ポート メッセ なごや 第 3 展示 館。 第3展示館

ポートメッセなごや第1展示館の空調問題

ポート メッセ なごや 第 3 展示 館

ポートメッセなごや新第1展示館は2022年10月完成予定 名古屋市では、ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場 の新第1展示館の整備を、2022年10月の完成を目指して進行中です。 画像引用元: ポートメッセなごや第2、第3展示館も建替えで大幅に大型化 新第1展示館は展示面積が約2万㎡と、既存の第2、第3展示館と合わせても合計で展示面積が約4万㎡と、都市規模や展示会・大型イベント需要と比較して小さい規模の見本市施設となるため、既存の第2、第3展示館も建替えて大型化し、MICE機能を大幅に強化する計画が進行中です。 新しい第2、第3展示館は、敷地を有効に活用するために、2層以上の構造となることが検討されています。 展示施設で2層以上というのは珍しい形態で、限られた敷地を最大限活用する見込みです。 新しい第2、第3展示館の展示面積は約6万㎡となり、新第1展示館と合わせて、展示面積は約8万㎡となります。 この規模は千葉県にある大型展示場「幕張メッセ」の展示面積約72,000㎡を上回り、国内有数の規模の大型展示場となります。 リニア中央新幹線開業の2027年を控える、2026年の完成を予定し、リニア開業に合わせた東京方面からの集客効果がありそうです。 既存の第1展示館跡地はレゴランド拡張用地に使われる予定 画像引用元: 既存の円形の第1展示館解体後は、レゴランドの拡張用地として使われる見込みとなっています。 名古屋市によるポートメッセなごや全体の将来構想イメージには、建て替えられて大型化した新第2展示館、第3展示館と新第1展示館が確認できます。 また、拡張されたレゴランドのイメージも確認できます。 金城ふ頭エリアはポートメッセなごややレゴランドの大幅な拡張によって、多くの人々で賑わう活発なエリアとなりそうです。 ポートメッセなごやの場所・アクセス 名古屋市国際展示場 ポートメッセなごや は、名港ICやあおなみ線金城ふ頭駅近隣の、交通至便なウォーターフロントエリアに位置しています。 新第1展示館は金城ふ頭駅の南側一帯、新第2、第3展示館は既存の第2、第3展示館の敷地で建替えが行われます。 円形の既存の第1展示館はレゴランドの拡張用地として使われる予定です。 名古屋の再開発情報 名古屋市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 周辺エリアの再開発情報は以下のページにまとめてあります。 ポートメッセなごや新第1展示館を、金城ふ頭南側の敷地に移転整備する計画が進行中です。

次の

公式

ポート メッセ なごや 第 3 展示 館

名古屋市は18日、名古屋市国際展示場(同市港区、ポートメッセなごや)の第2、第3展示館について、展示面積を拡張して2026年度の開業をめざす考えを示した。 平屋構造の両館を2階建てなど複層構造にすることを検討する。 移転拡張して22年10月に開業する新第1展示館も含め、展示面積を6万平方メートルまで広げる。 同日、市議会の経済水道委員会で表明した。 ポートメッセなごやは名古屋港の金城ふ頭にあり、3つの展示館で構成する。 3館の合計展示面積は約3万4千平方メートル。 最も大きい第1展示館(約1万4千平方メートル)は金城ふ頭駅前に移転し、約2万平方メートルに拡張することが決まっている。 第1展示館の跡地は隣接するテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が借り受ける。 市は第2、第3展示館についてポートメッセの空きスペースなどを活用し、建て替える方針。 第2、第3展示館は一斉に建て替えず、段階的に再整備する。 第2、第3展示館の再整備ではPFI(民間資金を活用した社会資本整備)の活用を視野に入れる。 民間資金を取り入れ、事業費抑制を狙う。 19年度から具体的な整備構想を策定し、23年度にも新館の設計に着手したい考えだ。 市はポートメッセ全体の展示面積が6万平方メートルとなり稼働率が7割となった場合、年間で約1400億円の経済波及効果が出ると推計する。 その後は需要動向などを勘案し、展示面積を8万平方メートルまで広げるかどうかを検討する。

次の

公式

ポート メッセ なごや 第 3 展示 館

名古屋市は18日、名古屋市国際展示場(同市港区、ポートメッセなごや)の第2、第3展示館について、展示面積を拡張して2026年度の開業をめざす考えを示した。 平屋構造の両館を2階建てなど複層構造にすることを検討する。 移転拡張して22年10月に開業する新第1展示館も含め、展示面積を6万平方メートルまで広げる。 同日、市議会の経済水道委員会で表明した。 ポートメッセなごやは名古屋港の金城ふ頭にあり、3つの展示館で構成する。 3館の合計展示面積は約3万4千平方メートル。 最も大きい第1展示館(約1万4千平方メートル)は金城ふ頭駅前に移転し、約2万平方メートルに拡張することが決まっている。 第1展示館の跡地は隣接するテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が借り受ける。 市は第2、第3展示館についてポートメッセの空きスペースなどを活用し、建て替える方針。 第2、第3展示館は一斉に建て替えず、段階的に再整備する。 第2、第3展示館の再整備ではPFI(民間資金を活用した社会資本整備)の活用を視野に入れる。 民間資金を取り入れ、事業費抑制を狙う。 19年度から具体的な整備構想を策定し、23年度にも新館の設計に着手したい考えだ。 市はポートメッセ全体の展示面積が6万平方メートルとなり稼働率が7割となった場合、年間で約1400億円の経済波及効果が出ると推計する。 その後は需要動向などを勘案し、展示面積を8万平方メートルまで広げるかどうかを検討する。

次の