なまいきざかり 16巻 ネタバレ。 なまいきざかり。 94話 16巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

少女まんが『なまいきざかり。』 66話12巻 ネタバレ

なまいきざかり 16巻 ネタバレ

「なまいきざかり」最新刊6巻のネタバレ 成瀬とありさがキスしてるシーンを目撃した由希は即座に去った。 その際に物音がしたのでありさは誰かいたのかと振り向くが既にいなかった。 対して成瀬は口を手で拭くと悪ノリしすぎと言って去っていき、一人残ったありさは馬鹿と呟くのだった。 家に戻った由希は成瀬は待つのをやめたのかと思っていると友人から連絡が来て、明日のお祭りに参加する事になった。 そして翌日、祭りに参加した由希は友人と合流したが部員達も来て、成瀬の話題になったので由希は逃げるようにかき氷を買いに行く。 由希はあの日成瀬とありさが何を話していたのか知りたいけど怖いと思っている中、かき氷を買おうとしている人ごみに飲まれそうになる。 そこへ成瀬がやって来て由希の代わりに注文して人ごみから連れ出した。 そして成瀬は由希に話したいことがあると言って話そうとしたが友達が来たので後でと言って去った。 入れ替わるようにありさがやって来て、昨日のキスシーンを見てしまった事がバレてしまう。 ありさは無理矢理しただけと見られた事に関しては特に怒る様子は無く、成瀬には中学の時にフラれたと口にした。 そしてあの時はあの時で、今は分からないからと言って去っていく。 その姿を見て、由希はありさは自分の心に正直で何度でもぶつかっていける強さがあると思っていた。 それから由希は友人の元に戻るが部員達が成瀬の事を話してしまったので詰め寄られてしまう。 そこへ成瀬がイカ焼きを食べながらやって来て、付き合ってないと、由希の事を好きなのをやめると言った。 成瀬は自分がもたもたしている間に答えを出したんだと思って立ち尽くす由希の元にさっきの成瀬の言葉を偶然聞いた袴田がやって来る。 大丈夫かと声をかけてきた袴田に由希は大丈夫と言った途端に袴田に抱きしめられる。 何でしんどいって言わないのかと聞く袴田に由希は成瀬の事で頑張る必要がなくなったと思っており、ふと祖母の事が思い出されたのでついおばあちゃんと口に出して袴田を驚かせる。 ちょっと思い出しただけと言うと友人から花火始まってるよと電話が来たので由希はそっちに行こうとした。 そして袴田はそんな由希に成瀬じゃないと駄目なんですかと言う。 その頃、成瀬の発言はありさも自分の友人から聞かされており、友人達が成瀬に問い詰めるも成瀬は由希の周りで騒ぐなと言うだけだった。 やがて祭りが終わって家に戻った由希は今日の袴田の事を気にしていると、成瀬から連絡があったが無視した。 昨日の事は祭りに来てない部員達や姫野にも伝わっていた。 そして成瀬は昨日の事がありながらも由希に絡み、彼女の両手を掴んで壁に押し付けると昨日話そうとしたことを話そうとした。 しかし、由希は成瀬に頭突きして聞きたくないと言って去る。 一方、ありさは友人と共に宿題をしており、成瀬の話になると好きなのをやめるから由希の周りで騒ぐなとか告白以外の何物でもないと、成瀬もあの頃とは変わったと言うのだった。 その頃、自宅に戻った由希は受験勉強をするが成瀬の事で頭がいっぱいで集中できなかった。 そしたら弟の晋太郎がやって来て、以前成瀬がくれたマグカップを借りようとしたが由希は駄目と言うと触ったら殴ると忠告して外へ飛び出す。 成瀬を探しているとありさと遭遇した由希は自分はずっと誤魔化してばかりと謝ると成瀬は渡さないと宣言するのだった。 対してありさはちょっと馬鹿と言いつつ、誤魔化していたのは自分だと言うのだった。 この日、成瀬に会えなかった由希は明日会って話そうと意気込むだった。 