はっぱ を かける 類語。 「発破をかける」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「ハッパをかける」って漢字で書くと? 間違えると赤面しちゃう!

はっぱ を かける 類語

どういう慣用句か 発破をかける(はっぱをかける)の意味は 力強い言葉、激しい言葉で 相手の気合を入れたり、行動を後押しをすることです。 力強い言葉、激しい言葉なので 「いや、君が頑張っているのはよく分かるよ、 でも、あの、ここをもうちょっとこうしてくれたら もっといいんだけどなあ」 なんて、やさしい言い方ではありません。 「コラ! しっかりせんかい! 気合入れろ!」 みたいな激しい言葉、 もしくは 「おいおい、そんな仕事ぶりで 大丈夫と思っているのかい、 おめでたいヤツだなあ、え?」 といった、相手を挑発するような言い方の 場合に「発破をかける」という意味になります。 発破とは何か 発破とは爆薬などを仕掛けて 岩や建物などを爆破すること。 もしくはそれに使う爆薬そのものです。 トンネル工事やビルの解体で 「ドゴーン」とやるものですね、 実際に見る機会はまずないですが 映画やテレビでは一度は見たことあるでしょう。 「はっぱをかける」は漢字で書くと 「発破を掛ける」、 つまり爆薬を仕掛けるといった意味になります。 ハッパと聞いて、普通思い浮かべるのは 「葉っぱ」ですが、これは間違いで 木の葉などを相手に振りかけても しょうがないです。 まあ、慣用句ってものは ような 実に回りくどい由来があったりするので 「どうせ葉っぱを掛けることが 気合を入れる意味になる由来が何かあるんでしょ? 中国の故事でそんな逸話があったとか」 などと深読みしてしまいそうですが そんなものはありません。 そもそも発破を掛けること自体が 爆薬を使うことなので 少なくとも爆薬が発明されて以降の慣用句だと思います。 また、「はっぱかける」と 「を」を飛ばして言う人も多いですが 正しくは「はっぱをかける」です。 スポンサーリンク 類語はあるのか 「発破をかける」は 独得の意味合いの慣用句なので 類語があるようで、なかなかありません。 良く使われて近そうなのが 「背中を押す」ですが これは勇気づけて行動を促すということなので ちょっと違います。 「激励する」も同様で こちらは励ます意味があるので少し違いがあります。 「尻を叩く」はかなり近そうですが こちらはやる気がない人を しぶしぶと行動させるニュアンスなので 「発破を掛ける」のような激しいものとは これまたちょっと違いそうです。 間違えやすいのが 「激を飛ばす」で、 これは発破を掛けると同じ使い方を されることがありますが、実は間違い、 「激を飛ばす」は自分の考えを人々に伝える、 といった慣用句なので、別の意味なのです。 これについては、 こちらで詳しく書いてますので、よろしければ、ごらんください。 近い意味のものはこれらですが 類語というには少々意味が離れている感じがしますね。 使い方の注意点 この発破をかけるという慣用句、 他に同じ意味の言葉がないためか 割とよく聞くことはありますが、注意すべき点は 自分のイライラを相手にぶつけているだけなのに 「あいつのために発破をかけるんだ!」 なんて都合よく使わない。 ということですね。 そもそも発破とは、トンネルを掘ったり ビルを解体する目的でやるものです。 爆発させて何かを破壊すること自体を楽しんで ストレス解消するためのものではありません。 なので、単に怒鳴り散らして 自分の怒りを誰かにぶつけることは 「はっぱをかける」とはいいません。 そんなことをしているのは単なるダメ上司。 ビルの解体も、安全に配慮して 爆薬の位置と量を慎重に配置する職人芸です。 同様に、慣用句での発破をかけるというのも、 かなりの高等技術といえます。 一流の監督や、名教師は あえて相手に激しい言葉を浴びせたり 挑発して行動をうながすことができますが それを見よう見まねで誰かに怒鳴り散らして満足、 なんてことはせずに その結果、言われた生徒や部下が 良い方向に向かっているか、 しっかり見守っていくことが大事でしょう。

次の

「はっぱをかける」ってどんな意味?使い方や語源も詳しく解説!

