ドラクエ 10 ダーク キング 5。 『ドラクエ10』常闇の聖戦ダークキングを攻略しよう!戦士編

ダークキングについて

ドラクエ 10 ダーク キング 5

ダークキング戦 全般で気を付けること まず、 開幕~討伐まで全ての場面において気を付けることをいくつか紹介します! ダークキングのエンド行動は壁更新して可能な限り一人で受ける バトマス二人でしっかり連携して、 外周で戦いつつ壁更新をしましょう 戦闘エリアの外側にいる人は 内側(時計回りの時はダークキングの右のほっぺあたり)に回って後衛の方が逃げやすいように壁更新しましょう。 定型文で 「壁残ります」 「壁離れます」 などと作っておくと、前衛同士で連携がしやすくなります。 やみのはどうはしっかりと避ける バトマスがやみのはどうを受けた時に一番困るのは 攻撃力の低下と移動速度低下(これが最悪)が致命的です。 攻撃力の低下は、すてみで一応バステを帳消しには出来ますが、これで本来避けていれば攻撃出来た手数を無駄にしてしまします。 移動速度の低下がさらに最悪で、バトマスで壁を作る時の連携が一気に乱れてしまったり、ダークキングのHPが減った時に使う各種技やレーザーを避ける難易度も高まります。 なので、 やみのはどうはしっかり避けましょう。 焦らずに後出し行動を意識すればやみのはどうだけでなく、各種技も対処しやすいです。 使用とくぎについて 天下無双 正直、他の特技を使わなくてもタイムアタックとかを目指さなければほとんどこの技だけで勝てます プラズマブレード バトマス2人で壁に残るか、壁から離れるかの連携が必要ですが 壁から離れる側のプレイヤーはこの技で、ダークキングに遠距離攻撃が可能です。 射程も割と長く、エンド行動で使うキングプレスの射程外から攻撃も出来ます。 全身全霊斬り 上記の技より優先度は低めですが、テンションが上がった時はこの技は強力です。 必殺技のテンションブーストでスーパーハイテンション状態になった時にこの技を繰り出した時の威力は絶大です。 大旋風斬り 優先度は低めですが、全身全霊斬り同様テンションが上がった時のこの技は強力です。 連続で運よくテンションを上げれる機会があり、なおかつ全身全霊斬りがチャージ中の時に使えます。 すてみ 自分でバイキルトを掛けれる手段です。 常に攻撃力を2段階上げていないと討伐は厳しいです。 ブレードガード 後述しますが、序盤の時に使えば途中まで安定して戦えます。 テンションバーン 余裕があれば、使ってみてもOKです。 レギオン装備の場合は、打点を更に上げることも可能です。 ツッコミ ほとんど使いませんでしたが、あると便利なくらいで・・。 壁から離れた時に僧侶にツッコミすることでダークキングに近づくことが可能です。 スポンサーリンク 開幕~HP90%以下までの動きのポイント 開幕はバトマス1人が前に出ましょう 事前に打ち合わせして、バトマス1人が前に出ましょう。 後ろにいる3人のうち誰かがダークキングに狙われている時は壁が成立するので開幕の時間が稼げます。 単純計算で75%以上の確率で開幕の動きが安定します。 丁度前に出たバトマスがダークキングに狙われてた場合は事故という事で・・・。 