チアダン 宝塚。 天海祐希 X チアダン

TBS広瀬すず主演「チアダン」全米制覇9・3%

チアダン 宝塚

皆さん、2009年に福井県の福井県立福井商業高校のチアリーダー部が、アメリカで行われた世界大会で初優勝したのをご存じですか? 当時は地元のみならず全国の新聞やニュースで大きく取り上げられ、話題になりました。 あらすじ紹介 主演は広瀬すずです。 行こっさ、アメリカ!2009年3月、福井県商業高校のチアリーダー部JETSが、全米チアダンス選手権大会で優勝した—この実際に起こった奇跡のような出来事は、普通の女子高生たちと彼女を支えた一人の教師との絆の物語でした。 そこには、誰も観たことのない青春感動ミラクルストーリーがあったのです。 主人公・友永ひかりに抜擢された理由も広瀬の抜群の運動神経を買われてということだそうです。 広瀬演じるひかりとともに全米制覇に挑むチアダンス部の部員には、ジャズが得意な部長の玉置彩乃役に広瀬と同じく雑誌「Seventeen」の専属モデルであり、モデルとして第一線で活躍している 中条あやみ、ヒップホップが得意な紀藤唯役に第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞し、映画を中心に活躍している 山崎紘菜、ヲタク系不思議女子・永井あゆみ役に雑誌「ピチレモン」の専属モデルの 福原遥、バレエが得意な村上麗華役にグラビアモデルとして活躍する 柳ゆり菜、複雑な家庭事情を抱える東多恵子役に映画「ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判」でスクリーンデビューを果たした 富田望生、後輩として入部し新戦力となる絵里を雑誌「Seventeen」モデルの 南乃彩希らが演じています。 彼らを熱く厳しく指導するチアダンス部のスパルタ顧問、通称「地獄や」早乙女薫子を 天海祐希、ひかりたちを全米へと導くコーチ・大野を元・宝塚出身で舞台・テレビ・ドラマと幅広く活躍している 陽月華が演じています。 まさにブレイク直前!今最もキラキラと輝いていると言っても過言ではない若手俳優陣の今だからこそ実現した奇跡の競演&熱演です。 チアダンスって何? ダンスとアクロバティックなジャンプが特徴のチアリーディングとは違い、ダンス部分を独立させた競技が「チアダンス」。 競技時間は2分30秒で、ポンダンス、ラインダンス、ジャズ、ヒップポップの四種類をそれぞれ20秒以上連続して踊り、その技術力、表現力、さらに一体感などが採点の対象となります。 全米選手権には、全日本選手権上位校が推薦出場することができます。 最近では「笑顔で元気になれるスポーツ」として爆発的に人気が拡大。 なんと公式大会の出場チーム数は2002年の42チームから2015年にはおよそ約450チームへと十倍に急増するほど激アツなスポーツなのです。 本作では女優陣のダンスを世界レベルまで引き上げるために、日本チアダンス教会の三田村真帆コーチと前田千代コーチが指導に当たりました。 前田コーチは映画のモデルとなった福井商業高校を全米制覇に導いた敏腕コーチで、三田村コーチはその初代JETSメンバーとして全米制覇を経験しています。 つまりこの二人がいなかったら、本作が実現することもなかったチアダンス界伝説の二人なのです。 本作で前田コーチが指導に苦労したことは、チアダンスでフォーメーションを組んで踊り、24人で全米大会に挑むという設定だったのですが、全員揃わないと形を作ることができない中、今が旬な若手女優陣が集まっているので、数えるほどしか24人のメンバー全員が集まっての練習ができなかったことだと言います。 広瀬らメインキャスト達は、チアダンス経験のあるメンバーと同じレベルで息も合せて披露しなければならず、その苦労は並大抵のものではなかったに違いありません。 高校三年間を追ったリアルドキュメンタリー 本作の基になったのは、2009年、世界を揺るがした高校生たち。 福井県福井商業高校のチアリーダー部が本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝した奇跡の実話。 そんな女子高生たちと鬼教師のできっこない三年間が描かれています。 オーディションで選ばれた部員が先にチアダンスを取得している中に入り、チアダンス部員を演じる広瀬らメインキャストたちは、ダンス未経験から半年かけて練習を積みました。 南乃はチアリーディング経験者ですが、それでも動きが早すぎて最初は全然ついていけなかったと言います。 映画の半分くらいをダンスシーンが占めていて踊る種類も多く、広瀬らは撮影中も空き時間はずっとダンスの練習をしていたと語っており、彼女たちが女優として本作で成長すること間違いなしの経験になったと思います。 最後の一か月はダンス経験者の福原でさえ、悔し涙を見せるほどのハードな練習をみっちり行いました。 新潟合宿を行い、多い時は一日六時間も練習を重ね、アメリカ西海岸サンディエゴでの全米大会の撮影に挑みました。 