ハムレット グッズ。 【9/8・9/9初日】Sexy Zone(セクゾ)菊池風磨 主演舞台「ハムレット」@東京グローブ座の上演時間・グッズ・ネタバレ感想レポ

【10/6東京千穐楽】Sexy Zone(セクゾ)菊池風磨 主演舞台「ハムレット」@東京グローブ座の上演時間・グッズ・ネタバレ感想レポ

ハムレット グッズ

声のみで表現することを生業としている声優が、名作による美しい文章をその圧倒的な表現力で詠み、聴くものを日本文学の名作の世界へ誘います。 声のみで表現することを生業としている声優が、名作による美しい文章をその圧倒的な表現力で詠み、聴くものを海外文学、日本文学の名作の世界へ誘います。 個人主義と社会の繋がりなど現代社会が 等しく抱えているテーマを主題とした作品を取り上げ、長く愛される名作を通じ、現代日本社会の問題を浮き彫りにすることを目指し、日本文学名作選 第 1作目として、 2016年 3月に没後 100年となる夏目漱石の「それから」を、第 2作目として、 2016年 11月に「三四郎/門」を、第 3作目として、 2017年 2月に夏目漱石の「こゝろ」 を、第 4作目としては、「それから」「三四郎/門」の 2演目を期間中に上演しました。 第 5作目からは作品の原作者を変更し、宮沢賢治作の「銀河鉄道の夜」、第 6作目は森鴎外作の「舞姫事件-鴎外輪舞曲-」を上演し、第七弾は、芥川龍之介「藪の中」、太宰治「駈込み訴え」、坂口安吾「夜長姫と耳男」の三部作を上演。 また、2019年には海外文学名作選 第 1弾として、ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」、日本文学名作選 第 8弾として、夏目漱石「草枕」の 2作品を上演致しまた。 次回は、日本文学名作選第9弾として、夏目漱石「こゝろ」を上演致します。 ご入場が開演に遅れる場合、スタッフが順次ご案内をさせていただきますので、 スタッフの指示に従い、客席内にお入りください。 また、演出の都合上、客席にご案内できない時間帯がございます。 お時間に余裕を持ってご来場ください。 チケットの半券をお持ちでない場合、再入場は出来ませんので、予めご了承ください。 ただ一部公演回につきましては【キャンセル待ち抽選券】の配布となりますので事前にこちらの注意事項をご確認ください。 予めご了承ください。 前売券販売終了後、残席がある回に限り、チケットぴあにて各公演の前日までお買い求めいただけます。 [当日引換券とは... ] 公演当日、開演の30分前より受付にて、座席指定券とお引換えいただくチケットです。 お連れ様とお席を連番でご用意できない場合もございます。 また、お座席はお選びいただけませんので、予めご了承ください。 充分にご注意ください。 【ご来場の際は、お手元のチケットを必ずご確認ください!】 公演日時のお間違え、チケット忘れなどはご観劇いただけません。 お手元にあるチケットの日時を再度ご確認の上、ご来場ください。 転売されたチケットは無効となり、ご入場をお断りさせていただく場合もございますので、ご注意ください。 付き添いの方がご観劇される場合も、チケットは必要となります。 お預かりしたプレゼント等は、各出演者にお渡しいたします。 (楽屋花をお送り頂きましても、全て劇場ロビーでの設置となりますので予めご了承下さい) また、スタンド花につきましては、必ず指定日での撤収のご手配もお願い致します。 予めご了承ください。 これらの行為は法律でも禁止されております。 喫煙は所定の喫煙コーナーでお願いいたします。 公演中止にもなりかねませんので、ご協力いただけますようお願い致します。 皆様のお越しをキャスト、スタッフ一同 心よりお待ちしております。

