アルバハhl攻略。 【グラブル】風マグナ・アルバハHL攻略編成立ち回りまとめ

NORMALマルチバトル攻略法/アルティメットバハムート

アルバハhl攻略

実施日 2020年4月7日 火 内容 ・自発箱のヒヒイロカネ率 UP ・金箱のヒヒイロカネ率 DOWN 4月7日 火 のアップデートにてアルバハHLの「ヒヒイロカネ」ドロップ率調整予定。 発見者報酬 自発赤箱 のドロップ率引き上げが行われ、代わりに 通常報酬 金箱 のドロップ率引き下げが行われる。 3月24日に「天破の祈り」実装 実装日 3月24日 火 3月24日より、アルバハHLに『天破の祈り』機能が実装。 称号を獲得すると、報酬として至極の指輪が入手可能。 団内等で安定して討伐できる場合はその限りではありませんが、やはり他マルチと比べて戦力的なハードルは高め。 初挑戦はシュヴァ剣の揃った光、もしくはダメカや回復を用意しやすい水などがおすすめですね。 ターゲッティングを付与されたらクリアかカットで対処。 弱体をしっかり入れてHPを高く保ちながら動きたい。 特殊技を受けると参戦者全員が全滅するので一度も受けてはいけない。 参戦者の火力次第では恐怖やテュポーンでの対策が必要。 属性防御や累積防御DOWNは効くので、入れておくと楽になる。 エッセル4アビを回すために開幕から奥義OFFでターン回しが重要。 こちらはイクサバの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 後半一気に削るときのフルチェイン用に 4凸テュポーンや水着マキュラなど奥義ゲージを増やせる召喚石があれば採用しましょう。 こちらはブルースフィアの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 オクトー奥義やギルガメッシュ召喚の土属性攻撃力UPを強化できるブローディアのサポアビが優秀。 また、 PTの奥義回転率が高く、カイン2アビの強化効果や奥義の追撃付与が途切れにくいのも強み。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA ニオ2アビやアンチラ3アビ、グリム2アビなど火力支援が豊富な編成例。 通常攻撃中心でターンを回して、 火のエッセル砲などに合わせてニオ4アビやグリム2アビの2回発動できる状態にしておきたいですね。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 与ダメや連撃率UPを持つクビラとTA確定や全体かばう持ちのヴィーラを入れた編成例。 こちらはエデンの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 闇クラリスと闇フェリを入れた闇渾身編成例。 10T経過してから強化されるアビが多いため、 バレクラ3アビで一度に複数ターンを進めるのが重要ですが、敵のCTも早く溜まる点には注意。 こちらはフォールン・ソードの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 ファランクスなど 50%以上のダメカと合わせて敵の多段攻撃を100%カットできるため、非常に動きやすくなる。 リヴァイヴ 主人公以外が倒された場合に立て直せるので、安定度を上げることができる。 参戦者内にエウロペを用意できなければ候補。 ディスペル 95%特殊の高揚など、敵の厄介な効果を消去する手段。 フュンフ、ブローディア、アンチラ、カトルといった ディスペル持ちキャラが参戦者内に居なければEXアビ採用も選択肢。 討伐速度次第だが、HP70%時は必須のため1枚以上は必ず用意したい。 また、10%でトールを召喚した後に攻撃すると弱体効果が解除されてしまうので、 召喚後は更に5%まで待機という流れになります。 HP75%時の『バース・コントロール』を受ける場合は、ソーンを控えに編成するか、メインに編成して控えを0人にするのが得策。 参戦者の火力次第では テュポーン又はアビリティの恐怖を使って切り抜ける必要がある。 全員が超えたことをしっかり確認しよう。 無視でも構わないが、PTごとの個別効果なので各自で対応する必要がある。 麻痺中でも発動するので注意。 特殊技を誰か1人でも受けると全体が壊滅するというポイント。 3:恐怖を入れる場合はトールを入れる選択肢も 恐怖を利用してCT増加を防ぐ場合は、トールを使用すると命中率を上げられる。 属性防御DOWNを入れて味方の火力を上げ、敵の攻撃に対してはカット、回復を駆使して戦っていこう。 万全を期すならトールで連続攻撃DOWNを入れておこう。 直前で特殊技を受け、カットを無駄にするといったことはないようにしよう。 4:敵の「TA確率UP」をディスペルで消去 特殊技『ゴッドブレス』で敵に付与されるTA確率UPは放置しておくと事故につながるのでしっかりディスペルで消去しよう。 自動復活なども消去されてしまうので注意。 なおビッグバンには弱体消去がついているので、 しっかり全員が通過したことを確認するように。

