魔法科高校の劣等生最強。 魔法科高校の劣等生~世界最強のアンチェイン~

魔法科高校の劣等生強さランキング【最新決定版】お兄様最強!!

魔法科高校の劣等生最強

七月中旬。 『九校戦』の季節。 正式名称、『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。 そこでは毎年、全国から魔法科高校生たちが集い、熾烈な魔法勝負を繰り広げていた。 ここ第一高校でも、『九校戦』の話題で持ちきり、校内は大いに沸き立っていた。 そして『九校戦』会場への出発当日。 類い希なる実力を持つ、将来の魔法師候補たちによる選手団が組織されていた。 遠征メンバーには、『新人戦』に参加する、一年生の主席生徒・司波深雪と、その兄・達也の姿もあった。 競技に向け心を新たに意気込む深雪だが、一方で達也の表情は晴れず……。 『九校戦』で勝敗を分かつには、選手の運動能力の他に、もう一つ重要なファクターがある。 それは、選手たちが持つCAD 術式補助演算機 の調整 チューニング。 達也によって調整されたCADを手に、第一高校生徒による華麗なる圧勝劇、その幕が開く。 4巻(九校戦編〈下〉)のあらすじ 九校戦中盤の目玉、『新人戦』。 一年生のみで繰り広げられるこの競技は、第一高校の主席生徒・司波深雪の可憐かつ優雅な勝利を披露するステージでもあった。 兄である達也も、参加選手たちが使用するCAD 術式補助演算機 の技師としてチームに参加、妹の活躍する姿に頬を緩ませていた。 劣等生であるはずの達也が調整したCADによって、第一高校生徒の華麗なる圧勝劇が演じられる中、とあるアクシデントによって彼自身も九校戦の選手として参加する羽目になる。 魔法による直接戦闘競技『モノリス・コード』に出場することになった達也。 対戦相手は、『クリムゾン・プリンス』と呼ばれる第三高校一年生のエース・一条将輝だった。 『全国高校生魔法学論文コンペティション』 の季節がやってきた。 日頃の研究成果を魔法装置を使った 『実演』 でプレゼンテーションするこの催し物は、九校戦で成績が振るわなかった学校の雪辱戦とも言える。 魔法学、魔法技能、先端魔法技術を披露する最高の舞台だった。 達也は、第一高校の代表・鈴音のサポートメンバーとして参加、その魔法技能を如何なく発揮していた。 時を同じくして、暗躍する組織の影があった。 諜報員、同じ魔法科高校の生徒、『大陸』 から来た暗殺者……。 華麗なる司波兄妹の活躍に、刮目せよ。 7巻(横浜騒乱〈下〉)のあらすじ 横浜で催される『全国高校生魔法学論文コンペティション』。 この魔法科高校生徒達の晴れ舞台に、突如謎の武装集団が侵入した。 彼らの正体は、『大陸』からやってきた大亜連合軍の魔法師とその機動兵器群。 目的のためには市民殺害も厭わない武装軍によって大混乱に陥る中、司波達也は生徒会メンバーと共に次の行動を模索する。 同時刻。 コンペ会場に、最新鋭魔法技術武装集団、国防陸軍第一〇一旅団独立魔装大隊が現れる。 驚く真由美や克人を尻目に、劣等生・達也は大隊より、戦場の最前線へと向かうよう『上官からの命令』を受ける。 訝しむ魔法科生徒達の中、「お兄様。 8巻(追憶編)のあらすじ 今から三年前。 司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。 それから、深雪は変わった。 兄との関係も。 中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。 一体何を考えているのか分からないから。 家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。 兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。 そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。 そこには一切の油断もミスも無い。 そして、一切の『感情』も。 理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。 自分の、ただの我が侭だと分かっていても。 三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。 9巻(来訪者編〈上〉)のあらすじ 一学年目最終エピソード『来訪者編』! 金髪碧眼の魔法師・リーナが魔法科高校にやってくる! 司波兄妹にとって波乱続きだった西暦二〇九五年もあと一月。 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA 北アメリカ大陸合衆国 に留学することになった。 にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。 「司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女、通称リーナだった。 彼女を見た達也は、瞬時にその『正体』に気づく。 10巻(来訪者編〈中〉)のあらすじ 西暦二〇九五年十二月。 雫との『交換留学生』として、USNA 北アメリカ大陸合衆国 からリーナが魔法科高校にやってきた。 達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。 『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。 達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。 しかし、別次元から意図せず招かれたその『来訪者』は、ついに魔法科高校に襲来した。

