テレビ 就活。 テレビ朝日の就活対策|企業研究やインターン/説明会情報ならONE CAREER

【テレビ業界に就職するには】就活生が知っておきたい仕事内容や年収

テレビ 就活

見出し• テレビ局の志望動機 テレビ局への志望動機を考える時はまず、自分とテレビの歴史について考えてみるといいと思います。 就活でテレビ局を志望している人は絶対にテレビへの何かしらの愛着があってその選択をしていると思うんですね。 このテレビを見て自分の人生が変わった• テレビの仕事のこういうところに憧れてテレビ局で働きたいと思った など、 きっとその内容はプラスの内容のはずです。 そしてテレビ局で実際にテレビを作っている人たちはとても人間的でハートフルな人が多いです。 エンターテイメントを作っている人というのは人の心を動かすものはなんたるか、ということを常に考えている人なので人としても深みのある人たちなんです。 テレビ局は厳しい世界で、現場で怒号が飛ぶのも当たり前、と思っている就活生の人は多いかもしれませんが 実はテレビ局に入ってみると和気藹々と仕事をしていることが多いんですよ。 もちろんテレビ局は時間にかなりシビアな現場でもありますから、緊張感の走る瞬間もありますが、基本的にはみんな仲がよく、楽しいことが好きな人たちです。 だからこそ就活でテレビ局への志望動機を考える時は、いわゆる就活で優等生とされる「 真面目ないい子像」を作っていくよりも より面白く楽しい話が志望動機に盛り込まれていた方が印象に残ると思います。 関連記事: テレビ局の仕事で必要になること テレビ局で制作として働くことになると、一番最初は番組のAD、つまりアシスタントディレクターとして働くことになるでしょう。 関連記事: しかしアシスタントディレクターとして働くのはあくまで下積み期間なので数年になります。 そのあとはディレクターに進んだりプロデューサーに進んだり、いずれにせよ「企画力」が求められる役職についていくことになります。 もちろんアシスタントディレクターの段階でも番組の内容について企画の意見を求められることがあります。 テレビ局に入って仕事をするようになると少なからずどこかの場面で自分の意見や自分の考えていることを表現することが求められるんですね。 テレビ局はテレビを作っていくところですから当たり前といえば当たり前です。 だから 就活の段階からどんなテレビを作っていきたいのか、もっといえばどんなテレビ局にしていきたいのか、というところまで話ができると強いと思います。 一般的な仕事と違ってテレビ局の仕事は「 これをやっていればいい」というようなルーティンワークに囲まれている仕事ではありません。 自分の意見をきちんと持っていることがとても大切な業界です。 逆に、就活でテレビ局を志望しているのに「 テレビ局に就職すること」が目的になってしまっていて「 どんなことをやればテレビがウケるのか」というところに思考が及んでいないなら テレビ局に就職することができてもテレビ局の仕事をこれから先ずっと長く続けていく、というのは難しいと思います。 関連記事: 就活で志望ジャンルをある程度絞っておく テレビ局に就職したい、という人は就活の段階である程度志望ジャンルも絞っておいた方がいいと思います。 前述した通り、テレビ局の人は人を動かすことのできるドラマが好きですし、企画力を新人に求めます。 常に面白いものを求めて変化していこうとしているのがテレビなんです。 関連記事: だから「 とにかくテレビ局に入りたい」という就活生よりは明らかに「 テレビ局でこういう仕事が絶対にしたい」という意見がある就活生の方が好まれます。 そこには情熱とドラマが感じられるからです。 就活の時点で、テレビ局に入ったらどんな仕事をしたいのか、ということを具体的に考えておくことが大雪でしょう。 個人的には、テレビ局で一番最初にする仕事は報道番組・情報番組がおすすめです。 関連記事: 学生のうちからテレビ局で働く 就活がまだ始まっていない学生さんは、学生のうちからアルバイトとしてテレビ局で働くこともできます。 関連記事: 就活をする前の時点からテレビ局内で仕事をすることによって、テレビ局内でどんな仕事ができるのか、ということを実際に体験することもできますし 一般的なアルバイトと比べるととても自主性が求められ、大きな責任が伴う仕事です。 マニュアルがある仕事ではないので臨機応変さが必要な仕事ですがやりがいを感じることができると思いますし、 改めて就活でこれから自分がやりたい職について見つめ直すのにもいい機会になると思います。 関連記事: テレビ局に就職するなら 就活生がテレビ局に就職したい、と思った時に考えておくべきことを話してみましたがいかがだったでしょうか? テレビ局で働きたいと思っている人をお待ちしております。 弊社公式ホームページは。 テレビ局を志望している就活生のみなさんのご参考になれば幸いです。 何かわからないことやご相談がございましたらぜひ下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

