プライム会員 家族。 Amazonプライムを家族で共有!家族会員の登録方法

Amazonプライムビデオを家族会員が共有する方法&デメリット

プライム会員 家族

Amazonプライムを家族で共有できたりするのかな…使えるのなら手順など詳しく知りたい! Amazonプライム会員になることでお得な特典が受けられます。 この特典を家族で共有できればとても便利ですよね。 なんと家族の誰か1人でもAmazonプライム会員になっていれば、すぐに家族も会員登録ができます。 同じようにAmazonプライムの特典を受けることができるのです。 しかし、家族会員が受けられる特典には制限があり、すべての特典を共有できるわけではありません。 そして家族全員が会員になることができるわけではないのです。 このように制限があるAmazonプライムですが、すべてのAmazonプライム特典を利用できる方法があることを知っていますか? そこで今回は、Amazonプライムを家族で共有する方法と詳細に併せ、すべての特典を利用できる1つの裏技を教えます。 是非、最高の特典を家族で共有しましょう! 1:Amazonプライムは家族で使える 家族のうち誰か一人でもAmazonプライム会員になっていると、そのアカウントを利用して家族会員になることができます。 Amazonプライムのお得な特典を家族で共有して利用することができるようになるのです。 もちろん、追加年会費がかかることはありません。 ただ、共有できるといっても少し制限があります。 そこでまずはAmazonプライム家族会員の基本をこの章でしっかり理解しておきましょう! 1-1:家族会員は2人まで登録可能 Amazonプライムに加入している本会員とは別に2人まで家族会員として登録することができます。 家族全員で共有できるわけではないのです。 amazonプライムの家族会員の数には1つのアカウントに対して2人までと決められています。 ここは意外と知らない方が多いポイントなので知識として覚えておきましょう。 1-2:家族会員追加方法はたったの4ステップ Amazonプライムを家族で共有するには家族会員として、追加登録する必要があります。 しかし、たったの4ステップで追加できるのでとても簡単です。 本会員が家族会員の追加をするときには本会員からしか操作することができません。 それと、案内を受け取った家族の方は本会員の生年月日が必要です。 2:共有できるAmazonプライム特典は5つ Amazonプライムを家族で共有できることは1章で分かりました。 しかし、家族会員が利用できるAmazonプライムの特典は全てではないのです。 次の5つが利用できる特典になります。 お急ぎ便• お届け日時指定便• 特別取り扱い商品の取り扱い手数料が無料• 先行タイムセール• Amazonパントリー 2-1:お急ぎ便 お急ぎ便 360円 Amazonプライムなら無料 Amazonで商品を購入した場合、通常配送以外に配送オプションがあります。 そのオプションの1つ「お急ぎ便」が無料で使い放題です。 通常なら3日ほどで配送となりますが、お急ぎ便を利用すると、翌日には購入した商品が届きます。 2-2:お届け日時指定便 お届け日時指定便 514円 Amazonプライムなら無料 配送オプションの「お届け日時指定便」も使い放題になります。 購入した商品が届く日にちを指定することが可能です。 配送時間を指定できるので自分の都合に合わせることができます。 受け取りに間に合わなくて再配送の手続きをしなくてはいけない …ということがなくなりますね。 2-3:特別取扱商品の取扱手数料が無料 配送オプションの「お届け日時指定便」も使い放題になります。 購入した商品が届く日にちを指定することが可能です。 配送時間を指定できるので自分の都合にあった時間を指定できます。 受け取りに間に合わなくて再配送の手続きをしなくてはいけない …ということがなくなりますね。 家具家電などのようなサイズの大きい商品や、重量のある商品をAmazonで購入した場合には取扱手数料が発生しますが、Amazonプライムの家族会員ならそのような手数料は一切発生しません。 2-4:先行タイムセール 家族会員になっているとAmazonのタイムセールが始まる30分前に先行参加することができます。 Amazonのタイムセールは人気商品が低価格で買えるのでとても人気です。 