そして部活が終わり、成瀬が待っている教室に向かおうとするが一人で掃除をしているコーチの手伝いをすることになった。 その頃、教室で由希を待っている成瀬に元にありさがやって来て、ある事を言おうとしたが成瀬のスマホの音によって遮られる。 成瀬は由希を待っていると思ったありさは体育教官室にいたと伝えると成瀬はそこへ行こうとするが一瞬振り返り、自分の事が好きだったのかと、その事をまともに聞かなくて悪かったと謝る。 ありさは成瀬を変えたのは由希が変えたと思いつつ、冗談言ってんじゃねぇよと言って行かせると泣くのだった。 そして成瀬は走っている由希とぶつかり、由希は冷静に言おうとしたがつい偉そうに自分の事好きなのをやめなくてもいいんじゃないと言ってしまう。 一旦出直そうとして体育館へ逃げた由希を追った成瀬は自分の話は聞かないのかと聞くと由希は簡単に聞けないと、まだ好きでいてほしいなんて言えないと言ってボールを投げるが成瀬は避ける。 ボールを投げながら由希は自分がどれだけ勇気を振り絞って成瀬に近づき、話しかけたか、大好きか想像もつかない癖にと言い、しまいには泣いてしまう。 その言葉を聞いた成瀬は床に倒れ、あの時好きなのをやめると言ったけど3か月待つって言いたかったと言う。 祭りの場で喋っても冷やかされて、仮に部員が怪我したらまた自分のせいだと由希が責めるから3か月でも半年でも待とうと決めたと言って抱きしめると大好きと言われたら3秒も我慢できないと言う。 続けて成瀬は由希の彼氏になっていいと聞いてキスすると由希は駄目じゃないと言うのだった。 それから2日後、始業式の日に由希は成瀬と彼氏彼女の関係に違和感を感じていた。 そして部活ではウィンターカップに向けての練習が始まるが成瀬の由紀に対する態度はいつも通りだった。 部活が終わって成瀬と一緒に帰る由希だが2日前の事を覚えているか聞くが成瀬はちゃんと覚えていた。 やがて気まずくなってきたので由希は帰ろうとするが成瀬は彼女の手を掴んで無理矢理キスしてる風に見えないように目を閉じてと言う。 由希はいつもでしょと言うが成瀬は否定し、今は付き合っていると、由希は自分の彼女だと言う。 改めてそう言われてどうすればいいのか分からなくなった由希は顔を赤くして逃げ出すように家へと帰るのだった。 翌日になってもどうすればいいか分からない由希にサッカーボールが当たり、成瀬が取りに来た。 そして成瀬はサッカーボールをサッカーで遊んでいる生徒達に投げると由希と共にイチャイチャしているカップルを見かけたのでしてみると聞いたら由希に拒否された。 その夜、由希は一応付き合っているからとLIMEを初めて自ら送って成瀬からの返事を待ったが来ずに夜が明けてしまう。 部活中、成瀬は由希に昨日は爆睡していてLIME見てなかったと言うと目のクマの事を指摘するが由希は勉強し過ぎたと誤魔化して去る。 そして仕事をしている間に自分一人で舞い上がってて馬鹿みたいと思っていると眠ってしまう。 そんな由希に成瀬は耳元で声をかけて起こした。 寝ていたことをしつこく聞く成瀬に由希は返信が来てればもっと早く寝れたと口にした。 更に自分は成瀬と違って色々初めてだからちゃんと付き合っていけるか一人で心配して舞い上がっていると口にした。 話を聞いた成瀬は由希を抱きしめると自分の方が舞い上がっていると言って振り向かせてキスするんじゃないかと思って目を閉じている由希にキスするのだった。 それから少しして厚森高校と練習試合をすることになり、成瀬は洗濯物を干している由希にキスしてパワーをもらうのだった。 それと同時に練習試合の日は由希の誕生日でもあったが現状を考えて由希は黙っている事にした。 学校では多くの人が試合を見に来ており、袴田達も来ていた。 