次の

テレビ局若手社員訪問

テレビ 就活

マスコミ業界、テレビ局への志望動機の書き方 マスコミ業界の定義、分類は非常に曖昧です。 この記事で対象にするマスコミ業界は広告業界、印刷業界を除き、取材、報道、編成・編集部門を持つ新聞、テレビ・ラジオ、出版社、ニュース通信社への志望動機を対象とします。 この記事ではテレビ局への志望動機を取り上げます。 マスコミ業界は各社の採用人数が限られているところに、就活生に人気がある業界であることから、非常にハードルの高い業界です。 NHK(日本放送協会)への志望動機を例文として掲載しますが、これは、あくまでマスコミ業界、該当業種内の企業への志望動機文の構成要素と文章フローの参考用です。 具体的な事実に基づかないと、参考にし難いという理由からです。 志望動機は、あくまで「あなた起点」で書かなければ意味がありません。 就活本やマニュアル、就活支援サイトにある例文は参考にして良いですが、コピペや流用は止めましょう。 コピペや流用をして一時的にしのげたとしても、面接では説得力がなく選考には勝ち残れないでしょう。 うまく内定がとれたとしても、あなたの本質からずれたところで選んだ企業に入社するリスクになります。 入社後ミスマッチが起こると、あなたも企業もお互いに不幸な結果になってしまうので、 志望動機は必ず自分の考えと意思で作成しましょう。 志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう マスコミ業界の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 志望動機ジェネレーターなら、 簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 無料でダウンロードして効率的に文脈を作り、マスコミ業界に採用される自分独自の志望動機を完成させましょう。 私がNHKを志望した理由は、国民に伝えるべきことを知性と感情の両面で、最も広汎に伝えることができる唯一の存在と考えたからです。 少子高齢化や財政難、格差社会などの様々な社会的・経済的な問題に直面する今、向き合うべき真実を伝えられるのがNHKだと思います。 その意味で私がNHKで最もやってみたい仕事は、重要な問題や課題を正面から取り上げ、伝えていく番組制作をすることです。 不都合な事実を国民と共有し、それを克服するための前向きな力を生み出していきたいと考え、番組の企画制作に深く関われるディレクター職を希望します。 私は長く番組制作会社の企画調査部門でアルバイトをしていましたが、番組制作に携わる楽しさと同時に、もっと深いものを生み出したいという欲求も感じてきました。 テーマを深く掘り下げ、リッチな情報コンテンツで感情をも揺さぶり、問題の本質的な理解と解決に貢献できるような番組を作りたいと思いNHKを志望しました。 放送総合で第2・3希望の業務を選択した場合、その業務を選んだ理由とやってみたい仕事を具体的に述べてください。 (200字) 第二の志望業務は記者職です。 世の中で起こる広汎な事象を追いかけ、真実に迫りたいというのが選択理由です。 私の就活の軸は「社会や経済の問題や不都合な真実でも、国民に伝えていくことによって、それを解決する力を生み出していきたい」というものであり、記者職はその問題の本質に自ら迫れる点にやりがいを感じるからです。 NHKでは記者でも番組制作に深く関われる事をインターンシップ参加時に実感できたことも選択理由です。 