一貫性 ポケモン。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【サンムーン】使用率30位以内のポケモン達の「タイプ別の一貫性」を調べた結果wwww 虫タイプが全然通らないwwww

一貫性 ポケモン

最新情報 プレシーズン採用率 リーグ別リンク バトルリーグ マスターリーグ のランク9~10帯の 1500戦以上のバトルを集計し、対戦相手が使用したポケモンの採用数と採用率をまとめました。 集計対象 集計期間 2020年4月11日 土 〜 4月23日 木 リーグ マスターリーグ ランク帯 9~10 採用率ランキング 順位 ポケモン 採用率 採用数 ディアルガ 77. 環境総評 マスターリーグの覇者!ディアルガ 今回のシーズン1はプレシーズンに引き続き ディアルガが 採用率ランキング1位となった。 このような結果になった要因としてはディアルガが 抜群の汎用性を持っていることがあげられるだろう。 ディアルガは極めて対策されづらく どのような相手に対しても一定の仕事ができるため不特定多数と戦うGOバトルリーグにおいては欠かせない存在だったといえそうだ。 今後のマスターリーグはこのディアルガの存在を脅かすポケモンが現れるか注目していきたい。 プレシーズンとの比較 今回のシーズン1はプレシーズンと比べて トップ3の中でも採用率や順位に変動が見受けられたためその点に注目していきたい。 ディアルガがダントツの採用率へ プレシーズンに引き続き採用率1位となった ディアルガだったが採用率を 64. 他のリーグも引き続き1位は変わらなかったがここまで採用率に大きな変化はなかったため要因を探っていきたい。 採用率を伸ばした 要因としてはディアルガの 単体性能がさらに評価された部分も大きいはずだが、他にあげられる点として後述する ギラティナ オリジン の弱体化が関係しているのではないだろうか。 ディアルガと ギラティナは同じドラゴンタイプであり両方とも水耐性を生かしてカイオーガへの役割を担っていることから 採用率がギラティナからディアルガへ流れた可能性が考えられる。 ギラティナ オリジン が採用率ダウン… プレシーズンと比較してギラティナが2位 50. その 要因としてはやはり あやしいかぜの威力低下があげられる。 あやしいかぜは少ないゲージ量で発動できる重要なダメージソースだったため威力低下の影響は大きかったようだ。 具体的にはシャドーボール+あやしいかぜで落とせるポケモンが落とせなくなったり、HP残量の少ない相手を落としきれないケースが増えたことから実戦においても多くの局面で影響が出ていたようだ。 あやしいかぜの威力低下やカビゴン対策を考慮してりゅうのはどうを使うギラティナも少なくなかった。 さらに今シーズンはギラティナが苦手とする ディアルガの採用率が増えたことで環境的にも動きづらくなった点も影響しただろう。 このように主力として使っていた ゲージ技の仕様変更や 環境の変化が ギラティナの採用率に大きな影響を与えたといえるだろう。 メルメタルの採用率がアップ! メルメタルはプレシーズンと比べて3位 37. 採用率を上げた 要因としてはメルメタルの最大の仮想敵である ディアルガの採用率が上がったことでメルメタル自身のニーズが高まった点があげられる。 他にはメルメタルが苦手とする ギラティナの採用率が下がったことで環境的にも動きやすくなった点も採用率アップにつながった印象だ。 ここまでの考察から ディアルガが増えたことによって ギラティナが減り メルメタルが増えるといった動きはポケモン同士の相性を踏まえても 自然な流れといえそうだ。 相性から考察される流れがこれだけきれいに結果として現れたことが 現在のマスターリーグ環境がいかに ディアルガ・ギラティナ・メルメタルの三体で構成されているかを物語っている。 第1位:ディアルガ• 抜群の汎用性! ディアルガは ステータス・技・タイプのすべてが優秀なためどのポケモンに対しても一定の仕事をこなせる抜群の汎用性を持っている。 タイプでは不利な相手に対しても 優秀な技を駆使して強引に戦うことが可能になる。 GOバトルリーグの実戦においては不特定多数との対面でいかに仕事できるかが重要になってくるのでディアルガはそういった意味でパーティには欠かせない存在となっていた。 りゅうのいぶきが強い ディアルガが使っている通常技の りゅうのいぶきは 威力が高いとても強力な技だ。 りゅうのいぶきと ディアルガの攻撃力を合わせることで 通常技でのダメージレースにおいて圧倒的な性能を発揮することができる。 ドラゴンタイプに耐性を持たれていたとしてもフェアリータイプのような二重耐性持ち以外であれば強引にダメージを与えることができるため非常に強力だ。 理にかなったタイプ ディアルガが持つ 鋼・ドラゴンという複合うタイプは 弱点2個に対して耐性が10個もある非常に優秀なタイプだ。 鋼とドラゴンを組み合わせることによって4個の弱点を打ち消しあうことができる(ドラゴン・フェアリー・氷・炎)ためとても理にかなっているタイプといえるだろう。 広い技範囲 ディアルガが扱う通常技とゲージ技を合わせた技範囲はとても優秀だ。 通常技の りゅうのいぶきとゲージ技の りゅうせいぐんは 一貫性の高いドラゴンタイプの技であり、ゲージ技にはそのドラゴンタイプに耐性のある フェアリータイプに対して有効な鋼タイプの アイアンヘッドを覚えることができる。 