ドレス 冬。 冬の結婚式や二次会!女性のドレス・服装マナー&コーディネート画像

冬の結婚式ドレス・コート*<女性ゲスト>の服装NG&おすすめマナー

ドレス 冬

まず押さえておきたい!NGな素材・デザイン・色 まずは、結婚式に参列する際、季節問わず注意が必要な点を知っておきましょう。 【結婚式にNGな服】 ・形…肩が出るデザイン、露出の多いデザイン ・素材…革製品(レザー)、毛皮(ファー)、ニット製品 ・色…全身白、全身黒 ベアトップなどの肩が出るタイプ、ミニ丈など露出の多いデザイン・服装は、マナーの観点でよろしくありません。 また、殺生を意味する革製品(レザー)や毛皮(ファー)、フォーマルな場にはふさわしくないニット製品やブーツもNGです。 さらに、色については、特別なドレスコードが設けられていない限りは、花嫁のウエディングドレスと同じ白や全身黒の服装は避けましょう。 【冬の結婚式で避けたい服装】 ・素材…透け感のある素材 ・デザイン…露出が多い(ベアトップ、ミニ丈など) 特に冬の結婚式にお呼ばれした場合は、季節感もチェックポイントです。 寒い季節なので、透け感のある涼しげな素材は避けましょう。 そのため、ドレスやスーツの色は、ボルドーやマスタードイエローなど、華やかさの中に暖かみのある色をチョイスして。 クールな色が好みなら、光沢のあるグリーンやネイビーも良いでしょう。 また、素材はシルク、サテンなど、光沢と高級感のあるものや、発色のキレイなウールなどの暖かみのあるものを選ぶと真冬ならではのドレスアップがかなうはず。 【冬のパーティドレスにおすすめの色・素材】 フェミニン系の色…ボルドー、マスタードイエロー、濃い目のピンク、パープル クール系の色…光沢のあるグリーン、ネイビー、ブルー、ニュアンスグレー 素材…シルク、サテン、ベロア、ベルベット、ウール 次からは、冬の結婚式におすすめのドレスとコーディネートアイデアをご紹介します。

次の

冬の結婚式で着るウエディングドレスとカラードレスの上手な選び方

ドレス 冬

冬の結婚式のドレス選び 基本的に冬だからといって、ドレス選びに制約がでるわけではありません。 会場内の温度調整されていて、空調は整えられているので、室内であれば好きなドレスを着ることができます。 ただ、移動の際や外に出るイベントや演出がある時は気をつけなければいけません。 気温がいつもより低いこともあるので、ドレスコーディネーターの方と相談して寒さ対策をしましょう。 冬の結婚式を楽しむなら、冬ならではのイベントをモチーフにしたり、冬らしい色を使ったドレスを選ぶことをおすすめします。 会場コーディネートに季節感をいれることによってゲストを楽しませることができます。 冬の結婚式にぴったりなウエディングドレスの選び方 雪のようなキラキラビジュー付きドレス カジュアルな結婚式二次会ならトップスはニットで。 あたたかさとおしゃれさを楽しめる冬コーディネートです。 冬の結婚式で着るウエディングドレスとカラードレスの上手な選び方まとめ 冬の結婚式で着るウエディングドレスは寒さ対策を考えて、ショールやケープ、ロングスリーブスタイルのドレスにすると良いでしょう。 冬を楽しむなら、星や雪がきらきら降っているようなビジュー付きのドレスを選んでみても。 カラードレスは、クリスマスカラーの赤、寒色系の青・水色・紺を選ぶと冬らしさが出ます。 流行のスモーキーカラーのドレスを選んでおしゃれな花嫁を目指してもいいかもしれません。 寒さだけではない冬の魅力をドレスにも活かして、結婚式を楽しんでください。 FEATURE 人気の記事特集•

次の

[冬]お呼ばれ結婚式のドレス×パーティーネイルコーデ♪

ドレス 冬

また奇抜すぎるデザインも結婚式には相応しくありません。 そして、デニムやTVシャツといったカジュアルすぎる服装もNGです。 肩や二の腕が出るドレスの場合はボレロを羽織るなど配慮をするのがマナーです。 かといって重ね着をすると、フォーマルなドレスが台無しです。 できるだけ、光沢があって上品な印象を与える素材を選びましょう。 風を通す薄手のシフォン素材は冬場の結婚式には不向きです。 白は主役のカラーなので避け、"分かれる 別れる "という意味合いを持つバイカラーも縁起が良くないとされています。 ゲストのドレスは無地がベターなので、派手な柄物はNGです。 ボレロだけが浮いてしまわないように、色や丈をドレスと合わせて選びましょう。 サイズが大きすぎるとフォーマルではないので、もし荷物が入りきらない場合はサブバッグを活用しましょう。 サブバッグも紙袋やコットン地、縁起の悪いファー素材は避け、パーティーバッグと合うサテン地の上品なトートバッグを選ぶと良いです。 また冬だからと言ってブーツを着用することもNGをです。 パンプスを履く時は必ずストッキングを着用し、カジュアルな厚手のタイツや黒タイツの着用は控えるようにしてください。

次の