ロザリオで耐えたりすればラッキーです。 ここまではいつものダークキング HPが90%切るまでは、攻撃力が上がったくらいでいつものダークキングです。 面倒な技も、やみのはどうくらいでレーザーもまだ召喚しないので慣れてくると易しい方です。 ただ、しっかり壁更新のリズムだけはしっかり保ちましょう。 ここでリズムが崩れてしまうと後半はもっと大変です。 易しいうちにブレードガードを使っておくのも手 若干、攻撃の手数は減ってしまいますが 最序盤でブレードガードを使っておくと運要素は絡みますがダークキングの攻撃を耐えやすくなります。 割といい確率で、エンド行動のキングプレスを防いだりできるので中盤あたりまで安定して立ち回りやすくなります ただ、使いすぎると攻撃の手数が減ってしまったり中盤以降は使用する余裕が余り無いので注意です。 もしダークキングの前にクリスタルが密集した時は 無理に攻めず、一旦後ろの安全地帯で待ち伏せて向こう側からやって来るのを待つのも手です。 レーザーに被弾して戦闘不能になった方が、テンポロスが大きいこともあります>< また、後衛の後ろ側にクリスタルが密集した時は時計回りで戦っているのを反転して反時計回りに戦う連携も大事です。 スポンサーリンク HP50%以下になった時の動きのポイント ここからが非常にキツいです。 序盤で詰めていくことが重要であり、残り時間も10分で黄色は勝つ見込みが小さく 最低でも11分~12分くらいにはHPを黄色にしたいです。 ただ、クリスタルとレーザーには気を付けましょう。 この技を受けてしまうと、ダークキングの経験をしている人なら分かりますが倒れて立ち上がれません>< 特に前衛が全員倒れてしまうと攻撃の手数が減るだけでなく、壁も不成立することが多く後衛が壊滅するケースもあります。 召喚が見えた瞬間、定型文を出しておくと取りあえず強い動きが来ることを合図出来ます。 召喚後はほとんどの確率で、強すぎる動きをしてきます!! (通常攻撃ややみのはどうだった場合は、ダークキングの機嫌がいい時) クリスタルを召喚する姿が見えた瞬間、前衛は2人近づいていると壊滅する場合があります。 そのため、 バトマスのどちらか1人が前に出て、もう1人は後ろで一旦様子見するのが大事です その後の動きはパターン化してみるといいのかなと思いました。 次の動きが・・。 ここまで流れに乗れば、 ダークキングのHPが赤になっても動きは黄色の時と変わりません。 これらの動きに注意しながら落ち着いて攻めていきましょう。 まとめ 文章が多めになりましたが、以上がダークキング5の立ち回りについてでした 要点をまとめると ・基本的には天下無双で攻撃(ただし後出しも出来るだけ意識) ・テンション上がった時は全身全霊斬りや大旋風斬り ・壁更新はしっかり行う ・HP90%までは、リズムを維持して戦う ・HP50%~90%からレーザーに気を付ける ・HP50%以下の時はさらにダークテンペストとダークシャウトに気を付ける というような感じです!! 既に攻略した方にとっては分かる内容ですが、これから始める人向けに役に立てば幸いです。 少しでも役に立ったら応援ポチポチもお願いします!!.