次の

【9/8・9/9初日】Sexy Zone(セクゾ)菊池風磨 主演舞台「ハムレット」@東京グローブ座の上演時間・グッズ・ネタバレ感想レポ

ハムレット グッズ

オフェリア Ophelia :ハムレット ||||||| オフェリア Ophelia :ハムレット シェイクスピアの造形した女性の中で、オフェリアは独自の位置を占めている。 彼女はポーシャやベアトリスなど喜劇に出てくる女性たちのようには逞しくないし、あまり利口でもなさそうだ。 だが歴史劇の女性たちのように、自分のこうむった不幸な運命を嘆いているだけでもない。 彼女は恋する女性だ。 恋の相手はハムレット。 そのハムレットが狂気を装って彼女の愛を拒絶しようとする。 だが彼女は自分の恋があきらめられない。 彼女とハムレットとは、いったんは恋人の契りをしたはずなのだ。 だからもういちど、ハムレットを以前のように自分だけのハムレットにしたい。 ところがハムレットはあくまでも自分の愛を受け入れてくれない。 それどころか人生を清算して尼寺へ行けとまでいう。 ハムレット:お前を愛したこともあった オフェリア:わたしもそのように受け取りました ハムレット:そう受け取ってはならなかったのだ どんな美徳を接木しても 古くなった木が実を結ぶわけではない おれはもうお前を愛してはおらぬ オフェリア:わたしがひどい思い違いをしていたのですわ ハムレット:尼寺へ行け 結婚して出来損ないを生んだとて何になろう(第三幕第一場) HAMLET:I did love you once. OPHELIA:Indeed, my lord, you made me believe so. HAMLET:You should not have believed me; for virtue cannot so inoculate our old stock but we shall relish of it: I loved you not. OPHELIA:I was the more deceived. HAMLET:Get thee to a nunnery: why wouldst thou be a breeder of sinners? ハムレットのこの言葉をどう受け取ったらいいのか、オフェリアは悩んだに違いない。 というのも、ハムレットは狂気を装いながらこの言葉を発しているからだ。 狂人の言葉は、道化の言葉と同じように、聞くものにとってその意味を一義的に解釈できるものではない。 聞くものはいわれた言葉が果たしてどんな真実を含んでいるのかと、言葉の背景や言葉の底に潜んでいるものを暴きだそうとするだろう。 オフェリアもまた、ハムレットが発した残忍な言葉を、その残忍さゆえに文字通り受け取ることができなかったに違いないのだ。 だがハムレットは、言葉だけではなく、行動によってもオフェリアに打撃を与える。 オフェリアのカケガイのない父親を殺してしまうのだ。 オフェリアはハムレットを愛している。 だがハムレットは、残酷な言葉だけではなく、残忍な行為によっても、オフェリアの思いを踏みにじる。 こうしてオフェリアは本物の狂気へと追い詰められていく。 ハムレットの狂気が主体的な選択として演じられているのに対して、オフェリアの狂気は強いられた狂気である。 オフェリアの狂気の中には時折真実がもれ出てくるところがある。 それが周囲を不安がらせる。 ガートルード:どうしたの オフェリア! オフェリア(歌う) あのひとに愛されてるって どうしたら知ることができるでしょう あのひとは巡礼姿 手には杖足にはわらじ ガートルード:いったい何の意味なの オフェリア:聞いてくださらなきゃだめ(歌う) あの人は死んだの あの人は死んだのよ 頭には青草茂り 足元には墓石が立つ ガートルード:でも オフェリア オフェリア:お願いだから聞いて(第四幕第五場) QUEEN GERTRUDE:How now, Ophelia! OPHELIA [Sings] How should I your true love know From another one? By his cockle hat and staff, And his sandal shoon. QUEEN GERTRUDE:Alas, sweet lady, what imports this song? OPHELIA:Say you? nay, pray you, mark. Sings He is dead and gone, lady, He is dead and gone; At his head a grass-green turf, At his heels a stone. QUEEN GERTRUDE:Nay, but, Ophelia,-- OPHELIA:Pray you, mark. ここでオフェリアが歌っているのは、前段ではハムレットのこと、後段ではそのハムレットと重なった父親のイメージだろう。 