次の

[ラノベ]魔法科高校の劣等生 強さランキング 最強は誰だ? 27巻まで

魔法科高校の劣等生最強

入学当初から真由美とはライバルみたいな関係。 十文字家の次期当主として師族会議に十文字家の当主代理として参加していた。 空間認識能力は、元々高いものを持っているが更に修行で磨きをかけており、数多くの領域防御魔法を駆使している。 【ファランクス】と呼ばれる、どんな種類の攻撃でも障壁魔法と対抗魔法で圧倒的な防御力と物理攻撃を持っている攻防一体の魔法を使いこなしている。 これは、達也の攻撃でも破れないほどの防御力を持っている。 上でも書いたように高い防御力を誇っているため、複数人相手でも傷を負うことなく勝利することも多かった。 達也との戦闘で攻撃を喰らい撤退していることから達也よりは戦闘力は低いと思われるので順位も下位。 だが、入学当初から競い合ってきた真由美と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上。 戦略級魔法【ヘビィ・メタル・バースト】は、重金属を高エネルギープラズマに変化させることで陽イオン間の電磁的斥力を増幅させ、広範囲に撒き散らす魔法。 模造神器【Brionac(ブリオネイク)】を使用すれば戦略級魔法としても使用することが可能。 軍人に向いていない性格の為、静粛や暗殺などの任務では、精神的に弱ってしまうことも多かった。 達也と戦闘を行った時には、一瞬の隙を突かれたことで敗北しており、達也から退役を薦められていた。 2097年には、達也と共に【スターズ第六隊】のメンバーにパラサイトを憑依させたという容疑をかけられたが何とか脱出し、亜夜子に連れられ【巳焼島】にやってきている。 その後、達也と契約を交わしたことで一緒に戦うようになっていく。 かつての仲間たちがパラサイト化しており、レグルス、デネブ、ベガと戦闘を行うが防戦一方で追い詰められてしまうが達也が参戦したことで何とか勝利している。 【世界最強の魔法師】という立場にいることから高い戦闘力を持っていることは確実で作中でもトップクラスの実力者。 カノープス以上の力を持っていることから強いことは確実なので順位も上だが達也には敗北しているので達也よりも戦闘力は低いと思われるため順位も下位。 第8位 真田繁留 【独立魔装大隊】の幹部の人物で技術開発を担当していた。 達也が設計した【ムーバル・スーツ】を設計以上の性能に組み上げたことを自慢していた。 風間の昇進に伴い、自身も大尉から少佐に昇進していた。 戦闘力に関しては、不明な部分が多く、風間たちの方が強いかに思われたが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると戦闘力は高いように思われるため、順位も風間たちよりも上になっている。 だが、達也や深雪と比較すると戦闘力は低いと思われるので順位も下。 【校内一の美少女】で非の打ち所が無い。 十師族の【四葉家】の次期当主候補。 深夜から達也と接触することを禁じられており、達也を不気味に思っていたが沖縄侵攻をきっかけに達也を敬愛するようになっていった。 行き過ぎる兄への愛情から周りからは重度のブラコンと認定されている。 魔法力は、作中でもトップクラスの実力者で事象干渉力も体内に保有しているサイオン量も最高クラスの人物。 達也の魔法力を制御する【制約】で制御力を半分使っているため、感情が不安定になると魔法を暴走させてしまうことも度々あった。 分子運動を減速させる振動系の魔法を得意としており、広域振動減速魔法【ニブルヘイム】や部屋の温度を極寒と灼熱に二分する【氷炎地獄(インフェルノ)】も難なくこなすことができる。 さらに精神に干渉し、凍結させる【コキュートス】を最も得意としている。 調整体の欠点を全て克服した【完全調整体】で四葉家の最高傑作とされ、真夜の言葉から世界を破壊できる達也を抑え込むために生み出されたとされている。 同年代の人物たちと比較すると遥かに戦闘力は高く強いが達也と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。 だが、 作中でトップクラスの実力者で見事TOP10入りを果たしている。 【新ソビエト連邦科学アカデミー】で魔法研究を行っており、発言力は国防大臣と同じくらいの力を持っている。 