スマホ バッテリー 熱い。 荒野行動やPUBGでスマホが熱い冷却グッズやグリップ20選で熱対策

モバイルバッテリーが発火する?その原因を知って対策しよう!

スマホ バッテリー 熱い

原因は「Google Play開発者サービス」? バッテリー消費、熱い、重いといった症状が見られる場合、共通して考えられるのは端末の故障やアプリの不具合、何かのシステムが異常な動きをしているなどが考えられます。 今回の事例では、「Google Play開発者サービス」が原因となっているといったことがSNSなどインターネット上でも問題視されています。 ただ、多くのユーザーで起こっているものの、正常に使えている方も多く、私の端末もすべて正常に動いているので再現できていません。 私が調べた範囲では、Android5. xの端末で多く発生しているみたいです。 原因は特定できていませんが、一部の情報では、Google Play開発者サービスが更新されたことが起因しており、バージョン12. 72に自動アップデートされたことで今回のトラブルが起こっているといったことも言われています。 ZTE Blade V580 この機種に関わらず、Android端末全体の話し Google play 開発者サービスのアップデートで、動作が不安定になってる状況 対象は、Androidバージョンが5前後 Google play 開発者サービス 12. こちらの不具合とも関係していると思われます。 これらのことから、Google Play開発者サービス、Google側でトラブルが発生している可能性が高そうです。 原因を調べてみよう 動作が重い、熱暴走、バッテリーの急激な消耗の原因となるアプリあるいはシステムをチェックしてみましょう。 次の操作手順で端末の設定からバッテリーを食っているアプリやシステムを見れます。 機種によって表示画面は異なりますが、充電の使用量確認画面はどの機種も対応しています。 次のツイートのように「Google Play開発者サービス」の数値が異常に高い場合は、スマホで起こっている不具合がGoogle Play開発者サービスに原因がある可能性が高いです。 完全に犯人Google Play開発者サービス — kuu🌙 hanakami7 google開発者サービス大暴れ — おふとん oftonheaven Google Play開発者サービスの何が悪い?対処方法は? Googleの原因であれば、何らかの対処が行われると思いますのでしばらく対応を待つことになります。 しかし、スマホなしでは困ると思いますので、改善報告のある実例を紹介していきます。 上記でも紹介したように、Google Play開発者サービスのバージョンに問題があるという話でアップデートのアンインストールをして古いバージョンにすることで解消されたという報告もあります。 ダウングレード後、再度アップデートすることで解消されたケースもあるみたいです。 一度、Google Play開発者サービスのダウングレードを行ってみてください。 以上で完了です。 (使用端末:arrows Be F-05J、Android7. と出たら、【デバイス管理者を管理】をタップしてください。 表示した管理システムをすべて無効にしてからアップデートのアンインストールをができます。 改善しない場合はどうする? Google側の何かが問題である可能性が高そうです。 多くのユーザーで発生していることから、しばらくすれば対応されると思いますので、しばらくは修正されるのを待つことになると思われます。 熱を持っている場合は、とても危険な状態です。 高熱だと基盤が故障したり、回路がショートしてしまうこともあります。 手にとって、異常な熱さ、いつもと違うと感じた場合は利用は控え、電源を落としておきましょう。 しばらく、使えないのはつらいですが故障して修理に出さなければならないという最悪の事態は避けられます。

次の

スマホが熱くてバッテリーがすぐ減る!その原因と対策5選!

