まとめ いかがでしたか? この記事では・・・• インスタストーリーの足跡は 時間順から関心順に変わる• 足跡は検索だけでは付かない• 鍵付きアカウントでも足跡は付く という内容をご紹介しました。 インスタストーリーは、気軽にアップでき 24時間で自動的に削除される機能が ついています。 ハッシュタグで検索したり 特定のユーザーを 検索するだけでは 足跡は付きません。 もっと詳しく 足跡を消す方法や 足跡を付けずに見れるアプリを こちらの記事でご紹介しています。 参考になれば幸いです。

次の

Instagramのストーリーの並び順ってなんの順ですか?全て見終わった状

インスタ ストーリー 足跡 並び順

インスタ「ストーリー」足跡・閲覧履歴とは? インスタのストーリーには、投稿したストーリーを誰が見たのかと言う閲覧履歴、所謂「足跡」機能があります。 インスタのストーリー(普通の投稿)の足跡を確認してみるといつも同じユーザーが表示されているのを見て「どうしてだろう」と疑問に思ったことがあるはずです。 「見た順番ではないの?」「同じ人が見続けているの?」 その疑問を解決していきます! インスタのストーリーの足跡の仕組みや確認方法などについては、上記の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。 インスタのストーリーの足跡表示は「閲覧順」ではない インスタのストーリーの足跡表示は閲覧順ではありません。 2016年まではインスタのストーリーも投稿も「新しく閲覧した人」から上に表示されていたのですが、アップデートによって順番が変わってしまいました。 そのため、すぐにストーリーになんらかの反応を見せてくれたユーザーが未だに足跡の一番上にいるような現象が起きています(後で説明しますがこれは仕様です)。 インスタストーリーの順番は「関心度」が関係している 「インスタのストーリーの足跡はどういう順番なの?」「何でこの人がいつも一番上なの?」という疑問について詳しく解説していきます。 まずストーリーの足跡の順番ですが、前は閲覧した順番で足跡が付いていましたが、 今は自分への関心順で表示されています。 今まで時系列順で表示でしたが表示方法が関心の高い順に変更になりました。 インスタのストーリーの足跡を確認してみると、確かによくあなたとインスタ上で関わってくれる人が上位に表示されていますよね。 たくさん関われば関わるほど関心度が高く、逆にただフォローしているだけの人は関心度が低いことがわかります。 この関心度を数値化して確認することはできないのですが、インスタ内部で数値化されている可能性が高いです。 インスタにおける「関心度」について 「関心って何?」と思われる方も多いと思いますが、 自分に関心を持っているということです。 逆に自分が他人の投稿を見る場合は自分が関心を持っているという投稿が上に表示されます。 他のユーザーがあなたとインスタ内でどのように関わっているかで関心度が変わるのですが、参考となる基準は以下の通りです。 インスタの関心度の基準• インスタストーリーをよく閲覧してくれる• インスタの投稿をよく閲覧してくれる• コメント・DM等でコミュニケーションを取ったことがある• いいねをよくしている• Facebookアカウントとも連携している 例えば、 あなたとインスタ内で仲良しの友達はコメントでのやり取りがあるわけなので、自然と関心度が高いと認識されています。 いいねをしてくれるだけでまだあまり関わったことのないユーザーも、 いいねをしている分関心度は高くなるでしょう。 反対に、あまり関わったことのない人や、あなたからはグイグイ関りに行くけど相手からはそうでもない場合は、関心度はそこまで大きくならず、インスタストーリーの足跡に関しても下のほうに表示されます。 もちろん閲覧した順番も考慮されて表示されていますが、そこまで優先度は高くはありません。 したがって、よく特定の人を見ていたり、投稿されたらすぐストーリーを見ている、いつもいいね!しているなどの関係で足跡の順番が決まっています。 足跡をよく調べてみると、「毎日自分と関わっている人が上位に表示されている」という場合がほとんどではないでしょうか! インスタの「投稿の足跡」に関しても関心度が関係している インスタのストーリーだけでなく 投稿も関心の高い順になっています。 現に9時間前の投稿より11時間前の投稿の方が上に表示されています。 例えを出すなら、よく関わっているAさんの投稿が11時間前、あまり関わっていないBさんの投稿が9時間前だったとしても、Aさんの投稿が優先される場合が多いです。 もちろん投稿時間を無視してる訳ではないですが、投稿時間と関心をどちらも考慮した上での表示となっています。 また、注目すべき関心度の判断基準に関しては、インスタのストーリー足跡と同じです。 あなたがよく関わっているユーザーやいいねをくれるユーザーが上に表示される仕組みになっています。 足跡の順番が大きく変わる場合 足跡の順番が大きく変わる事が稀にあります。 特に、 今まで上位にいた人が、急に順位を下げる事が多いです。 この時、相手は自分に関心が薄くなったのか、もうあまり見てくれていないんじゃないかと懸念する人もいるでしょう。 しかし、 必ずしも興味が薄れたとは言えないので、心配をする必要はありません。 後述しますが、この 足跡の順番について、アルゴリズムは解明されていない為、必ずしも関心度のみで順位付けしているとは限りません。 他にも要因がある可能性もあるので、順番が大きく変わっても、気にしすぎる必要は無いので、ご安心ください。 インスタ公式が「関心度が関係ある」と発表しているわけではない インスタのストーリーの足跡は関心度が関係していると結論づけていましたが、 実は「インスタ公式」はこの足跡の表示に関して特に何も言及していません。 ユーザーの体感で「仲良しの人やよく投稿などに反応をくれる人が表示されている」という結論なので、本当に関心度によるものなのかどうかはインスタしかわかりません。 ただし、ほぼ全てのインスタユーザーがインスタの足跡に仲良しの人が上に表示されているという印象を持っているので、「インスタ内で関わったか関わっていないか」をインスタ側が把握しているのは間違いないでしょう。 そのため、インスタが発表してはいないもののほぼ関心度や仲良し度が関係していると考えて構いません。 アップデートで閲覧順に戻ったこともある インスタは、サイレントで細かいアップデートをしています。 その アップデートによって、知らない間にストーリーの足跡が閲覧順に戻っていたこともあったりします。 上記の通り、足跡順の理由が公表されていないので、「今が何順なのか?」が正確には分からないタイミングもあるので気を付けて下さい。 インスタのストーリーの足跡が、閲覧順に変わっていたことについては、上記の記事で詳しく解説しています。 フォロー外でも足跡はつく インスタのストーリーにつく足跡は、フォロー・フォロワー関係なくつきます。 