この鋼+ドラゴンの技範囲で相手の鋼タイプ以外に対しては等倍以上の打点を確保できているためタイプ一致の技範囲だけでもかなり広い。 さらにその 鋼タイプに対しても等倍打点となる電気タイプの かみなりを覚えることもできるため非常に広い技範囲といえるだろう。 優秀な技範囲と技性能 メルメタルが主に使っているゲージ技の いわなだれと ばかぢからを 合わせた技範囲はとても優秀だ。 岩タイプに耐性のある鋼タイプに格闘タイプが有効で、格闘タイプに耐性のある飛行・虫タイプに岩タイプが有効となる。 今回のマスターリーグ環境ではこの技構成の 両方に耐性を持っているポケモンは存在しなかったため優秀な技範囲といえるだろう。 さらにメルメタルが使う通常技の でんきショックは 非常に早くゲージ量をためることができるので優秀なゲージ技の範囲を存分に生かすことが可能になる。 対ディアルガへの性能が優秀 マスターリーグのトップメタである ディアルガは 単体性能が非常に高く対策しづらい強力なポケモンだ。 弱点である格闘・地面タイプを使おうとしてもディアルガ以外への汎用性を考慮すると動きづらい環境であるためパーティに採用しづらい。 しかしメルメタルは自身が持つ 鋼単タイプと格闘タイプの ばかぢからを生かして ディアルガに対して有利に戦うことができる。 メルメタルであればディアルガ以外の対面においてもトゲキッスへの役割をはじめとして 多くの対面で一定の仕事が保証されているためパーティに採用しやすいことから高い採用率につながった印象だ。 第3位:ギラティナ(オリジン)• 技の一貫性・性能が生み出す汎用性 ギラティナが主に使っている ゴーストタイプの技は 非常に一貫性に優れたタイプだ。 今回の採用率一覧の中でもゴーストタイプに耐性のあるポケモンは34体中3体しかいないため技の通りは非常に良い環境だったといえる。 そしてギラティナの技は一貫性だけでなく性能にも優れている。 通常技の シャドークローは相手に ダメージを与えながらゲージを早くためることができる非常に優秀な技だ。 ゲージ技には 威力の高い シャドーボールと 少ないゲージ量で発動できてバフも狙える あやしいかぜが使われることが多い印象だ。 この二つの技を打ち分けることによりシールドを使うかどうかの駆け引きに持ち込むこともできるようになるため相手としては非常に対応しづらい。 さらにカビゴンなどの ゴーストタイプが通らないポケモンに対してもタイプ一致の りゅうのはどうを使うことで対応できるようになるためギラティナは非常に汎用性に富んだポケモンといえるだろう。 トップ2との組み合わせが優秀 ギラティナは自身が持つゴースト・ドラゴンタイプや技範囲により 採用率トップ2のディアルガ・メルメタルとの相性が良い。 二体の鋼タイプが苦手とする格闘・炎タイプをはじめとしたディアルガ・メルメタルが撃ち合いづらいポケモンたちに広く役割を持つことができる。 そのため ギラティナ+ディアルガ、 ギラティナ+メルメタルという形のパーティは数多く見られた。 高い攻撃力と耐久力を生かしたダメージレースはまさに種族値の暴力だ。 水タイプに耐性を持っているディアルガやギラティナでさえもかなり消耗してしまうことからもカイオーガの地力の高さがうかがえる。 ゲージ技の範囲が優秀 カイオーガが覚えるゲージ技のなみのり・ふぶき・かみなりを合わせた技範囲はとても優秀だ。 タイプ一致でメインとなる水タイプの なみのりは等倍以上での通りがよく、その水タイプに耐性のある ドラゴン・草タイプに対して氷タイプの ふぶきが有効となる。 そしてここまでの水+氷の範囲に耐性を持つ 相手の水タイプに対して有効な電気タイプの かみなりも覚えることができるのでこの三つの技を合わせた技範囲は非常に優秀といえるだろう。 ふぶきと かみなりは多くのゲージ量を必要するため発動するまでに時間はかかるがカイオーガの 高い耐久力により打てる展開を見出すことができる。 第5位:トゲキッス• 頼れる対ドラゴン性能 トゲキッスはマスターリーグ環境のトップメタである ディアルガとギラティナの両方に対して強く出られる点が非常に優秀だ。 ディアルガに対してはドラゴンタイプへの耐性を生かした通常技での打ち合いに強く、ギラティナに対しては通常技のあまえるで弱点をつけるためダメージレースで優位に立てる。 ディアルガとギラティナはお互いの相性補完にも優れているためこの二体の 両方に仕事ができるトゲキッスは貴重な存在だ。 通常技とゲージ技を合わせた技範囲が優秀 トゲキッスが主に使っている通常技の あまえるは フェアリータイプで威力の高い強力な技だ。 フェアリータイプが通らない 鋼タイプに対しては炎タイプのゲージ技である かえんほうしゃを使うことにより弱点がつけるようになるためあまえる+かえんほうしゃ フェアリー+炎 の技範囲はとても広い。 さらにここまでの範囲に耐性のある相手の 炎タイプに対してはバフも狙える岩タイプの げんしのちからが有効なのでトゲキッスの通常技とゲージ技の範囲は理にかなっているといえるだろう。 あまえるの一貫性が強力 トゲキッスが使っている通常技の あまえるは 威力が高くとても強力な技だ。 シールドを利用した通常技同士のダメージレースでトゲキッスを止めることは難しいため相手にとっては脅威となる。 そのためシールドを使って 初手対面を強引にとったり、あまえるに耐性のある鋼タイプを消耗させて トゲキッスの一貫性を作りだす戦い方が非常に強力だった印象だ。 GOバトルリーグのタグ 新型コロナ対策ボーナス.

