準 中型 免許。 【2019年版】準中型免許が乗れる車種は何トンまで乗れるの?乗れるトラックや車を徹底解説!

中型免許と準中型免許の違いとは?ややこしい中型免許を整理してみよう

準 中型 免許

お電話で廃車をご依頼されるお客様は 車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。 中型免許があればどのくらいの大きさの車を運転できる? 11トンまでのトラックやマイクロバスを運転可能 現行の免許制度では車の大きさにより免許が4段階に分かれています。 小さい順に普通、準中型、中型、大型です。 中型免許は大きい方から2番目という位置づけになっています。 車の大きさは、車両総重量と最大積載量、乗車定員により決まる仕組みです。 中型免許があれば車両総重量が11トン未満で最大積載量6. 5トン未満、乗車定員29人以下の車を運転できます。 運転するのに中型免許が必要な車は、一般の乗用車と比べるとかなり大きな車両です。 中型という名称から中くらいの大きさと考えてしまいがちですが、大型トラックやバスよりも一回り小さいくらいと捉えておきましょう。 一般の乗用車で中型免許が必要なくらい大きい車はないため、主に仕事で大きな車を運転する人が必要になる免許です。 具体的にはマイクロバスや4トントラックなどが挙げられます。 運送会社などの求人で中型免許を必要とするケースが多いです。 ゴミ収集車や消防車などを運転するのにも中型免許が必要になります。 また、中型免許には中型一種と中型二種があり、単に中型免許といった場合には中型一種の方を指していることが多いです。 料金を取ってお客さんを乗せる場合には、中型二種が必要になります。 免許証に「8tに限る」と表記されている場合には 中型免許を持っておらず、普通免許だけ持っている人でも、免許証には中型と記載されている人もいるでしょう。 その場合には「8tに限る」という表記があるはずです。 これは、中型免許の制度が平成19年に創設された比較的新しい制度であることが関係しています。 現在の普通免許で運転できるのは、車両総重量が3. 5トン未満の車です。 しかし、中型免許の制度が創設される前までは、普通免許で車両総重量が8トンまでの車を運転することが可能でした。 中型免許創設前に普通免許を取得した人が困らずに済むように、このような措置を採っているのです。 「8tに限る」の表記がある場合には、車両総重量だけでなく、最大積載量と乗車定員も中型免許創設前の普通免許の基準に合わせられています。 最大積載量が5トン未満で乗車定員は10人までです。 この場合、4トントラックであればほとんど運転可能ですが、マイクロバスは運転できません。 4トントラックも装備品や荷台の形状などによっては運転できない場合もあります。 また、履歴書の資格欄に記載する場合にも、8トン限定であることを明記しなければなりません。 中型免許を取得するには? 中型免許を取得するには普通免許を取得してから2年経過している必要があります。 また、8トン限定の中型免許を持っていれば、比較的簡単に通常の中型免許を取得可能です。 それぞれの方法を見ていきましょう。 普通免許を取得してから2年以上経過している必要がある 8トン限定の中型免許を持っていない場合には、普通免許か大型特殊免許を取得してから2年経過すると中型免許を取得できる状態になります。 普通免許も大型特殊免許も取得せず最初から中型免許を取得することはできません。 普通免許を取得できる年齢が18歳以上であるため、中型免許を取得できるのは20歳以上ということになります。 取得方法は2通りありますが、自動車学校に通って取得する方法が一般的です。 自動車学校で講習を受けてから卒業検定に合格する必要があります。 普通免許を取得するときに行ったのとほぼ同じことを、中型車両で行うと捉えておくといいでしょう。 費用の相場は20万円から25万円程度です。 卒業検定に合格した後は、免許センターで適性試験を受けて問題がなければ、中型免許証が交付されます。 もう1つは一発試験と呼ばれている方法です。 自動車学校に通わず、免許センターで技能検定試験を受けて合格すれば、それだけで中型免許を取得できます。 ただし難易度がかなり高いです。 8トン限定の場合には限定解除 8トン限定の中型免許を持っている人が通常の中型免許を取得するのは、限定解除と呼ばれています。 普通免許や大型特殊免許を取得して2年以上経過して取得する場合よりも簡単です。 費用も時間も少なくて済みます。 限定解除の場合には、自動車学校に通って限定解除用の講習を受けて卒業検定に合格するだけです。 講習の内容は、普通免許や大型特殊免許を持っている人が受ける内容よりも少なめで、費用も安く済みます。 7万円から9万円程度です。 8トン限定の中型免許がオートマチック車限定の場合には、講習の内容が少し増えます。 費用もその分だけ高くなってしまいますが、それでも9万円から12万円程度です。 いずれの場合も、卒業検定に合格した後は、免許センターで特に試験などを受ける必要はありません。 