フォロー外の人が見ていると、 順位は一番下につくことがほとんどですが、何度もストーリーを見続けていると、上位に上がってくることもあります。 鍵付きのアカウントを利用している場合は、フォロー外からストーリーや投稿を見れないので心配いりませんが、フォロー外から誰かストーリーを見ているか気になる方は、足跡を一番下まで確認してみましょう。 新規の場合は閲覧順 自分が新しくアカウントを作成した、新しく絡んでもいないフォロワーが増えたという場合は、 関心度の次に閲覧順となります。 インスタ上で、 自分と全く関りの無い人は全て閲覧順で表示されるようです。 ですので、新規アカウントの場合は全ての足跡が閲覧順、既存アカウントでも、足跡下位の方は閲覧順となっている可能性が高くなります。 足跡の順番を変える・非表示にする方法は無い 今の所、 足跡の順番を変えたり、非表示にしたりする方法は有りません。 ただし、インスタではいいね数を非表示にするなど、ネット上でのいじめやストレスに繋がる機能を無くしていく方向性にあります。 もしかすると、その内に足跡を非表示に出来るようになるかもしれません。 ストーリーのハイライトの足跡は、アップデートによって消える仕様に変わったこともあります。 それについての、詳細は上の記事で詳しく解説しています。 足跡を付けずにストーリーを見る方法は有る 足跡を消したり順番を変えたりする方法は有りませんが、足跡を付けずにストーリーを見る方法は有ります。 足跡だけを見て、「見られてマズい人は来ていない」と油断しないようにして下さい。 ストーリーを足跡を付けずに見る方法は、下記の記事で詳しく解説しています。 特定の人にストーリーを表示させなくする方法 ストーリーの閲覧履歴をタップします。 ストーリーを表示させたくない人の「:」を開きます。 「ストーリーを表示させない」をタップすると、その人にストーリーが表示されなくなります。 あくまでも個人相手の非表示で、全体非表示になる訳ではありません。 編集後記 今回はインスタの「ストーリー」足跡の順番について詳しく解説させていただきました。 インスタのストーリーの足跡は自分に関心のある順番で表示されています。 といっても多少誤差はあるかもしれません。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位 ふわっちLIVE ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第3位 ライノミ ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ。 アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。 配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。 勿論、 多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。 ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。 初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。 配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。 専門担当者が配信のサポートもしてくれます。 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ• ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる• 隙間時間にスマホ1つで配信できる• 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる• 有名になれる可能性が用意されている• 行きたかった店の雰囲気が分かる• 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける 第4位 LIVE812 Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。 アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。 配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、 配信していない間にも利益が発生することもあります。 ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。 「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。 歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。 勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。 Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります。 ライブコマース機能が特徴的• 配信以外でも稼ぐ手段がある• 新しいサービスなのでチャンスがある• 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある• 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる 第5位 tiktok TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。 動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。 3タップで完了します。 基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。 アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。 『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。 視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます。 また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、 動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。 TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

次の