規範的 類語。 企業行動規範|入門編

規範(きはん)とは

規範的 類語

「ロールモデル」の意味とは 「ロールモデル」という言葉にはどういった意味があるのでしょう。 まずは、詳しい意味とその語源から紹介します。 「ロールモデル」は「行動や考えの規範となる人」という意味 「ロールモデル」とは、簡単に言うと、「手本となる人」という意味の言葉です。 具体的には、「行動や考えの規範・模範となる人」や「(ビジネスなど)学習する対象・模倣する対象となる人」を指して「ロールモデル」といいます。 ビジネスでは、高い能力とリーダーシップを兼ね備えた人 ビジネスにおける「ロールモデル」は、その分野(企業内)で「高いスキルを持っていて、かつリーダーシップを発揮しているような人」という意味で使われることもよくあります。 また、単にハイスペック・ハイレベルというよりは、一般社員からみて、身近なところにいるポジションの人を「ロールモデル」とすることが多いのも特徴です。 「ロールモデル」は英語「role model」が語源 「ロールモデル」は英語「role model」に由来するカタカナ語です。 英語の「role」は「役割」、「model」は「見本」という意味の言葉で、英語で使用される場合とほぼ同じ意味といえるでしょう。 「ロールモデル」の使い方と例文 続いて、「ロールモデル」という言葉の実際の使い方を例文で紹介します。 「ロールモデルにする」「ロールモデルだ」と使う 「ロールモデル」という言葉は次のような使い方が一般的です。 彼は新入社員にとって良いロールモデルだ• 彼女をロールモデルにする女性スタッフは多い• 彼の実績は中途社員の良いロールモデルになるだろう• 看護の分野でも「ロールモデル」はよく使う 「ロールモデル」という言葉は、一般企業だけでなく看護・医療業界でもよく用いられます。 たとえば、• 実習でロールモデルを見つけることで、看護師としての目標が具体的になる などという風に、学生の目指すべき姿・目標の対象を表す際に「ロールモデル」と使われることが多いようです。 企業における「ロールモデル」の役割と効果 「ロールモデル」という言葉は、ビジネスパーソンが自ら設定するだけでなく、企業が社員に対して「自社のロールモデル」を設定・広報することもしばしばです。 企業における「ロールモデル」の役割やその効果について紹介します。 企業が提示する「ロールモデル」 「ロールモデル」という言葉は、企業の人事が、社員のキャリアパスやキャリアビジョンの一例を紹介する際にもよく用いられます。 「当社のロールモデル」といった表現も可能です。 「その会社に入社した際にどういったキャリアがあるのか」「どのような働き方が考えられるのか」のモデルケースを提示する際に「ロールモデル」と使うことが多いでしょう。 「ロールモデル」によって方向性・目標が明確に 企業による「ロールモデル」の提示は、若手社員が仕事に対する目標を定めやすくなる、というのが大きなメリットです。 「営業部からマーケティング部門へ」という風に、ビジネスパーソンとしての方向性も「ロールモデル」が示してくれることがあります。 また、先輩や上司といった身近な存在を「ロールモデル」として広報することは、スタッフのモチベーションアップにもつながります。 「ロールモデル」は現状把握にも効果的 「ロールモデル」を明確にすることは、自分の置かれた現在の状況把握にも大きな効果が期待できます。 「ロールモデル」との違いを認識することで、足りない部分や必要なスキルが自ずと見えてくることがあるからです。 女性のロールモデル設定は企業課題のひとつ 企業における「ロールモデル」は、今いるスタッフはもちろん、入社を考える人に対するアピールとしても用いられます。 その中でも重要視されるのが「女性のロールモデル」の設定です。 「女性が活躍できる企業かどうか」というのは、昨今、社会的にも大きな注目を集めています。 つまり、女性としてのキャリアビジョン・女性ならではのキャリアパスを実現したスタッフは、企業にとって社会的にも大きなアピールとなるのです。 そのため、ワークライフバランスを実現した女性の「ロールモデル」の存在は企業としての課題ともいわれています。 「ロールモデル」の類語 「ロールモデル」と似た意味の言葉にはどういったものがあるのでしょう。 「ロールモデル」の類語は「模範」「手本」 「ロールモデル」の類語は、「模範」「手本」「見本」などが挙げられます。 いずれも、「模倣する価値のある人」「模倣すべき人」といったニュアンスで使用される言葉です。 「モデルケース」も似た意味の表現 「ロールモデル」と似た意味の言葉には、「モデルケース」もあります。 「モデルケース」とは、「標準・典型的な事例」「代表的な事例」といった意味の言葉で、様々な分野で使用されます。 たとえば、「管理職のモデルケースでは」というと、「管理職の標準的な事例では」という意味になります。 まとめ 「ロールモデル」とは、「行動や技術、考え方などの模倣となる人」という意味の言葉で、模倣や学習する対象となる人を表す際に用いられる言葉です。 ビジネスでは、採用や研修など人事分野でよく用いられます。 また、ビジネスに限らず、「自分の目標とする人」というニュアンスで有名人をあげる人もいます。 モチベーションアップのためにも「ロールモデル」を探してみるといいかもしれません。

