引越し 不用品処分 ハート。 危険!サカイ引越センターの不用品処分の2つ注意点<2020年最新版>

引越しと不用品回収どちらが先?

引越し 不用品処分 ハート

不用品の6つの処分方法 不用品といっても大小さまざまなものがあり、処分の方法も多様です。 代表的な処分方法は次の6つです。 リサイクルショップに不用品を売る• オークションサイトで不用品を売る• 不用品を使ってくれる友人にゆずる• 自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する• 引越し会社に不用品の回収を依頼する• 不用品回収業者に依頼する ここからは、6つの処分方法について詳しく解説します。 手持ちの予算や日程、そしてお客様自身の体力と相談しながらベストな方法を選択してください。 リサイクルショップに不用品を売る リサイクルショップに不用品を買い取ってもらうことができれば、捨てるだけのものをお金に変えることができます。 お店に不用品持ち込むときは、拭き取れる程度の汚れは落としておいたほうが良いでしょう。 大きく査定が変わって、高額な買い取り価格になる可能性は少ないですが、『商品』として次の人の手にわたるものですから、気持ちの良い取引をするためにも綺麗な状態にしておきたいところです。 また買取の依頼をする際に、事前に品目を伝えておき、買取ができない場合はそのまま引き取ってもらえるかを確認しておきましょう。 引き取り可能ならば処分の手間が省けますので、スムーズに引越し作業を進めることが出来ます。 不用品買取をおこなっているリサイクルショップリスト 店頭買取はもちろん出張買取のほか、LINE査定にも対応。 取り扱い商品の多さが特長。 オークションサイトで不用品を売る 個人がオークションサイトで商品を売買することも、かなり一般的になってきました。 引越しのときに出る大量の不要な品をオークションサイトで処分したい人も少なくありません。 ただオークションサイトの利用には、いくつかの注意点があります。 まず過剰な期待は禁物です。 買ったときの値段を考えると、たいがいの商品は随分と安くなってしまいます。 また、年会費や送料など出品者が負担する費用のほうが高くついてしまっては大変です。 売れたけれども、自治体に処分してもらうより高かったといったことがないようにしたいものです。 スケジュールの管理も重要です。 入札終了から発送までにかかる日数を計算に入れ、入札が無かった場合の処分方法も事前に検討しておきましょう。 その他にも、商品についていた小さなキズの申告がないなどの理由で、トラブルが発生しては面倒です。 『目に見える傷はありませんが、美品にこだわる方は、入札をお控えください』などと記載しておくのもおすすめです。 注意点さえおさえれば、意外なほど便利なオークションサイト。 賢く使って処分費用を削減しましょう。 代表的なオークションサイトリスト ゴミ回収のルールは地方自治体によって、さまざまです。 料金はもちろん回収できる品物まで違ってきます。 そのため、引越し先でゴミを捨てた方が安くあがるケースもあるほどです。 ここでは自治体の一般的な基準を示してみました。 対象品目 次の2点にあてはまるものを『粗大ゴミ』とするケースが多いようです。 一番長い部分が30センチを超える大型ごみ• プラスチック・木・金属でできているもの 例えばタンスやガスコンロは粗大ゴミですが、小さな炊飯器やドライヤーなどは不燃ゴミ扱いです。 申し込みできない品目とサイズ テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなどはリサイクルの対象ですので、自治体が回収することはできません。 また、自動車、オートバイ、タイヤ、石油、ピアノ、耐火金庫、消火器、ガスボンベ類といったものも引き取ってもらうことができません。 これらは不用品回収業者に依頼するか、自治体に相談して処分先を紹介してもらう必要があります。 安く処分する方法 インターネットを通じて自治体・粗大ゴミ受付センターに申し込みをし、決められた日に粗大ゴミを直接持っていけば、処分にかかる手数料が免除または減額されるケースが少なくありません。 粗大ゴミをかなり安く処分することができますので、大きな荷物を運べて、日程にも余裕がある場合は、大いに検討してみる価値があります。 詳しい方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 ネット申し込みから回収までの流れ 例えば東京都新宿区の場合は、自治体の粗大ゴミ受付センターのホームページへアクセスし、申し込みフォームに必要事項を記入します。 『仮申し込みをする』ボタンをクリックすると受付センターから確認のメールが届きますので、文中にあるURLをクリックし『本申し込み』をします。 