レ ヴォーグ プロトタイプ。 新型は大きい? 小さい? 新型スバル・レヴォーグ 新型と現行のサイズを比較してみる【東京モーターショー2019】|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

新型レヴォーグのFMC発売日はいつ?ディーラー予約開始時期やグレードごとの価格・値引き予想!

レ ヴォーグ プロトタイプ

Contents• 新型レヴォーグの概要 エクステリア VIZIVツアラーコンセプト 2018年3月のジュネーブモーターショーで発表された ヴィジヴ・ツアラーコンセプトが、新型レヴォーグのベースになると見られています。 ボディサイズは初代レヴォーグよりも2回り大きい。 「ダイナミック」は洗練された切れ味や、より鍛えられた美しさを表現し、「ソリッド」は機能に裏付けられたフォルムや、削ぎ落とした美しさを表現するのだそうです。 とはいえ、スバルはコンセプトカー詐欺を幾度となく繰り返してきたメーカーなので、このままの姿で登場することはないでしょう。 スパイショット 開発の初期段階のスパイショットです。 オーバーフェンダーなど、いくつかの変更箇所が確認できます。 第2世代レヴォーグの開発車両。 ボディはまだ初代の流用品だ。 バンパーに何かかぶせてあるような…… フロントにオーバーフェンダーが装着されている。 リアバンパーにもいくつかテープが貼られている。 バンパー端の穴が気になる。 マフラーも太くなっているような気がする。 最新のスパイショット 新型レヴォーグのスパイショット 仮ナンバーで公道テストしているので、これが市販バージョンだろう。 画像の出典: 群馬県で撮影されたというスパイショットです。 カモフラージュはされていませんが、仮ナンバーを付けて公道テストしているので、市販バージョンの新型レヴォーグだと考えて間違いないと思います。 外観はプロトタイプそのままですね。 スバルはコンセプトカーやプロトタイプはかっこよく作るのに市販バージョンでがっかりさせられることが多かったのですが、これなら期待できそうです。 レヴォーグ・プロトタイプ 画像はクリック(スマホの場合はタップ)で拡大できます。 新型レヴォーグ・プロトタイプ フォルムは初代に似ているが、エッジの効いた面構成になっている。 リア周りは流行りのショルダーを強調したデザイン。 初代よりもスポーティーだ。 2019年の東京モーターショーにて発表されたプロトタイプです。 フォルムこそ初代を踏襲していますが、比較的落ち着いたデザインだった初代と比較して、2代目のプロトタイプはシャープでスポーティーな印象となっています。 レヴォーグ STI Sportプロトタイプ 画像はクリック(スマホの場合はタップ)で拡大できます。 新型レヴォーグSTI Sportのプロトタイプ フロントスプリッターが大型化され、スポーティーな外観となっている。 フォグライトガーニッシュも専用デザイン。 もちろんSTIバッジも装備。 フォルムは初代レヴォーグを踏襲しているが、フロントオーバーハングの長さが気になる。 ホイールのデザインはよく見ると手が込んでいる。 リア周りはスタンダードモデルとの違いがわからない。 テールゲートにもSTIのバッジ。 バンパー下端の両サイドに小ぶりなフィンが追加されている。 2代目レヴォーグのSTI Sportには、スバル車としては初めて電子制御ダンパーが搭載されるそうです。 このダンパー制御に加え、パワーユニット、ステアリング、AWDシステムの制御を選択できる「ドライブモードセレクト」が搭載され、車のキャラクターを任意に変更できるようになります。 動画 ボディサイズ 寸法 mm 初代 VIZIV 全長 4,690 4,775 全幅 1,780 1,930 全高 1,490 1,435 ホイールベース 2,650 2,730 ヴィジヴの方が2回りほど大きいですね。 コンセプトカーだから見た目の迫力重視で大きく作ってあるのか、それとも新型レヴォーグが大型化することを示唆しているのかはわかりません。 筆者は新型レヴォーグが大型化すると予想しています。 レヴォーグは国内向けに作ったがために、サイズ的に小さすぎたのでしょう。 それにレヴォーグの拡販を考えるなら、元々スバル車の人気が高いアメリカ市場に投入できるようなサイズにしなければなりません。 よって大型化は避けられないと思います。 シャシー スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)に切り替わりますが、より高剛性な「フルインナーフレーム構造」を採用するそうなので、走りの質感がさらに高まると考えられます。 パワートレイン 新開発の 1. 8リッター・水平対向ガソリン直噴ターボエンジンが搭載されます。 希薄燃焼技術が採用されているそうなので、燃費の面でも期待できるでしょう。 また電動化モデルとして「e-boxer」やプラグインハイブリッド(PHEV)の投入も考えられますが、ローンチ時にラインナップされる可能性は低そうです。 運転支援システム 新世代アイサイトが搭載されます。 衝突等の緊急時には消防・警察へ自動通報するコネクテッドサービスもスバル初採用。 急病時にボタン一つでオペレーターへとつながるSOSコール機能も搭載されています。 価格・発売日 価格に関する情報はまだありません。 発売は2020年後半になるそうです。 となると、発表は2020年3月のジュネーブ・モーターショーが有力かもしれません。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の