次の

ダークキング5はパラディン構成が良いと思う

ドラクエ 10 ダーク キング 5

最新だと更に早くなり2分前後で周回出来る。 魔法戦士を自分ですれば1分台の周回も可能。 最速も1分前半なので実装当初と全く違いますね。 レベル1と2なら勝率も100%近く快適周回に向いてますね。 レベル3や4でも慣れてれば90%以上の勝率になると思います。 サポのが野良PTより効率よく速い場合も多い。 個人的には、常闇ボスで完成度の高さが1番だと思ってます。 レーザーがギミックとして最高傑作だと思う。 レグも双璧をなす完成度ですけどね。 サブキャラを含むと約1500体を討伐してたみたいです。 なので、常闇3兄弟で1番遊んだボスって事になりますね。 初期の頃のユーザーの絶望や阿鼻叫喚の話題も懐かしい。 一応、全レベルをサポでも討伐してます。 PCを変更した頃に重なってるので色々ロストしました。 ユニクロ毒装備や騎神+2装備で頑張って戦ったのも思い出す。 (あの頃まではゴールドが無かったな…) 遊んでいて、特に楽しいボスの一つでした。 それなのに感想記事しか書いて無かったですからね。 なので改めて記事を書こうと思います。 (旬を逃し過ぎですけどゴーイングマイウェイですよ) レベル1と2でストレス無く周回してオシャレしよう計画! 個人的にはDKとイカのオシャレ武器が、特に好きですね。 でもコンプリートしてないから、今も稀に遊びに行きます。 おすすめ構成 プチ高速周回。 バトルマスター・バトルマスター・魔法戦士(自分)・賢者 バトルマスター・バトルマスター・魔法戦士(自分)・僧侶 バトルマスター・バトルマスター・魔法戦士・僧侶(自分) バトルマスター・バトルマスター・魔法戦士・デスマスター(自分) 戦士 両手剣 ・戦士 両手剣 ・魔法戦士 弓 ・僧侶 自分 戦士 両手剣 ・戦士 両手剣 ・道具使い 自分 ・僧侶 安全安心に討伐。 戦士・戦士・僧侶・僧侶(自分の職はどちらでも) 戦士・レンジャー ブーメラン ・天地 自分 ・僧侶 戦士・戦士・レンジャー ブーメラン ・僧侶 自分 戦士・戦士・天地雷鳴士 自分 ・僧侶 レベル4討伐オススメ構成。 戦士・戦士・レンジャー ブーメラン ・僧侶 自分 戦士・戦士・天地雷鳴士 自分 ・僧侶 戦士・レンジャー・天地雷鳴士(自分)・僧侶 武道家・武道家・デスマスター(自分)・僧侶 最強ダークキング討伐は タイムが11分~19分に収まることが多いです。 今だとカカロンを切らさなければ 全滅は滅多に無いので日課にも向いてますよ。 敵の攻撃と行動パターン ダークキングの行動と攻撃。 打撃:500前後のダメージ(守備力により変化) ダークキング(レベル4)だと攻撃力が上がります。 紫雲のたつまき:320前後ダメージ(闇属性)+猛毒 やみのはどう:前方攻撃250前後のダメージ。 「全属性の低下、守備・攻撃・移動・行動間隔の低下」 キングプレス:周囲全員に650前後のダメージ。 ダークキング レベル4 だと攻撃力が上がります。 召喚:ダーククリスタルを呼ぶ。 ダーククリスタル:(方共に580前後のダメージ) バーティカルレーザー照射。 ホライゾンレーザー照射。 現在の構成と攻略は 「最新の追記」に書いてあります。 良かったらそちらも参考にして下さい。 リスク無く確実に勝つ条件だと 2分~4分で討伐になります。 凄くグダグダで5分。 ストレス無く周回出来ると思う。 全滅のリスク覚悟でチャレンジすれば サポでも1分後半で倒せるときもあります。 現在の早いと一分前半で討伐出来ます。 (バトルマスター構成) でも、快適な討伐には焦らずゆっくりが1番。 高速周回の場合は自分僧侶か道具使いがベストだと思います。 