あとは本人確認ができるもの(免許証など)を持って、受付センターへ指定された日に粗大ゴミを持ち込むか、指定された収集場所に置いて回収してもらいます。 注意点 自治体の粗大ゴミ回収サービスは、自分の計画通りに進みません。 粗大ゴミの回収を依頼した場合、都内の多くは受付時に回収日がアナウンスされます。 つまり引越しの日程に、きっちりはまるわけでありません。 必ず日程に余裕を持ち、行政のスケジュールに合う形で申し込みましょう。 引越し会社に不用品の回収を依頼する 引越し業者によっては不用品の引き取りサービスを行っているところがあります。 引越し作業をお願いした会社に不用品の引き取り・処分について相談するのが、最も手間のかからない方法でしょう。 それなりにお金がかかりますが、自分の手をあまり動かさなくて済みます。 依頼方法 ホームページで紹介されている場合がほとんどですが、見積もりを取る際に問い合わせてみればより確実でしょう。 申し込みさえすればこちらの都合に合わせて対応してもらえますので、引越し作業にかけられる余裕がない場合にはぜひとも利用したいところです。 回収サービスに対応している大手引越し業者リスト 引越し業界ではめずらしい直営のサービスセンターを全国32カ所に保有。 不用品の無料引き取りサービスを行っている(条件により有料)。 不用品回収業者に依頼する とにかく回収までの手間が少ないのが特徴です。 自治体で処分する場合は、 自分で不用品を運び出し、処理場まで運搬しなければなりません。 一方で回収業者に依頼した場合、 業者が養生をおこなった上で品物を搬出してくれるため、建物に傷がつく心配もなく、重たい荷物でも安心です。 また、自治体は回収作業日が決まっており、かつ平日の場合が多いため、会社員の方や平日の対応が難しい方には負担がかかります。 回収業者の場合は作業日を指定できるため、自分のタイミングで不用品を処分することができます。 依頼から回収までの手順 一般的な手順は、まずは電話かメールで申し込み、見積もりの日程を決めます。 指定した日時に回収業者が訪問し、実際に品物を確認した上で見積もりを提示します。 価格に納得したら搬出日時を決定し、当日無事に不用品が搬出されたら料金を支払います。 名古屋を中心に愛知・岐阜・三重県下にお住まいの方を対象とした回収業者です。 買取や遺品整理にも対応しています。 捨てにくいゴミの処分方法 ここまで、粗大ゴミなどの処分方法について紹介してきました。 しかし、「これはゴミに出したいのだけれど、何ゴミに出したらいいかわからない」というものも、中にはあるのではないでしょうか? そこで、よく「捨て方」について質問される、次の5つの処分方法について紹介していきます。 ガスコンロ• 調味料• マニキュア• 除光液 包丁の捨て方 包丁は、他のゴミと同じように、お住まいの地域の指定の分別方法で分別して処分します。 分別方法は他のゴミと同じですが、刃物ですので「捨て方」に注意しましょう。 そのままゴミ袋に入れると、他の人がゴミ袋を触ったときに怪我をするおそれがあるためです。 包丁を捨てるときは、次の手順で行います。 包丁の刃を紙などで包む• ガムテープでぐるぐる巻きにして動かないよう固定する• 外側に『刃物 キケン』などと書いたゴミ袋に入れてゴミに出す 詳しくは「」で紹介しているので参考にしてください。 ガスコンロの捨て方 ガスコンロは、粗大ゴミとして捨てることができます。 粗大ゴミの捨て方は、お住まいの地域の指定によって異なりますが、多くの場合は包丁などとは違い、特別な処置は必要ありません。 ただし、中にはガスコンロが粗大ゴミとして捨てることができない地域もあります。 ガスコンロが粗大ゴミにならない場合は、お住まいの地域のゴミの分別方法を確認してください。 どうしても分別方法がわからない場合は、役所に問合せて聞いてみるのが一番確実です。 調味料の捨て方 使いかけの調味料を捨てる場合、 そのまま流しなどに流して捨てないようにしましょう。 基本的には、中身と外側の容器は別々にして捨てる必要があります。 詳しい捨て方については、以下を参考にしてください。 液状の調味料 (しょうゆ・ソース・みりん・ドレッシングなど) 新聞紙やキッチンペーパーなどの紙に吸わせて、牛乳パックなど水漏れしにくい容器に入れて「普通ゴミ」で捨てる 固形の調味料 (マヨネーズ・味噌・バター・砂糖・塩など) 新聞紙やキッチンペーパーにくるんで「普通ゴミ」で捨てる 油 市販の凝固剤を使用し、固めて「普通ゴミ」で捨てる 調味料の容器はプラスチックであることが多いので、お住まいの地域の指定に従って、分別して捨てましょう。 マニキュアや除光液の処分方法 マニキュアの中身や除光液は、水に溶けにくい材質なので、排水溝などに流す行為は絶対にしないでください。 マニキュアや除光液の中身が残っている場合は、2通りの処分方法があります。 