スバル 新型 レヴォーグ プロトタイプ 2019年10月23日発表

レ ヴォーグ プロトタイプ

3種類のダウンサイジングターボに加え、PHEVという可能性も!? 新型レヴォーグのエンジンとパワートレインについても予測してみよう。 スバルは2021年までに世界生産の8割をダウンサイジングターボエンジンにする計画を持っている。 上記の山本氏の記事によれば、1. 5リッター、1. 8リッター、2. 4リッターの3種類のダウンサイジングターボエンジンを開発中だという。 この3つのいずれか、もしくは全てが搭載される可能性がある。 また北米仕様のXVにはPHEV プラグインハイブリッド モデルが展開されている。 新型レヴォーグも、かねてよりPHEVの存在が噂されていた。 こちらの導入も大いに期待したい。 これは当然ながら新型レヴォーグにも搭載される。 もちろん、ハイパフォーマンスなレヴォーグのキャラクターに合わせ、その性能も大幅な進化を遂げているはずだ。 『ぶつからないクルマ』のキャッチコピーですっかりおなじみになったスバルの運転支援技術「アイサイト」。 最新版はアイサイト・ツーリングアシストと呼ばれ、従来のプリクラッシュブレーキやAT誤発進抑制機能、全車速追従機能付クルーズコントロールに加え、高速道路の全車速域における加減速や操舵までを担う。 フォレスターではさらにドライバーモニタリング機能を追加。 ドライバーの顔を認識しわき見運転や疲労を検知、警告を発するという新機能を搭載している。 これはスバルらしい走りの愉しさとともに、先進運転支援技術の進化も示唆する内容だ。 新型レヴォーグのアイサイトはステレオカメラを用いる従来の発展型なのか、それともレーダーとカメラを併用するような全く新しいシステムとなるのか、その点についても正式な発表が待たれるところだ。