部員達から袴田から由希の家に行った事を知った成瀬は袴田と言い合いになる。 そこへ由希が現れ、袴田が気まずそうな顔をしている隙に成瀬は由希を連れていくと根掘り葉掘り聞こうとするが由希は何でもないからと言う。 試合に集中してと言おうとしたが成瀬はそれは分かっていると、袴田がいる前では負けないと言い、由希は成瀬がキレてると思うと共にどうして袴田に抱きしめられた際に気を許したのか分からなかった。 そして試合は途中で1、2年生主体に切り替えながらも試合には勝利した。 後片付けをしている由希に偶然誕生日だと知った袴田が駆けつけ、この前の事は忘れてほしいと、誕生日おめでとうと言うと内心でもう隆北に勝たせないと思うのだった。 しかも成瀬に聞かれており、俺が先におめでとうと言いたかったのにと呟く。 胸の痛みを感じながら由希は試合前に言って気を散らさないようにするためと、成瀬の誕生日の時には何もあげてないからと言う。 成瀬は由希と付き合えたからもういいと言い、由希も成瀬に欲しいものはと聞かれて隣に座るともういいと言うとお互いキスするのだった。 18歳になったから色々出来るようになったと言う成瀬に由希は車の運転とかと言ってちょっと距離を取るのだった。 なまいきざかり の最新話・最新刊を無料で読む方法 今回は なまいきざかり を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。 無料期間中の解約は一切違約金はかかりません なまいきざかり 最新刊6巻の感想 前回までは仮のカップルみたいな感じでしたが今回の巻で本当のカップルになりましたね。 まずはそれについておめでとうございますと祝福したいです。 成瀬はいつも通りな感じがしますが、由希は色々初めてなので奮闘する姿が可愛いなと思いました。 成瀬に関してはありさにキスされましたがそれでも由希一筋でしたから一途なんだなと思いました。 一回だけとはいえ、キスされれば動揺すると思いますのに全然しませんでした。 「お前のキスなんかでセンパイへの思いは揺るがねぇよ」な感じがしてかっこいいと思いました。 まだまだ試練はあるとは思いますが、乗り越えてほしいと思いました。 由希は乗り気ではなかったが木戸に頼まれたので監視役として来ていたのだ。 監視役としての役目を果たす一方、木戸がピンクの巻貝を拾ったら好きな人と両想いになれる話を聞いていたので貝を探していると成瀬に絡まれる。 成瀬に好きな奴はいないのかと聞かれるも由希はいないとあっさり言った。 逆に聞いてみると成瀬は春に別れたと言って由希を強引に連れていき、海に入れた。 びしょ濡れになった由希は足に何かが刺さったので拾うとピンク色の巻貝だった。 しかも木戸の目の前で見せてしまったので素直に喜べない由希は成瀬に渡すのだった。 しかし、ピンク色の巻貝を拾ったら両想いになるのではなく魚がよく釣れるジンクスだという事が発覚し、成瀬は返そうとしたが由希はいらないと言った。 このジンクスがあながち間違いでもない事を知るのはほんの少し先の話である。 成瀬はなまいき系アイドルとして活躍しているが、由希は一発で消えそうな雰囲気がしてると思っていた。 それにあれが何で売れているのかも分からない上に成瀬に絡まれる由希。 それでも売れてもらわないと困ると由希は握手会で精力的に頑張るのだった。 握手会が終わり、成瀬を乗せた車を運転する由希は喉の調子を悪くしていた。 握手すると聞く成瀬に由希は速攻拒否した。 自分の握手姿を羨ましそうに見てたくせにと揶揄う成瀬に由希は顔を赤くして否定した。 しかし、成瀬は強引に由希の手を掴むと由希の手にはのど飴があった。 あげると成瀬に言われた由希は思わずキュンとなるがうっかりにも程があると思いながら後で飲むと言って一旦返した。 