調味料などと同じように、中身を紙類に吸わせて箱やビニール袋に入れて「普通ゴミ」で捨てる• 使い切る マニキュアは、中身は燃えるゴミで捨てることが出来ますが、ビンでできたボトルは資源ごみや不燃ゴミに分類される地域が多いです。 そのため、マニキュアも調味料と同じように、中身とボトルを別々で捨てる必要があります。 中身を捨てる際は、「液漏れ」しないように注意しましょう。 中身を捨ててしまうのがもったいないと言う人は、使い切るという選択もあります。 マニキュアは1つの容器の中に入っている量が少ないため、残っていても使いきることが可能です。 爪に塗るなどのほかにも、アクセサリーのリメイクや防水マッチ作りなど、マニキュアを活用したライフハックは多数あります。 また、除光液は揮発性なので、フタを開けて放置しているだけで、中身が減っていきます。 外に出しておけば1日ほどでなくなってしまうので、捨てるのが面倒な人にはおすすめです。 処分費用の目安相場 ランキングを見ると、ベッドや冷蔵庫、洗濯機が不用品として多く処分されるようです。 でも、これら不用品の処分にお金を払う機会はそうそうありません。 そのため、費用の相場もよくわからない場合がほとんどです。 そこで自治体と回収業者の処分費用の目安を一覧表にしてみました。 大きさなどによっても値段は変わってくるので、一応の目安とお考えください。 よく処分される家具・家電の処分費用相場目安(自治体・回収業者) 品目 自治体での処分費用例 (東京都) 回収業者での処分費用 (税別) ベッド 1,000円~1,800円 3,675円~5,250円 冷蔵庫 3,400円~5,590円 4,200円~10,500円 洗濯機 2,300円~2,400円 3,675円~5,775円 テレビ 1,700円~3,048円 3,150円~7,875円 タンス 300円~2500円 3,000~ 食器棚 300円~2500円 3,500円~ エアコン 1,300円~9,000円 3,150円~5,775円 ソファー 1,800円 3,150円~7,350円 テーブル 300円~1,000円 2,000円~ 処分にかかる料金と時間 処分にかかる費用と、依頼から回収までに必要な時間は次の図のとおりです。 処分料金とは別に費用が必要な品目 家電リサイクル法に定められた4つの商品を処分する場合は、 リサイクル料金が必要になる場合があります。 その処分方法と値段についてまとめましたので、引越し時の参考にしてください。 家電リサイクル法とは 一般家庭や事務所から排出された家電製品 エアコン、テレビ ブラウン管、液晶・プラズマ 、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機 から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。 経済産業省ホームページ『』より 家電リサイクル法対象商品と処分方法 対象となっているのは 『テレビ』『エアコン』『冷蔵庫』『洗濯機』の4つです。 廃棄する家電を購入したお店か、もしくは新しく買い替えをするお店に引き取りを依頼しましょう。 お店によって引き取りの方法は異なりますので、いきなり持ち込まず事前に問い合わせをしてください。 また、遠方に引越したため近くに購入したお店がない場合は、お住まいの自治体へ相談してみましょう。 回収の方法や直接持ち込める指定引き取り場所について説明をしてくれます。 リサイクル料金の目安 エアコン 1,404円~ テレビ 大きさによって異なります。 15型以下のブラウン管・液晶・プラズマ:1,836円~ 16型以上のブラウン管・液晶・プラズマ:2,916円~ 冷蔵庫・冷凍庫 こちらも大きさによって異なります。 小売業者によって異なりますので、各自お問い合わせください。 不用品の実態調査 品物によって処分の方法はさまざま。 そのため、何を不用品にするかによって引越し準備や手続きの方法が変わってきます。 それでは、不用品として処分される品物には何が多いのでしょうか。 引越し侍調査の『』を参考に見てみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 不用品の処分は引越しの際には避けて通れない大仕事ですが、工夫次第で安く済ませることも、手早く終わらせることもできます。 一番のコツは 手持ちの予算・時間と相談しながらベストな方法を選ぶこと。 つまり、どれだけの値段と時間をかけるのか、大まかな基準を設定して初めて不用品の処分方法が決まってくるのです。 漠然としてわからないと感じたら、まず引越しに使える時間を書き出してみましょう。 気持ちよく新生活を始めるのに欠かせないのが不用品の処分。 ギリギリまで引き延ばさず、早めに手を付けてスッキリしましょう。