次の

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

レ ヴォーグ プロトタイプ

レガシーツーリングワゴンに変わって2014年に登場したスバルのレヴォーグは、マイナーチェンジはあったものの発売以来現在までフルモデルチェンジなしで販売が続けられ、そろそろフルモデルチェンジを期待する声も聞かれていました。 そんな中ついに2019年の東京モーターショーで新型レヴォーグのフルモデルチェンジを予告するプロトタイプモデルの展示がおこなわれ話題となっています。 長い間フルモデルチェンジがなかっただけにレヴォーグの購入を考えていた方や現行型のレヴォーグに乗っている方も、いつごろ発売になるのかや値段などの詳細が気になるのではないでしょうか。 今回の記事では新型レヴォーグのフルモデルチェンジの詳細が気になるあなたに向けて、• 新型レヴォーグの発売日は2020年のいつごろなのか?• ディーラーでの予約開始時期が発売2ヶ月前からと予想する理由• 現行よりやや高くなるグレード別の価格と発売直後の値引き予想 についてまとめていきますのでお楽しみに。 記事の最後では現行のレヴォーグの200万円を超える高価買取例も紹介しているので、ぜひあなたの愛車も一度査定してみてくださいね。 レヴォーグのフルモデルチェンジは2020年後半。 いま乗ってるレヴォーグの2回目の車検時期の手前に発売か。。。 予定通りに開発が進めば、2020年10月〜11月には新型レヴォーグの登場をみることができそうですね。 「今回は世界初公開となりますが、『何とかお客さまにご覧いただける所まで来たな』というのが正直な感想です。 スバルが持てる技術をすべて盛り込んだので、ここから2020年後半の発売に向け、総力を挙げて作り込みをおこなっていく予定です」 引用元: ネット上の噂では2020年6月や7月に発売されるのでは?という話もあったので2020年後半になってしまうのは残念な気もしますが、スバルとしての発言を聞くことができて登場は間違いないと安心もできました。 ただこれから作り込みをおこなっていくとのことなので想定外の開発の遅れはきになるものの、メーカーからの発売日に関する正式発表を楽しみに待ちたいと思います。 3代目XV• 【発売日】2017年5月24日• 【予約開始日】2017年3月9日• 5代目フォレスター• 【発売日】2018年6月20日• 【予約開始日】2018年5月18日 フォレスターに関しては発売日の1ヶ月前から予約開始と期間は短いですね。 現物を見る前に予約をするというのは個人的にはちょっと不安な感じもします。 やっぱり試乗してみないとカタログやスペックの情報だけでは実際に納車されたあとに思ってたのと違うということになるかもしれませんからね。 新車の予約始まりました!みたいな時に「すでに〇〇台の予約が!」って意味わかんないんだよな…。 命を預ける車に試乗なしで買うって、むちゃくちゃ図太い神経なのか、自動車メーカーを信奉してるのか…🤔🤔🤔 すぎょい勇気だ…。 事前に予約で受注をしていれば人気のグレードや装備もあらかじめわかり、生産の計画もたてやすくなるんですね。 どうしても試乗をしてから注文したいという方にとっては発売後だとすでに予約注文で納期がかなり長くなってしまうというデメリットがあります。 メーカーのメリットもわかりますが、やっぱりユーザーのメリットも無視せずに発売日よりかなり前の予約開始日になるのであれば、試乗車は難しいとしてもできるかぎりの情報をディーラーで聞くことができるようになってほしいと思います。 少しマニアックな話ですが、新型モデルの車を発売前に予約購入すると楽しさが倍増しますね。 ・新型車が発売される期待感。 ・いち早く納車できる喜び。 ・納車まで続くワクワク感。 ここまで楽しいことは人生でなかなかないかもしれません。 — ぎぶさん 車と生きる give333 新型レヴォーグに関しては2020年の10月〜11月に発売されると予定されているので、早ければ8月にも予約開始が予想できますね。 グレード別の価格や値引きも予想! 現行のレヴォーグをもとにグレード別の価格や値引きを予想してみたいと思います。 6Lモデル 【価格】291万〜313万円• 0Lモデル 【価格】368万円• 6L STIモデル 【価格】363万円• 0L STIモデル 【価格】412万円 現行型は登場から5年経っていることもあり、モデルにもよりますが車両・オプション合わせて30万〜40万円の値引き報告も確認することができます。 新型レヴォーグのエンジンはスバルが現在開発をすすめているダウンサイジングターボの1. 8L版が搭載され、グレードは1. 8Lのみに集約されるといわれています。 フルモデルチェンジと同時ではなく少し時期をずらしてでも、ぜひ現行の2. 0Lエンジンの後継版である2. 4Lターボのハイパワーモデルも期待してしまいますね。 今のところ新型レヴォーグは新型1. 8リットルエンジンのみの搭載と発表されていますが、実はそれだけじゃないらしい…?? そのヒントとなるものが、もうすぐ出るそうですよ、現行型で。 8Lグレードのみだとすると、現行モデルの1. 6Lグレードよりは少し上がり300万〜320万円ほどになると予想します。 価格帯は上がると予想しますが、当然内外装も高級感のあるものになり、安全装備や快適装備も充実されると思われます。 