薄力粉 小麦粉 違い。 薄力粉と小麦粉の違いって?代用できる?お菓子やクッキーを作るときは?

【違い】小麦粉の種類「強力粉」「中力粉」「薄力粉」

薄力粉 小麦粉 違い

クッキーを手作りしようとして 材料をスーパーに買い出しに行った時に こんな疑問を抱く方も少なくないようです。 「小麦粉と薄力粉があったのですが、 これってどちらも同じものなのでしょうか? 何か違いがあるのでしょうか?」 ということで、小麦粉と薄力粉の違いについて イマイチよく分からないで 困ってしまうようなんです。 そこで、今回は小麦粉と薄力粉の違いなどについて ご紹介していきたいと思います。 小麦粉と薄力粉の違いとは?同じもの? 小麦粉と薄力粉の違いとは一体何なのでしょうか? まず結論からいってしまうと 小麦粉と薄力粉は同じものではないということなんですが、 それは誰でもなんとなく分かっていますよね。 では、具体的にどのような点が違っているのかというと 粉の中に含まれているグルテンという成分の 量に違いがあるということになります。 そもそも小麦粉には三種類ほどあるのですが、• 薄力粉• 中力粉• 強力粉 薄力粉はグルテンの量が最も少なく、 中力粉は薄力粉と強力粉の中間で 強力粉は最もグルテンが多く含まれているものになります。 では、グルテンというのはどのような成分なのかというと 水分と結合すると粘りや弾性を持つ成分となります。 クッキー作りに適しているのは薄力粉!でも小麦粉で代用も可 さて、ここまでは小麦粉と薄力粉の違いについて ご紹介してきましたが、 クッキー作りに適しているのは薄力粉となります。 先程もご説明したとおり、 薄力粉・中力粉・強力粉の違いはグルテンが 含まれている量なのですが、 クッキーはサクサクホロホロとした 食感に仕上げた方がおいしいので 粘りや弾性が強く出過ぎてしまう 強力粉や中力粉を使用してしまうと 堅くなりすぎてしまうというわけなんですね。 ですが、必ずしも薄力粉でなければクッキーが 作れないのかといえばそうではなく 中力粉や強力粉を使ったとしても 堅くならないように仕上げるようにすれば ほどよい食感にすることもできるので、 家に薄力粉がないという場合は 代用して作っても良いかと思います。 ちなみに薄力粉はお菓子作りに使用される粉ですので、 お菓子のレシピに小麦粉と書かれていた場合は 「薄力粉」であるというふうに理解すれば問題ありません。 また、中力粉はうどんの麺や餃子の皮に使われる事が多く、 強力粉はパンやパスタを作るのに使われることが多いです^^ まとめ 今回は小麦粉と薄力粉の違いや クッキー作りに最適な小麦粉はどれなのか ということなどについてご紹介しました。 小麦粉と一口にいっても実は 薄力粉・中力粉・強力粉とあるなんて 知らなかったという方も多いかもしれませんが、 どんなものを作りたいのかによって 適している小麦粉は違ってくるということを 覚えておくようにすると良いかと思います。 また、クッキー作りは強力粉などで代用する 作り方もありますが、 まだクッキー作りに慣れていないうちは 薄力粉を使用してレシピ通り作ってみて うまく作れるようになったら 代用して作ってみるというふうにした方が 失敗する確率を減らすことができますよ^^.