次の

アート引越センターの不用品処分の流れとゴミ処分のオプション

引越し 不用品処分 ハート

引越をする時は、処分しなければならない不用品がたくさん出ますよね。 特に困るのが、ひとり暮らしの人が実家へ引っ越す時など、 大型の家電や家具が必要なくなり、多くの大型ゴミや不用品を処分しなければならない場合です。 洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ベッド、テーブルなどひとりでは処分できないものがたくさん出てきます。 こういった『多くの粗大ゴミ処分をしなければならない場合』どのようにして処分すればいいか困ってしまいますよね。 引っ越し会社の中には、不用品を回収してくれる業者が増えてきました。 引っ越し会社の不用品回収サービスを利用して、引越しと一緒に粗大ゴミ処分も依頼した方がよいのでしょうか?それとも引越し業者には引越しだけを依頼して、粗大ゴミ処分は不用品回収業者に依頼した方がよいのでしょうか? 不用品の処分方法は、引っ越す時の不用品の量や、処分したい物を買った時期などが関わってきますので、最もよい処分方法はひとつではなく、それぞれの状況によって変わってきます。 ですから、引越しで不用品の処分をする時は、 処分したい不用品をリストアップしてから、依頼する業者を選びに入るのがよいでしょう。 私自身引越しをした時に不用品があったのですが、個人で経営されている引っ越し業者に、引越と一緒に不用品の処分をお願いしたら、リサイクル料金のかかる不用電化製品のほかは、不用品の処分料金は払わなくてもよくて、無料でサービスをしてくださったという経験があります。 引越しをお願いする引っ越し会社を決める時、引越しの見積もりと一緒に、不用品の処分も一緒にお願いした場合の見積もりもお願いしておきましょう。 引越し業者が不用品回収をした場合の見積もり料金が分かったら、次は不用品回収業にも、不用品処分を依頼した場合の見積もりをしてもらいます。 不用品回収業者の見積もり結果と、引越業者にまとめて処分してもらった場合の見積もり結果を見比べてみましょう。 依頼するかもしれない業者の見積書の金額と、それぞれの業者に依頼した場合の手間の差を計算に入れて、不用品処分を依頼する業者を決定していけばよいのです。 それでは引越しの時に出る不用品の処分をしたくて、回収業者を探しておられる人のために、引越業者、不用品回収業者、それぞれの業者に頼んだ場合のメリット・デメリットを挙げながら、どの業者に頼めばよいのかを紹介していきたいと思います。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 引越し業者と不用品回収業者に相談するメリット・デメリット 不用品回収を引越し業者に依頼した場合と、不用品回収業者に依頼した場合、そんなに違いが出るものなのでしょうか?今は引越し業者も、不用品回収サービスのほかに不用品の買取りをしている引越し業者もありますから、依頼する引越し業者によっても料金が変わってきます。 引越し業者に依頼するメリット・デメリット 引越し業者に不用品回収サービスを依頼した場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 処分する手配の手間がかからない。 引越しとセットで依頼すれば不用品の処分料金が無料サービスもしくは安くなる場合がある。 処分する不用品を、引越しする日ギリギリまで使えるので不自由さが少ない。 デメリット• 引越し業者が行うわけではなく、あくまで「外注」のため意思疎通ができていなかったり、場合によっては高くなる可能性がある。 買取りサービスをしていない引越し業者に依頼した場合、不用品の量によっては不用品処分の料金が高くなる可能性がある。 不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット 不用品回収業者に不用品処分の依頼をした場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 前もって処分できるので、引越の準備もはかどる。 不用品回収業者の中でも古物商の許可も受けている業者であれば、買取りサービスも同時にできるため、買い取ってもらえるものがあれば料金が安くなる可能性がある。 処分する不用品が多い場合は、処分費用が引越し業者に依頼すると同じである可能性もありますが、それよりも安くなる可能性がある。 