Zoom 背景 できない。 Zoomのバーチャル背景の設定方法|注意点とうまくできない時に試すポイント

Zoomでバーチャル背景ができないときの対処法

Zoom 背景 できない

zoomでバーチャル背景が設定できない理由&解決策 バーチャル背景設定がうまくいかない主な理由として、• zoomにサインインしていない• 背景の投影ができていない の2つが考えられます。 zoomで背景の投影ができていない zoomではグリーンバックの利用を推奨しているので、 無地の布や壁などを利用しましょう。 柄付きのカーテンの前など、 ごちゃごちゃしている場所だと背景が認識できず、 バーチャル背景の設定がうまくいかないことがあります。 この「グリーンスクリーンがあります」というチェックを外してみてください。 これでうまくいけば、バーチャル背景を使用できます。 しかし「 コンピューターが要件を満たしていません」 というポップアップが出た場合には、背景を変えることはできません。 その場合には、グリーンバック クロマキー を用意すれば 背景が変えることが可能になります。 設定ができないときは、 サインインも確認してみてください。 Zoomでサインインする方法 PCの場合 1,自分にあったZoomのプランを選ぶ(無料版でOK 2,無料サインアップ、メールアドレスを登録 3,入力したメールアドレスに有効化確認のメールが届く 4,「アクティベートする」のボタンをクリック 5,ユーザー登録の画面になるので情報を入力 6,アプリをダウンロードしますかと尋ねられるのでダウンロード 7,ダウンロードしたアプリをパソコンにインストール 8,アプリを立ち上げたら、入力したログイン情報を入力しログイン これでバーチャル背景を設定できるかもしれません。 Zoomでサインインする方法 スマホの場合 1,AppStoreストアでZoomと検索入力 2,Zoom Cloud Meetingsが見つかったらスマホにインストール 3,アプリが立ち上げると、サインアップというボタンがあるのでクリック 4,名前やメールアドレスを登録 5,メールアドレスにZoomの有効化確認メールが届く 6,「アクティベートする」のボタンをクリック 7,友達を招待しますかと尋ねられますがスキップをクリック 8,ダウンロードしたZoomのアプリを立ち上げる 9,アプリを立ち上げたら、ログイン情報を入力しログイン これでバーチャル背景の設定がうまくいくかもしれません。 zoomのバーチャル背景ができないのは端末のせい? バーチャル背景ができない理由として、 使っている端末に原因がある場合もあります。 端末ごとに、 必要条件をまとめてみました。 13以降 CPUがクアッドコア以上、Intel Core i7以上 Windows10 64bit CPU Core i7 クアッドコア以上の パソコンとなるとこのようなものがオススメです。 スマホと同じように 仮装やメイクを楽しむことができるだけでなく、 バーチャル背景も楽しめます。 必要なシステム環境は、 Windows7以降又はMacOS 10. 1以降です。 ハードウェアは、 4GB以上のRAMを搭載したIntel Core-i3 2. 6Ghzi以上となっています。 zoomとSnap Cameraを連動させるときは、 Snap Cameraを先に起動してください。 好きなエフェクトを選択したら、 zoomを起動して設定をクリックします。 設定のビデオををクリックして、 カメラ選択をSnap Cameraにしたら完了です。 背景設定ができるようパーテーションを使う 家の中を見られたくないだけなら パーテーションを使う方法もおすすめです。 家具屋やネット通販などで買うことができ、 3,000円台から販売されています。 デザインもいろいろあるので、 インテリアとしても使えますよ。 zoomの最新版をインストールしているか確かめる zoomアプリのバージョンが古い可能性もあります。 Ver. 53922. 0613じゃないと使えないので、 バージョンが古い場合は最新のzoomをインストールしましょう。

次の

zoomのバーチャル背景がうまく表示できない時の対処法(表示が汚い時)