特に人気の商品はAmazonプライム会員でなければ購入することができません。 先行参加できるのはお得に買い物ができる方法でもあるのです。 2-5:Amazonパントリー amazonプライムの特典の中でも主婦が重宝したい「Amazonパントリー」が家族会員でも利用することができます。 ネットショッピングの食料品や生活用品はセットで売ってある場合がほとんどです。 しかし、Amazonパントリーを使うとその商品を1点ずつ購入することができます。 スーパーで買い物をしているのと同じ感覚ではないでしょうか。 そしてダンボールにまとめて送ってくれます。 送料は無料ですが、Amazonパントリーには290円の手数料がかかります。 3:必見!「プライムビデオ」「プライムミュージック」「プライムフォト」も使える裏技 Amazonプライムの特典といえば次の3つを考えていた方が多いのではないでしょうか?• プライムビデオ• プライムミュージク• プライムフォト しかし、家族会員にこの特典はありません。 本会員のみ利用可能なのです。 そこで、裏技を使うことで問題なく上記の特典を共有することができます。 3-1:アプリをダウンロード 裏技といっても簡単なことです。 amazonプライム本会員とは別の端末 自分のiPhone で「プライムビデオ」「プライムミュージック」「プライムフォト」のアプリをダウンロードします。 そのあと、本会員の登録メールアドレスとパスワードを入力してログインするだけです。 これだけで3つの豪華特典を利用できるようになります。 ちなみに、家族会員にならなくてもこの方法は使うことが可能です! 3-1-1:履歴は残らない 本会員と同じアカウントにログインする際に気になることといえば、履歴が残ることです。 しかし、 別端末でログインしているので履歴は共有されません。 安心して映画や音楽を楽しむことができます。 やはり、家族であっても個人的な情報は見られたくありませんよね。 まるで自分のアカウントかのように利用することができます。 3-1-2:おすすめ!オフライン機能が便利すぎる プライムの豪華特典はアプリで利用すると、オフラインでも利用することができます。 インターネット環境がない状況でも映画や音楽を楽しむことができるのはとても便利な機能ではないでしょうか。 私はプライムビデオで見たい映画やドラマを常時3つダウンロードしています。 そうすることで電車移動や飛行機などの長距離移動の時に助かっています。 また、ネットを使いすぎて低速になっている場合でも止まることなく再生することが可能です。 Wi-Fiがあるところで事前にダウンロードしておくといいでしょう。 4:3人目の家族会員は登録できない 1章のはじめにお伝えしたとおり、家族会員は2人までです。 そうなれば3人目の家族会員は登録ができないとわかります。 これはAmazonプライムで決められていることなので、これを攻略する裏技はありません。 4-1:1人会員から削除をする 3人目の家族会員を追加する唯一の方法は、既に家族会員になっているアカウントを削除することです。 そして、新しく追加するアカウントに案内を送りましょう。 これは本会員であればできる操作になります。 利用しなくなった家族がいればすぐに解決できそうな問題ですね。 4-1-1:会員登録解除手順 それではAmazonプライムの本会員が行う会員登録解除手順を解説しましょう。 そして、この通知が届いたことが確認できれば、新しいアカウントを家族会員として追加することが可能です。 まとめ Amazonプライムの特典を家族で共有できることをお伝えしてきました。 1つのアカウントがAmazonプライムの会員になっているだけで家族で豪華特典を利用できることはとてもお得ですよね。 では、この記事でお伝えしてきたことをまとめてみましょう。 家族 最大2人 で特典を共有できる• 家族会員は全ての特典を利用できるわけではない• 裏技 を 使 え ば 「 プ ライ ム ビデ オ 」 「 プ ライ ム ミ ュ ー ジ ッ ク 」「プライムフォト」が利用できる 3章• 家 族 会 員 の 追 加 や削 除は本会員が操作をしなければならない 家族会員は通常のAmazonプライム会員より制限されている部分も多いですが、それでも利用する価値はあります。 また、裏技を使えば困ることはないでしょう。 ぜひ、裏技も試してみてください!.