彼女たちが魂を注ぎ込んで作り上げたダンスシーンは必見です! 決勝の演技後、早乙女先生に部員たちが抱きつくシーンの涙は演技ではなく、彼女たちがこれまで積み重ねてきた思いがあふれ出した本物の涙に違いありません。 本作の中で描かれている部員たちの悲喜こもごもなエピソードは初代JETSだけでなく、何年間ものエピソードを織り込んでおり、笑って泣けるリアル・エンターテイメントになっています。 クライマックスの圧巻のダンスシーンに向けて 本作ではクライマックスのアメリカ西海岸サンディエゴでの全米大会に向けて時には泣き励まし合いながら日々練習を重ねていくJETSのメンバーたちが描かれていますが、最初の公式戦・福井大会で失敗してしまうシーンの後は、練習シーンのみで公式戦は最後の全米大会まで見せない構成になっています。 ですので、ひかりたちがだんだんと一致団結し、ダンスが上達していく中で「早く全員が揃って踊っているところを観たい!!」という観客の気持ちもクライマックスに向けてどんどん高まっていきます。 全米大会のシーンでは、アメリカNo. 1のチアダンスチームが撮影に参加。 ひかりたちを奮い立たせるド迫力の本場のチアダンスを披露してくれています。 ひかりをセンターにフォーメーションが秒単位で変わり、ジャズは彩乃、ヒップホップは唯といった具合にそれぞれの見せ場もとても格好良く、「よくここまで!」とそれまでの彼女たちの努力を作中で観てきているので感動の涙がこみ上げてきます。 2分30秒の演技はあっという間に終わってしまい、それぞれのキャストがどんな表情でどう踊っていたか、巻き戻して何度も観直したい!と思ってしまうこと間違いなしの素晴らしいシーンに仕上がっています。 「明るく素直に美しく!」映画を観れば夢を叶える方法がわかる! 本作には夢を持っている中高生や今夢に向かって頑張っている方たち、それを指導する方たちに役立つ、素敵な場面がたくさん登場します。 早乙女先生は厳しくユーモアのあるキャラクターで描かれており、彼女が指導するチアスリピッツ、「笑顔と挨拶」「自分を信じる」「仲間を信じる」「素直さ、感謝の心を持つ」「具体的な短期的な夢、長期的な夢を夢ノートに書く」「書いた夢を定期的に読み返す」などには、チアダンスに限らず、どんな人にもどんな場面でも当てはまる、夢を叶えるために最も大切なことがぎっしり詰まっています。 金八先生の女版!?熱血教師・早乙女先生の熱すぎる指導 初代JETSをともに指導した前田コーチに「金八先生の女版」と言われているのが、福井商業高校チアリーダー部顧問の五十嵐裕子先生。 熱血教師・早乙女薫子のモデルとなった五十嵐先生は、作中でも描かれているようにバトン部をチアダンス部に変え、生徒の猛反発を買うも「前髪禁止」「恋愛禁止」「ネイル禁止」を貫き、生徒を精神面から鍛えました。 そして、「夢を実現した人を生徒に意識させる」ため、福井県出身で宝塚歌劇団の娘役でトップになった方や劇団四季で活躍している方を引き合わせ、夢を実際に叶えるプロセスを生徒たちに強く意識させたそうです。 天海は薫子を演じるにあたって、監督から「松岡修造さんみたいにお願いします。 」と言われたそうで、役柄である薫子も松岡修造の本を愛読している設定になっています。 前田コーチは五十嵐先生に「いつかフロリダに行きましょう!」と言われ、「とにかく五十嵐先生の熱い思いが生徒の心を動かし、前田コーチ自身も知らない間に良い洗脳をされて、三年で全米大会に行くことが実現した。 」と語っていました。 主題歌は大原櫻子の新曲「ひらり」 本作の主題歌を歌うのは、広瀬すずとは親友同士だという歌手で女優の大原櫻子の新曲「ひらり」に決定。 純粋にまっすぐに夢を追うという気持ちを、春にピッタリな桜たっぷりのMVに乗せてミディアム・バラードでしっとりと歌い上げています。 また、同CDに収録されている「蒼い季節」は、夢に向かって青春を突っ走る、明るく元気な楽曲になっており、こちらも作中の挿入歌として使われているので、映画と併せて聴いてみてくださいね。 ちなみに大原も本作に少しだけ出演しています。 物語のカギを握る役柄なので、見逃さないでくださいね。 広瀬も「最高ですから!」と太鼓判を押す友情コラボにも注目です! いかがでしたか? これまで同様の実話系作品は映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、「ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で 偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」がありましたが、本作は皆で世界に挑むという意味では圧倒的にNo. 1のスケールと感動を味わうことができる作品です。 ただいま、本作のモデルとなった県立福井商業高校のJETSのメンバーたちは、前代未聞の5連覇に挑んでいます。 映画だけでなく彼らがどこまで高みに昇りつめていくのか?そちらも気になってしまいますね。