また、限定解除も一発試験で取得することが可能です。 ただし、難易度が高いためあまりおすすめできません。 自動車学校に通って取得するのが無難でしょう。 中型免許の他に準中型免許もあるの?違いについて 準中型免許というのは、つい最近創設された免許です。 これにより、普通免許で運転可能な車両の範囲が狭められました。 準中型免許を持っているとできること 準中型免許で運転可能な車は、車両総重量が7. 5トンで最大積載量が4. 5トン、乗車定員が10人以下です。 普通免許と中型免許の間と位置づけられています。 8トン限定の中型免許よりも、運転可能な車の範囲が僅かに狭いです。 主に運送会社で働く人が、トラックを運転するために必要になります。 普通免許と同様に、取得可能な年齢は18歳以上です。 中型免許よりも2年早く取得できます。 高校卒業後に運送会社で働きたい人の場合には、最初から準中型免許を取得するといいでしょう。 準中型免許の制度が創設されたことで、普通免許で運転可能な範囲が、これまでの5トン未満から3. 5トン未満に狭まりました。 しかし、準中型免許創設時に既に普通免許を持っていた人は、これまで通り5トン未満の車を運転可能です。 その場合、免許証には準中型5トン限定と記載されます。 中型免許が創設されたときの8トン限定と同様の扱いです。 準中型免許は何であるのか? 準中型免許の制度が創設された主な理由は、中型免許の規制が厳しいためです。 中型免許を取得するには、普通免許取得後2年以上経過していなければならないため、20歳以上でないと取得できません。 一方で高校卒業後に運送会社で働きたいと考えている人も多いです。 高校卒業後に運送会社に就職した人が、20歳になるまで5トンまでの車しか運転できないとかなり不便を強いられます。 それを解消するために、準中型免許の制度が創設されました。 準中型免許は普通免許よりも運転できる範囲が広く、中型免許よりも取得しやすいのでおすすめです。 準中型免許創設により、運送業界の人手不足の解消にも繋がるでしょう。 また、これまでの普通免許で運転可能だった車のうち、比較的大きなトラックなどで事故が多かったことも準中型免許が創設されて理由のうちの1つです。 普通免許で運転できる範囲を狭めて、車両総重量が3. 5トン以上のトラックを別免許にすることで、交通事故を減らす狙いがあります。 まとめ 中型免許は運送業界への就職や転職を希望している人なら、持っているとかなり役立ちます。 中型免許を持っていることを応募条件にしている求人も多く、仕事の幅が広がります。 中型免許創設前に普通免許を取得した人なら、8トン限定の中型免許が付与されているため、通常の中型免許を取得するのに時間も費用もあまりかかりません。 運送業界で働きたいと考えている人は、ぜひ取得しておきましょう。 動かない車でもパーツ売り エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。 他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。 確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。 ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。 ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。 ダイレクト販売で需要に的確 全国に約1,000社を超える提携業者がございます。 カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。 流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります! ワールドワイドに販売 15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。 日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。 ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。 海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。 査定・ご契約• お引取り• 書類ご準備• お振込み 申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。 査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらが すべて代行致します。 日本全国の廃車情報 廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。 市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

