アメリカ で インフルエンザ 大 流行。 インフルエンザが大流行 患者数283万人、過去最多:朝日新聞デジタル

アメリカでインフルエンザ感染が拡大 累積の推計入院患者は25万人、死者は14,000人

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

アメリカでのインフルエンザによる今シーズンの死亡者数は1万2000人を超えた(写真:AP Photo/LM Otero) 2月1日までの1週間だけで罹病者数は400万人増え、今シーズンの罹病者は合計で2200万人。 これは、今世界を震撼させているコロナウイルス肺炎の話だと思われるだろうか。 いや、そうではない。 実は聞き慣れた病気、「インフルエンザ」のアメリカでの現状である。 アメリカでは、1月半ばになって急にインフルエンザが猛威を振るい始めた。 コロナウイルス肺炎の死者が1000人を超えたことでわれわれはパニックに陥っているのだが、アメリカ国内ではその10数倍もの人々が昨秋からインフルエンザによって亡くなっているのだ。 新奇な病気に目を奪われているうちに、足をすくわれたような寒気がしないだろうか。 死亡者数は1万2000~3万人と推定 アメリカ疾病対策センター(CDC)は、昨年10月1日以降2月1日までの間に、アメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件、入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定している。 数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、罹病ケースを完全に監視することは不可能なため」という。 聞き慣れた病気だし予防接種もあるではないかと、インフルエンザは軽く見過ごされがちだ。 だが、CDCでは、アメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしている。 2017年〜2018年シーズンは悪夢のようなインフルエンザ流行に襲われ、何と6万1000人もの死者が出た。 場合によっては、コロナウイルス肺炎よりも注意を要する病気と言える。 ニューヨーク・タイムズ紙は1月上旬から、「今シーズンのインフルエンザシーズンは悲惨になる可能性があるとCDCが警告」とする記事を掲載していた。 インフルエンザ感染者が増え始めたのは昨年11月末と、例年になく非常に早かった。 当初はテキサス州やジョージア州など南部を中心に感染者が増えていたが、その後カリフォルニア州で猛威を振るった。 が、東部で感染者が爆発的に増えたのは今年に入ってからだという。

次の

アメリカでのインフルエンザ感染 累積推計 入院患者は31万人、死者は18,000人

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

5ch. gif 米ニュージャージー州ベルビル市長が昨年11月に新型コロナ感染 米メディアの報道によると、米ニュージャージー州ベルビル市のマイケル・メルハム市長はこのほど、自身が昨年11月に新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。 これより前、米カリフォルニア州サンタクララ郡衛生当局の検視報告により、米国で新型コロナウイルス感染が起こった時期が公式発表された時期よりはるかに早いことが裏付けられていた。 メルハム市長は当時を振り返り、「昨年11月にアトランティックシティで会議に参加し、11月21日に帰途についた際、急に体調不良を感じ、帰宅後から高熱や寒気など一連の症状が見られ、一晩中眠れなかった」と語った。 当時はちょうど米国でインフルエンザが流行っている時期で、医師はメルハム市長がインフルエンザに感染したと考え、市長も新型コロナウイルスがニュージャージー州で爆発的に広がるまではこの診断を受け入れていた。 政府はメルハム市長が当時新型コロナウイルスに感染するはずはないと強調したものの、市長はそれでも血液抗体検査を受けた。 4月29日に結果が出ると、メルハム市長を診察した医師は非常に驚愕した。 検査の結果、メルハム市長にはすでに新型コロナウイルス抗体があることが分かったからだ。 4月30日、メルハム市長は検査結果を公表し、これまでの多くの重症インフルエンザは新型コロナウイルスであった可能性が高いとする声明を発表した。 自身の判断の厳密性を裏付けるため、メルハム市長は同時に、「私の体内にある抗体は長期間存在しており、最近できたものではない。 この数ヶ月間で旅行したのはプエルトリコだけで、しかも1人暮らしだ」と強調した。 それだけでなく、メルハム市長は、「周囲の人のなかにも、昨年11月から12月に病気になり、しかも症状が重かったと言う人が多い」と注意を促した。 3月11日にはすでに、米国疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長が、インフルエンザで死亡したとされている症例の一部が実は新型コロナウイルス感染者だったことを認めている。 5ch. 米国は新型コロナウイルス感染の「震源地」となっており、これはトランプ大統領の対応が不十分であることと極めて関連性が高い。 米CDCのアン・シュチャット医務総監補は5月1日、米国の新型コロナウイルス検査が限られていた点と、中国以外の地域からの渡航者に対する旅行警報が遅かった点が、2月末から米国で新型コロナウイルス感染者が激増した原因であることを認めた。 こうした状況にも関わらず、トランプ大統領は繰り返し責任を中国に押し付けようとし、ウイルスの起源と中国を結び付けることにあれこれと知恵を絞っている。 (編集AK).