はっぱ を かける 類語

「激励」の使い方と例文 「激励の言葉」は相手を励ますときに使う言葉 「激励の言葉」は、 相手を励ますときに使う言葉の事を言います。 例えば、 ・頑張っているへの応援 ・送別会での応援 ・元気のない人を元気づけたい ・新入社員への応援 というような場面で「頑張ろう」と思ってもらえるような「激励の言葉」伝えます。 これからも自分の夢に向かって頑張ってください」 「新天地でも健康に留意し、ここで学んできたことを活かして良い仕事をしてください」 「何の力にもなれないかもしれませんが、陰ながらいつも応援しています」 「入社おめでとうございます。 皆さんの力が発揮できるよう全力でサポートしていきますので、安心して色々なことに挑戦していってください」 「激励の意を込めて」は「励ましの気持ち」や「期待する気持ち」を込めて 「激励の意を込めて」は 「励ましの気持ち」や「期待する気持ち」を込めてという意味合いで使用される言い回しです。 「意」が「気持ち」を意味しているため「意を込めて」で「気持ちを込めて」というニュアンスになります。 「激励の意を込めて」のあとに 動詞を続けて、その行動に対して励ましの気持ちを込めますという意味を伝えることができます。 例文 「退職してしまう後輩に激励の意を込めて手紙を贈った」 「試合を明日に控えた息子に激励の意を込めてお守りをプレゼントした」 「さらなる活躍を記念し激励の意を込めエールを送りたいと思います」 「激励される」は「励まされる」 「激励される」は「 励まされる」「 元気づけられる」といった意味で、自分が相手に激励の言葉をもらった場合などに使用されます。 主に、激励の言葉をもらってお礼の気持ちを伝える場面で使用されます。 例文 「仕事に対するモチベーションが下がっていたところ、家族に激励される」 「思いがけず、ラジオで読まれたメッセージに激励された」 「試合前、緊張していたところをベンチにる後輩たちから激励される」 「激励言葉をいただく」「激励を賜り」は目上の人に励ましてもらったときに使用する 「激励の言葉をいただく」「激励を賜り」は、 目上の人に励ましてもたったときに使用する言葉です。 この場合の「いただく」と「たまわる」は 「もらう」の謙譲語として使用されています。 励ましてくれた目上の方にたいして 敬意を示した表現になります。 しかし、目上の人を「激励」する場合にはいくつか注意しなければならないことがあります。 「頑張って」「期待しています」は上から目線になってしまう 激励の言葉である「頑張ってください」や「期待しています」という言葉は上から目線になってしまうため、目上の人には使用すること避けるべきです。 「頑張って」や「期待しています」は、 相手に命令したり指示している印象を与えてしまいます。 したがって、年上の方でも親しい友人であるなど、親しい間柄であればかしこまる必要がない場合もあちますが、上司や取引先相手に方に激励の言葉をかける場合は失礼だと思われてしまう可能性があるため注意しましょう。 「ご苦労さまです」も避けるべき 頑張っている人へ、激励の意味で「ご苦労さまです」と声をかける場合がありますが、相手が目上の 人である場合は避けるべきとされています。 「ご苦労」という言葉は元々、お殿様が家臣に使用していていたことが由来で使用されるよになった言葉であるため、「ご苦労様」という言葉に、 他人の苦労を高みから見物しているという印象をもっている人もいるためです。 このことから、「ご苦労さま」という言葉は、 目上の人が目下の人に対して使用するのが一般的となっているため、目上の人に「ご苦労さまです」と声をかけるのであれば「 お疲れ様です」という言葉に言い換えることが無難と言えます。 「応援しています」「ご検討を祈ります」など控えめな言葉で では、目上の人を激励したい場合、どんな言葉をかけるのがふさわしいと言えるのでしょうか。 目上の人に激励の言葉をかける場合は、 ・応援しています ・ご検討をお祈りいたします ・これからもどうぞご活躍ください ・陰ながらお祈りしております など、控えめなフレーズを使用することが好ましいです。 「頑張る」という言葉には、「奮闘する」「苦闘する」というニュアンスがあるため、「頑張ってください」と伝えるよりも、「応援しています」や「検討を祈ります」という言葉で伝えたほうが相手にプレッシャーをかけることなく励ましたり、背中を押すことができます。 「叱咤激励」は「 大声でしかるように励まし、気持ちを奮い立てること」です。 「叱咤」は「怒気をあらわして大声でしかること」、「激励」は「はげまし気を引き立たせること」を意味していて、 激しい言葉や大きな声で励ますこと・しかりつけるようにして励ますことを表します。 声や言い方はきつくても、相手を思ってのことなので結果として励ましていることを「叱咤激励」と言います。 「叱る」というマイナスな言葉も、「叱咤激励」とすることによってプラスな意味合いとなります。 例文 「落ち込んでいる仲間を叱咤激励する」 「彼女はいつも優しく指導しているが、時には叱咤激励することが必要だと思う」 「叱咤激励することによって社内の士気が上がって、成績を伸ばすことができた」 「何度も諦めかけそうになったが、友人が叱咤激励してくれたおかげで最後までやり遂げることができた」 鼓舞激励 「鼓舞激励」は「 こぶげきれい」と読みます。 「鼓舞激励」の意味は「 多いに励まし奮い立たせること」です。 他者を、励まし元気づけることを「鼓舞激励」といいます。 「鼓舞」という言葉は、鼓つづみを打って舞う様子を表現している熟語で、昔は洗浄は舞台などで太鼓の音を鳴らすことで、人々の戦う意志を高めていたというころから、次第に「 励ます・奮い立たせる」というようなニュアンスで使用されるようになりました。 例文 「コーチは試合前、必ずチームのメンバーを鼓舞激励してくれた」 「試験当日、緊張する妹に思わず鼓舞激励の言葉をかけた」 「社長は売上がいまいち上がらない店舗に出向いてはスタッフに鼓舞激励を与えた」 「全力を尽くすことができたのも鼓舞激励していただいたおかげです」 「激励」の類語・言い換え 励ます 「励ます」は、「 はげます」と読みます。 「励ます」の意味は「 元気や勇気を出すように激励すること」で、他者の精神的あるいは心理的な支援、援助、背中を押すことを「励ます」といいます。 例文 ・失恋をして落ち込んでいる友達を食事に誘い、仲のいい友人達で励ました。 ・彼は、励ますように彼女の背中を叩いた。 ・何度も挫けそうになる私をいつでも励ましてくれたのは両親でした。 エールを送る 「エール」とは英単語の「 yell」のことです。 「yell」は「声援」「励まし」という意味のある単語であるため、「エールを送る」は「 励ましの言葉を送る」「 」という意味になります。 つまり、 他人に対して声援を送ることを「エールを送る」といいます。 例文 ・今日試験のある人達にクラスメイト全員からエールを送る。 ・いつもテレビ画面の向こう側にいる彼にエールを送っていた。 ・聞いた人にエールを送るような歌詞の新曲が本日披露された。 発破をかける 「発破をかける」は「 はっぱをかける」と読みます。 「発破をかける」は、「 激しい言葉をかける・奮い立たせる」という意味の言葉です。 「発破」とは、鉱山や土木工事んなどで爆薬を使って爆発をする際に使用する火薬のことで、「発破のように激しい言葉をかける」「力を奮い立たせる」という意味で使用されるようになりました。 優しい言葉をかけて、背中をおすのではなく、 相手を挑発するような激しい言葉を投げかけることにより「やってやる!」というような心情にすることを「発破をかける」といいます。 例文 ・やる気が低迷していたスタッフに思わず発破をかけた。 ・発破をかける意味で、だらけている子供に厳しい言葉を投げかけた。 ・コーチが発破をかけたことにより、チーム一丸となって全力を出すことができた。 背中を押す 「背中を押す」という言葉は、「 行動しようか迷っている人や躊躇しているような人に、最後の決断を促す最後のひと押しをする」という意味や、「 言葉などで元気づけること」をいう意味で使用されます。 立ち止まっている人の背中をおして、一歩歩かせるというイメージで、先に進ませる行為を意味しています。 例文 ・結果が出なくて悩んでいた僕の背中を押してくれたのは彼女でした。 ・彼の言葉が結果的に彼女の背中を押すことになったようだ。 ・誰でもいいから背中をおしてくれる人が欲しいと心から願うくらい落ち込んでいる。 「檄を飛ばす」を「激励」の意味で使用するのは誤用 「檄を飛ばす」という言葉を 「激励」という意味で使用することは誤用となりますので注意してください。 これは、「檄」という漢字と「激」という漢字を混合してしまっていることから誤用されるようになってしまったと考えられていますが、 「檄」には「激励する」「励ます」という意味合いはありません。 本来の「檄を飛ばす」は「 自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める」という意味です。 つまり、自分の主張を知らせて同意を得るという意味合いで使用される言葉です。