次の

準中型車免許

準 中型 免許

平成29年3月12日以降の運転免許区分 名称 普通 準中型 中型 大型 車両総重量 3. 5t未満 7. 5t未満 11t未満 11t以上 最大積載量 2. 0t未満 4. 5t未満 6. 5t未満 6. 具体的には2トントラックや3トントラックを運転することができ、総重量7. 5t未満の4トントラックも運転することができます。 限定付き準中型免許との比較表 名称 普通(新) 限定準中型(旧普通) 限定中型(旧々普通) 車両総重量 3. 5t未満 5. 0t未満 8. 0t未満 最大積載量 2. 0t未満 3. 0t未満 5. 0t未満 普通免許取得時期 H29年3月~ H19年6月~H29年2月 ~H19年5月 限定準中型(5トン未満)になる人は、平成19年6月2日~平成29年3月11日までに普通免許を取得した人で、限定中型(8トン未満)になる人は、平成19年6月1日までに普通免許を取得した人になります。 現在の免許に「普通」と記載されていても次回更新時に「準中型(準中型車は5トン未満に限る)」と、限定付きで普通から準中型へと区分が変わります。 運転できるトラックの目安• 限定中型:4トンまで• 準中型:3トンまで• 限定準中型:2トンまで• 新普通:軽トラックやピックアップトラックなど 上記の表はあくまで目安のトラックで、4トン・3トンなどは積載量を表しています。 準中型免許を持っていても総重量7. 5tを超える4トントラックは運転できませんので注意が必要です。 運転する前に必ず車検証などで「車両総重量」を確認する必要があり、 保有免許で運転できない車両だと無免許運転(新普通免許で準中型車の2トントラックを運転した)となり違反点数25点で免許取り消し2年となります。 ほかにも、 免許条件違反(5トン限定準中型免許で準中型車の3トントラックを運転した)をすると違反点数2点となりますので注意が必要です。 5t限定準中型は限定解除することで7. 5t未満の準中型免許へ 中型免許(8トン)の限定を解除して総重量11トン未満、積載量6. 5トン未満の中型免許に出来るのと同様に、準中型(5トン)も限定解除をして、総重量7. 5トン未満、積載量4. 5トン未満の準中型免許にすることができます。 この時に注意しなければならないのが、 準中型免許の更新に必要な視力検査のほかに「深視力(奥行)」の検査があり、合格にならないと新区分の「普通免許」に格下げになるということです。 つまり限定解除しなければ深視力検査もなく、2トントラックまでは乗ることが出来たのに 準中型に限定解除して深視力検査に落ちると新普通免許(積載量2トン未満)になるため2トントラックも運転できなくなりますので注意が必要です。 普通免許は総重量3. 5t未満、最大積載量2t未満となる 新しくなった普通免許では、「2トントラック」などと呼ばれるトラックは運転できないことに注意が必要で、 「1. 5トントラック」または「小型トラック」でも最大積載量は1,500kgでクリアしていますが、車両総重量が3,500kg以上の場合は運転できず普通免許で準中型車を運転している無免許運転になる可能性がありますので、十分注意が必要です。 つまり平成30年4月(2018年)に高校新卒の人を採用すると、平成29年3月12日以降「普通免許」を取得したことになるので、会社で保有している2トントラックを運転させようとすると無免許運転になります。 新しい普通免許で運転できるトラックは総重量3. 5t未満、積載量2. 0t未満のもので、 0. 8トントラックやハイラックスなど自家用で使う小さなトラック、ピックアップトラック、そして軽トラックになります。 また、コンパクトカーやミニバン、SUVなどの乗用車は普通に乗ることができるので安心してください。 新しい普通免許でも運転できる定員は10人以下ですので、 11人乗り以上のワゴンや小型バスなどは限定なしの中型免許が必要となる点は変わりありません。 これから免許を取得するときは「普通」と「準中型」どちらがいい? すでに普通免許を持っている人は8トン限定中型や5トン限定準中型に移行するので、いままで通り4トントラック(限定中型)や2トントラック(限定準中型)を運転できるので問題ありません。 でもこれから免許を取得する時はどうすればいいのでしょうか? どちらも18歳から取得できますので、トラックを運転する仕事に就く・就きたいと思っている人は「準中型」を、免許を取得してから2トントラック以上を運転する予定が全くない人は「普通」で十分だと考えられます。 新しい普通免許は総重量3. 5t未満、積載量2. 0t未満と、小型トラックと呼ばれている2トントラックも運転できませんが、ハイラックスやアバランチなどのピックアップトラックや軽トラックは運転できますので、家具を運ぶなどのちょっとしたことなら十分に対応できます。

次の

7.5トントラックの運転に必要な免許は?準中型免許で乗れる?

