神戸 山口組 山健 組。 「神戸山口組」の山健組を家宅捜索 飛び交う怒号「何しに来たんや」(画像集)

神戸山口組 宅見組からも移籍が 分裂抗争“禁断の終結条件”

神戸 山口組 山健 組

健國会 二代目健國会(けんこくかい)は兵庫県神戸市須磨区常盤町3-3-9に本部を置く暴力団で、指定暴力団・の三次団体。 上部団体は五代目。 旧兼國会。 1982年、が二代目組長を継承。 は二代目直参に昇格。 1989年、が五代目組長を襲名。 が三代目を継承。 山本國春は三代目渉外委員に就任。 の前身となる「兼國会」の会長に就任。 2005年、が四代目を継承。 四代目渉外委員長に就任。 兼國会を「 健國会」に改称。 四代目若頭の 妹尾英幸が引退。 後任若頭にが就任。 2007年5月、は、神戸市で四代目系 多三郎一家・ 後藤一男総長が刺殺された事件で、その指示を出したとして2010年、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)容疑で逮捕。 2012年02月、一審の大阪地裁で無罪判決。 2014年01月、二審の大阪高裁で、一審判決を破棄し懲役20年の逆転有罪判決。 2014年06月、は引退。 健國会は解散。 若頭・ 袖岡勝二が地盤を引き継ぎ、後身組織となる「」を結成し代表に就任。 四代目直参に昇格。 2015年6月、最高裁は上告を棄却しの懲役20年が確定。 2015年8月、分裂に伴い、はの三次団体となり、名称をに戻した。 2015年10月、から処分されていた元五代目・三代目若頭補佐で、「三代目」会長だったが、・「四代目」舎弟頭補佐として復帰。 は総裁に就任。 系譜 初 代 - (四代目若頭) 二代目 - 組織図 会 長 - (五代目幹部) 最高顧問 - 若 頭 - (組長) 舎弟頭 - (会長) 本部長 - (会長) 若頭補佐 - (二代目会長) 若頭補佐 - (会長) 若頭補佐 - (組長) 若頭補佐 - (組長) 若頭補佐 - (組長) 事務局長 - (会長) 舎弟 (会長) (組長) (会長) (組長) (組長) (二代目会長) 幹部 (二代目会長) 若中• この項目は書きかけ項目です。• 編集される際は「」をご覧ください。 編集を依頼される場合は下記の【このページの編集依頼】または【】から依頼して下さい。 【このページの編集依頼】.

次の

【事件】神戸山口組「山健組」傘下「小林会」の事務所のインターホンが破壊される! 大阪市浪速区 Kobayashi kai Kobeyamaguchi gumi mafia group