次の

【はっぱをかける】の例文集・使い方辞典

はっぱ を かける 類語

1、発破をしかける。 2、激しい言葉をかけたりして奮い立たせる。 気合をかける。 「発破をかける」は、最近 耳にしなくなりました。 職人的でかっこいい表現だと思うのですが、 そもそも熱い激励はうとまれる時代かもしれません。 「発破」とは、 鉱山や土木工事などで、火薬を仕掛けて爆破すること。 「爆破」は火薬類を使って「物体を破壊する行為」を指します。 「発破」は建築業や鉱業の分野限定で使われる語。 簡潔にまとめると、 「爆発」とは、急速な膨張 「爆破」とは、爆発で破壊すること 「発破」とは、建築・採掘分野での爆破 最近、鉱山や土木工事で使われる「切羽」という語を知りました。 「切羽」(きりは) 鉱石の採掘やトンネル工事で、掘削が行われる現場。 切り場。 「切羽、発破」というタイトルのブログを見つけました。 切羽に穴を開けてダイナマイトを装填し発破。 という文章から始まっています。 「切羽」を「きりは」と読めるのは業界の人だけでしょう。 一般の人は「せっぱ」と読むところです。 「切羽」(せっぱ) 1、刀の柄(つか)と鞘(さや)に接する部分に添える薄い金具。 2、さしせまった困難。 「切羽詰まる」 ある事態などが間近に迫ってどうにもならなくなる。 身動きがとれなくなる。 切羽が詰まると刀を抜くこともできず、 為すすべがなくなることから。

次の