水を酸素と水素に分解し、点火する魔方式を使用しており、座標を変化させ、複製し、連鎖的にこれを起こす戦略級魔法【トゥマーン・ボンバ】を使用している。 達也がESCAPES計画を発表したことで達也を倒すことを決意し、達也のいる伊豆に向け、【トゥマーン・ボンバ】を使用している。 だが、達也の【トライデント】で【イグローグ】と【アルガン】を破壊され、CADとの接続を強制的に切断されたショックを受け、致命傷を負っている。 高い戦闘力を持っており、数多くの功績を上げていたが達也との戦闘で完敗していることから達也よりも戦闘力は低いことは確実なので順位も下。 だが、深雪やリーナと比較すると僅かだが戦闘力は高いと思われるので順位も上位。 世界最強の魔法師と呼ばれるほどの人物で【極東の魔王】や【夜の女王】という異名を持っている。 光の分布を偏らせる収束系統の魔法を得しており、【流星群(ミーティア・ライン)】は、星空のような暗闇を創り出し、光球が降り注ぎ、物質を貫通させる。 物理的な防御は全く意味がなく、魔法防御でも困難を極めることから最強と呼ばれる原因になっている。 達也を実験体にしており、達也を自身の後継者の深雪のガーディアンとし、【最悪最凶の魔法兵器】として注意している。 全地球通信傍受システム【フリズスキャルヴ】のアクセス権限を持っている七賢人の一人。 世界最強の魔法師と呼ばれるほどの人物で間違いなく、作中でトップクラスの実力者。 深雪以上の戦闘力を持っていることは確実だが達也と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。 八雲とは互角と思われるが強さを議論するサイトなどの評価を参考にすると八雲の方が強いと思われるので順位も上。 【今果心】という異名を持っており、【九重寺】の住職をしている。 達也や風間たちが師事している。 魔法の知識の豊富さは達也を驚かせるほどの知識を持っており、さらに、亜夜子ですら潜入できなかった場所に潜入できるほどの実力を持っている。 幻術を得意としており、【纏衣の逃げ水】は、九島家の【仮装行列】の元になった技。 【奇門遁甲】の原初の形の幻術で達也を手玉に取るほどの実力者。 作中での活躍から高い戦闘力を持っていることは確実で達也を手玉に取ったことから作中でもトップクラスの実力者。 強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると真夜よりも戦闘力は高いと思われるため順位も上だが達也たちと比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。 第3位 四葉元造 【四葉家】の初代当主で真夜と深夜の父親に当たる人物。 過去に真夜を誘拐されたことでその報復とし、四葉家の総力を挙げて復讐を成し遂げたが力を使い過ぎたことで力尽きている。 このことがきっかけで四葉家の強さを見せつけ、世界に四葉家に手を出してはいけないというタブーを作った。 精神干渉系の魔法を得意としていり、【死神の刃】を得意としている。 真夜を誘拐したことで起きた事件で圧倒的な力を見せつけていたことから高い戦闘力を持っていることは確実で作中でもトップクラスの実力者。 真夜や八雲と比較しても戦闘力は高いと思われるので順位も上だが達也や烈と比較すると戦闘力は劣ると思われるので順位も下位。 周りからは、老師と呼ばれることが多かった。 過去には、最高にして最巧と謳われ【トリック・スター】という二つ名で呼ばれていた人物で今の【十師族】の序列を確立した人物。 世界最強の魔法師の一人と数えられ第一線を退いた人物で戦闘力は圧倒的に高い。 【パラサイドール】の開発を行った人物で事件後には、達也と会った時にパラサイドールの一件を謝罪し、達也に協力することを約束している。 倉庫で光宣と戦闘を行い、光宣に攻撃を行ったが返り討ちに合ったことで力尽きている。 光宣との戦闘で力尽きているため、順位は光宣よりも下かに思われたが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にすると光宣以上の戦闘力を持っていると思われるため順位も上。 だが、達也と比較すると戦闘力は達也には及ばなので順位も下位。 第一線を退いてもなお高い戦闘力を誇っているため、TOP10入りを果たしている。 第1位 司波達也 *出典元: 本来使える魔法は、分解と再構築だけであったが【人造魔法師実験】の被験者にされ【人工魔法演算領域】を与えられた唯一の成功例。 