次の

ポケモン対戦スラング一覧

一貫性 ポケモン

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【ポケモンGO】強化(育成)すべきポケモンを用途別で紹介|ゲームエイト

一貫性 ポケモン

ポケモンや、ポケモンが使う技にはそれぞれ『タイプ』というものがあり、それぞれに相性があります。 例えば、『ほのお』タイプは『みず』タイプや『いわ』タイプに弱く、逆に『くさ』タイプや『むし』タイプに強かったりします。 技を使った時に「効果は バツグンだ!」や「効果は 今ひとつのようだ」などと表示されるものがそれです。 相性が良いと、与えられるダメージが「ポケットモンスター」シリーズでは 2倍になります。 2つのタイプを持っているポケモンもいるので、両方のタイプが効果抜群となると、 4倍になります。 6倍、両タイプが効果抜群で2. 56倍 逆に相性が悪い場合は 0. 5倍 半分 となり、2つのタイプとも相性が悪いと 0. 625倍、両タイプが効果いまひとつで0. 390625倍 また、「ポケットモンスター」シリーズでは『でんき』タイプの技を『じめん』タイプのポケモンに使った時などは 0倍となり、全くダメージを与えられない相性もあります。 相手の弱点をつけば有利に戦いを進められますが、逆に弱点をつかれれば不利な戦いになってしまいます。 タイプ相性はしっかりと理解して頭に入れておく必要があるでしょう。 変化技はタイプ相性がない 一部を除く.

次の