次の

【なぜ報道されないのか?】アメリカのインフルエンザ2020の死者数・型は?

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・ なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の同じ頃より約 1000人増え、2000人を超えました。 2020年1月26日午後1時の新型ウイルスの患者数と死者数 ・ わりと世界中が、この中国の新型ウイルスの推移を気にしているのですけれど、しかし、アメリカも感染症で大変なことなっていることを数日前に知りました。 実は、 アメリカでは「史上最悪規模で季節性インフルエンザが流行している」のです。 下の地図は、現在のアメリカでのインフルエンザの流行状況で、最も赤い部分が大流行の地域です。 2020年1月18日の米国のインフルエンザ感染状況 ・ 冒頭に示した数字は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が、1月24日にリリースした最新の「アメリカのインフルエンザの流行」についての数値です。 CDC は、アメリカ国民全体の 8. 5%にあたる 2700万人の疾病に関しての監視ネットワークを持っていまして、冒頭の数字はそこからの推定値で、そのため数字に幅がありますが、ある程度実体に沿った数値となっていると思われます。 この CDC の発表した数値から、それぞれ「最大値」をとった場合、以下のようなことになっていることになります。 2019年10月1日から2020年1月18日までの今シーズンの米国のインフルエンザを巡る状況 [インフルエンザを発症した人] 2100万人 [インフルエンザで受診した人] 1000万人 [インフルエンザで入院した人] 25万人 [インフルエンザで死亡した人] 2万人 2000万人の発症と、2万人の死者というのは、すさまじいものです。 通常の場合ですと、アメリカでの「実際の」インフルエンザの死者数は、CDC 管轄下にあるでは、 年間 500人程度ですので、本当に死者が 2万人だとすれば、大変な数です。 しかも、「アメリカのインフルエンザシーズンはまだ終わっていない」のです。 つまり、今後さらに感染者が増える可能性が高いと思われます。 今シーズンのアメリカのインフルエンザの大流行にある悲劇性としては、「 子どもで亡くなる事例が多い」ということがあります。 基本的には、季節性のインフルエンザでは、重症化したり、死に至るケースというのは、ほとんどが高齢者か基礎疾患を持つ人たちであり、一般的な場合、健康な若い人たちは、インフルエンザが重症化することはないものなのです。 ところが、今年のアメリカのインフルエンザは、数多くの子どもたちが犠牲になっています。 12月28日から 1月19日までに、少なくとも 27人の子どもがインフルエンザで亡くなったといます。 この数は、アメリカでインフルエンザ流行の記録がとられて以来、過去最大の数値だそうです。 実は、アメリカの季節性インフルエンザは、 最近「毎年、凶悪化していっている」という事実があり、2017年頃からは、「もはや毒性が季節性インフルエンザのそれではない」というような感じになっています。 他の国や地域でそんなにインフルエンザがひどいことになっているとはあまり聞かないということもあり、「なぜアメリカだけが?」というようにも思います。 中国では新型ウイルスが拡大し、アメリカでは感染力と病原性が高い奇妙なインフルエンザが流行しており、病気の時代はさらに進行中のようです。

次の