次の

「薄力粉」「小麦粉」「片栗粉」の違い

薄力粉 小麦粉 違い

市販されている4種類の小麦粉 日本国内では、4種類に分類されます。 薄力粉:約6. 5~8. 中力粉:約8. 0~10. 準強力粉:約10. 5~12. 強力粉:約11. 5~14. 5% しかし、4分類がすべてではありません。 たとえば、パン、菓子、麺では異なる小麦粉が用いられますし、パン専用の小麦粉の中にも「食パン用」「フランスパン用」などのように分けられます。 また、同じ食パン用であっても「ボリュームがでやすいタイプ」「クラスト(外皮)がパリパリになりやすいタイプ」など、ニーズに合わせた様々な小麦粉が存在します。 基本的に、小麦粉のタンパク質含有量は品種による違いです。 しかし、同じ品種であっても産地や栽培方法による違いが生じます。 小麦粉には、1品種のみが原料とされることもあれば、複数の品種をブレンドされることもあります。 分類だけでは、分からないことが多いのです。 小麦粉4種類の使い分け方法 小麦粉は、種類によって使い分けられます。 薄力粉は「菓子や料理など」、中力粉は「麺や菓子など」、準強力粉は「パンや麺など」、強力粉は「パンなど」のように用途の違いで分けられるのです。 薄力粉:菓子や料理など• 中力粉:麺や菓子など• 準強力粉:パンや麺など• 強力粉:パンなど しかし、上記はあくまでも簡易的な分類です。 薄力粉の中には複数の異なる特徴を持つ薄力粉がありますし、中力粉、準強力粉、強力粉であっても複雑に細分化されています。 4種類の小麦粉は、大まかな分類であるということになります。 分類の不確実性と等級 小麦粉の4分類は、タンパク質含有量によるものです。 小麦粉にはタンパク質含有量のほか、「灰分(リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄など)による分類」があります。 等級と呼ばれる分類法です。 灰分含有量が低い(外皮や胚芽の混入の少ない)ものから、特等粉、1等粉、2等粉、3等粉、末粉のように分類されています。 特等粉(0. 3~0. 1等粉(0. 35~0. 2等粉(0. 45~0. 3等粉(0. 7~1. 0%):グルテン(もしくは澱粉)など• 末粉(1. 2~2. 市販品の多くは2等粉までであり、3等粉以下は加工原料や飼料として用いられています。 また、日本ではタンパク質含有量による分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)が用いられていますが、フランスでは灰分含有量による分類が用いられています。 まとめ 小麦粉の違いは、タンパク質含有量の違いです。 しかし、基本の4分類(薄力粉、中力粉、準強力粉、強力粉)以外にも複雑に分類されていますので、一概に「薄力粉なら同じ」とは言えません。 家庭向けに、簡易的な「4分類にされている」ということになります。

次の

「薄力粉」と「強力粉」の違いとは?特徴や使い分けを解説!