次の

Amazonプライムの家族会員、登録方法、履歴はバレる?

プライム会員 家族

家族会員はプライムビデオは見れる? Amazonプライム会員は家族のうち誰か一人でも加入していれば、他の家族も家族会員として無料で登録することができます。 家族会員は自分とは別に2人までが登録可能で、プライム会員の様々な特典をタダで使うことができます。 しかし、 残念ながらプライムビデオは家族会員の特典対象外です、家族会員が利用できるプライム特典は以下の通りです。 お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセール• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ 上記の通りプライムビデオは対象外となっています。 プライムビデオは家族で共有出来るのか 家族会員ではプライムビデオを視聴する事は出来ないと言うことが解りました。 しかし、 プライム会員に登録している本アカウントを家族に使わせる事で共有も可能です。 他社のVODでは利用規約に第三者と共有する事を禁止すると言った記述があるサービスも多いですが、プライムビデオの規約にはそういった記述はありません。 規約違反にならないので、プライム会員に登録した本アカウントを使えば家族皆でプライムビデオを利用できます。 同時視聴は3台まで可能 複数端末から同時視聴は3台まで可能です、つまり家族3人までなら同時視聴可能です。 4台以上の端末で視聴しようとすると最後に再生した端末にエラーが発生して視聴が停止します。 また、公式サイトのヘルプには2台以上の端末から同一の作品を視聴する事は出来ません、と言った記述がありますが、現在のところ問題なく 2台以上から同一の作品を視聴する事は出来ます。 ちなみにですが、他社では端末登録台数に制限があるVODも多いですが、Amazonプライムビデオは無制限で登録できます。 何故可能なのかといえばダウンロードした動画の視聴はオフラインで行われ、動画視聴時に通信を行わないため3台以上で視聴していることをプライムビデオ側で検知出来ないからです。 3台制限はストリーミング再生でのみで適用されるルールという事です。 1つのアカウントに付き2台までダウンロードできるので、実質的に5台まで同時視聴可能になります。 それらの作品を小さい子供が見てしまうと色々と教育に悪いと思うので、視聴制限機能を使って視聴できないようにロックをかけましょう。 また、レンタル・購入を制限する事も出来るので子供が間違えてレンタルしてしまう事故を無くす事も出来ます。 プライムビデオのレンタル・購入は何の確認も無く1クリックで完了してしまうので、レンタル購入制限の設定もしっかりやっておく事をオススメします。 一応、視聴履歴を削除する方法はありますが、プライムビデオの視聴履歴の削除は結構面倒くさいです。 プライムビデオ自体にはアカウントを分けるような機能はないので、共有して使うのは中々大変だと思います。 まとめ• 家族会員ではプライムビデオは視聴できない• 本アカウントでなら共有して使える• ダウンロード機能も駆使すれば5台まで同時視聴できる• 視聴履歴や視聴履歴は家族にばれる 家族会員ではプライムビデオは使えませんが、1つのアカウントを家族と共有して使用する事は出来ます。 ストリーミング再生なら3台、ダウンロード視聴も含めれば5台まで同時に視聴できます。 ただし、視聴履歴などは家族から丸見えの状態になるので注意してください。 また、小さい子供にも使わせるなら視聴制限の設定も忘れないようにして下さい。 動画以外では、 雑誌70誌以上が読み放題、電子書籍33万冊以上読める「VOD」という言葉では収まらない巨大なエンタメサービスとなっています。 毎月付与される1200ポイントは、新作動画レンタルや電子書籍の購入に使えるだけでなく、NHKオンデマンドの支払いにも使用出来る優れものです。 私も数多くのVODを使ってきましたが最も使い勝手が良いのがU-NEXTでした、どんな方であっても満足できるサービスだと思います。 月額料金は888円と平均的な価格設定ですが、 動画2万本以外にも電子書籍(漫画)15万冊以上が配信されていて、雑誌100誌以上が読み放題になります。 更に、 毎月最大で1300円分のポイントが付与されています、これだけで月額料金を大きく上回るのでお得感が強いですね、ポイントは動画レンタルだけでなく電子書籍にも使えるので幅広い用途に使えます。 (無料期間でも最大1300ポイント付与されます) ここでしか見れない動画が多いので、 他社と被らない魅力あるサービスになっています。 関連する記事• Amazonプライムビデオは月額400円か年会費3900円で見放題を利用出来る格安の動画配信サービスとして知られています。 年会費で支払えば月額325[…]• Amazonプライムビデオをスマホやパソコンで視聴している方は多いと思いますが、テレビで視聴する方法はどんな方法があるかを調べて見ました。 このページ[…]• Amazonプライムビデオには見放題動画以外にも追加料金を支払ってレンタル視聴する動画も多くあります。 このページではAmazonプライムビデオのレン[…]• Amazonプライムビデオは安価で良質な作品が多くある動画配信サービスとして知られていますが、家族と同居している人の中には共有して使いたいと考えている[…]• Amazonプライムビデオは月額400円または年会費3900円(月割325円)で3万本以上の動画を見放題で視聴できるVODなので登録を考えている人も多[…]• 元々、amazonが提供する動画配信サービスは、有料サービスのamazonビデオのみでしたが、2015年9月にプライム会員向けの見放題動画配信サービス[…].