ハムレットが巡礼姿であるのは、彼が先王の死の真実を求めていることをほのめかしている。 狂気の中から現れるこんなオフェリアの言葉は、クローディアスやガートルードに猜疑心を植えつけたに違いない。 オフェリアもハムレットと同じく、監視の対象とせねばならない。 オフェリアは結局、狂乱のなかで水死してしまうが、その様子を劇の中で紹介するのはガートルードである。 ガートルード:小川の堤に柳の木が斜めに生え その葉陰が水の流れに映っている場所に あの子が大きな花束を持ってやってくると キンポウゲやいらくさや雛菊 そして粗野な羊飼いが下卑た名前で呼び 乙女たちが死人の指と呼んでいる紫の花の 大きな束を折れ曲がった枝にかけようとして よじ登ろうとしたら小枝が折れてしまったのです あの子は花束もろともまっさかさま ざわめく流れに落ちると 着ているものを広げながら 人魚のように流れに浮かび 子どもの頃に聞いた歌を歌い続けた まるで自分の身に迫る危険を知らないように あるいは水の中こそ自分の世界といったように でもやがて衣装は水を含んで重くなり かわいそうなあの子は歌声もきれぎれに 泥の中に沈んだのです(第四幕第七場) QUEEN GERTRUDE There is a willow grows aslant a brook, That shows his hoar leaves in the glassy stream; There with fantastic garlands did she come Of crow-flowers, nettles, daisies, and long purples That liberal shepherds give a grosser name, But our cold maids do dead men's fingers call them: There, on the pendent boughs her coronet weeds Clambering to hang, an envious sliver broke; When down her weedy trophies and herself Fell in the weeping brook. Her clothes spread wide; And, mermaid-like, awhile they bore her up: Which time she chanted snatches of old tunes; As one incapable of her own distress, Or like a creature native and indued Unto that element: but long it could not be Till that her garments, heavy with their drink, Pull'd the poor wretch from her melodious lay To muddy death. ガートルードの言葉には、現場を目撃したものにしかわからないことが盛り込まれている。 それはオフェリアが監視されていたことをはからずも暴露している。 ガートルードは自分自身の目によってか、あるいは手下の目を通じてオフェリアの死の一部始終を知っている、そのように感じさせる部分だ。 ところでオフェリアの水死の場面は、ハムレットという劇の中でも、もっともインスピレーションを掻き立てる部分だ。 ラファエル前派の画家たちは好んでこの場面を絵にしたし、アルチュール・ランボーを始めさまざまな詩人がオフェリアの死を歌い上げてきた。 ||| 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2007-2010 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

