ダーティ ダズン。 公演直前、ダーティ・ダズン・ブラスバンドに向けてメッセージが続々到着!

ダーティダース 12本のイギリス軍用時計を徹底解説

ダーティ ダズン

出典: Dirty Dozen(ダーティダース)という軍用時計を聞いたことがありますか? 第二次世界大戦でイギリス軍(英国陸軍)が実戦で使用した12のメーカーの時計の総称を指します。 今回はそのダーティダースを解説していきます。 ダーティダースが生まれたきっかけとは ダーティダースは、イギリス国防省(MoD)から依頼を受けた12のメーカーが生産した軍用時計(ミリタリーウォッチ)です。 それぞれの時計を個別に見てもそれほど評価の高い軍用時計であるとは言えないかもしれませんが、中にはこれらの時計を蒐集するコレクターたちもいます。 1939年にイギリスがドイツへ宣戦布告をした当時、いくつかの現地の時計メーカーはスイスと同等の生産能力がありました。 ですがそれらのメーカーは、イギリス空軍や海軍のために軍用品の供給を依頼されていました。 スイスは、連合国とドイツにそれぞれ大量の腕時計や懐中時計を輸出していましたが、これらは戦前の民間市場による発注でした。 イギリス国防省はこういった民間発注の商品は、イギリス軍のニーズを満たさないと考えたため、独自のスペックを設定し各メーカーに依頼しました。 ダーティダースの12メーカーとは ダーティダースと呼ばれる軍用時計の生産を依頼された12のメーカーは、それぞれBuren(ビューレン)、Cyma(シーマ)、Eterna(エテルナ)、Grana(グラナ)、Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)、Lemania(レマニア)、Longines(ロンジン)、IWC、Omega(オメガ)、Record(レコード)、Timor(ティモール)そしてVertex(バーテックス)です。 ジャガー・ルクルト、ロンジンやIWCそしてオメガなど現在でもよく知られているメーカーから時計好きでないと知らないようなメーカーまで様々です。 イギリス軍がダーティダースに要求したスペックとは 出典: ダーティダースに求められたスペックは、以下のとおりです。 ステンレススチールケース(一部はクロムの物がある)• 黒文字盤• アラビア数字インデックス(夜光)• 時分針(夜光)• スモールセコンド• 飛散防止の風防• 15石の高精度ムーブメント• 防水性能 写真を見ても分かる通り、イギリス軍による明確な指定があったため各社のロゴそして針の形状など一部をのぞいてそのほとんどが同様の時計であることがよく分かります。 ダーティダースの生産本数 各メーカーは、彼らの生産力が許す限り生産し納品しました。 公式な数値はありませんが、Konrad Knirim著のBritish Military Timepiecesの560ページに調査データが掲載されているので引用します。 先に上げたスペックを満たしていることという点もそうですが、その他にもW. とブロードアローの2つの刻印が挙げられます。 まずひとつめは、W. の刻印です。 は、Watch、Wrist、Waterproof、つまり防水性の腕時計であることを表しています。 上の写真のように大抵ケースバックにエングレーブされています。 ブロードアロー もうひとつは、ブロードアローです。 ブロードアローは、イギリスの官有物であることを示す矢印形のマークのことを言います。 上部写真の左のものがブロードアローです。 元々は矢の高さなど規定があったそうですが、写真右のような簡略版も存在します。 そして、ダーティダースにはこの簡略版のブロードアローが文字盤、ケースバックそして裏蓋の中に刻印されています。 軍用品であったということを知らせるだけでなく現在ではダーティダースであることを見分けるひとつの印になっています。 世界中でミリタリーウォッチを蒐集するコレクターがおり、ダーティダースをその対象とするコレクターも数多くいます。 ですが、おそらく12本全てをしかもよい状態でコンプリートしている人は少ないだろうと思われます。 それは、数千しか生産しなかったメーカーがいることや夜光にラジウムが使われた個体があり時計そのものが腐食されてしまっているからです。 ダーティダースを全て集めることはそう容易なことではないかもしれませんが、歴史的なバックストーリーや見た目のカッコよさに惹かれた方は挑戦してみてはいかがでしょうか。 martybear.