Zoom 背景 できない

Zoomでバーチャル背景が使えない原因 バーチャル背景というのは、Zoomで 自分の部屋や背景を見せたくない!という場合にカメラ上で仮想背景を作って隠せる、便利な機能です。 自分で好きな画像をアップロードすることもできます! しかし、人によってはバーチャル背景が使えない場合も。 実はZoomのバーチャル背景を使用するには、以下の前提条件があります。 PCバージョン 3. 53922. 0613 またはそれ以降向けのZoomデスクトップクライアント Macバージョン 3. 53922. 0613 またはそれ以降向けのZoomデスクトップクライアント Linuxバージョン 2. 91373. そして、問題になるのが前提条件の1番下です。 確認ポイントは3つです。 デュアルコア• 2Ghz以上• プロセッサというのは、別名 CPUで、パソコンの頭脳とも言われるパーツです。 パソコンがどれだけ頭がいいかによって、バーチャル背景が使えるか変わってくるのですね。 多くの人のバーチャル背景が使えない原因は、 パソコンのスペックが上記を満たしていないことが考えられます。 パソコンのプロセッサの確認方法 それでは、さきほどの3点のパソコンスペックはどのように確認するのでしょうか。 まず1番簡単なのは、 インターネットで検索する方法です。 これは、パソコンの型番がわかれば検索できます。 型番は購入時の取扱説明書のほか、パソコンの裏など本体にも記載されていることが多いですよ。 「 メーカー名 型番名」で検索すると、よほど古いパソコンではない限りヒットすると思います。 メーカー公式サイトでは最新のパソコン以外は見つけづらい場合が多いので、家電量販店などの通販サイトにもスペックは載っています。 デュアルコアのコアというのは、演算処理回路のことです。 デュアルは2を表すので、デュアルコアは2つのコアを持つという意味です。 4つのコアはクアッドコア、8つのコアはオクタコアです。 2つ以上の複数のコアを持つことをマルチコアとも呼びます。 Zoomのデスクトップクライアントを開きます。 自分のWebカメラ画面が映り、バーチャル背景を選ぶと正常に表示される• 自分のWebカメラ画面が映り、バーチャル背景を選ぶと「 コンピュータが要件を満たしていません」と表示される• 自分のWebカメラ画面が映らず、「 プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される 1. の場合は問題なくバーチャル背景を設定して使えます。 の場合はこのままではバーチャル背景が使えないので、いくつか手順が必要です。 パソコンが要件を満たしていなくても、Zoomのバーチャル背景を使う方法 上記2. のメッセージが出る場合は、Zoomがバーチャル背景を使う前提条件として提示している要件を満たしていない場合も、満たしている場合もあります。 どちらも対策しだいではバーチャル背景が使用できる場合があるのでご紹介します。 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示される場合 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示される場合の対応は、「 グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れることです。 チェックを入れるだけで、バーチャル背景が一応使えるようになります。 バーチャル背景というのは人物と背景の境界線を判別して切り取ることが必要なので、パソコンのスペックが低いと対応ができないです。 しかし、背景が緑一色だと人物との境界線がハッキリして、パソコンのスペックが満たなくてもバーチャル背景が使えるということです。 ちなみに私はこの場合、緑の背景にしなくても一応バーチャル背景が使えました。 でも体の一部が背景に侵食されたり、キレイに使えないことも多かったです。 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示されてもキレイにバーチャル背景が使いたい場合、グリーンの背景用グッズを用意すると良さそうです。 「プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される場合 「 プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される場合の対応は、 というアプリを使用することです。 スナップカメラは、スマホアプリのスナップチャットを作っている会社が作っているアプリで、パソコンでも使えます。 こちらはパソコンのWebカメラの映像をリアルタイムで加工できるアプリで、お化粧をしている画像にも加工できたりする便利アプリ。 Zoomのバーチャル背景と同じように背景も加工できるのですが、スナップカメラの方がパソコンに求める要件が低いようで、使える場合が多いです。 デメリットとしてはパソコンにスナップカメラをインストールしなければならない事ですが、一度インストールしてしまえば面白い加工がいろいろ使えます。 ちなみに、Zoomのお問い合わせは迅速な返信が期待できない 以上、Zoomのバーチャル背景を使う方法についてお伝えいたしました。 ちなみにZoomのお問い合わせにもメールでバーチャル背景のことを問い合わせてみたのですが、なかなかお返事は返ってきません。 しかも英語なので、まずそ言葉の障壁があります(笑)Zoomで不具合があった場合は現状、ホームページの確認するか、ネット検索で解決するのが早そうですね。

次の

zoomでバーチャル背景ができない⁉その理由と解決策を調査!

Zoom 背景 できない

PCのスペックが十分ではない• WEBカメラの性能が十分ではない 上記2つが主な原因です。 そのため、綺麗にバーチャル背景を映したいなら、この2つの点を改善すればOKです。 Zoomは比較的軽めのアプリだけど… Zoom公式サイトより抜粋 ズームミーティングそのものは、公式サイトで紹介されている様に、少し古めのパソコンでも、問題なく利用できます。 しかしバーチャル背景を利用するには、ある程度高いスペックのPCが必須です。 上手く出来ないという方のPC構成を聞いてみると、公式サイトがアナウンスしている推奨スペックを満たしていないケースがほとんどでした。 バーチャル背景に必要なスペック ズームの公式サイトにされている仮想背景に必要なパソコンスペックは、以下の通りです。 Zoom公式サイトより抜粋 上記に書かれた必要性能を見てもピンとこない人も多いでしょう。 しかし、私は、かなり高い性能が必要だな…と感じました。 第6世代のCore-i5と言えば、2015年秋のリリースです。 デスクトップPC用のCPUのCore-i5 6500のベンチマークスコアは 2019年秋に発売された第10世代のノートPC用のCPUとそれほど性能差はありません。 その理由は、デスクトップ用CPUと比べてノート用PCは省電力設計されているため、性能が抑えられているからです。 ひと工夫すれば、必要CPUは下げられる この様に、かなり高いCPU性能を要求するバーチャル背景ですが、ひと工夫することによって、少しだけ条件を下げることができます。 グリーンバックを使ってみよう 背景布等を使い、実際の背景をグリーン1色に統一し、均一に照明を当てることによって、バーチャル背景を美しく見せることができる。 それでも、かなり要求スペックは高いね! <参考> CPUの性能は足りているのに… CPUの性能が足りているのに、バーチャル背景がキレイに映らないという場合は… WEBカメラを変えてみよう! WEBカメラを交換してみることをお勧めします。 ちなみにノートPCに内蔵されているWEBカメラは、性能が高くないものがほとんどです。 そんな時は、外付けのWEBカメラを使ってみましょう。 Zoom公式サイトがオススメするWEBカメラは 私自身も使っており、個人的にお勧めしたいWEBカメラは… ロジクール:C922N PRO STREAM WEBCAM ガラスレンズを採用しており、フルHD(1080P・30FPS のストリーミングが可能です。 78度の視野角で、自宅でZOOMを使う分には丁度よい感じ。 アプリを使えば、ズームやパンもでき、自動で顔にピントを合わせてくれます。 ・ WEBカメラを選ぶ時の注意点 WEBカメラは、光学製品なので、カタログスペックだけを見て選ぶのは危険です。 いくら安いからと言っても、無名の中国メーカーのものはやめておきましょう! まとめ Zoomのバーチャル背景を存分に楽しみたいのなら….

次の