スマホ バッテリー 熱い

GPSの起動や動画視聴など高負荷のアプリを使用した• スマホを充電しながら使っている• 高温や直射日光の当たる場所に置いた• バッテリーの劣化• そのほか、重くなる原因と同じ iPhoneの動作が重いときの対処方法 前項で列挙したなかで、よくある動作の重い原因を改善する方法について解説します。 アプリは適度に終了させる アプリを使ったあとホーム画面に戻っても、画面表示が消えただけで場合によっては裏で動作をつづけます。 少しなら問題ないですが、いくつも起動したままだと重くなる原因になりかねません。 ホームボタンを2回連打 2. 画面下部から上方向へスワイプし、途中で指を止めて指を離す 2. 起動中アプリが表示されるので、消したいものを上にスワイプ キャッシュを削除する キャッシュとは、そのアプリやデータを起動した際に保存された記憶データです。 次回の起動を早めるためのものですが、溜まりすぎると動作を遅くさせる原因になります。 iPhoneのキャッシュを削除する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。 iPhoneケースを外して冷ます• アプリを起動したままポケットやカバンに入れない• ほかにバックグラウンドで起動しているアプリを消す• 充電しながら使用しない アプリを使っているのに、もう電池がない!というときに「ながら使い」していませんか? 充電だけでも熱を持つのに、そのうえアプリを起動すれば高温になってしまいます。 バッテリーも劣化するのでやめましょう。 高温や直射日光の当たる場所に置かない 電化製品は基本的に熱を持つものです。 しかし、熱が上がりすぎると電源が落ちたり、故障や劣化の原因になったりします。 そこで直射日光の当たる場所や、車内など高温の場所に置かないようにしてください。 かといって逆に冷蔵庫などで冷やすのもNGです。 冷やすと、場合によっては結露して水没故障の原因になります。 常温がベストです。 それでも症状が改善しないときは? 上記の対処をしてみても、症状の改善が見られない・・・というとき、つぎのような可能性が考えられます。 アプリ、ゲーム自体が重い そもそも利用しているアプリが3Dの高画質ゲームや、利用者が多いアプリだとサーバーに負荷がかかっていて、動作が重くなることがあります。 「ほかのアプリは重くないのにこれだけ重い」なら、この説が有力です。 こういう場合、アプリやゲームの設定で「画質」「エフェクト」などを下げたり、キャッシュ削除したりすると、改善する場合があります。 また、アプリのアップデートなどで軽くなる場合もあるので、最新バージョンが公開されたら更新してみるとよいでしょう。 通信量が超過してしまった 各キャリアとも、スマホでの通信量は毎月の上限が設定されています。 その通信量を越えてしまうと、通信制限(速度制限)が課せられてしまうのです。 通信制限を受けるとネットやアプリの通信速度が大幅に下がり、非常に読み込みが遅くなるので、重いと感じる場合もあるでしょう。 とくにSoftbankは、動画視聴にも上限が設定されているので、動画を観すぎると、制限を受けます。 これらの制限を解除するには、キャリアから届いた通信制限の通知から通信量を購入するか、来月に解除されるのを待つしかありません。 バッテリーが劣化している可能性 スマホを使うほどバッテリーは劣化していきます。 また充電しながらや、過充電などを日常的に繰り返すと早く劣化します。 バッテリーのみ交換したい場合は、街にある非正規の修理店で依頼するとよいでしょう。 こちらは予約不要で数分で交換してもらえる場合があります。 まとめ iPhoneが重いと感じたときの対処法をひと通りまとめました。