次の

演技力が高いとダンスがうまい?高評価「チア☆ダン」のネタバレ感想 | ジャズ男(ダン)サーのダンス道

チアダン 宝塚

photo• 芸能 福原遥 プレゼンに初挑戦「すごい緊張した」 []• 芸能 [7月16日 8:28]• ジャニーズ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月16日 5:00]• ドラマ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月16日 4:00]• 音楽 [7月16日 3:00]• 芸能 [7月15日 22:28]• AKB48 [7月15日 21:33]• お笑い [7月15日 20:10]• 芸能 [7月15日 19:23]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ 二宮和也の主演映画「浅田家!」に菅田将暉ら出演 []• ジャニーズ [7月16日 5:00]• ドラマ [7月16日 5:00]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ジャニーズ [7月11日 4:00]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 今井翼「わがままを言って…」初体験ナレーション []• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• コラム [7月12日 10:00]• シネマ [7月12日 8:08]• ドラマ 生田斗真主演 NHK&クドカン「悪だくみ」ドラマ []• ドラマ [7月16日 5:00]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]• ドラマ [7月15日 5:00]• ドラマ [7月14日 20:53]• ドラマ [7月14日 13:53]• ドラマ [7月14日 12:00]• ドラマ [7月14日 10:24]•

次の

兵庫県のチア|教室・スクール情報|ジモティー

チアダン 宝塚

より 土屋太鳳主演の連続テレビドラマ『 チアダン』(TBS系)の第8話が31日に放送される。 広瀬すずが主演を務めた同名映画で描かれたチアダンス部「JETS」の打倒を目指す、福井西高校のチアダンス部「ROCKETS」を描く青春ドラマだ。 視聴率は第2話の8. 6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)が最高で、第5話では5. 5%にまで落ち込んでしまったものの、第6話で6. 1%、第7話で7. 1%と再び数字を戻しつつある。 基本的には毎回、何か困難が起きては最後に解決するというパターンで、終盤には必ずダンスシーンが織り込まれる構成になっている。 第8話の放送を前に、24日に放送された第7話を振り返っておこう。 ROCKETSは、3年生になった藤谷わかば(土屋)を中心に、地区大会に照準を合わせて日々練習に励んでいた。 だが、榎木妙子(大友花恋)の父が腰を痛めてしまい、彼女は父の店を手伝わなければならなくなる。 もともとダンスが得意でないうえに練習不足が重なり、妙子は明らかに他の部員たちの足を引っ張るようになってしまう。 部員たちの間にも不満が募り、空気を察した妙子は「次の大会には出ない」と部員たちに宣言する。 桐生汐里(石井杏奈)らは、「優勝するためには仕方がない」とそれを受け入れるが、わかばだけは納得できずにいた。 