神戸 山口組 山健 組

神戸山口組では特定抗争指定の効力が発揮されて以降、兵庫県の警戒区域外でひそかに会合を行うなどし、結束を強化してきた。 中核組織である山健組も、トップの中田浩司組長が殺人未遂などの容疑で逮捕、起訴され、不在が続く中で、2月には新人事を発表。 新たな執行部が始動した。 それにより、山健組本部の至近距離で起きた組員射殺事件への報復が予想されており、3月には内部方針が再確認されたという。 「六代目山口組・髙山清司若頭の自宅に銃弾が撃ち込まれた件で、実行犯と神戸山口組との関係も取り沙汰されたが、三重県警がさらなる逮捕に動いているという話は聞こえていない。 山健組による報復ならば、組員が2人も命を奪われたのだから、それ相応の返しになるはずだ。 実際、山健組内部では『強い山健組』という今までと変わらない方針が、改めて示されたと聞く」 山口組ウオッチャー 特定抗争指定の影響で、山健組では定例会を休止しているようだが、3月上旬に一部の直参らが区域外に集まり、会合を行ったという。 その席で、暗に今後も臨戦態勢を敷いていくという方針が確認されたのだ。 さらに、山本健一組長の初代山健組時代から受け継がれるスローガンについても、触れられたようだ。 「団結と沈黙やったらしいが、どうも変なんや。 本来は団結、報復、沈黙の3つで、大阪戦争の時代に掲げられたんや。 平成に入って報復の文字がなくなり、中田組長の五代目体制になってから、また報復の文字が戻っていたはずなんやが…」 関西の組織関係者 報復の文字が再び消された背景を、ある業界ジャーナリストはこう推察する。 「中田組長の勾留中、全直参の前で『必ず戻る』というメッセージが代読された。 身の潔白を訴えた言葉であり、指揮官としての意欲も感じさせた。 その意を汲みつつ、組員2人が射殺されたことで組織内部に怒りが渦巻いているはずで、あえて報復という言葉を省いたのではないか。 行動に移した場合、組織的な犯行と取られかねないからだ」それ以前から、警察当局は神戸山口組への攻勢を強めており、井上組長と密接な関係にある九代目酒梅組・吉村光男総裁 大阪 を傷害などの容疑で逮捕 起訴 し、側近である山健組直参の藤岡宏文若頭補佐も恐喝容疑で逮捕。 さらに、3月3日には神戸山口組直参の福原辰広幹部 邦楽會会長=兵庫姫路 を、兵庫県警が電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕したのだ。 「邦楽會の関係者1人も逮捕され、自動車の移転登録の際、共謀して虚偽の申請を行ったという内容でした。 この容疑で分裂前から多くの関係者が逮捕されてきましたが、不起訴や略式命令がほとんどです。 しかも今年3月4日、東京地裁は藤田若頭補佐に懲役1年2月の実刑判決を言い渡したのだ。 公判の争点は、抗争中であることを理由に脱退を許されなかった英組の元幹部が、改めて電話で意思を伝えた際、「破門にしたるわ。 その代わり、きっちりケジメ付けたるからな」や「どこに逃げても追い込んだるからな」などと、脅迫的な文言を発したか否かだった。 会話の録音は残されておらず、当事者同士の供述などが判断材料となった。 藤田若頭補佐は「内容が違う」と主張したが、裁判長は弁護側の意見を退け、「言葉によるものとしては相当に強度」とし、「脱退を希望した者を敵対視するという暴力団特有の発想に基づく犯行」と厳しい判断を下したのである。 「藤田若頭補佐は、平成29年に出資法違反などの罪に問われ、懲役2年8月、執行猶予4年の判決を受けていた。 今回の判決によって執行猶予が取り消されることも含め、控訴する方針のようだ。 直接会ったならまだしも、電話で唸り飛ばしたことが罪になるとは…。 しかも被害者の元幹部は、長期服役して絶縁処分を受けた間、藤田若頭補佐の支援を受け続け、出所してからは組織に再加入していた。 何が逮捕の要因になるか、分かったもんじゃない」 関東の組織関係者 また、3月9日には大阪府警が神戸山口組舎弟の小嶋恵介・二代目中野組組長 大阪堺 を恐喝容疑で逮捕。 あわせて読みたい•

次の

井上邦雄

神戸 山口組 山健 組

警察は銃刀法違反の疑いで逮捕していた山口組系の暴力団幹部と同じ暴力団の組員の2人を殺人未遂などの疑いで23日、逮捕しました。 殺人未遂と銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、6代目山口組大同会幹部岸本晃生容疑者(52)と大同会組員山根正樹容疑者(35)です。 警察によりますと岸本容疑者は5月30日、指定暴力団神戸山口組池田組の駐車場で池田組幹部と組員に向け、殺意を持って拳銃で複数発、発砲した疑いが持たれています。 また、警察は防犯カメラの映像などから山根容疑者も犯行に共謀した疑いがあるとしています。 警察は「捜査に支障が出る」として容疑者2人の認否と供述を明らかにしていません。 警察は山口組と神戸山口組の抗争事件とみて捜査していて、岡山県公安委員会は7月中にも2つの組を特定抗争指定暴力団に指定する方針で手続きを進めています。 参照元 : <関連記事>• 111• 305• 178• 377• 291• 167• 149•

次の