次の

【グラブル】アルバハHLに初挑戦する際の準備と心構えについて

アルバハhl攻略

準備編 初見でも遠慮は無用 団が参加に条件をつけずに(誰でもウエルカム)募集している場合は基本的に 戦力は不問と考えていいです。 初見であってもまったく問題ありません。 ただしアルバハHLは注意点がいくつかあるので初見の場合は 事前に初見である旨は伝えるようにしてください(後述するスタンプと超越)。 装備がまだ揃っていなかったり必要な石(トール等)を持っていないと「寄生するの悪いから」といった理由で遠慮してしまう方もいると思いますけど、少なくとも団内ではそういう遠慮は無用です。 アルバハHLは初見で戦力になるのが困難(装備が揃っていたとしても)なマルチなので、そういったことを気にする必要はまったくありません。 主催する立場で 一番辛いのは団員が誰も来てくれないことです。 シュヴァ剣が多ければ多いほどHPが高くなって動きやすくなりますが、具体的な必要本数等を書くと心理的なハードルを上げてしまうのでここではあえて書きません。 光よりHPを高くできる属性が他にあるならそちらでの参戦もアリです。 不慣れな内はかばう持ちキャラを2人入れる アルバハHLは軽減不可の無属性多段攻撃を使用してきます。 この攻撃(無属性シリウス)はファランクスが無効で運が悪いと HP100%状態であっても主人公が死ぬ可能性がある非常に危険な技です。 この無属性シリウス対策として最も有効なのがかばう持ちキャラにかばわせるという方法です。 これは無属性シリウスをかばわせたときのSS。 かばったキャラは当然即死しますが、それ以外の3人はまったくの無傷。 主人公が落ちる可能性がゼロになるので安心して通過することができます。 無属性シリウスの使用回数は2回(50%トリガーと40%トリガー)なので、かばうキャラを2人入れることで実質ノーリスクで乗り切ることができるようになります。 かばうキャラがいない場合は自身の敵対心をアップさせるキャラを入れて無属性シリウスを引き付けるやり方もあります。 ただしかばうと違って確実ではないので、この方法で無属性シリウスを受ける時は必ずポーションなどで 主人公のHPを90%以上にしてから通過すること。 こうすることで75%のバースでメンバーチェンジが発生してAがサブに引いてもBがフロントに出てくるのでそれに50%のシリウスを受けさせることができます。 先日実装されたガイゼンボーガも一応記載しておきましたが、取得してる人は果たしているのだろうか・・・ サブ抜き編成はアルバハ上級者になるまで厳禁 アルバハHLに慣れている人はサブを抜いたフロント4人のみの編成にしているケースが目立ちますが(75%のバースでメンバーチェンジを発生させない為)、慣れていない内は絶対に真似しないでください。 ジョブとアビリティ ジョブはスパルタ一択 慣れてない内はファランクスを撃つタイミングを覚える意味でもスパルタ推奨。 セージはある程度慣れてからのほうがいいでしょう。 スパルタ・セージ以外のジョブで行くのはNGです。 EXアビリティはリヴァイヴ(蘇生)とクリアオールを入れるのがテンプレ編成となります。 特に不慣れな内はリヴァイヴがあったほうが心理的に安心感が生まれて動きやすくなると思います。 参戦者のアビリティ通知をONにしよう 通常のマルチだと鬱陶しいと感じる参戦者のアビリティ通知機能ですが、アルバハHLではファランクスの無駄打ち(重複)を避けるために重要となります。 スポンサーリンク 実戦編 ハイ!スタンプを押す箇所は3か所 アルバハHLは参戦者がトリガーを踏むたびにデバフが消去されるといった厄介なギミックがあるので、参戦者間での連携が必要になります。 