小さい声でお礼を言う由希に成瀬はのど飴を口にくわえると由希を自分の方に向かせると口移しするのだった。 味は普通だと言う由希に成瀬は返せと言う名目でキスするのだった。 しかし、それは由希の寝オチだった。 客が来る中で眠気と戦いながら予約の確認をしている由希の元に成瀬が来て、絡んでくる。 由希は成瀬にNo. 1としての自覚を持てと叱ると成瀬の服に糸くずが付いている事に気づく。 これが客にバレたらこの店の沽券に関わると思った由希は何とか取ろうとするも中々タイミングが掴めなかった。 やがて成瀬がお手洗いに行くのを見て今のうちにと後を追う由希だが成瀬に気付かれて手を掴まれ、壁に押し付ける。 周りをウロチョロしていたことは成瀬はバレており、由希は正直に話した。 そして後ろを向かせた由希だが糸くずではなく柄だった。 そしたら成瀬は自分の事を好きだなと見ていたと、それならそうと言えと言って由希にキスするのだった。 その様子をお手洗いに行こうとしていた阿部が目撃した。 これは阿部が夢で見た光景で如何思うと言う問いに成瀬はあり、由希はなしと答えるのだった。 仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。 それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。 U-NEXTは漫画だけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。

次の

なまいきざかり。95話/16巻のネタバレ!この恋にゴールなし!きらめくペアリング!

なまいきざかり 16巻 ネタバレ

なまいきざかり 最新刊12巻のネタバレ インターハイ予選で全国初出場を決めた隆北だったが、話題は成瀬が公の場で由希を自分の彼女だと言った事に向けられていた。 しかも雑誌にも取り上げられ、SNSも炎上する程だった。 その事で諏訪と話しながら歩いて帰る由希だが内心では成瀬の親にも会ってないのにこんな大事になってしまった事に困っていた。 そこへ成瀬がやって来て、由希を諏訪から引き離して自分の家へと連れていく。 家まで来てしまった由希は格好とか手土産とか何も準備していない上に、成瀬の親が厳しかったらどうしようと思っていた。 そしたらドアが開き、予想と違いごく普通に可愛らしい母親だったので由希は内心でどうしてこんな女性から成瀬みたいな子供が産まれるのかと思っていた。 しかもフリースタイルを決める姉も現れたので謎が多いと感じる由希。 そして由希は成瀬の母親と姉との会話の中で成瀬が愛されている事を悟る。 会話が終わって部屋にやって来た由希は成瀬が取り出した卒業アルバムを見る事になったが成瀬にホールドされる。 写真を見ながら由希は成瀬に今よりもっと成瀬に支えにならないと言うのだった。 そしたら1枚の写真が卒業アルバムから出てきて、あっち向いている女性がいたので由希は成瀬に元カノかと聞く。 成瀬はその女性に卒業式でフラれたと、前に由希が私がいなくても勝てるでしょと言ったのと同じ事を言われたと言う。 そしてその女性に言われた時は何の事か分からなかったが由希に言われた時は由希がいなくなったら全然平気じゃないと言って抱きしめる。 成瀬は今のままの先輩が必要だと言って由希に軽くキスして、自分のベッドに押し倒す。 そんな中で姉が入って来そうだったので由希はすぐにベッドから離れた。 やがて夜になり、帰る由希に母親は彼女の耳元で成瀬が寝言で由希の名前を言っていると言うと由希は真っ赤になるのだった。 そして8月に全国大会が始まったが香川の名門校相手に98対78で負けてしまい、初戦敗退となった。 全国大会を見届けた由希も大学のサークルでマネージャー業に勤しむ日々を送る。 そんな中、宇佐美がやって来て諏訪を花火大会に誘うと急に由希と成瀬も来ると諏訪に言ってしまう。 