薄力粉 小麦粉 違い

米粉とは? お米は日本人にとってはなじみ深いものです。 そんなお米を粉末状にしたのが米粉ですが、米粉にはどのような特徴があるのでしょうか。 原料 米粉とひとくちに言っても実は様々な種類があります。 まず大きなものは原料の違い。 お米には、通常のご飯に使われる「うるち米」と、おもちの原料になる「もち米」がありますが、米粉にもこのふたつの種類があります。 また、「米粉」というと、非常に新しい素材のように思われがちですが、実は米粉は私たちの食文化に根差した存在です。 「うるち米」が原料の米粉は「上新粉」、「もち米」が原料の米粉は「白玉粉」と呼ばれ、これまでも和菓子の分野でも使われてきた素材です。 小麦粉よりも片栗粉に近い性質 米粉のパンに使われる米粉は、上新粉や白玉粉とは実は少しだけ異なった製法が用いられています。 というのも上新粉や白玉粉をそのままパンなどに使った場合、生地がべたついたりふくらみが足りないなどの問題があり、パンには不向きとされていました。 それを解決したのが製粉技術の向上です。 従来の米粉よりも、さらに細かくお米を粉砕することで、パンのようにふっくらと焼き上げることが可能になりました。 そのため、米粉は小麦粉よりも片栗粉に近い性質を持っているといわれることもあります。 小麦アレルギーでも食べられる 米粉の大きなメリットは、「小麦アレルギーの人でも食べられる」という点です。 小麦アレルギーは、小麦に対するアレルギーで、小麦を食べると湿疹や呼吸困難などを発症、最悪の場合、命にもかかわることがあります。 この小麦アレルギーは乳幼児の三大アレルギー要因と言われ、非常に注意することが必要ですが、米粉を使ったパンの場合であれば、小麦アレルギーの症状があってもパンを口にすることができます。 小麦粉とは? パンの材料である小麦粉には、実は様々な種類があります。 強力粉・中力粉・薄力粉 小麦粉は小麦を挽いて粉にしたものですが、その種類には強力粉、中力粉、薄力粉などがあります。 ではこれらはどのように異なるのでしょうか。 この粉の種類の違いは、グルテンの量にあります。 グルテンは水を加えて練ったときに生まれる弾力性や粘りのもととなるたんぱく質で、このグルテンが豊富に含まれているものが強力粉、少ないものが薄力粉と、その中間のものが中力粉と呼ばれます。 なお、グルテンが多い強力粉のほうが粘りや弾力が生まれるため、パン作りには向いています。 米粉より安価 小麦をパンに使用するときのメリットは様々ですが、もっとも大きいのは価格や安いということ。 一般的な米粉の場合、小麦粉と比べると約五倍以上の価格だと言われています。 これは小麦のほうが大量生産に向いていることや、加工が簡単なことが理由とされています。 また、小麦粉は米粉に比べると一般的なスーパーなどでも手に入りやすいというメリットもあります。 米粉と小麦粉の違い 米粉と小麦粉の最大の違いは原料ですが、実はそれ以外にもこのふたつには大きな違いがあります。 グルテンの違い 米粉と小麦粉の大きな違いは「グルテン」です。 グルテンとは、すでに説明したように、パン生地の弾力や粘りのもととなるもの。 小麦粉の中には、グルテニンとグリアジンと呼ばれるたんぱく質が含まれていますが、これらに水が加わることで立体的な構造に変化します。 さらにパン生地の中ではイースト菌などの酵母が発酵した際に生まれる炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスをグルテンの膜がパン生地の中に閉じ込めます。 これがパンを焼き上げたとき、ふっくらふくらむ理由。 一方、米粉の場合、グルテニンもグリアジンも含まれていません。 そのため、水を加えてこねてもグルテンは発生せず、もし酵母を加えて発酵させても、炭酸ガスはすぐに外に出ていってしまいます。 それを解決したのが「増粘多糖類」というもの。 増粘多糖類はパン生地の粘りをアップさせるため、生地の中で発生した炭酸ガスを閉じ込めて、ふっくらとしたパンを焼き上げることにつながります。 発酵時間 米粉と小麦粉の大きな違いはグルテン。 それは発酵の時間にも関わります。 一般的な米粉パンの場合、小麦粉のパンと比べると発酵時間は短め。 というのも、米粉にはグルテンの膜が生成されないため、長時間の発行を行うとガスが外に逃げてしまいます。 それに対して、小麦粉はグルテンを豊富に含んでいます。 そのため、一次発酵を行い、ガスを抜いて酵母を空気に触れさせてさらに二次発酵を促進させるといった製法が可能になります。 ダイエット 体型に気を付けている人の場合、米粉と小麦粉のダイエットへの影響も気になるところ。 では、米粉と小麦粉では、どのようにダイエット効果が異なるのでしょうか。 米粉の特徴として挙げられるのが腹持ちの良さ。 特に米粉の場合には、日本人の体質と合っていることや、小麦粉に比べると、ビタミンなどの様々な栄養素が含まれているというメリットがあります。 一方、小麦粉の場合、食べ過ぎると食欲を刺激するともいわれていますが、米粉に比べるとたんぱく質を豊富に含んでいるというメリットがあります。 また、米粉の場合、小麦粉に比べて油の吸収率が低いというのも逃せない点です。 米粉の使い方 パン以外にも様々な使い方ができる米粉。 では米粉を上手に使うポイントとはどのようなものなのでしょうか。 米粉を使う時の心得 米粉は水などに溶いても小麦粉のようにダマになりにくいという特徴があります。 また、水にとろみをつける作用もあるため、片栗粉のようにあんやスープにとろみをつける場合にも役立ちます。 また、米粉は乾燥しているときでも固まりにくいため、お菓子作りのような場合でも粉を振るう必要がありません。 味にもクセもないため、まずはこれまで小麦粉を使っていたものを少しずつ米粉に変えてみるという使い方がおすすめです。 米粉を使う時の注意点 米粉を使うときには、小麦粉に比べると少し少な目に使用するというのがポイントです。 米粉は小麦粉よりも水を吸いやすいといった特徴があるため、揚げ物の衣に使う場合、小麦粉と同じように使用すると衣が固くなってしまいます。 また、米粉はメーカーによって性質や特徴が若干異なることがあります。 品質のばらつきなどもあるため、レシピ通りに作るだけでなく、自分で量や時間などを微調整することも必要です。 米粉を使ったレシピ 米粉を料理に加えるときには、まずホワイトソースがおすすめです。 米粉のホワイトソースは小麦粉よりもさっぱりとした味わいで、色も白く仕上がります。 また、小麦粉よりもダマができにくいため、作業も簡単。 米粉のホワイトソースを作るときは、通常の小麦粉を米粉に置き換えるだけ。 まず米粉を毎日の食事に加えてみたいときにはおすすめです。 また、天ぷらの衣などに米粉を使用する方法もよいでしょう。 米粉は小麦粉に比べて油の吸収が少ないため、からっとした食感の天ぷらになります。 ただし、衣は薄めにすることを心がけましょう。 まとめ 米粉はパンだけでなく毎日の食事に取り入れやすい食材です。 グルテンが含まれていないなど、身体への効果が高いことも大きなメリット。 ダイエットや健康に気を付けているという方は、ぜひ生活に米粉を取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の