現在のアルバハHLでは以下の3か所でスタンプを押す必要があります。 95%(ダイダロスウイング) 95%の特殊行動「ダイダロスウイング」が発動する度にアルバハに高揚という厄介なバフが付きます。 これは全員が95%を通過してから消さないとディスペルで消したその直後に再び高揚が付いたりするのでそれを防ぐためです。 不慣れな内は 必ず「ダイダロスウイング」の発動を目視してからスタンプを押すようにしてください。 70%(神撃) 70%の特殊行動「神撃」は発動するとアルバハに付与されているデバフが2つ消えます(参戦者ごとに)。 ここで一発目のトール(70トール)を撃ってアルバハにデバフを入れることになりますけど、全員が70%を通過してからトールを撃たないとせっかく入れたトールデバフが消えてしまうので、それを防ぐために70%を通過しましたという合図を送るためにスタンプを押します。 10%(ビッグバン) 70%の「神撃」は消去されるデバフは2つでしたが、こちらは誰かが10%を踏むたびにアルバハのデバフが全消去されます。 70%は一人通過してない人がいたとしてもデバフが全て消えるわけではありませんけど、こちらは一人通過してない人がいたらせっかくのトールデバフが全消去されてしまいしかも再度トールを入れることはほぼ不可能になります。 繰り返しになりますが 不慣れな内は必ず特殊行動を視認してからスタンプを押してください。 HP50%から31%の間は絶対にチャージMAX技を発動させない アルバハHLには 「理の超越」という発動させた瞬間に全ての参戦者が全滅する技があります。 発動条件はHP50%~31%の区間でチャージMAX技を発動させること。 上のSSのような状態で攻撃ボタンを押してしまうと「理の超越」が発動してしまい全ての参戦者が全滅してしまうので絶対にこの状態で攻撃ボタンは押さないようにしてください。 HP100%~HP75%の区間(特にHP90%台)はターゲッティングに注意 赤い印(ターゲッティング)がついた状態でターンを進めると「レギンレイヴ」という非常に強力な多段攻撃を使用してきます(トリガーとタイミングが重なった場合はトリガー優先) 「レギンレイヴ」を素受けするとパーティーが半壊するので必ずクリアで解除してから動くようにしてください(自分でクリアが使えない時は他の参戦者にクリアオールをかけて貰うまで待機) 慣れるまでは行動表を横に置いてそれを見ながら動く 下にまとめていますが、アルバハHLはHPトリガーの数が非常に多く覚えるのが大変です。 慣れるまではネットにある行動表などを横に置いてそれを見ながら戦うことをお勧めします。 無論その間はリロ殴りなどは厳禁。 厳密には素受けしてもいいトリガーと絶対にカットしないといけないトリガーがありますけど、慣れてない内は無属性シリウス等一部を除いて必ずファランクスがかかった状態でトリガーを受けるようにしてください。 団主催のアルバハHLは装備とかキャラの有無は気にせず積極的に参加しよう 今回の記事にはアルバハHLで必要となる装備レベルといった情報はあえて書いていません。 これはそういった情報を書いてしまうとそれを満たしていない人が団のアルバハHLに参加しにくくなってしまうのでそれを防ぐ為です。 団のアルバハHL参加の敷居はできるだけ低くしたい 個人的には〇〇を持ってないとダメとか言うぐらいなら最初から団で募集すべきではないと思います(速度が出ない人とやりたくないのであれば野良で高ランク限定募集でもすればいい) 完全に赤の他人である野良だと話は変わってきますけど、団内のアルバハHLに関しては無理しない範囲で気軽に参加してもらえたら嬉しいです。