準 中型 免許

Contents• 引用元: ちなみに正式名称は「準中型自動車第一種運転免許」と呼ばれています。 準中型免許が生まれたメリット 準中型免許が生まれたメリットとして、業界的に大きいのは、若手の雇用促進です。 今までは18歳の方が免許を取る場合、普通免許のみ選択出来る状況でした。 というのも、中型免許は「普通免許等の保有期間が通算2年以上」という条件があり、高校卒業後すぐに乗ることが出来なかったのです。 しかし、普通免許だと軽トラック/ライトバンなど、乗れる車が限られており、高校卒業後に物流・運送業界へ就職したいと思っても、就職先が限られている状況でした。 そこで、この準中型免許によって、宅配便やコンビニ配送によく使われるトラックにも、高校卒業後すぐに乗れるようになりました。 このように若手が就職できる会社の選択肢を広く用意することで、若手を呼び込むことを狙っています。 準中型免許乗れるトラックまとめ|何トンまで? 準中型免許で乗れるトラックの条件は以下の通りです。 車両総重量:3. 5t以上 7. 5t未満 積載量:2t以上 4. 5t未満 乗車定員:10人以下 バン型小型トラック、平ボディ小型トラックなどが代表的な例となります。 また、ご存知かと思いますが、以下に2トントラック、3トントラックの定義を記載しておきます。 ・2トントラック:最大積載量が2. 0t〜2. 9と2トン台の車 ・3トントラック:最大積載量が3. 0t〜3. 2tショート、ロングトラック、平トラック コンビニ等の配送車、引越用のトラックがこれに該当します。 このトラックは総重量は4t~5t程度のものが多く、いわゆる2tトラックの大きいグレードやワイドキャブの車も運転可能です。 車種としては三菱ふそうのキャンター、トヨタのダイナ、いすず自動車のエルフがあります。 保冷設備のトラック クール宅急便などの保冷設備、断熱材等が架装されたトラックがこれに該当します。 精密機械や青果などの運搬でも見られるトラックです。 2ユニック車 架装されたクレーンの部分を含めると総重量が5tを超える車が多いため、準中型免許が必要です。 クレーン作業には小型移動式クレーンと玉掛けの資格が必要です。 高所作業車 電線工事、看板取り付けなど高所で作業する際に利用する車です。 車両総重量が5tを超えるものが多いです。 ゴミ収集車(パッカー車) 多くの車が2tトラックをベースに作られているので普通免許では乗れません。 法改正で違反が増加?|2トントラックは準中型免許が必須 少し複雑で理解しづらいポイントになるのですが、今回の準中型免許が生まれたことにより、普通免許で運転できる車も変更になりました。 そのため、従業員として運送会社にいる場合は、自分の免許で就職できる会社を選ぶようにしましょう。 一方、会社を経営している場合は、社員に違反をさせないよう注意しておきましょう。 4トントラックは運転できない? 準中型免許で、4トントラックを運転することはできません。 準中型免許は「最大総重量が7. 5t未満、最大積載量が4. 5t未満」なので、4トントラックを運転できると勘違いしてしまう人が多いです。 しかし、そもそも4トントラックの定義は「車両総重量が8t以下、最大積載量が5t以下」なので、準中型免許の範囲をはみ出てしまいます。 もし4トントラックを運転したい方は、中型免許を取得するようにしましょう。 まとめ 準中型免許について解説しました。 中型免許取得の権利がない方で、2,3トントラックに乗りたい方にオススメの免許ではありますが、普通免許を取得して二年以上経過している方は、4トントラックに乗ることもできる中型免許を取得する方が、選べる仕事の幅も広がるのでオススメです。 現在、18~19歳などで、準中型免許の取得を検討している方は、下記から準中型免許の取得支援をしている企業を探してみてください。 普通免許さえ持っていれば、仕事をしながら準中型免許の取得、長期的には中型・大型免許の取得も可能な企業をご紹介しています。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の