大阪 コロナ 人数。 大阪府で新たに31人が新型コロナに感染、計1380人 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大阪市:感染拡大防止に向けた取組みについて (…>安全・安心>警戒情報)

大阪 コロナ 人数

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応(6月19日以降) 令和2年4月7日より大阪府全域を対象として政府より発せられていた緊急事態宣言は、5月21日に解除されました。 しかし、全国では、未だに感染者が確認されている状況にあり、市民の皆さまにおかれましては、引き続き感染拡大防止のためのご協力をお願いします。 外出について 感染が拡大している地域との間の不要不急の移動を控えてください。 (5月30日から7月31日まで) 感染拡大を予防するため、新しい生活様式「堺スタイル」の実践について協力をお願いします。 イベントの開催について 以下の参加人数かつ収容率の範囲内を目安に開催をお願いします。 開催の目安となる規模をおおむね3週間ごとに順次拡大します。 参加人数の上限 6月19日~7月9日 7月10日~7月31日 〇屋内・屋外:1,000人以下 〇全国的な人の移動を伴うイベント (プロスポーツ等)は、無観客で開催 〇屋内・屋外:5,000人以下 収容率 屋内:収容定員の半分以内の参加人数とすること 屋外:人と人との距離を十分に確保できること 施設の使用について 6月1日以降、全国でクラスターが発生した施設を含めて、すべての施設の休止要請が解除されました。 市関連施設については、上記を踏まえ準備が整い次第、順次再開しています。 イベントの開催や、施設の開館にあたっては、適切な感染防止策の実施と、感染者発生に備えた「大阪コロナ追跡システム」の登録・利用の協力をお願いします。 そのため、居住地以外で検査を受けて陽性が判明した方が含まれる場合もあり、陽性者数は上記市内患者数とは合致しません。 検査機関の場所に関わらず、患者に関する調査等はお住まいの管轄保健所にて実施しています。 大阪府の発生状況 大阪コロナ追跡システム 本システムは、飲食店や、新型コロナウイルス感染症対策による休止・自粛要請が解除される施設・イベントを通じた感染拡大を防ぐことを目的にしたものです。 5月29日から(飲食店は6月1日から)、大阪府が運用を開始しました。 対象施設・イベントをご利用の方はご協力をお願いします。 詳しくは、下記ページをご覧ください。 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。 6月19日から、厚生労働省が試行版の運用を開始しました。 本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されますので、ご活用をお願いします。 詳しくは、下記ページをご覧ください。 関連リンク.

次の

【徳島コロナ】県内6人目の感染者は夜のお店に勤務!大阪でホスト遊び後、発熱後も出勤 接客人数は不明とのこと|

大阪 コロナ 人数

最新情報 府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方について 令和2年5月5日、府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』を作成しました。 詳しくはをご覧ください。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生等について 新型コロナウイルスの発生状況や検査状況等については でご覧いただけます 新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班より、なみはやリハビリテーション病院における新型コロナウイルス感染症院内発生に関する現地調査支援報告が示されました。 報道提供 をご覧ください。 また、受診についての相談にお応えするため、 「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」 を府内各保健所内に設置しました。 ・ ・ 安静・療養の対象となる方へ ・ ・ 啓発関係 ・新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭われた方からの人権相談はで受け付けております。 ・大阪府では、新型コロナウイルス感染症に関する不安やストレスなど、こころの健康問題に関して相談窓口や対処法などの情報提供を行っています。 詳細はをご覧ください。 ・また、SNSによる相談窓口はをご覧ください。 ・ 【ネット上の情報について】 ネット上には、新型コロナウイルス関連肺炎に係る様々な情報が流れていますが、 中には事実と異なる情報もあります。 府民の皆様におかれましては、 厚生労働省や大阪府が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動してください。 医療機関の皆様へ 【医療機関向け新型コロナ受診・検査相談センター】 「帰国者・接触者外来」への受診や検査依頼に関する相談に対応します。 【支援メニューについて】 新型コロナウイルス感染症患者の受入れに必要な体制整備に対する支援については、下記よりご確認ください。 ・ 【新型コロナウイルス感染症関連の通知】 ・ ・ 新型コロナウイルス感染症関連情報について 学校関係、イベントの中止及び中小企業・小規模事業者相談窓口等の情報については下記ページをご覧ください。 ・ 物資の寄付及び購入について ・ ・ 大阪府新型コロナウイルス対策本部 大阪府では、新型コロナウイルス対策の推進を図るため、令和2年1月24日に「大阪府新型コロナウイルス対策本部」を、令和2年3月12日に対策本部の下に「大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」を設置しました。 また、大阪府において新型コロナウイルス感染症の患者が増加した場合の「状況の進展に応じて段階的に講じていくべき施策のうち、サーベイランス、感染拡大防止策、医療提供体制」について協議することを目的として、令和2年4月1日に「大阪府新型コロナウイルス感染症対策協議会」を設置しました。 詳細はをご覧ください。 関連ページ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・府内政令中核市の新型コロナ関係ホームページ一覧 このページの作成所属.

次の

新型コロナウイルス感染症関連情報|大阪府感染症情報センター

大阪 コロナ 人数

大阪ミナミのバーでクラスター発生 大阪府は19日、新たに新型コロナウイルスに男性2人が感染したと発表しました。 このうち、大阪市に住む20代の無職の男性は、集団感染が起きているミナミのバーの利用者だということです。 ミナミのバーをめぐっては、これまでに20代から40代の男性8人の感染が確認されていて、いずれも今月7日にバーを訪れています。 この日に飲食をともにした人たちの中で感染が広がっていますが、客らは店名は明かしていません。 バーでのクラスターが発生したということで、今後感染がどんどん広がっていかないかが心配です。 大阪府の新型コロナウイルスの感染者は、これまでに1800人となりました。 大阪は、自粛生活のおかげもあり、最近は感染者数が見事に減っていましたが、夜の街関係で感染が広がっている可能性が高く、注意が必要だといえます。 吉村知事…。 コロナ怖いよ… — ぴよたん piyotan0114 府は店名を把握しているのかもしれませんが、今のところ公表されていません。 感染が広がるのを防ぐためにも、ネット上では店名を公表してほしいという声がたくさんあがっていました。 バーの客だった感染者たちが、店名を隠しているのでしょうか。 まだバーが営業していたら大変な事態です。 今後のニュースに注目したいと思います。 まとめ 大阪ミナミのバーで新型コロナウイルスのクラスターが発生したニュースについてまとめました。 バーは、密接空間に人が集まる「3密」の条件を満たす場所です。 また、お酒を飲んだら人はついつい気が緩んでしまい、マスクなんてしないでしょうし、飛沫を防ぐことができなくなるでしょう。 東京にしろ、福岡にしろ、夜の街で感染が広がっており、注意が必要です。 お店の経営のためには、休業は厳しい選択かもしれませんが、人の命より大切なものはありません。 せっかく皆で我慢して、感染拡大を食い止めてきたのですから、ここで振り出しに戻るようなことは絶対に避けなければなりません。 飲食店側には、営業を再開するのであれば、これ以上感染を広げないよう、感染防止対策をしっかり行っていただきたいと思います。

次の