現代魔法では、最高難易度の分解と再生に魔法演算領域を完全に占有されているため通常の魔法を使うことはできないがそこだけみると【四葉家】にも恥じないほどの処理能力を持っている。 これ以外の魔法は【人工魔法演算領域】でしか使用することができない。 生まれつき常人とは桁外れのサイオン保有量を持っており、【術式解体(グラム・デモリッション)】という最高位の対抗魔法を何度も連発することが可能。 さらに、サイオン制御技術の達人でイデアに直接アクセスする高精度知覚能力【精霊の眼(エレメンタル・サイト)】を持っており、障害物関係なく存在を知覚することが可能。 起動式や魔方式を見るだけで解析することをも可能。 【人工魔法演算領域】のスペースを確保するためにただ一つの感情を除いて消失させられていることからほとんどの感情が芽生えなくなっているが残された感情が【深雪への兄妹愛】の為、妹が絡むと普段からは想像できないほどの行動に出る。 【戦略級魔法師・大黒竜也特尉】という偽名で登録されており、大亜連合の沖縄侵攻の際には、深雪が傷つけられたことで侵攻軍に報復することを決意し、一人で大亜連合を壊滅にまで追い込み、大亜連合からは【摩醯首羅(マヘーシュヴァラ)】や【沖縄の悪魔】という異名で呼ばれていた。 分解のバリエーションは凄まじく、【雲散霧消(ミスト・ディスパージョン)】や【術式解散(グラム・ディスパージョン)】、【トライデント】などがある。 さらには、物質の原子・陽子・中性子を分解する【大深度雲散霧消(ディープ・ミスト・ディスパージョン)】という技も使用することが可能。 戦闘で攻撃を受けた際には、一瞬で攻撃をなかったことにできる【自己修復術式】も持っている。 上記で記載したようにチート能力を何個も持っている最強の人物でこの作品のみならず、すべての作品の登場人物の中でもトップクラスの実力者。 作中で十文字に勝利していることから十文字よりも戦闘力は高いことは確実で順位も上。 作中での活躍や持っている技から見ても間違いなく作中No. 1の人物。 深雪も十分強いが深雪よりも戦闘力は高いことは確実なので順位も上。 スポンサードリンク 魔法科高校の劣等生強さランクまとめ Sランク 司波達也、九島烈、四葉元造、九重八雲、四葉真夜、イーゴリ・アンドレイビッチ・ベゾブラゾフ Aランク 司波深雪、真田繁留、アンジェリーナ=クドウ=シールズ、十文字克人、九島光宣、風間玄信、柳連、一条将輝、エリオット・ミラー Bランク ローラン・バルト、ミゲル・ディアス、カーラ・シュミット、ウィリアム・マクロード、アリ・シャーヒーン、バラット・チャンドラ・カーン Cランク ソム・チャイ・ブンナーク、劉雲徳、レオニード・コンドラチェンコ、五輪雫、ベンジャミン・カノープス、呂剛虎、千葉修次、新発田勝成、周公 、七草真由美 Dランク 黒羽貢、黒羽文弥、黒羽亜夜子、千葉エリカ、十三束鋼、千葉寿和、桜井水波、吉祥寺真紅郎、藤林響子、渡辺摩利、吉田幹比古、千代田花音、服部刑部少丞範蔵、市原鈴音 Eランク 沢木碧、西城レオンハルト、桐原武明、辰巳鋼太郎、北山雫、アメリア=英美=明智=ゴールディ、里美スバル、光井ほのか、五十里啓、壬生紗耶香、森崎駿.

次の

スターズ

魔法科高校の劣等生最強

魔法科高校の劣等生 入学編• 魔法科高校の劣等生 九校戦編• 魔法科高校の劣等生 夏休み編• 魔法科高校の劣等生 会長選挙編• 魔法科高校の劣等生 横浜騒乱編• 魔法科高校の劣等生 追憶編• 魔法科高校の劣等生 来訪者編• 魔法科高校の劣等生 ダブルセブン編• 魔法科高校の劣等生 スティープルチェース編• 魔法科高校の劣等生 古都内乱編• 魔法科高校の劣等生 四葉継承編• 魔法科高校の劣等生 師族会議編• 劇場版:魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女• スピンオフ:魔法科高校の優等生• スピンオフ:魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画• 4コマ漫画:魔法科高校の劣等生 よんこま編 漫画:魔法科高校の劣等生はラノベから派生した作品なので、子供も大人も楽しめると思います!皆様のお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

次の