次の

スマホが熱いと感じたら。確認しておきたい理由と対処法

スマホ バッテリー 熱い

Contents• スマホのバッテリーの減りが早い原因 朝、フルに充電したのに夜にはバッテリーが危うい...。 そんな経験、ありませんか? スマホのバッテリーの減りが早くなる原因はなんでしょうか?• バッテリーの寿命• アプリの暴走• スマホ本体の発熱 まず、 バッテリーの寿命は1〜2年と言われています。 意外と早いんですね。 最近のスマホは特に高性能なのでバッテリーに負荷がかかるので余計早いのではないでしょうか。 次に、アプリの暴走。 見落とされがちではあるのですが、バックグラウンドでアプリが動いていると当然バッテリーは消費されます。 例えば、LINEやFacebookなどは常に通信しているのでバッテリーも消費します。 そして、最後にスマホ本体の発熱。 「火傷しそうなほどスマホが熱い!」 そんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。 スマホが発熱すると、バッテリーの減りも早くなります。 ただ、中にはスマホにケースをつけていて、スマホの発熱に気がつかない場合もあるので注意して下さい。 バッテリー減り対策のためのスマホ設定 バッテリー減りを少しでも良くするための設定をご紹介します。 輝度を下げる スマホの画面が明るいとその分、バッテリーは消費します。 なので、ディスプレイの輝度を下げてみましょう。 あまり明るすぎても目も疲れるので、一石二鳥です。 アプリを完全に終了させる アプリを終了させる場合、ホームボタンを押すなどして終了させることが多いですが、これは画面が閉ざされているだけで、裏で待機し続けています。 なので、アプリは完全に終了させましょう。 iPhoneの場合は、ホームボタンを2回押して上へスワイプ。 Androidは画面下部の一番右端のアイコンを押すとマルチタスクメニューとなり、アプリを終了させることができます。 アプリの完全終了の仕方については、『』でご紹介しているのでご覧下さい。 使用していないBluetoothやWi-Fiを切る BluetoothやWi-Fiがオンになっていると、電波を拾おうとするので当然バッテリーは消費します。 Bluetooth接続をしていない時はBluetoothをオフにする、Wi-Fiを使用していない時はWi-Fiを切ることでバッテリーの消費を抑えられます。 GPSをオフにする GPSはマップやスマホを探すのにとても便利です。 そのために、GPSをオンにしていることもあるのではないでしょうか。 しかし、GPSをオンにしておくと、当然通信しているのでバッテリーは消費します。 盲点なのは、LINEです。 LINEもGPSを使用しているので、気をつけて下さい。 メーカーのバッテリー対策設定をする Galaxyには省電力モード、Xperiaにはスタミナモードなど、各メーカーはバッテリー対策設定があります。 これらの設定をすることもバッテリー消費を抑えるのに役立ちます。 スマホの発熱対策 「スマホの設定は色々やったけれど、それでもバッテリーの減りが早い」という場合は、スマホ本体が発熱していることがあります。 このスマホ本体の発熱は、スマホにケースをしていなければすぐに気がつきますが、ケースをしているとスマホが発熱していることに気がつかない場合もあるので要注意です。 スマホが発熱する原因は下記となります。 充電しながらスマホを使う• アプリが起動している• 高温の場所での使用• ケースやカバーで密閉されている まず、使用していないアプリは完全終了させるようにし、充電する時はスマホをいじらないようにしましょう。 これをするだけで、発熱原因の2つは取り除くことができますね。 また、スマホを置いている場所や使用している場所があまりにも高温の場合は、当然ですがスマホも熱を持ちやすくなります。 そして、最後のケースです。 ケースをつけていると、スマホの発熱に気づかないだけでなく、ケースにより熱が放出できないのでスマホ本体に熱がこもることになります。 人間もそうですが、熱が体内にこもってしまうと体調が悪くなりますよね。 スマホのケースはそれと同じで、熱を放出できなくなってしまうんですね。 特に手帳型ケースは背面だけでなく、ディスプレイ側もカバーされるので密閉状態になります。 なので、熱がこもりやすくなります。 特に夏は、気温が高いのでケースなどをしていると余計にスマホが熱くなる原因になります。 なので、スマホが熱いなと思ったら、ケースをしている場合はケースを外すだけでもかなり違います。 そして、ケースを外してそれでも発熱がひどい場合は一度スマホを再起動させましょう。 やってはいけないスマホ冷却法 スマホが熱くなったら、スマホを冷やすようにしなければいけませんが、絶対にやってはいけない冷却法があります。 水に浸ける• 冷蔵庫に入れる• 保冷剤や冷えピタで冷やす 最近のスマホは防水機能がついているからと、ついやってしまいがちですが、上記の方法はNGです。 まず、水に浸けたり、冷蔵庫で冷やす、また保冷剤などを使用すると、スマホ本体の急激な温度差で 内部結露が起きる原因となります。 スマホの冷却は空冷でなければいけません。 つまり、空気で冷やすことです。 スマホの冷却でバッテリー持ちは変わるか? ここまで、スマホのバッテリー持ち対策と熱対策についてご紹介しましたが、スマホの熱対策をすることでバッテリー持ちは変わるのでしょうか。 これは筆者の実体験ですが、Xperia XZのバッテリーの減りが異様に早くなっていました。 まだ購入して一年にも経っていないし、また、あまり使用せずに置いているだけでもバッテリーの減りは早かったのです。 一番最初にしたのはバッテリー対策です。 スタミナモードはオンにしていましたが、Bluetoothを切ったりGPSを切ったり、アプリを完全終了させたり。 それでも、効果はあまり見られませんでした。 この時、実は手帳型ケースを使用していたのですが、何気なくケースを外してスマホを触ってみると、火傷しそうなほどスマホが熱を持っていました。 そこで、ケースを外して裸のまま使うようにしたら、バッテリーの減りが緩やかになりました。 なので、スマホを冷却することでバッテリー持ち対策になるということがわかりました。 最近のスマホは高価なこともあり、傷をつけたりしたくなくてケースをつけるのですが、背面フィルムを貼ったり、ガラスフィルムを貼ったりすることで多少の対策にはなります。 「バッテリーの減りが早い」 「スマホの熱がひどい」 という時は、ぜひ上記の方法を試してみてください。 「全ての方法を試したけれど、全然改善されない」 という場合は、バッテリーや本体に問題がある可能性があるのでショップに持っていきましょう。 バッテリー交換や本体修理となった場合、有料となりますが、スマホが爆発したり火傷してしまうともっと大変なので、持っていくようにして下さいね。

次の