理由は宇佐美が諏訪が誰来るのと聞いてきたことから自分と2人だと来ないと思っていたからだった。 その事を踏まえて成瀬に話すとある条件付きで来ると言うのだった。 大会当日、成瀬は偶然会った諏訪と共に待っていると浴衣姿の宇佐美と由希がやって来る。 成瀬が出した条件は由希が浴衣姿で来る事だった。 諏訪達とと共に屋台を回る中で由希は去年と色々違うと感じていた。 やがて花火を見るのにいい場所を見つけたが成瀬が指を使って由希の手に2人になりたいと書いた。 驚いた由希はお手洗いと言ってその場を離れる。 何だかドキドキし過ぎると思っている由希の目の前に落ち込んでいる袴田を見つける。 由希が袴田と話すのは袴田が自分の事が好きだと言った日以来だったがそれ程気にせず話しかける。 袴田は最後のインターハイ予選からずっとどうすればいいのかと由希に言うと、由希は大学でもバスケ続けるんだと言った。 この発言に驚く袴田に由希は続けてやめるつもりなら行先で悩んだりしないと言う。 話を聞いた袴田は元気を取り戻し、バスケも由希の事が好きなのもやめられないと言って友達の元に行く。 それと同時に成瀬がやって来て由希を諏訪達の元に連れていこうとするが由希の表情を見て2人になる事を選ぶ。 由希はドキドキし過ぎるのは色んなものが変わったせいだと思っていた。 そして2人だけで花火を見ていると成瀬は来てよかったと口にし、由希に家に泊まっていいと聞いてくる。 由希は駄目と言いつつも恋人らしく努力をしないとと思っていた中、成瀬がそろそろ合格が欲しいと言ったのと同時に彼が受験生なのを思い出して、いや受験生と大声で言うのだった。 それから9月、喫茶店で成瀬は誕生日会をやろうと言うが由希はやらないと断言した。 由希がやらないと言った理由は成瀬にはウィンターカップ予選と受験が迫っているからだった。 しかし、成瀬は模試の判定表を由希に見せると由希は殆どがA判定なのに驚く。 そして第一志望は自分が通っている央崎大学なのにこれはいかんと思った。 理由は成瀬が自分がいる大学がいいと言う理由で選んだんじゃないかと思っていたからであった。 そんな話を宇佐美としていたら諏訪がやって来て、由希は挨拶するが宇佐美は視線を背けた。 理由は花火大会以降特に進展がなく、以前女性にビンタされた事の詳細を聞いた時、今のままの方が丁度いいと踏んだからだった。 そしてマネージャー業をやっている由希の元に学校案内の資料を貰いに来た成瀬がやって来た。 余り央崎に来てほしくない由希の姿に成瀬は自分が来たら不味いのかと聞く。 対して由希はそれはそれ、これはこれと言って、よく考えてと言うのだった。 成瀬と別れた由希は倉庫の扉が少し開いているのを見て、閉じようとしたが倉庫の中で諏訪が女性とキスしている姿を目撃して驚き、クズ臭を感じる。 そしてグラウンドで黄昏ている成瀬の元にバスケットボールが飛んできたのでキャッチした。 それと同時に諏訪がやって来て、キスマークが見えているので成瀬は隠したほうがいいと言う。 諏訪は宇佐美なら尋問しそうと笑いながら言うと成瀬はその気がないならはっきり言えばいいのに呟くと同時に諏訪にボールを奪われる。 バスケ部に入る気なら1点取ってみればと挑発する諏訪にカチンときた成瀬はボールを奪おうとするが諏訪から奪えずに簡単にゴールを決められてしまう。 そんな成瀬に諏訪は本気で好きになる気はないなんて誰が得するのと、隆北ではヒーローだったけどここじゃ通用しないと言い放った。 そんな2人を下校中の由希が見かける。 そして成瀬はヒーローになったつもりはないと言って諏訪からボールを奪ってシュートを決めた。 そして通用しない場所で戦わないとなりたい自分に追いつけないと言うと諏訪は女性達が来たのでここまでにして受験頑張ってと言って去った。 