デメリット• 依頼する業者を探したり見積もりを取ったりする手間がかかる。 無料でやってくれる不用品回収は安全?危険? 不用品を「無料で回収します」と宣伝している廃品回収車や、「無料で回収します」と書かれたチラシをポスティングしている業者には、 悪徳業者が多いので結局は高くついたり、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしたりする可能性が高いので、出来る限り利用しないようにしましょう。 不用品回収業者を利用する場合は「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っている業者へ依頼してください。 無許可で不用品回収をしている業者の中には、環境汚染につながるような方法で廃棄処分をしたり、法律的に認められない方法で不用品を処分したりしている場合が多いため、自分たちの社会を守るためにも、認可を受けている業者や、自治体からの依頼を受けている業者へ、不用品の回収を依頼しましょう。 悪徳業者の対処法については『』で詳しく書いております。 合わせてお読みください。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 不用品回収の相場 不用品回収の相場は、粗大ゴミの最終処分費用によって大きく左右されます。 おおよそではありますが、1立米単価10,000円~12,000円程度です。 細かく請求される場合も、以下の表で紹介します。 最近(2019年)ではよくみかける「トラック積み放題」も以下の表で料金の内訳が良く理解できます。 立米 料金相場 軽トラック(2. 5立米) 25,000円程度 軽トラックホロ付き(4. 引越し業者は不用品回収は不用品回収業者に委託するからです。 自治体で粗大ごみの処分費用相場については地域ごとに変わります。 自治体毎の処分費用・方法については『』でまとめております。 合わせてお読みください。 手間なく効率的に不用品を処分するコツ 不用品の処分にかかる手間は、依頼する業者を探したり、見積もりを取ったりする負担が大きいと思います。 ですから、ひとり暮らし人程度のそれほど多くない不用品の量であれば、前もって処分できる不用品や小型家電は、自分でリサイクルショップへ持って行ったり、宅配の不用品買取りサービスを利用して処分したり、不用品を使ってくれる友人に譲ったり、自治体の指定する不用品回収業者に処分してもらうなどして極力不用品の量を減らしておきましょう。 不用品が余程多い人の場合は、前もってトラック詰め放題サービスなどで処分しておいた方が処分料金を抑えられてよいかもしれませんが、それほど多くない場合は、大型の不用品の処分は引越業者へ相談するのがよいでしょう。 不用品がそれほど多くない場合は、引越し業者が引越しの作業のついでに不用品も引き取って処分してもらうのが、最も効率的に処分する方法ではないかと思います。 引越し業者に不用品の回収を依頼する場合は、引越しとセットで依頼することができるオプションサービスなので、引越しの荷物を乗せるのに続いて、不用品の回収もしてくれます。 まとめ 引越しの時の引越し自体と不用品処分を両方こなしていくのは、とても労力のかかる作業ですので、いかに効率よくできるかがポイントです。 引越し業者の多くが、不用品回収サービスや、不用品買取りサービスをするようになりましたので、引越し業者をまずは頼ってみてくださいね。 最後に各引越し業者が提供している不用品回収と買取りサービスの状況についてまとめておきますので、参考にしてみてください。 なお、粗大ゴミ処分について合わせてお勧めしたい記事をご紹介いたします。 即日お片付けサービス 業者を選ぶなら「仲介業者」が一番安心です。 すぐに片付けをしてほしい!でもどこに相談してもすぐに対応してくれない…。 初めての業者選びだからどこに相談すれば失敗しないか?ネットで検索したら業者にボッタクられたという記事を見た…。 など、不用品回収業者選びについてお悩みではありませんか? 結論から書きますが、片付け・不用品回収業者を選ぶなら「仲介業者」を選ぶことをオススメします。 仲介業者でも「片付け110番」が一番。 ご要望を即時解決!• 最大1億円の賠償責任保険加入済• トラブルにも仲介• 安心保証制度• 徹底した加盟店教育制度• お客様限定キャンペーン実施 ご要望を対応、保証もすべて完備しているからです。 片付け110番へご依頼頂きました声も合わせてすべてご案内します。 この記事を書いている人.