そのテレビ局で実現したいことを結論にする NHKのエントリーシートのフォーマットでは、志望動機に関する質問で、NHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事を聞いています。 例文では、この順番を守っていますが、やってみたい仕事を先に述べて、その理由が働く場としてのNHKを選んだ理由になるのであればそれでも良いです。 ESで「理由を述べなさい」と指定されない限り、エントリーシートでも、面接でも、「この企業でやりたいこと、実現したいこと」を志望動機の結論部分にしましょう。 結論は、エントリーシートの志望欄には一番初めに、明確に書きましょう。 面接では、結論を始めに述べましょう。 理由から入ると、話の核心が見えにくく、弱くなってしまいます。 ESでも面接の応答でも基本は結論をはじめに述べてから、その理由を簡潔に説明していくフローを使いましょう。 また「理由」を述べる場合でも、企業の特徴を挙げているだけでは、あなたを感じることはできません。 理由にもあなたの「意思」や視点を入れて書かないとアピール不足になります。 NHK志望のAさんの志望動機の場合は、以下の部分が結論になります。 NHKを志望した理由: 「その意味で私がNHKで最もやってみたい仕事は、重要な問題や課題を正面から取り上げ、伝えていく番組制作をすることです。 不都合な事実を国民と共有し、それを克服するための前向きな力を生み出していきたいと考え、番組の企画制作に深く関われるディレクター職を希望します」 志望動機の結論に、「自分の成長」や「自己実現」など、自分へのメリットを書くのは止めましょう。 企業はあなたのために採用活動を行っているのではありません。 あくまで企業*のために行っています。 企業のためとは、企業の利益に貢献をすること、そのためには、企業の顧客に価値を提供することです。 *NHKは特殊法人のため企業ではありませんが、その他マスコミ企業のためにこの記事では一般名称として「企業」という言葉を使用しています。 多くのエントリーシートを読んでいますが、ここをはき違えてしまっている学生は多いのです。 自分の成長は大切なことですが、志望動機の核にしてはいけません。 特にマスコミ業界の顧客はマスとしての視聴者や読者ということになります。 あくまで視聴者や読者への情報価値の提供を行うことが存在意義なので、そこを充分考えて書かないとESの選考は通過できません。 また、結論=核心部分なので、その 企業の独自性、特長や業界でのポジショニングを反映していないと、非常に弱い結論になってしまいます。 どの業界にもあてはまるような、「人々の幸せに貢献したい」「暮らしを豊かにしたい」など、抽象的過ぎて全くアピール力がないことは、言うまでもありません。 この結論部分には、「あなたならでは」の要素を入れましょう。 NHKへの志望動機の場合は、前述の二つの結論部分にAさんの価値観を色濃く反映しています。 このような 価値観や、あなた自身が 経験したこと、あなた 独自の視点や、 専門領域など、 実感を以て語れることが、あなたらしさになります。 志望動機には他の学生ではない、あなた独自の情報を入れないと、あなたの志望動機としては弱いものになってしまいます。 何故、テレビ局という業種なのかを理由付ける 志望動機の作成フローにあるように、 あなたが何故その業界、業種に興味、関心があり人生の重い決断である職業選択の対象にしたのかを説明しましょう。 そして、 何が結論である「あなたがその企業でやりたいこと」に結び付いているのかを説明します。 NHKの例文では、「私がNHKを志望した理由は、国民に伝えるべきことを知性と感情の両面で、最も広汎に伝えることができる唯一の存在と考えたからです」がまさにその理由付けです。 