次の

「倫理観」の意味と正しい使い方!「道徳観」との違いや類語・英語も解説

規範的 類語

さて、倫理は社会の規範で人々の行動を律する「正しい」ルールですがただ盲目的にそれに従うのは果たして「正しい」のでしょうか?この問いを考えたり説明したりするのが 「倫理学」になります。 倫理学にはザックリと大きく分けて二つの傾向があります。 まず、倫理の原理を永遠不滅のものと見做すタイプ。 もう一つは倫理を社会が作った取り決めや歴史がそうさせたものと見做すタイプ。 前者の考え方を代表する著名な人物は プラトン。 後者を代表する著名な人物は アリストテレスです。 この二人の傾向を違いをかなり簡略化して説明すると、「現実を超えた 理想的な観念から倫理を考える」のか「現実の社会や歴史を 観察して倫理を考える」のかになります。 確かに人間にとって正しい行動がコロコロ変わるのでは、とても規範とは呼べませんね。 しかし、その規範は国や文化歴史によって違うのは当然でもあるのです。 この二つ発想のどちらも倫理を考える上では非常に重要になってきます。

次の

規範の類語・関連語

規範的 類語

一定のをまたは禁止する ,当為の。 宗教規範,道徳規範,などがある。 によれば,規範は,の一部を構成し,「」を通して人格体系へ,「化」を通してへそれぞれ定着し,人間の社会的生活の連続性,を保証する。 規範を個人の社会的行為からみると次の点が今日では問題となってきている。 1 個人がどのような規範を行為のとしてもち,またどのまでそれらの規範を内面化しているか, 2 それらの規範の力関係や個人に対するの問題, 3 の社会において,どのような規範が支配的であり,それがどのようなを通して,個人に定着されるかなどである。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 一つの国民社会,あるいは特定の集団や組織の中で,その成員が自己あるいはの行為に関し,ある一定状況のもとに何をなすべきか,何をなすことを期待されているか,あるいは逆に何をしてはいけないか,何をなすことを禁じられているか,ということについて共有している 共同 主観的な意識,あるいはそれの客観化された表現としての行為基準をいう。 社会学のとして,〈価値と規範〉というように価値という語と関連づけて説明されるのが通例であるが,その場合には,価値が一般的な望ましさの基準といった抽象度の高い,その意味で超越的,究極的なものを現すのに対し,規範はもっと具体的に特定状況のもとでの行為を指示するような基準にかかわる。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 最広義には、人に一定のことを「すべし」、もしくは「すべからず」と命ずる規準。 その目的は、特定の状況において人に当為を指定して一定の価値を実現するためであるから、究極的価値がなんであるかによって、規範の種類も分かれる。 真を論証するための論理規範、善を実現するための倫理ないし道徳規範、美のための芸術規範、信仰のための宗教規範、そして社会に秩序を実現するためのなどである。 ここでは社会規範について述べる。 社会規範にはもとより固有のものもあるが、他の諸規範、とくに道徳規範や宗教規範などは同時に社会規範としての性質をもつことが多いので、社会規範はそれらを含むことがあり、また単に規範とよばれることもある。 この意味の社会規範は次の四つの要素から成り立っているので、その個々も狭義で社会規範といわれることがある。 [千葉正士] 社会規範の要素社会規範の主要な要素の第一は価値原理である。 これは究極的価値を中心とし、これに付随する諸価値が全体として一つの価値体系をなすことが多く、人類社会にはその態様、種類も多様であり、したがって、それに応じて歴史的、社会的、宗教的、文化的に多様な型の社会規範がみいだされる。 要素の第二は行動様式であり、社会に一般的に繰り返し行われる行動が型として特定されていることであるが、特定の態様、程度はさまざまである。 