それと同時に成瀬は看板の後ろに隠れている由希を見つける。 由希が隠れていた理由は成瀬と諏訪の会話を途中から聞いていたら成瀬は央崎のバスケ部が強いから志望したと悟り、自分目的で志望したと思っていた自分が恥ずかしかったからだった。 その事を知った成瀬はそんな可愛い勘違いするとはと言い、誕生日とかはまとめてお祝いする事を提案した。 由希はそれを了承すると成瀬は耳元で由希と同じ大学もいいなって少し思ったと言うと由希は顔を赤らめるのだった。 そろそろウィンターカップが近づく頃、由希は客としてきた袴田から隆北は第一回戦で三寿々と当たる事を教えられる。 部員達もトーナメント表を見て動揺するが姫野の言葉で冷静さを取り戻す。 そんな姫野によく言ったと言わんばかりに成瀬が彼女の頭を撫でるとシュート練習に勤しむのだった。 そしてウィンターカップが始まり、見に来た由希は成瀬に変なヒーローより隆北キャプテンの方が責任重大だと大声で言うのだった。 彼女の期待に応えるように成瀬は三寿々相手に互角の戦いを繰り広げるが61対58で負けてしまう。 学校に帰る途中、成瀬は袴田に会い、袴田や袴田がいる三寿々がいたから自分は楽しいだけのバスケだけしていてボロボロになっても戦えなかったと、高校最後の試合が袴田達で良かったと言って去ろうとする。 しかし、袴田は呼び止めて握手を求め、成瀬も一応握手してお互いに憎まれ口を叩きながら去るのだった。 そして11月、由希はバイト先の店長からクリスマスもバイトをする事になった。 案の定成瀬から電話が来たので今回の事を話すと成瀬からクリスマスをお祝い事でくくるなと馬鹿と、どうかしていると言われてしまう。 この事に怒りながらも由希はプレゼントを買おうとしていた時、姫野に会うとバスケ部の打ち上げで行く焼き肉屋の予約を間違えてしまった事を告げられる。 話を聞いた由希の手際の良さで学校のミーティング室で打ち上げをする事になり、装飾と料理も何とか済んだ。 自分が手配した事を姫野に内緒にしてと頼んだ由希は去ろうとするが成瀬に見つかってしまい、強制的に参加させられた。 打ち上げも盛り上がり、成瀬がキャプテンとして一言言う事になった。 成瀬は先輩達にキャプテンやれと言われた時は本気で言っているのかと思ったけど、今は皆が自分をキャプテンにしてくれたと思うと言って一応礼を言った。 そして由希は飲み物を取りに向かい、成瀬も気になって後を追うと由希は泣いていた。 理由はキャプテンを務めあげてバスケ部を守ってくれたからであった。 そんな成瀬にお礼を言う由希に成瀬は最初は由希のためにやったけど、今はバスケ部も由希同様にお宝になったと言った。 由希は自分の大切な者を大事にしてくれる成瀬にクリスマスを潰してごめんと、受験が終わったデートしようと言う。 これを聞いた成瀬はこれでいい子にしてると言って由希にキスした。 それから時が経ち、成瀬は受験を受けるのだった。 受験から数日、日程を全て終えたので由希は成瀬と明日デートをする事になった。 一応プレゼントを用意した由希だがまだ何処に行くか決まっておらず、デートの日に何かが起こるのではないかと思っていた。 ひょんなことから成瀬から電話が来て、遊園地に行く事になった。 そして遊園地で大いに楽しむのだった。 最後に観覧車に乗ると由希は成瀬に部活と受験を頑張った褒美とクリスマスプレゼントを兼ねてピアスをプレゼントした。 成瀬は由希から初めて恋人らしいプレゼント貰えたと言いつつ、5か月遅れの誕生日プレゼントとしてネックレスを由希に渡した。 このプレゼントに由希は驚くも嬉しそうだった。 そしたら成瀬は由希の家で付け合いっこをしようと提案するが即座にやめた。 理由は由希が何か嫌そうであったためであり、由希の口から心からの返事を聞けるまで待つつもりだった。 