値引きに関しては現行のレヴォーグが登場した時のころを考えると多くても10万〜20万円で人気によっては一桁万円台という可能性もありますね。 発売直後は人気がでること間違いなしの予感ですが、しばらくして落ち着いたらハイブリッドモデルの登場も期待してしまいます。 新型レヴォーグのデザインや走行性能はどう変わる? 新型レヴォーグのフルモデルチェンジで、気になる変更点はやはり外観のデザインや安全装備、そして走行性能がどう変更になるのかということではないでしょうか。 東京モーターショーで公開された新型レヴォーグのプロトタイプは、2018年のジュネーブモーターショーで公開されたVIZIV TOURER CONCEPTをもとにしつつ、現行のレヴォーグのデザインも踏襲しながら進化した従来からのファンにとっても安心できるデザインでした。 VIZIVのデザインを見たときにはいかにもコンセプトカーっぽいと思ったのですが、レヴォーグのプロトタイプはそのまま市販モデルとして出しても違和感のない現実的なデザインで実際に街を走っている姿も想像できるものでホッとした方も多いのではないでしょうか。 今回のプロトタイプの展示は現実にほぼこのままのデザインで新型レヴォーグは登場するのではないかと思ったほどでしたね。 新型レヴォーグ プロトタイプのお尻 ガラス部分がブラックで中が見えなかったからコンセプトに近い位置付けかと思ってたけど、足まわりはしっかり作ってあった このまま市販するのかも知れないわね — みっきー mikkey00 安全装備の変更点は? また新型レヴォーグは安全装備に関しても期待のもてる発表がありました。 注目は「新世代アイサイト」と「高精度マップ&ロケーター」です。 「新世代アイサイト」は現状より広角化した新開発のステレオカメラと4つのレーダーで360度センシング機能を搭載します。 これにより見通しの悪い交差点での出会い頭の事故から守ってくれます。 またGPSと準天頂衛星のみちびきを利用することで、正確に車の位置を把握し精度の高い自動運転を支援してくれるというのも楽しみですね。 カーブ前の減速や渋滞時のハンズオフ走行支援する最先端の運転支援システムを実現しています。 新設計のSGPプラットフォームを採用することにより剛性もアップしているので、さらに安定感のある走りを楽しむことができそうです。 またフルモデルチェンジ当初は1. 8Lのターボエンジンのみで発売されることが予想されています。 現行の300馬力を誇る2. 0Lターボが選べないのは少し残念な気がしますね。 ただスバルの次世代エンジンのランナップには2. 4Lターボもあるので、ぜひレヴォーグにハイパワー版の設定も追加してもらいたいと思います。 またSTIモデルの登場やハイブリッド版の追加などフルモデルチェンジ直後よりは、新型レヴォーグのマイナーチェンジも楽しみになってしまいますね。 次期型で2. 4Lターボのレヴォーグ が出たら買うだろうなー… — たくえりbr9 レガシィ takueri406 フルモデルチェンジまでは時間があるので、レヴォーグの購入を検討していてハイパワーを希望しているのであれば、 現行のE型を購入して、新型のマイナーチェンジを待ってB型やC型が登場する時にハイパワーモデルが追加されれば買い替えを検討するという方法もありますね。 噂通りの1. 8Lか。 2年後くらいにはSTIの販売かな? その時には2. 4Lも同時に出るのかな? — くりあん 🔗 kuriann kranakmyy まとめ 今回は東京モーターショーでプロトタイプが発表された新型レヴォーグについて気になる、フルモデルチェンジの発売日や予約開始日、価格と値引き予想などをみてきました。 新型レヴォーグの発売日は2020年後半• ディーラーでの予約開始は発売日の2ヶ月前くらいから• 価格は300万〜320万円で値引きは10万〜20万円くらい 登場から5年間フルモデルチェンジすることなく販売されてきたレヴォーグだけに、新型の登場を心待ちにしているファンも東京モーターショーでのプロトタイプ発表に喜んでいることと思います。 個人的にはぜひハイパワーの2. 4Lエンジンのグレードが発売されることを期待しながら、今後のスバルの公式発表を楽しみに待ちたいと思います。 あなたの愛車を下取りよりも高額で売れるか試してみませんか? 車を買い換えようと思ったときに一般的なのは、新車を購入するディーラーでいままで乗っていた愛車を下取りしてもらうことですよね。 確かにディーラーで購入と下取りを同時におこなえば手間はなくラクチンです。 でも考えてみるとデメリットや不安も思い浮かびませんか?• ディーラー1社だけの見積で適切な金額かどうかわからない• 下取り金額と車本体の値引きがあいまいで正確な下取り金額がわからない 複数の買取店に見積もりをとるのも面倒だし手間がかかるのは嫌という方も多いと思います。 そこでおすすめなのが、ガリバーの愛車無料査定です。 買取実績No. 1を誇るガリバーだけあって、膨大なデータから最高価格を算出することができるんですね。 フルモデルチェンジした新型レヴォーグが登場したら現行のレヴォーグから乗り換えようと思っている方もいると思いますが、レヴォーグは中古市場でも人気が高く、200万円以上の高額査定がついた事例もあります。 自分で思っているより高額の買取金額になる場合もあるので、新型の登場まではまだ時間がありますがぜひ現段階でいくら位になるのか、愛車の査定を一度確認してみることをおすすめします。

次の