公演詳細

ハムレット グッズ

愚か者は自分自身のことを賢いと思っているが、賢い人は自分自身が愚か者であることを知っている。 「fool」は、「愚か者、間抜け」という意味の名詞です。 輝くもの全てが金ではない。 シェイクスピアのヴェニスの商人に登場する名言です。 「glitter」は、「きらきら輝く、ぴかぴか光る」という意味の動詞です。 終わり良ければ全て良し。 日本でも有名な名言ですが、これはシェイクスピアの戯曲のタイトルから来ています。 ここでの「end」は、「終わる」という意味の動詞として用いられています。 愚かな賢人よりも賢い愚か者のほうが良い。 「wit」は、「機知、理性、才人」という意味の名詞です。 1分遅いよりも3時間早いほうがましだ。 「minute」は、「分、わずかな時間」という意味の名詞です。 簡潔さは機知の本質である。 シェイクスピアの戯曲、ハムレットに登場する名言です。 頭の良い人ほど、難解な物事を簡潔にまとめるのが得意ですよね。 「soul」は、「魂、本質」という意味の名詞です。 良心は私たち全員を臆病者にさせる。 同じく、ハムレットの名言です。 「doth」は、「does」の古い言い方です。 また、「make A of B」で「BをAにさせる」という意味になります。 臆病者は死の前に何度も死ぬ。 勇者は決して死の味はしないが、一度死ぬ。 The valiant never taste of death but once. 「valiant」は、「勇敢な人」という意味の名詞です。 星が炎であることを疑え。 太陽が動くことを疑え。 真実が嘘つきであることを疑え。 しかし私が愛していることは決して疑うな。 Doubt truth to be a liar, But never doubt I love. 「thou」は、「you」の古い言い方です。 また、「liar」は「嘘つき」という意味の名詞です。 おやすみおやすみ!別れはとても甘美な悲しみなので、明日までおやすみなさいと言おう。 Parting is such sweet sorrow, that I shall say good night till it be morrow. シェイクスピアの戯曲、ロミオとジュリエットの一節です。 「sorrow」は、「悲しみ、悲哀」という意味の名詞です。 また、「morrow」は「tomorrow」の古い言い方です。 地獄には誰もおらず、全ての悪魔はここにいる。 「empty」は、「空の、何もない」という意味の形容詞です。 私は犯した罪以上に罪を着せられている。 リア王に登場する一節です。 少し分かりにくいですが、むしろ自分が被害者だというニュアンスですね。 もし名誉を切望するのが罪であるならば、私は最も罪深い人間だ。 また、「soul」は「人、人間」という意味でも用いることができます。 無知は神の呪いである。 知識は私たちが天国へ飛ぶための翼である。 Knowledge is the wing wherewith we fly to heaven. 「wherewith」は、「それによって~するところの」という意味の関係副詞です。 私たちの運命を握っているのは星の中ではなく、私たち自身の中だ。 「destiny」は、「運命、宿命」という意味の動詞です。 多くの人々に耳を傾け、少しの人々に話しなさい。 ハムレットの一節です。 「listen to」で「聞く、耳を傾ける」という意味となり、人や音楽などに対してよく用いられます。 全ての人々を愛し、少しの人々を信頼しなさい。 そして、誰にも過ちを犯してはならない。 シェイクスピアの名言の中でも、有名な一節です。 「do wrong」は、「悪事を働く、悪いことをする」という意味です。 愛とは溜息の蒸気で作られた煙だ。 ロミオとジュリエットに登場する名言です。 「sigh」は、「溜息」という意味の名詞です。 恋は目ではなく心で見るものだ。 だから、翼の生えたキューピッドは盲目として描かれている。 シェイクスピアの真夏の夜の夢に登場する名言です。 「therefore」は、「従って、それ故に」という意味の副詞です。 また、「キューピッド」は固有名詞なので、基本的には「Cupid」と大文字で綴ります。 「blind」は、「目の見えない、盲目の」という意味の形容詞です。 誠実さほど豊かな遺産はない。 「legacy」は、「遺産、伝来のもの」という意味の名詞です。 ほんの少しの人情が全世界を親密にさせる。 「kin」は、「親族、同類」という意味の英単語です。 楽しみと行動は時間を短く感じさせる。 「pleasure」は、「喜び、楽しみ」という意味の名詞です。 Wherefore art thou Romeo? ロミオとジュリエットに登場する、有名なシェイクスピアの名言です。 「wherefor」は「why」、「are」は「are」、「thou」は「you」の古い表現です。 矢で殺すキューピッドもいれば、罠で仕留めるキューピッドもいる。 「arrow」は「矢、矢印」、「trap」は「罠、策略」という意味の名詞です。 暗闇ではなく無知があるのみだ。 「ignorance」は、「無知、無学」という意味の名詞です。 良いことや悪いことというものは本来存在しないが、考えることでそのようにさせるのだ。 ハムレットに登場する名言です。 「either A or B」は、「AかBか」という意味になります。 生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ。 同じく、ハムレットの名言です。 「生きるべきか死ぬべきか」という和訳が最も有名ですが、「あるべきかあらざるべきか」「このままでいいのかいけないのか」など、様々な日本語として解釈されています。 まとめ 以上、シェイクスピアの名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか? このページが皆さんのお役に立てば幸いです。 また、以下のページも合わせてご覧ください。

次の