ツイン ドラゴン 設定。 【解析】ツインドラゴンハナハナ

【ツインドラゴンハナハナ】朝一のハナハナで設定変更を見抜く立ち回り

ツイン ドラゴン 設定

概要 [ ] ジャッキー・チェンが初のに挑戦し、監督もとが、ドラマパートとアクションパートを分担する体制で作られた。 また、出演者の大半が、映画監督(もともと俳優だった人も多い)で占められる、異色の作品でもある。 映画紹介では「主演ジャッキー・チェン、共演ジャッキー・チェン」と紹介されている。 ()がジャッキーと良く似ていることから、日本の雑誌広告ではジャッキーが二役で双子を演じるポスターの片方を内村の顔写真に変え「ジャッキーは、ウッチャンを見てこの映画を思いついた」というコピーが使用されていた。 クライマックスでは人を乗せたままテスト車をクラッシュさせる場面があるが、そこにはの装着有無で生死が分かれると言うある種教育的な面がある。 理由は新作『』の公開が近く、前作のビデオが発売されたからである。 あらすじ [ ] ある日、双子の赤ん坊が人質事件に巻き込まれて離れ離れになった。 28年後、その赤ん坊の一人は将来を嘱望されたに、もう一人は、暗黒町の無頼になっていた。 そんな二人に運命の糸が絡みついたとき、二人の周りで巨悪が動きつつあった。 登場人物 [ ] ボー・ミン(演:)(搏命、台湾版:玩命) 普段は自動車修理工をしており、子供の頃からターザンとつるんでいるチンピラだが、友情に篤く友の為なら自分の危険も厭わない。 喧嘩の腕前は一流。 マー・ユー(演:) 公子、台湾版:馬友 ニューヨーク育ちの前途有望な指揮者。 ボミーの双子の兄。 温厚な性格で弟のボミーとは違って喧嘩は苦手だが、終盤では自動車テスト場でマーがマフィアの手下に背後から殴られそうになったとき、双子として同じ動きをしてしまう特性を逆手にとった形でボミーの喧嘩術を反映して、腕っ節の強さを発揮した。 バーバラ(演:)(芭芭娜) ターザンが惚れているサパークラブの歌手で長い髪の女性。 家は貧しいが、かつてはオペラ歌手を目指しており音楽の感性はいまでも研ぎ澄まされている。 そしてボミー 実はマー の音楽性にも惹かれていった。 サリー(演:) マーの世話係で短い髪のセクシーな女性。 父にマーと政略結婚させられる事を嫌がっていたが、マー 実はボミー のワイルドな一面を見てからはベタ惚れになる。 ターザン(演:)(泰山) 子供の頃からつるんでいるボミーの兄貴分。 虚栄心が激しい小心者で喧嘩も強くないが常に一攫千金を夢見ているチンピラ。 中盤でマフィアのボスに電磁でと一緒に吊るされ人質にされていたが何とか脱出できて自動車テスト場の衝突テスト車両に隠れていて、マフィアの手下にコントロールパネルから発進させられ壁に衝突したがシートベルトで命拾いした。 終盤でボミーたちの結婚式に出席していた。 序盤でサパークラブでバーバラをナンパしていたがボミーたちに邪魔される。 中盤でターザンが事故にあった姿を笑いワゴン車にはねられそうになってよけたが、中型トラックにはねられて入院した。 ウィンの手下の一人(演:) ロッキー(演:) サリーの恋人で、スポーツクラブのコーチも務めている。 マーと付き合ったことを知り嫉妬してコンサート会場に押しかけるが、レストランでボミーと入れ替わったことも知らず、デパートのスポーツ用品コーナーでボミーを倒そうとするが負けてしまい、そこの担当者に殴られて階段から転落して、バーバラと一緒にいたマーに再会したが弟子入りしたいと泣きついた。 ソフト版:VHS、BD、デジタル・リマスター版DVD収録 演出:長野武二郎、翻訳:和島陽子、調整:長井和親、担当:吉富孝明(ニュージャパンフィルム)、制作:ニュージャパンフィルム• 上記役名は広東語原音の日本語字幕版の役名だが、当時別々にリリース、レンタルされていたVHSの日本語吹替版に加えてテレビ版で変更が見られる。 ジャッキー演じる「ボミー」が、VHS吹替版とテレビ朝日版では「ジャッキー」だが、フジテレビ版では「ドラゴン」となっている。 またヒロインの一人「サリー」(VHS版)が「ランラン」(フジテレビ版、テレビ朝日版)、ジャッキーの相棒「ターザン」(VHS版)が「チータ」(フジテレビ版)に変えられている。 フジテレビ版での二重音声では広東語だと「ターザン」に言っているシーンが、吹替版だと石丸博也の声で「チータ」と言っている。 スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:• 監督:、• 原案:ツイ・ハーク、テディ・ロビン、ジョセフ・チェン• 脚本:ツイ・ハーク、ジョセフ・チェン、バリー・ウォン(黄炳耀)• 撮影:アーサー・ウォン(黄永恒)、アーサー・ウォン(黄岳泰)、アンドリュー・ラウ• 音楽:ローウェル・ロー• 武術指導:、トニー・リャン、、ツイ・シウミン、クリス・リー、 登場している監督たち [ ] 本作は香港映画監督協会が資金集めの為に製作した作品のため、数多くの映画監督たちが画面のあちこちに出演していて、セリフのある役でも多く出演している。 (許鞍華) - 生まれて間もない二人を取り上げた産婦人科医• - ボミーの養母• (劉家良) - 医師• (王晶) - 超能力者• (程小東)• (劉家栄)• (高志森)• (曾志偉)• (徐克) - ガードマン• (林嶺東) - カードマン• (呉思遠)• (呉宇森) - 牧師• (徐小明) その他 [ ]• 日本のビデオ版とテレビ放送版では役名以外にも音楽が変更されている。 ハイライトの格闘シーンは三菱の自動車テスト場という設定で行なわれており、車も三菱車で占めているが、その中にはや、S110型がある。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ツインドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ツイン ドラゴン 設定