テレビという メディアの特性は、動画という最も感情に訴えられるフォーマットで、且つ公共の電波を使用して広く視聴者に伝えるところにあります。 知性と感情の両面で、最も広汎に伝えられる存在がテレビ局なのです。 他のテレビ局ではなく、このテレビ局なのかを理由付ける このパートに説得力を持たせるのは、 徹底した個別企業の研究と、自己分析です。 志望企業はもちろんの事、その 業界内で競合する企業を研究して、 志望企業ならではの特徴、独自性を見つけていきます。 その独自性と、業界を志望する「あなた自身の理由」を結び付けて下さい。 例文では「少子高齢化や財政難、格差社会などの様々な社会的・経済的な問題に直面する今、向き合うべき真実を伝えられるのがNHKだと思います」の部分で、NHKの存在意義をAさんの視点でより具体的に補強しています。 広告収入で成り立っている民放各局では、基本的に広告主の存在と視聴率の高さが利益の源泉になるため、 視聴率のとれない難しい問題や、暗い未来の話を取り上げていくことには限界があります。 唯一公共放送として、それができるのがNHKとういう存在であり、そこに社会的な存在意義があるのです。 人にものを伝えるために、あらゆる努力や取材をするのがマスコミであり、TV局です。 机上の空論や座学ではなく、現場力が問われる職業の為、生きた情報を仕入れる努力をしている就活生と、していない就活生では評価に大きな差がついてしまいます。 志望意欲を強めるためにも、是非行ってください。 自己PR要素を加えて志望動機を補強しよう ここで、 自己分析から抽出したあなたの強みや長所、性格、経験や資格、専門領域などの自己PR要素を入れていきましょう。 マスコミ企業のESの場合、自己PRや学生時代に力を入れたこと、経験を一般企業より詳しく記載する欄が設けられているため、志望動機の文字数制限の中で無理やり詰め込む必要はありませんが、それらが志望動機にも繋がっていると、より説得力を増すことができます。 一つのESとして、あなたの人格を伝える一貫性を意識してください。 例文では、以下の部分でAさんの学生時代のアルバイトの経験を志望動機の根拠の一つとしてアピールしています。 そのテレビ局で実現したいこと、やりたいことを結論として初めに書く• 何故、テレビ業界、テレビ局なのかを理由付ける (業種・業界の存在意義 X 価値観・経験)• 何故、他局ではなく、このテレビ局なのかを理由付ける(志望企業の存在意義・特徴・独自性 X 価値観 X 自己PR要素)• 就活の軸、「企業選択で譲れない基準」を基に志望動機を結ぶ(志望するテレビ局の存在意義・特徴・独自性 X 就活の軸) 尚、志望動機欄の文字数制限が 300字以下の場合は、自己PR要素は削除してもかまいません。 殆どの ESには自己 PR欄や、学生時代に力をいれたことを記述する欄がるため、そちらで集約して、志望動機は全体を簡潔にまとめてください。 ただし上記の4つの要点はカバーしましょう。 完全に一つ一つをカバーしなければならないという意味ではありません。 文脈の中でうまく伝えることにトライしてください。 ES全体として「あなた」という個性と志望動機に一貫性が読み取れ、採用担当が「あなたがこの企業で働いている姿」を想像できることが重要です。 志望動機が書けない時に!志望動機ジェネレーターを活用してみよう 志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、 簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