「ダンスが下手」で「中華料理店の娘」であるという妙子のキャラクター設定がほぼ初めて生かされた回となったわけである。 結局、わかばの考え出した秘策とは、部員たちが交代で店を手伝うことで妙子の練習時間を増やすというものだった。 まあ、ありきたりといえばありきたりだし、よその家の娘をタダ働きさせても大丈夫なのかという疑問も湧くが、ファンタジー路線のドラマなので細かいことを言っても仕方がない。 こうして一丸となって練習に取り組んだROCKETSは、見事「北信越チャレンジカップ」で優勝を果たしたのだった。 ここまでが第7話のあらすじだ。 サイドストーリーとして、委員長こと桜沢麻子(佐久間由衣)らの恋愛話も描かれたが、本筋に深く関わってくる要素ではなさそうだ。 個人的な感想を言ってしまうと、この第7話はこれまでのなかで唯一、感動できなかった回だった。 理由は簡単で、「困難を乗り越えた感」が薄かったからにほかならない。 妙子の練習時間が足りない問題は、店の手伝いをシフト制にすることであっさり解決してしまい、後は普通に練習して大会に臨み、すんなり優勝してしまったという平坦なストーリーで、感動するツボに乏しかった。 もっと練習が厳しく、時には涙を流しながら練習するくらいの描写があれば優勝した瞬間に感動できたのかもしれないが、実際には苦労があまり伝わってこなかったため、胸に迫るものもあまりなかったといえる。 圧倒的な強さを誇るJETSが出場しなかったからとはいえ、2週間に一度指導者が来てくれるだけのROCKETSが簡単に優勝してしまうという展開も、あまりしっくりこなかった。 話をテンポよく進めるためには仕方ないとも思うが、この段階で優勝するのは違う気がする。 あと一歩及ばず、「今度こそは」とさらに練習に打ち込むくらいの結末でも良かったのではないだろうか。 とはいえ、ROCKETSの20人でのチアダンスは見ごたえがあったし、青春を感じさせる映像として美しかった。 ダンスの出来には賛否両論あるようだが、少なくともROCKETSのメンバーを演じる女優たちはダンサーではないし、むしろダンス経験がない人のほうが多いという。 女優たちが一生懸命練習の成果を披露しているという目で見るのが正しい。 そう思って見ると、「よくやっているな」「みんながんばっているな」と温かい気持ちになってくるし、彼女たちを応援したい気持ちにもなってくる。 劇中で描かれる練習シーンにはほぼ何の見せ場もないが、もしかしたらこのドラマは、本編よりもメイキング映像を編集した女優たちのドキュメンタリー映像を見たほうが何倍も感動できるのかもしれない。 少なくとも筆者は、そんなものを見せられたらすぐに泣くだろうな、という妙な自信がある。 さて、第8話は、わかばらが卒業後の進路を考える時期となり、それにともなってさまざまな問題が起きていくという展開になるようだ。 さらに、チアダンス部設立の言い出しっぺである汐里の脱退騒動まで描かれるらしい。 またしてもダンス以外の要素に尺を取られてしまい、「練習に練習を重ねて地道に強くなっていく」というストレートな展開が追いやられてしまいそうな予感もするが、最終回を見据えてこのあたりで「雨降って地固まる」的なエピソードがもうひとつ必要なのかもしれない。 あれほど「JETSに勝ちたい」と言い張っていた汐里が、なぜ今になって脱退しようとするのか。 これをまさかの感動展開で描くことができれば、視聴者の心をさらにググっとつかむことができそうだ。 (文=吉川織部/ドラマウォッチャー).

次の