印刷 タイトル エクセル。 エクセルの先頭行を全ページ固定で印刷する方法|タイトル行の設定

Excelの印刷タイトルを下側に表示したいのですが

印刷 タイトル エクセル

各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定 :Excelの基本操作• 各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定 スポンサードリンク はじめに• ここで使用する「列見出し」とはデータ表の見出し行のことです。 下図では緑色で塗りつぶしてある行です。 「行項目」とはデータ表の各行に左端側の項目 列 のことです。 下図ではA:B列のデータ部分です。 印刷すると複数ページにまたがる表があります。 各ページにこの表の列見出し 表の一番上の行 を印刷する方法です。 下図のように通常の印刷では2ページ以降の表の列見出しが印刷されません。 下図の緑色で塗りつぶしてあるセルが列見出しです。 1ページ目だけ印刷され、2ページ目以降は印刷されないのがわかります。 ここでは2ページ以降も各ページに票の列見出し 表の一番上の行 を印刷する設定方法です。 [ページレイアウト]タブの[印刷タイトル]をクリックします。 または、[ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログボックスを表示します。 ページ設定ダイアログの[シート]タブでタイトル行を設定します。 タイトル行に欄にカーソルを表示して、表の列見出しをクリックします。 ここでは、シートの5行目をクリックしました。 [ファイル]タブをクリックして、[印刷]を実行します。 各ページにタイトル行に設定した行が印刷されるのがわかります。 横に長いデータを印刷するときは行項目を印刷したいケースがあります。 ここの例ではA列の連番とB列の氏名を各ページに印刷します。 [ページレイアウト]タブの[印刷タイトル]をクリックします。 または、[ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログボックスを表示します。 ページ設定ダイアログの[シート]タブでタイトル列を設定します。 タイトル列に欄にカーソルを表示して、表の行項目の列をクリックします。 ここでは、シートの A:B 列をドラッグしました。 [ファイル]タブをクリックして、[印刷]を実行します。 各ページにタイトル列に設定した行項目が印刷されるのがわかります。 ちなみに、タイトル列を設定していない場合は下図のように、右側の部分に行項目 青く塗りつぶした部分 が印刷されません。 印刷タイトルを解除するには、ページ設定 ダイアログボックスのシートタブの印刷タイトルを空欄にします。 下図はタイトル行の設定値をDeleteキーで削除した例です。 バックステージの印刷にあるページ設定からページ設定ダイアログボックスを開くと、設定ができない項目があります。 [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。 [印刷]を選択して、下部に表示されている「ページ設定」をクリックします。 ページ設定ダイアログボックスが表示されます。 [シート]タブを選択すると、印刷範囲や印刷タイトルのタイトル行とタイトル列の欄がグレー表示になっており、設定ができない状態です。 つまり、バックステージから起動したページ設定ではなく、リボンの[ページレイアウト]タブから開いたページ設定ダイアログで設定する必要があります。 スポンサードリンク ||各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定.

次の

印刷時に各ページに項目行(タイトル行)を付ける方法|Excel(エクセル)の使い方

印刷 タイトル エクセル

ヘッダーの代わりにする ヘッダーに現在の日付や時刻などを入力すると書式を変更できないため、和暦などにできません。 そんなときは見出しをヘッダーの代わりにできます。 1 行目にヘッダーの代わりに表示したい値を入力します。 「」を使用して、今日の日時を取得できます。 ここでは日付を和暦で表示します。 本物のヘッダーも必要なら先に入力しておきます。 [ページレイアウト] タブをクリックし、ページ設定グループにある [右下矢印] をクリックします。 [余白] タブをクリックし、[上] と [ヘッダー] の余白を同じにします。 同じにすると本物のヘッダーを入力する欄が表示されなくなるので、ヘッダーを入力した後に行います。 ヘッダーの代わりにする行を見出しとして固定します。 本来の見出しとして固定したい行も必要ならそれも含めます。 これでヘッダーのように印刷できます。

次の

表のタイトルを各ページに印刷する:エクセル2010基本講座

印刷 タイトル エクセル

各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定 :Excelの基本操作• 各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定 スポンサードリンク はじめに• ここで使用する「列見出し」とはデータ表の見出し行のことです。 下図では緑色で塗りつぶしてある行です。 「行項目」とはデータ表の各行に左端側の項目 列 のことです。 下図ではA:B列のデータ部分です。 印刷すると複数ページにまたがる表があります。 各ページにこの表の列見出し 表の一番上の行 を印刷する方法です。 下図のように通常の印刷では2ページ以降の表の列見出しが印刷されません。 下図の緑色で塗りつぶしてあるセルが列見出しです。 1ページ目だけ印刷され、2ページ目以降は印刷されないのがわかります。 ここでは2ページ以降も各ページに票の列見出し 表の一番上の行 を印刷する設定方法です。 [ページレイアウト]タブの[印刷タイトル]をクリックします。 または、[ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログボックスを表示します。 ページ設定ダイアログの[シート]タブでタイトル行を設定します。 タイトル行に欄にカーソルを表示して、表の列見出しをクリックします。 ここでは、シートの5行目をクリックしました。 [ファイル]タブをクリックして、[印刷]を実行します。 各ページにタイトル行に設定した行が印刷されるのがわかります。 横に長いデータを印刷するときは行項目を印刷したいケースがあります。 ここの例ではA列の連番とB列の氏名を各ページに印刷します。 [ページレイアウト]タブの[印刷タイトル]をクリックします。 または、[ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログボックスを表示します。 ページ設定ダイアログの[シート]タブでタイトル列を設定します。 タイトル列に欄にカーソルを表示して、表の行項目の列をクリックします。 ここでは、シートの A:B 列をドラッグしました。 [ファイル]タブをクリックして、[印刷]を実行します。 各ページにタイトル列に設定した行項目が印刷されるのがわかります。 ちなみに、タイトル列を設定していない場合は下図のように、右側の部分に行項目 青く塗りつぶした部分 が印刷されません。 印刷タイトルを解除するには、ページ設定 ダイアログボックスのシートタブの印刷タイトルを空欄にします。 下図はタイトル行の設定値をDeleteキーで削除した例です。 バックステージの印刷にあるページ設定からページ設定ダイアログボックスを開くと、設定ができない項目があります。 [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。 [印刷]を選択して、下部に表示されている「ページ設定」をクリックします。 ページ設定ダイアログボックスが表示されます。 [シート]タブを選択すると、印刷範囲や印刷タイトルのタイトル行とタイトル列の欄がグレー表示になっており、設定ができない状態です。 つまり、バックステージから起動したページ設定ではなく、リボンの[ページレイアウト]タブから開いたページ設定ダイアログで設定する必要があります。 スポンサードリンク ||各ページに列見出し、行項目を印刷する 印刷タイトルの設定.

次の