第三の要素であるサンクションは、行動様式を保障するためになんらかの社会的な圧力、権威が行動を評価して是認または否認の対応行動をすることであるが、これもその圧力、権威の正統性と組織性の類型が多様である。 以上の3要素を総合的に言語命題、とくに文字に表明したものが、第四の要素の準則ないし規則である。 しかし、このような言語的表現は形式的要素であるから、社会規範の実体は前の3要素によって決定される。 [千葉正士] 社会規範の分類サムナーとウェーバーに共通する社会規範の分類もこの3要素を顧慮したものと解される。 まず、行動様式として定着しているが、価値原理が不確定でサンクションも不特定のものが慣習である。 次に、価値原理が確立し、したがってそのためのサンクションも特定されているものがモーレスである。 そして、サンクションが固有の機関によって担われて制度化し、したがって行動様式も明確に、そして価値原理も特殊な形で体系的組織化のなされたものが法である。 いずれの内部でも連続的な段階が多様に分かれていて、法についても、もっとも組織化の進んだ現代の国家法のほかにも、公式的性質をもつ宗教法や少数民族の法や、非公式的なものとして慣習法、固有法、生ける法、未開法、フォークロアなどとよばれるもの、あるいは現代社会における大小の組織の自主規則など、多くのものがある。 以上の3分類もまた実は連続的であるから、その全体を行動様式面の特殊性に着目すると慣行、そして常民の伝承的な衣食住の生活様式として理解すると民俗といわれたりする。 ただしそれらの場合、組織化された国家法や宗教法は除かれる。 [千葉正士] 社会規範の機能社会規範には、それが守られれば秩序が維持されるから社会を存続させるという社会的な面と、人はこれを守っていれば身が安全で欲求を達することができるという個人的な面と、両面の機能がある。 したがって社会規範は、社会がある以上は当然の理として人の心に内面化され意識されていないことが多く、そのほうが有効であるともいえる。 しかしそのことは、保守的傾向に傾くことにほかならないので、これを不当な拘束と感ずる人間の生の力が噴出して、しばしば意識的に既存の社会規範に抵抗し、これを改革することがおこる。 このような規範の葛藤 かっとう は、無限に多様な諸類型の間にも不断におこるものであるが、一定規範の時間的な継起においても生ずる。 社会規範は、確立した規範として不動の形で存在するものではなく、つねにこのような葛藤と直面していて、これを克服し、あるいはそれと妥協し、ときには交代するからこそ存続するのであり、この試練を経ないものは因襲と化し、やがて消滅するほかなくなる。 ノルム鉱物は火成岩中によく出現する鉱物のなかで比較的化学組成が単純なものを,微量成分などを除いた簡単な形で表したものである。 それらを,化学分析の結果得られた岩石の総化学組成をもとに定められた規則に従って順次計算していく。 この方法は,1902年にアメリカの岩石学者クロスW. Cross,イディングズJ. Iddings,ピアソンL. Pirsson,ワシントンH. Washingtonの4人により,火成岩をノルムをもとに分類する目的で提案されたもので,4人の頭文字をとってCIPWノルムと呼ばれている。 … 【道徳】より …個々の人間は,とりわけの責めという現象において,おのれ自身の行為や人格の善悪の区別を体験する。 あらゆる諸民族の文化生活において,道徳的命法,行為,道徳的価値規準などが存在し,それらにしたがって,ある種の行為は称賛すべきものとして是認され,あるいはとして命じられ,他の種の行為は非難すべきものとして否認され禁止される,ないしは,人間自身とその態度や言動が端的に善あるいは悪として評価される。 その種の事柄について,それを単に事実として記述し分析する種々の社会科学 たとえば,文化史,文化人類学,社会学など とか,その種の価値評価の成立を心理的に説明する道徳心理学とかとは異なり,倫理学としての道徳哲学は,道徳現象の究極的な根拠を問い,道徳の形而上学に到達しようとする。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の