その帰り道、成瀬は阿部と夜ご飯食いに行こうとスマホで連絡取ろうとするが由希に奪われ、家に行く事になった。 成瀬を家に連れてきたのはいいが由希は落ち着かず、成瀬に座るように言われた。 そして成瀬は由希にネックレスをつけ、由希は成瀬にピアスをつけるが成瀬に不意打ちでキスされる。 やがて成瀬は由希をベッドの上に乗せるとお互いに行為に及ぶのだった。 それは身も心もお互い通じ合った証拠でもあった。 なまいきざかり の最新話・最新刊を無料で読む方法 今回は なまいきざかり を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。 無料期間中の解約は一切違約金はかかりません なまいきざかり 最新刊12巻の感想 第1巻から読んでいましたが、連載当初では2人の関係がこうなるのは想像できませんでしたね。 それも成瀬の栄養が脳ではなく体や度胸に行ったのが良かったのではないかと思います、勿論いい意味です。 でなければ由希と付き合うなんて事にはならなかったかもしれませんからね。 まだまだ波乱はあるかもしれませんが、それを乗り越えてもっといいカップルになってほしいと思います。 仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。 それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。 U-NEXTは漫画だけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。

次の

なまいきざかり。117話ネタバレ!「お似合い」の意味を考える成瀬?|漫画市民

なまいきざかり 16巻 ネタバレ

しかし、寝ている隙に彼女の指のサイズ測っちゃおう作戦、失敗・・・!!! やっぱ サプライズで贈ってあげたいんだろうなあ。 あら~ すっごく楽しくなさそう。 ええー、宇佐見さん 合宿が終わってから ずっと、そんな嘘バレバレの言い訳で 諏訪さんのこと避けてるの? あからさまに避けられて、困っちゃってる 諏訪さん。 由希と成瀬に相談。 うるっとした黒目、白い歯、えろいホクロ。 怖いって言っても それ諏訪さんのチャームポイント上げてるだけだし。 宇佐見さんが感じる 諏訪さんの魅力的なとこ上げてるだけだし。 褒めてるだけだしー。 ヒューヒュー! 成瀬の仰るとおり 宇佐見さんの「怖い」は「好き」なんだよね。 なるほど、結局 諏訪さんは 不信感しか持たれないのか 笑 まあ、諏訪さんの気持ちは 諏訪さんにしか分からないのは当り前であって、確証がないのに適当なこと言えない、っていうのも 由希の性格上 当然なんだろうけどさ。 成瀬の世話にもなりたくないだろうし。 放牧されてる羊が2匹。 成瀬に 由希から連絡が入って、宇佐見さんが階段から落ちて 病院にいることを知った 諏訪さん、めっちゃ動揺してる。 あーもー 宇佐見さんのこと 大好きじゃーん。 心配しまくったから、第一声は 驚きの怖さ、「なんばしょっと!?」 出た・・・!!! 諏訪さんの博多弁、ギャップで仕掛けてくるやつー!!! \ ^O^ / 宇佐見さんのケガは ちょっと手首を捻っただけ。 本当に 大したことはないみたいで、安心して 力抜けちゃったね、諏訪さん。 方言 炸裂だね、諏訪さん。 「もう 頼むけん そばにおって 諏訪さん諏訪さん 言っとってよ・・・」 「どんな俺でも すきなんじゃなかったの?」 分かった 分かった、諏訪さんの気持ちは じゅうぶん分かった。 ダダ漏れてるからね。 でも この人、言わないんだよねー、いちばん大事な言葉を。 ホント ずるくて面倒くさい男だよ。 宇佐見さんより よっぽど面倒で、実は めっちゃ子供だし 臆病。

次の