次の

【業界研究:テレビ局】テレビ業界志望者必見、キー局4社(フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS)の事業・社風の違いを徹底比較!|就活サイト【ONE CAREER】

テレビ 就活

出版業界はオタクが多い印象ですが、テレビ業界はどんな人が多いのでしょうか? Aさん: オタクもいるけど、自分に自信がある変人が多いといった印象です。 Bさん: ・よくしゃべる ・我が強い(自分の意見をしっかり持ってる) ・元気でハキハキ ・ちなみにNHKは暗め Cさん: 比較的しっかりした人が多いと思う。 タイプは人によってさまざまで、ストレートな努力家もいれば、世渡り上手もいる。 ただ、みんな総じて元気があり、プレゼンテーションがうまいなど、共通した特徴もある。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Q2. テレビ業界は文化祭好きが多いって本当ですか? Aさん: その通りだと思います 笑。 しかも絶対文化祭の催しとかでリーダーやるタイプ。 Bさん: イベント好きは多いが、局によりカラーが。 ただ、祭りを率先して楽しむ人から、空気を読んで動く人まで、各々のかかわり方は異なると感じた。 グループワーク時に、アイデアマンタイプだけでなく、合いの手がうまい人が通っていたりもするし、「こういう人だから合格する」というはっきりした答えはない。 女の子は容姿の良い人が多く、男は凛々しいタイプだけでなくムードメーカーも多かった。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Q3. テレビ業界は、あらゆるジャンルの番組が好きな人しか受からないのでしょうか? 出版は、「漫画だけ好きで小説は読まない」というような人でも入れるので。 Aさん: そんなことはなく、むしろ得意なジャンルがあった方がよいと思います。 一次面接から「自分はどんな仕事がしたいのか」ということについて説明する機会が与えられますが、その時得意分野について語れた方が強いと思うので。 私も面接では所属するゼミでの研究内容や趣味に触れつつ、詳しく答えていくことを心がけていました! Bさん: ・一部のジャンルだけが得意でも入れるには入れるが、オールマイティな方が良い。 ・出版と違うのは、自社の番組について、ものすごく意見を求めて来る。 「好きなもの」を聞いてくる、というよりかは、「考察」「分析」が多い。 ・企画を、細かく聞かれる。 提出も求められる。 Cさん: 入社時には配属先がわからないため、なるべくオールマイティでいてほしいとは言われる。 管理系や営業などの配属もあり得るし、いろんなジャンルがわかるのが大事。 ただし、「ニュースばかりで、バラエティーはほとんど見ない」と言って通る人もいる。 「不勉強」ととられなければ、必ずしもすべて見ている必要があるわけではない。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Q4. 「内定をもらうためにやっておくべきこと」はありますか? Aさん: 「アドリブ力を養うこと」でしょうか…。 一般企業も受けていましたが質問の内容が余りにも違うので苦労しました。 対策としては、【マスコミ系のセミナーや先輩、就活仲間を通してとにかく過去問を集めること】と【面接練習】の二つに尽きると思います。 業種によってはESに沿った内容がほとんど聞かれないこともありました。 Bさん: ・インターンに行く。 ・テレビ見まくる。 受ける会社の番組は勿論、他の会社のものも見て比較する必要がある。 Cさん: ・聞かれるかもしれない質問をリストアップし、答えを整理してから臨んだ。 ・面接の受け答えは、「短めに」「要点を整理して」話すほうがいい。 冗長になるとボロが出やすくなるので。 ・緊張してガチガチになってしまうような人は事前に練習しておくべき。 100人を相手にスピーチができるくらいになっておいたほうがいい。 挙動不審なども含め、努力次第で直せるようなものに関しては、ひたすら練習するしかないと思う。 ・「番組の企画を考えてプレゼンテーションする」などの課題もあるので、自分の作りたい番組がどんなものかは、具体的に考えておいたほうが良い。 既に世の中に存在する企画では、面白がってもらえる答えにはならないので、「斬新であること」「自分が語れるトピックであること」を意識するとよい企画になるのでは。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Q5. 受けた会社数や、就職活動を始めた時期などを教えてください。 Aさん: 【ES提出総数 30 マスコミ以外4つ、テレビ26 】 【就活開始 高3の3月からスクールへ】 Bさん: 15社受けた。 就活開始は大学3年の8月。 NHKのインターンをした。 内定者の5割の人がインターン経験者だったので、関係大アリ。 Cさん: 就活を始めたのは12月。 受けた会社は早い段階で決まったため、面接を受けたのは3社のみ。 そのほか、インターンは3社していたが、すべて他業界だった。

次の