次の

引越しの不用品(粗大ごみ)を処分する!簡単な方法6つ

引越し 不用品処分 ハート

不用品買取サービスを利用できる引越し業者は、ハート引越センターやサカイ引越センター、ヤマトホームコンビニエンスなどがあります。 各社で買取対象製品が異なりますので、見積りを取って比較検討することが大切です。 譲渡や買取できなかった不用品は、地域の定める処分法に従って不用品を回収してもらいます。 粗大ごみとして処分する ごみ出しルールが地域によって違うように、粗大ごみの処分方法や対象製品も地域によって色々です。 粗大ごみは有料化されていることが多いので、地域の定める処分法に従って回収してもらいましょう。 家電リサイクル4品目に続いて、パソコンやカメラ、携帯などの小型家電の回収方法が見直され、小型家電リサイクル法が定められました。 小型家電の回収方法は、各自治体によって取り組み方が異なりますが、回収ボックスを各所に設置して収集を促す方法や、小型家電だけ別の袋に入れて集積所に出して収集する方法など様々あります。 パソコンや携帯は、自治体で回収していないことも多いですので、処分方法に迷う方もいるのではないでしょうか。 パソコンの処分方法は、引き取り窓口になっている電器店に回収してもらう、メーカーに回収してもらうなどがあります。 携帯は、ドコモショップやauショップなどの携帯電話会社の専門ショップで回収してもらえます。 色々なメーカーを取り揃えている携帯ショップや電器店などの代理店では廃棄だけの回収はしていないことが多いです。 不用品の中でも、自分で運び出すのに難しい大きな家電や家具は、だた処分だけする場合はどうやって処分しようかと悩むこともありますよね。 回収方法が複雑になりがちなパソコンなども、どうやって処分しようかと思う方もいるのではないでしょうか。 譲渡や買取ができない場合の不用品の処分方法は、主に2~4までがありますが、処分するまで時間がない方や、忙しくて処分できない方などで自分で処分するのが困難な場合は、不用品回収業者や引越し業者にも不用品の回収をお願いできます。 2~4までの処分方法は、税金などによって処理費が負担されますので、使用者が負担する処理費(またはリサイクル費用)は少なくてすみますが、不用品回収業者や引越し業者に不用品回収をお願いする場合は、税金が優遇されないのでその分依頼者の負担額が大きくなります。 例えば、自分で粗大ごみにベッドを出せば1,000~2,000円で回収してもらえますが、不用品回収業者に不用品回収をお願いする場合は、運搬費用込みで1万円を超える可能性があります。 自治体のルールに従って不用品を処分すれば、手間はかかるけれど不用品の処分費を抑えることができ、不用品回収業者や引越し業者に不用品の処分をお願いすれば、手間はかかりませんがその分費用が高くなります。 引越し業者の不用品回収サービスは、引越しに付帯するサービスです。 自社で不用品の回収をしている場合は、引越しと同時に不用品を回収してくれるので、別でトラックを手配する必要がなく費用が抑えられる場合があります。 引越し業者の委託不用品回収業者にお願いする場合は、不用品回収業者を別で手配するため費用が高くなりがちです。 引越し業者によって、不用品回収にかかる費用に差があるわけですが、見積りなどで比較検討して納得の1社を決めると良いでしょう。 おまけ~ボタン電池の処分方法~ 体重計やキッチンスケースなどを処分する際は、電池を外さなければいけません。 円筒型の乾電池は、有害ごみや不燃ごみなどとして地域で定めている分別に従ってごみ集積所に出せますが、ボタン電池は、市区町村では回収していない場合もあります。 地域によっては、ボタン電池回収ボックスが各所に設置されていることがありますが、管轄区域でボックス回収の取り組みがされていない場合は、ボタン電池回収協力店に持ち込んで回収してもらいましょう。

次の