左リール上段にBARを狙う• 枠内スイカ停止時は、中&右リールはスイカを狙う 参考 通常時はDDT打法でスイカを取りこぼさない様に注意しましょう! 1ヶ月間、毎日朝から晩まで親父打ちすると、30万円近いコインロスが発生します。 22 通常時ベル確率による設定看破は正直厳しいです。 ベルはカウントしなくても大丈夫です。 8 BIGボーナス中のスイカ確率はかなり重要な要素ですね。 低設定を回避する為の設定判別ポイントです。 とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね! REG中のサイドランプ判別• 青 設定1,3,5• 黄 設定2,4,6• 緑 設定1,3,5• 赤 設定2,4,6• 虹 高設定示唆 REG中のサイドランプにも色演出がありますので、設定判別の重要なポイントです。 ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません。 奇数設定を示唆する青、緑が頻繁に出る時は設定1、3を疑いましょう!設定5が入っている可能性は強イベ日以外、多くないはずです。 この色演出は次項で解説する龍玉とややこしくなってしまうんですが、しっかり頭に叩き込んでおきカウントしながら打ちたいですね! 龍玉色での設定判別 ツインドラゴンハナハナでは、サイドランプフラッシュの色演出による設定示唆以外にも、 台上部の「龍玉」で設定判別のポイントがあります。 BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう! BIGボーナス• 青 設定3以上確定• 黄 設定3以上確定• 緑 設定5以上確定• 赤 設定5以上確定• 遠目からもチェック出来る看破要素なので、ハイエナ狙いの台がREGを引いている時にはつい凝視してしまいます(笑) 他の人のが打つ台の状況も確認しながら立ち回りたいですね。 レトロサウンドによる設定判別 設定 発生率 1 6. 正直、レトロサウンドは設定1でも6%の確率で発生するので、期待し過ぎるのは禁物。 他の色演出やスイカ確率と絡めて、トータルで押し引きを計りたいですね。 ボーナス告知割合• 停止時にリールがバウンド• 双龍フリーズ演出• プレミアム点滅演出• テンパイ時や小役成立時にサウンド変化• 虹色フラッシュ・バックライトフラッシュなど• MAXBETボタンが緑色に変化 プレミア演出にも設定差はありませんので、発生しても無駄なヒキ強という事になります(笑) まとめ 看破すべきポイントとしては、従来通りの サイドランプフラッシュとスイカ、REG、龍玉の4点ですね! 特にツインドラゴンハナハナでは色演出が重要になっているので、 自分以外の台も盗み見ておく事で高設定台のハイエナがしやすくなったと言えます。 導入日に設定6と思しき台を掴んだ事がありましたが、その時の出玉は5000枚を超えました。 解析が出る前だったので、看破しながら打てませんでしたが(笑) それ以降、勝てている台は設定4ばかりですね。 ホールも怖くて設定5、6は中々投入出来ないのでしょう。

次の

ツインドラゴンハナハナ 設定差・設定判別・確定演出総まとめ|通常時のベルはカウント必須!

ツイン ドラゴン 設定

ハナハナの設定1を数日据え置いた場合、常に右肩下がりのスランプグラフになるか?と聞かれたら、答えはノーで、一次的にプラスの曲線を描く瞬間があります。 ホールの差枚詳細によれば、マイナス700枚付近で終了している台ですね。 ハナハナはジャグラーと比較して、結構荒れやすいので前日データが明らかに設定1の場合、当日どんなに差枚がプラスであっても、疑わしい時はスパッとヤメにしましょう! 逆にこの台で 「REGが異常に強くて合算も良い、けどBIGが弱い!」という展開だったら、タコ粘りしてましたね。 後からしっかりREGが付いてくる台• REGも付いて来ずに後から失速する台 ボーナス確率は結果論でしか無く、打っているその時その瞬間での設定看破は非常に難しいです。 小役確率をしっかりと計測して、どっち寄りの台なのか、 消去法的な判断で立ち回る事がポイントです。 少なくともBIGを引けているという事は、その日の投資額を抑えるチャンスである事は間違いありません。 「プラマイ0までは打って良い」とか言う、謎の自分ルールはやめましょう! まとめ 自分は勿論設定師でも無ければ、ホールの店長でもありません。 しかし、毎日データロボサイトセブンを活用しながらホールの出球状況を観察している間に、その日投入されている設定の推測は随分出来る様になりました。 スロットで勝つ為には、 ホールのスランプグラフとボーナス確率と毎日触れ合う事が重要かなと、個人的には思っています。 今回の記事ではあえて「設定1と設定6の区別が微妙な、ややこしいスランプグラフ」を紹介しました。

次の