次の

アルバハHLソロ攻略(水属性編2): habaneraのブログ

アルバハhl攻略

ウーノ 十天衆 アタッカー・ディフェンス 水属性アルバハHLでの最良キャラ。 1アビでオーバードライブ時の敵に11倍ダメージ 最終解放していれば上限約143万。 2アビは1ターンかばう効果+通常攻撃カウンター効果。 最終解放していれば攻撃力大幅アップ効果もつき、1アビと併用したり連続攻撃率パフなどと併用すれば水属性キャラ随一の瞬間火力が出せます。 またアルバハ序盤のターゲッティングも2アビを発動したターンはターゲティングがつかないのも便利です。 攻防共にサポートできる大変優秀なアビリティ。 現在HPを超えるダメージを受け、戦闘不能にならない限りは、HPが減る事はありません。 奥義効果もモードゲージ減少+HPが多いほど攻撃UPする渾身効果+バリア効果 味方全体 でとても優秀です。 カトル 十天衆 アタッカー、弱体 水属性アルバハHLでの最良キャラ。 使用間隔が5ターンと短いのも魅力。 2アビは約120万の高ダメージ倍率攻撃+ グラビティ効果。 これだけでも優秀ですが 最終解放をしていればディスペル効果もあるので、更に使いやすくアルバハHLでも噛み合います。 3アビは味方全体の強化効果を1ターン延長しますが、アルバハHLは強化消去をされる事もあるので使い所は選ぶ必要があります。 4アビは1アビと2アビが即時使用できるようになり、 最大4回まで連続で使用できるようになります。 先に1アビ、2アビを使用した上で4アビを使用すれば、最大連続で7回アビリティが使用できます。 というシーンも珍しくありません。 そんな時にこの4アビはとても便利です。 更にカトルは 奥義効果でスロウ+連続攻撃率アップもつきます。 奥義の連続攻撃UPは四天刃とほぼ同等効果なので、非常に強力です。 ですが 最終解放すると、カトルの1アビは状態異常付与が1つから2つに増え、2アビはダメージが4回から6回に増え、さらにディスペル効果が追加されます。 4アビを使用すればいつでも1アビ2アビを使用する事ができ、かつ連続使用が可能となり、状態異常付与だけでなく削りにも有効です。 奥義でのスロウ効果は最終解放する前からありますが、四天刃とほぼ同等の連続攻撃率UPは最終解放してからです。 また、奥義で渾身効果+バリア効果 味方全体 がつくのも最終解放してからです。 カトルとウーノの二人は最終解放する事により、大幅強化され、強化面は主に火力貢献と安定感に関わってくるので、できれば十天衆の二人は最終解放する事をおすすめします。 他にもダメージカット用に各種カーバンクルを入れるのもおすすめです。 ファランクス かばうが安全ですが、PT火力が高いとかばうのアビを押した後に50になってしまい、確定でかばったキャラが落ちてしまうので慎重に。 受けた後にHP1になったらポーション、落ちた時はリヴァイヴかエウロぺ ウーノ2アビが切れない場合は高HP維持で通過。 ルシ4凸でHPを回復したり、オールポーションで回復して空がおすすめ。 HPが厳しい場合はダメアビで削り35まで待機。 攻防ダウンが再び有効になるので、アルタイル2アビが有効 基本的にスパルタはファランクスを回しながら戦闘していきます。 ゲージMAXの時やトリガーには必ずファランクスをするか、貰うかしましょう。 リヴァイヴはキャラを落としたらすぐ使用しましょう。 CTが長いのでターンが回ってきた時にキャラが落ちていたら、使うようにします。 ただバース・コントロール前にキャラを落とした場合、復活すると出したいキャラが出せない事が起きるので注意しましょう。 アルバハHL【水編成】立ち回りセージ編 立ち回り例 役割 10トールの場合 100〜75 ターゲッティングがついたら必ずクリア。 ない場合は必ずファランクスをもらう。 通過後にハイ!スタンプ。 70~50 トールを召喚確認後、ソーンの麻痺が入らなかった時はカトルの1アビで麻痺を狙う。 神光で状態異常がつきやすいゾーン。 ファランクスをもらう。 ロミオ2アビを使えば火軽減もできる。 ルシ4凸でHPを回復してからがおすすめ。 HPが厳しい場合は35まで待機。 HPが不安な場合は他の人の通過を待つ。 味方の強化解除は全員されるので、前後の強化タイミングに注意。 アビリティはOK。 HP削りが微妙な時はカトルの4アビを使って削りに協力。 その後再び待機。 ヒールオールは使えるターンはすぐ使い、ガンガン回していきましょう。 リヴァイヴはスパルタと同様です。 水属性の10トールの特徴は、トール待機している時もカトルの4アビを使えば削りに積極的に参加できる事です。 他属性にもダメージアビリティを使用できるキャラクターは沢山いますが、カトルのように連続で使用できるキャラはいません。 アルバハHLの詳しい立ち回り、攻略は【】からどうぞ。 【水ヴァルナ】アルバハHLおすすめ編成例スパルタ アルバハHLにまだ慣れていない方を想定した、守護武器を入れた編成例です。 編成のしやすさも踏まえ、課金武器はミュルグレス1枠のみです。 召喚石はヴァルナxヴァルナです。 序盤のターゲッティングなどはクリアオールで必ず解除するようにしましょう。 メイン武器はミュルグレス。 ミュルグレスが無い場合は、七星剣を水属性に変えたもの 奥義でダメージカット や、一伐槍を水属性に変えたもの 奥義で味方全体の被ダメージの10%を反射 がおすすめです。 フィンブルが2本しか無い場合は、EXゼノコキュ杖2本目を編成するか、玄武殻拳を編成しましょう。 守護武器を編成すると火力は伸びないので、慣れてきたらコキュ槍を他の武器に変えてください。 ミュルグレスの本数が多い程、火力は伸びます。 セージのメイン武器はEX武器のゼノコキュ杖がおすすめです。 ヴァルナ編成の詳しい武器編成についてはこちら【】の記事をご覧ください。 スポンサーリンク.

次の