次の

Amazonプライムの家族会員、登録方法、履歴はバレる?

プライム会員 家族

CHAPTER(チャプター)• プライム特典を共有する方法【家族会員の登録】 今回は、 「Amazonプライム会員特典を家族と共有する方法」を解説していきます。 Amazonプライムの 「配送に関する特典」などの、一部、 は「プライム会員登録した本人」だけでなく、 「同居する家族2人まで」が、「家族会員」として共有し利用することが出来ます。 詳細は後述します。 」 それぞれのプラン別に利用できる「プライム特典」を分かりやすく表にしました。 無料体験期間中は、利用できる特典が制限されるプランもありますので、すべて「有料会員」として考えて、分けてみました。 これは何度も言っていますが、月額使用料は、Amazonプライム会員の半額料金で入会できるので、条件の合う学生さんは「Prime Student」に入らないと損ですよ。 Prime Studentはコスパ最強!お試し無料期間が「半年間」も楽しめる…• お急ぎ便が無料(当日お急ぎ便)【配送特典】 〇• お届け日時指定便が無料【配送特典】 〇• 特別取扱商品の取扱手数料が無料 〇• プライム会員限定先行タイムセール への参加 〇• Amazon プライムデー への参加 〇• Amazonパントリー【買い物特典】 〇• また、Amazon最大のセールである 「プライムデー」にも「家族会員」は参加できるようになります。 これは本当に有難い! 上記は、Amazonのカスタマーセンターに問い合わせたので、確実な情報です。 カスタマーセンターに問い合わせた時の証拠のチャット画面も載せておきますね! なので、 「プライムデー」や 「プライム会員限定先行タイムセール」などのAmazonセールで、「Amazonデバイス」や「その他商品」を安く購入するために、「家族会員への登録」でも十分、参加可能なのです。 家族の内、一人が になっていれば、 「家族会員の共有」はタダ(無料)で利用出来ますので、この家族会員の共有を利用しない手はないですよね。 プライム会員の方は、必ず、家族の方2名を「家族会員に共有」するようにしましょうね。 家族会員が「利用できない」プライム特典• これらの特典を利用したいなら、 新たなプライム会員のアカウントを登録して作るか、 プライム会員に既に登録しているご家族の「アカウント情報」を共有させてもらうか、どちらかの方法を取ることになります。 つまり、 ログイン時に、プライム会員に登録している「アカウント情報」を、家族間で使いまわすということです。 こうすることで、 や などの 「家族会員では使用できない」プライム特典すべてを、家族間でも共有することが出来るようになります。 家族会員へ登録・共有する方法 家族会員の方のメールアドレスに、Amazonプライムから「会員登録終了のお知らせ」が届いたら、家族会員の取消が完了ということになります まとめ の「家族会員」への登録・共有方法を解説しました。 Amazonプライム会員の方でも、この「家族会員」の存在自体を知らない人が、僕のまわりでも結構います。 「家族会員」があるという事を知っているだけで、加入したAmazonプライムの特典を、最大限に有効活用できるのですから、使わないのは損ですよね。 皆さんも、Amazonプライムの家族会員を、家族と共有して、プライム会員特典を使いまくってくださいね。 終わりです。 byebye、またね。 Amazon prime(アマゾンプライム)でプラン変更する方法を解説します.

次の