特に自僧構成だと全滅のリスクがゼロになるからオススメ。 (戦・戦・魔戦・自僧) 魔戦入りはMP補給の心配が無いのが非常に有り難い。 サポ集会にメチャ向いてますよ。 戦士のサポは毒ガード100で両手剣ならOK。 出来れば宝珠がある程度揃ってるサポ。 魔戦の作戦はバッチリがんばれです。 僧侶がキラポンしないと弓聖の守り星が魔戦の優先行動になる。 キラポンが行き渡ってると魔戦もソコソコ攻撃してくれる。 僧侶 自分 は回復と味方のHP管理を優先して下さい。 敵の攻撃を受ける直前にベホマラーが安心。 慣れて来たらタゲキャラにベホイムでも大丈夫。 でも、ベホマラーのが確実に安全度が高い。 (不意の連続攻撃でも戸惑う事なし) 敵にヘナトスとダメージ軽減が入ってる場合は バフ優先でも大丈夫です。 次に聖女よりキラポンを優先して下さい。 レベル1周回の場合、聖女の守りの優先率は低いです。 あ!ラグからのデスに備えて天使の守りも最優先でした。 開幕、即、天使は余りオススメ出来ません! 開幕は必ず敵の行動見てから何をするか決めると良いです。 それと右下の自分キャラのバフ状況を見る。 レベル1~3のダークキングは 紫雲のたつまきの後にテンペストが決まってるから 行動パターンを組み立て易い。 この場面でキラポンや聖女の更新がオススメ。 味方が敵の攻撃を回避した時なども補助するチャンス。 味方との立ち位置を大切にする。 僧侶はなるべくなら敵に近づく事無く行動する。 クリスタル密集地帯は避けます。 (サポが居座る場合も自分だけは回避しましょう) 場合によってはザオラル待機をする場合もあります。 広い視野でクリスタルを見てると安全地帯が分かり易い。 それとダークシャウトに備えたスペースの確保もお忘れなく! 下がるときは大きく下がりなるべく最後まで! 逆に押し反撃回避の為、7秒以内当たりが重要な場合もある。 味方が倒れた場合は葉っぱで起こすと更に安定。 それとサポへのMP補給も天地の仕事ですよ。 今だと安い賢者の聖水で補給しよう。 サポ戦士は片手剣、両手剣のどちらでも。 カカロンさえ切らさなきゃ放置気味でボスを倒せます。 レンジャー入りもMP管理が楽になるからオススメ。 出来たらブーメランレンジャーが良いです。 ザオ2人の安心感でパニックになり難い。 レンジャー入りの場合は 自分がバト・まもの・戦士などの前衛職でも1と2なら安定します。 レンジャー自身の火力もありDKレベル4にも対応出来る構成。 4の前衛 サポ討伐 の選択肢は戦士1択ですけどね。 一つ難点があります! (毒装備のレンジャーが酒場に少数しか居ません) ボルカが発動すると味方の守備力も上がりワンパンが減る。 フェンリルアタックとケルベロスロンドで 地味にダメージを稼ぐ。 基本は「いのちたいせつに」が安定しますよ。 レベル1と2ならシビアな戦闘しなくても 簡単に討伐出来るから超オススメです。 本当に僧侶とレンジャーは相性良いので 他ボスでも是非レン入り試してみて下さい。 ポジションはバイキ職のポジションになります。 バイキあったら占い、どうぐ、魔戦、旅の出番が無くなるか…。 本当にバイキルトを会得しましたね!レンジャー(祝 これからは天地と並びサポの優秀な味方になりますよ。 それとツメレンジャー自身が アタッカーとしても凄く優秀です。 なので天地とレンジャーの夢のコラボも出来きる。 強敵相手にはレン天地がサポの主流になりそうな予感。 話を戻しますね。 基本戦術はプチ高速周回と同じ。 レーザーの危険を事前に察知して回避する。 敵の行動見て後出しジャンケン! 少し練習すれば簡単に倒せるようになりますよ。 4も今だとレンジャー入り構成で数戦すれば 勝てるチャンスあるので試してみて下さい。 