次の

ダーティー・ダズン・ブラス・バンド

ダーティ ダズン

ここでは2つを紹介します。 1つは、 JAXAから発行されているヒューマンファクター分析ハンドブックです。 もう一つは、 アメリカでAAQG(American Aerospace Quality Group)が取り上げているダーティーダズンズです。 >先ずヒューマンファクター分析ハンドブックですが、 JAXAがH12年に初版を、そしてH29年3月にA改訂版を発行しています。 次のURLでアクセスできます。 ご一読をお勧めします。 これはダーティーダズンズとして報告されているものです。 次のURLでアクセスできます。 12項目は次のとおりです。 そのように考えれば、過去の報告書も興味深いものがありますね。 ご興味のある方は、HPをご参照の上、ご参加していただければ幸甚です。 是非この機会にご参加頂ければと思います。 詳細については、今後ご案内させて頂きます。 今後も皆様に有益な情報をお届けしたいと考えておりますので、末永くお付き合いいただけたら幸いに存じます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

次の

ヒューマンエラー(H/E)についての考察 第6回|連載コラム|お知らせ|名古屋品証研株式会社

ダーティ ダズン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年7月) ダーティー・ダズン・ブラス・バンド 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 ~ レーベル () 公式サイト メンバー グレゴリー・デイヴィス tp. ケヴィン・ハリス t. sax ロジャー・ルイス b. sax カーク・ジョセフ sousaphone TJ・ノリス tb ジュリアン・アディソン Dr タケシ・シンムラ gt 旧メンバー チャールズ・ジョセフ tb. ベニー・ジョーンズ bass dr. ライオネル・バティスト bass dr. ジェネル・マーシャル snare dr. キース・アンダーソン sousaphone リチャード・ノックス key テレンス・ヒギンズ ds. ジャモール・ワトソン ds. ビッグ・サム・ウィリアムス tb ジェイミー・マクレーン gt ジェイク・エッカード gt. ジュリアス・マッキー sousaphone カイル・ルセール key レバート・アンドリューズ tb. エフレム・タウンズ tp. , flugelhorn ダーティー・ダズン・ブラス・バンド Dirty Dozen Brass Band は、の。 に結成され、によりデビュー。 メンバーを入れ替えながら、今日も活躍中。 ニューオーリンズ・スタイルのブラスバンドとしては、最も人気のあるグループのひとつである。 伝統的なブラスバンドの雰囲気を残しつつも、ファンク、ソウルなど新しい音楽の要素を取り入れた音楽性は、その後のブラスバンドに大きな影響を与えた。 来歴 [ ] 、のメンバーだったグレゴリー・デイヴィス 、カーク・ジョセフ 、チャールズ・ジョセフ 、ケヴィン・ハリス の4人に、エフレム・タウンズ 、ロジャー・ルイス 、ベニー・ジョーンズ 、ジェネル・マーシャル が合流して結成される。 、コンコード・レコードよりアルバム「My Feet Can't Fail Me Now」でデビュー。 にはへ移籍し、アルバム「Voodoo」をリリース。 同作には、、、といったゲストが参加した。 続く「The New Orleans Album」 にはらが参加し、バンド側も同時期にエルヴィス・コステロのアルバム「」に参加。 、オリジナル・メンバーのカーク・ジョセフとチャールズ・ジョセフがバンドを脱退する。 バンドはカークのスーザフォンの後任として、スーザフォン・プレイヤーを入れると同時に奏者を加えた。 には、ベースドラムのベニー・ジョーンズも脱退した。 後任にライオネル・バティストが加わるものの、彼も翌年にはバンドをやめてしまう。 バンドは、ベースドラムのプレイヤーを補充し、新たにを叩くを加えた。 続いて、キーボードも加わり、ストリード・パレードをするブラスバンドのスタイルから離れ、通常のバンド・スタイルとなっていく。 、ロック・グループの ()と組み、アルバム「Another Joyous Occasion」をリリース。 この組み合わせでには「Night Of Joy」をリリースしている。 、その年に亡くなったニューオーリンズの奏者、チューバ・ファッツに捧げた「A Funeral For A Friend」をリリースした。 には、1周年の日にあわせて、アルバム「What's Going On」をリリース。 これはの名作アルバム「」を彼ら流に解釈したもので、政権の政策に対する疑問を投げ掛けるものとなっている。 ディスコグラフィー [ ]• 「My Feet Can't Fail Me Now」 Concord Jazz• 「Live: Mardi Gras in Montreux」 Rounder• 「Voodoo」 Columbia• 「The New Orleans Album」 Columbia• 「Open Up: Whatcha Gonna Do for the Rest of Your Life? 」 Columbia• 「Jelly」 Columbia• 「Buck Jump」 Mammoth• 「Medicated Magic」 Rope-a-Dope• 「We Got Robbed: Live in New Orleans」 Ryko• 2004年 「Funeral for a Friend」 Rope-a-Dope• 「What's Goin' On」 Shout! Factory 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• (英語)• (英語) この項目は、に関連した です。

次の