新規の人がレベル1をチャレンジする場合 天地雷鳴士でカカロン出して敵行動を見ながら覚える。 そして手数を少しづつ増やして戦闘に慣れましょう! 最新の追記! 最新のプチ高速周回の構成。 バト・バト・魔戦・賢者(自分) バト・バト・魔戦(自分)・賢者 バト・バト・魔戦(自分)・僧侶 バト・バト・魔戦・僧侶(自分) レン・レン・魔戦(自分)・僧侶 レン・レン・魔戦・僧侶(自分) 戦士・戦士・魔戦・賢者(自分) 戦士・戦士・魔戦・僧侶(自分) 自魔戦でリスク覚悟で行けば1分前半も出ます。 (もしかしたら1分切るのも可能かもしれません) 安定討伐になると2分前後が目安になってきますね。 上記は戦士・バト・魔戦・僧侶(自分)の構成です。 自分に聖女だけして後はベボマラーだけでも特に問題なし。 全体が強化出来るからスクルトもした方が良いかな。 ステータスが上がってるから戦い方がシンプルになりました。 不安なら天使やキラポンすると安心ですね。 こちらの構成はバト・バト・魔戦・僧侶(自分)です。 自僧だと早くても1分後半のタイムになりますよ。 僧侶なので天使を保険ですると全滅リスクは無いかな。 周回は2分10秒あたりが目安になりますね。 回復優先でなるべくサポを守る。 味方のHPが減っていたり敵のテンションが上がってると 一撃で落ちる場合があるから、そこだけ気を付けましょう。 一応スクルトも唱えておくと安心感が増しますよ。 最速で周回したいなら自分で魔法戦士or賢者がオススメ。 構成はバト・バト・魔戦・賢者です。 1分台で周回出来ますよ。 新職業のデスマスターで2戦してきました。 余り変化は無かったですね。 討伐タイムも平凡でした>< バージョン5. 1でのダークキング4。 今だと約10分前後で討伐出来ます。 バージョン5. 0から変化があるのかお試し討伐。 作戦をバッチリのまま間違えて突入。 武道家の行動がv5. 1で 変わったのかと思ってました(笑 素でボケをかましましたよ…。 普通は途中で気付くよね! 耐性で僧侶を選んだら たまたま有名ブロガーが居たのでレンタル。 構成は 武・武・僧・デス(自分)です。 慣れてない内の召喚は呪いで良いと思います。 鎧はテンペストとキングプレスで 消滅する場合が多い なので技を確認したら新たな召喚の準備をする。 同じ日に 武・武・僧・天地(自分)でも遊びました。 マイルールで 世界樹の雫は勿体無いから使用禁止してます。 攻略は基本単純ですよ。 カカロンを切らさない事とピオリムの維持。 それと僧侶が倒れた時に葉っぱが早いと 僧侶の天使を残せるのでオススメです。 味方の蘇生が最優先事項。 後は味方の起き上がりに風切りの舞とかですね。 安定してる場面のみ攻撃します。 サポ討伐だとどうしても天地が優秀です。 他の構成とは安定度が格段に違うんですよ。 10分以内に安定して倒せる場合が圧倒的に多い。 天地構成でも早いと7分台も出せます。 本当、カカロン様様ですね! リスク覚悟で行けばもっと早い構成もあります。 武・武・僧・レン(自分)なども早い。 でも全滅のリスクもアップします。 個人の最速は 武・武・僧・デス(自分)で出した6分50秒が最高。 (ただ単に展開と運が良かっただけの結果) クリスタルが少ない場面ではガイコツを召喚。 多い場面では鎧を召喚って感じの戦闘でした。 戦闘の安定性に欠けるのでオススメ度は低いです。 物凄く安定して倒したい場合は やっぱり戦士・戦士・僧侶・天地(自分)ですね。 最近、イマイチ活躍が無い戦士さん>< でもサポ3だと今もトップクラスの性能です。 安定=戦士に揺るぎは無いですね。 常闇三国志の冥海主メイヴ攻略へのリンクです。 新コインボス帝国三将軍のサポのみ簡単攻略です。 良かったら見て下さいね。

次の

ダークキング5にバトで勝った人の装備アクセはこれだ!【レギオン編】

ドラクエ 10 ダーク キング 5

ドラクエ10の最新パッケージ「 いばらの巫女と滅びの神」が10月20日に発売され、このたびバージョン5. 0が公開されました。 数々の冒険者を苦しめ、また多くのドラマを残してきたエンドコンテンツである常闇の聖戦。 ダークキングとは エンドコンテンツである常闇の聖戦の第2弾として登場した強敵です。 非常に高い攻撃力を誇り、キングプレスで広範囲に即死級のダメージ+ふっとび効果を与えるので、後衛が巻き込まれるとPTが壊滅してしまいます。 また、ダークキングといえばダーククリスタルによるレーザー攻撃が厄介で、召喚により現れたダーククリスタルが十字の方向に射程無限のレーザーを一定間隔で交互に射出され、数々の冒険者を苦しめてきました。 ダークシャウトは 周囲全員をショックという前衛殺しの性能となっており、密着状態からではツッコミ避けでしか回避できません。 一方、攻撃力も大幅に強化され、通常攻撃は原則HP満タンから即死、ダークプレスについては真やいばくだきや武神の護法による与ダメージ低下が入っていても素で受ければ即死し、やいばのぼうぎょでなんとか耐えるというぐらい強くなっています。 また、闇属性攻撃である紫雲のたつまきの威力も800程度に強化されているため、闇耐性の装備を必ず用意しておきたいです。 そして、悪名高きレーザーも威力が上がって780程度のダメージとなっているため、こちらも被弾すると原則即死します。 シミュレーションしてみましたが、なるほどこれはハードルが高い(汗) なかなかおもさ1200を達成できる方がいないのも納得ですね。 なお、言わずもがな毒ガード100%は全職必須です。 ちなみに自分はというと・・・ 一応もっています。 ゼルメアで2個手に入って片方は処分しましたが(汗) こればかりは運なので仕方ないですよね・・・ またゼルメア体上の燭台持寄りが流行ってくれるといいのですが。 僧侶 パラディンと合わせておもさ1481になるような装備であれば、自身にズッシードをかけることなく2人がかりで押し勝ちが可能となります。 魔法使い 火力を少しでも上げるため、ソポスセットで決まりです。 そして、組んでいただいたパラディンさんのお話の中で1つの目安が HP600、闇耐性30%ということを聞きました。 ただし、紫雲のたつまきの乱数によっては闇耐性30%程度では耐えられないこともあったので、できるかぎり闇耐性を上げることが望ましいです。 なお、今回の攻略に最低限必要な宝珠は下記の通りです。 パラディン構成のメリット パラディンが崩れない限りは安定した火力を出すことができ、HP50%突入までの安心感は非常に高いです。 フィールドを動き回ることがほとんどないため、レーザーに対する安全地帯を確保できれば長時間にわたって高ダメージを与え続けることができます。 また、一般的に撃たれ弱いとされる魔法使いですが、活命の杖をきちんと使うことでレーザー1確を防ぐことができ、僧侶の聖女配りの負担を軽減させることができます。 さらに、パラディンの必殺技であるパラディンガードが発動すれば一定時間確実に安全となり、パラディンがフィールド外周に敵を誘導することで後ろのスペースを確保することができる点も魅力です。 そして、運が大きく絡むもののぶきみな閃光で呪文耐性を低下できることがあり、もし呪文耐性低下が入ればかなりタイムを短縮させることができます。 パラディン構成のデメリット 召喚の頻度やクリスタルの設置具合によっては結局レーザーを避けることが難しく、パラディンが落ちないための立ち回りにアドリブ力がかなり問われる印象を受けました。 また、火力となる魔法使いも過去の経験や慣れがないとレーザーの被弾を繰り返してしまいやすく、死亡してしまうと火力を確保することができません。 攻略時は自分がダークテンペスト警戒のチャット係を担当していたのですが、チャットを忘れてしまったときは周りの方も同じく移動が遅れて死亡するということが何度もあったので、ここがある意味最大のネックかもしれません。 討伐記録 前半一気に火力を出してタイムを確保しやすいので、時間はそれなりに余裕がありました。 称号は「暗黒の征服者」 なかなかかっこいい響きですね! この構成のネックはやはりおもさ1200のパラディンさんを確保するところですかね(汗) 初討伐ということでお決まりの記念撮影! んー写真のセンスは正直ないな(汗) 実は一番小さいプクリポの方がパラディンを担当していました。 小さいけど超重い! 総評 今回はバージョン5. 自分はパラディン構成で攻略したのですが、一般的には物理構成が普通かと思いますし、今はバトバト僧僧やバトバトデス僧といった蘇生2枚入りの構成が主流となっているようで、こちらの討伐報告がかなりあるようです。 最後までお読みいただきありがとうございます!.

次の