ジューシー 餃子 の 作り方。 本当に美味しい餃子|何度も作りたい定番レシピVol.9

餃子のレシピ(作り方)

ジューシー 餃子 の 作り方

失敗しない餃子の作り方 アンケートによると、日本人の7割が好きだという餃子。 群馬県前橋市の住宅街にある「餃子工房RON」は、創業49年目のテイクアウト餃子専門店です。 オーソドックスな餃子から、野菜餃子・チーズポテト餃子・海老マヨ餃子など、なんと100種類以上の餃子がそろっています。 なぜ前橋に餃子の専門店が?? 実は、餃子に欠かせない小麦・豚肉・キャベツはすべて群馬県の特産物! 店に隣接する工場では、1日約100万個の餃子を作っていて、全国のスーパーなどはもちろん、宇都宮や浜松、中華街にも納品しているそうです。 そんな、餃子のプロに失敗しない餃子の作り方を教えてもらいました。 餃子をジューシーにするには豚バラをプラス! 餃子を作るときは豚ひき肉にキャベツなどの野菜や具を入れて混ぜ、皮に包んで焼くのが一般的です。 でも、家庭で餃子を作ってもなかなかジューシーにならないものです。 そんな時は豚ひき肉に、脂の多い豚バラ肉を3㎜角に切って足すと、味を変えずにジューシーに仕上がります。 日本では赤いひき肉の方が売れるので、スーパーで売っているひき肉の約80%が赤身です。 なので、脂の多いバラ肉を加えるのがおすすめです。 3㎜角に切った豚バラ肉を、ひき肉の20%ほど混ぜて餃子を作ると、驚くほどジューシーに仕上がります。 ポイントは、ひき肉に味をしっかりつけることです。 お肉に砂糖・中華だし・こしょうなど、粉末系調味料を入れてよく練りなじんだら、しょうゆ・お酒・にんにく・しょうがなど液体系調味料を混ぜます。 タネが白っぽく粘りが出るまで混ぜましょう。 肉をしっかり混ぜてから野菜を入れることも重要です。 そうすることで、後から野菜を入れて水分が出ても、タネがぐちゃっとしにくくなります。 キャベツをシャキシャキにするには塩もみ! キャベツをみじん切りにして、肉と混ぜる前に塩もみをするとシャキシャキに仕上がります。 あらかじめ、キャベツから余分な水分を出してしまうのです。 また、キャベツから出た水分は、捨てずに肉と混ぜます。 焼く前の肉は水分を吸収します。 同じ水分でも、キャベツではなく肉に含まれた水分の方が、おいしく仕上がるのだそうです。 また、肉に野菜を加えたら、水分が出ないように軽くサッと混ぜ、最後に片栗粉とごま油を入れたら、餃子のタネの完成です。 焼く時の差し水は餃子にかける! 餃子を焼くときの火加減は、最初から最後まで強火で焼きます。 餃子から水分が出ないように、短時間で焼くことが大切です。 フライパンに餃子を並べたら、すぐに差し水をします。 鍋肌から入れる人も多いですが、それでは皮が白く残ってしまうことも。 最後に、追い油をフライパンの縁からかけるとパリパリに焼き上がります。 まとめ 手作り餃子はなかなか大変なので、やる回数が少ないのですが、これからはもっとやってみようかな~と思いました^^.

次の

【ハナタカ】餃子をジューシーにするなら豚バラ肉を!失敗しない餃子の作り方

ジューシー 餃子 の 作り方

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?「豚バラ」を足すとジューシーに? 教えてくれるのは、 群馬県前橋市 テイクアウト餃子専門店「餃子工房RON」の古澤 篤志さんです。 一般的なギョウザは、豚のひき肉にキャベツなどお好みの野菜や具を入れて混ぜ、皮に包んで焼くだけですが、古澤さんは「これを入れると入れないのでは大違いです。 ギョウザが驚くほどジューシーに仕上がります!」と語っていました。 それが、豚バラ肉です。 通常、スーパーで売っている挽き肉は比較的に赤みが多いです。 古澤さんによると、日本では赤いひき肉でないと売れにくいため、脂肪分の少ない赤身率が80%以上とのことです。 そのため、脂の多い「豚バラ」を足すのが美味しさのポイントです。 豚バラ肉の足し方 3mm角程度に切った豚バラをひき肉と混ぜます。 豚バラを入れる割合は20%です。 豚のひき肉250gに対して、おそよ50gの豚バラ肉を混ぜるといいでしょう。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?ひき肉の下味はしっかりと? ひき肉にしっかり下味を付けることで美味しくなります。 下味のつけ方 1.肉に粉末調味料(砂糖・中華ダシ・コショウ)を入れてよく練ります。 (お好みの調味料をいれてください。 ) 2.粉末調味料がなじんだら、液体調味料(しょう油・お酒・ニンニク・ショウガ)を入れてよく混ぜます。 3.タネが白っぽく粘りがでるまで混ぜます。 ポイントは肉を混ぜ切ってから野菜を入れることです。 野菜を後から入れることで、野菜から出る余分な水分が肉に移りません。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?キャベツを塩抜きする? ギョウザに入れる野菜と言えば、やはりキャベツですが、キャベツをギョウザの具材として入れるときには、ひと手間加えるとシャキシャキ感が違います。 それは、 みじん切りにしたキャベツを塩でもむことです。 キャベツから水分を多少出すことで、シャキシャキ感が違います。 キャベツから出た水分は捨てずに、肉と合わせます! 塩もみで水分を抜かないと、ギョウザを焼いているときに水分が出てしまい、キャペツの旨みが逃げてしまいます。 野菜の足し方 1.キャベツから抜いた水分をお肉に加えて混ぜます。 2.みじん切りのキャベツ・ニラ・長ネギを入れて混ぜます。 3.最後に片栗粉・ゴマ油を入れて、軽く混ぜたらタネの完成です。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!ギョウザの皮の包み方は? ギョウザの皮の包み方 1.皮の少し上の方にタネをのせます。 2.下の方を3分の1ぐらい折り曲げます。 3.できたカーブを右側から親指と人差し指ではさんで、餃子の皮を付けていきます。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!餃子の焼き方? ギョウザの餃子の焼き方 ギョウザは、 最初から最後まで強火で焼きます。 時間をかけると、せっかく調整した水分が肉や野菜から抜けでてしまうので、短時間で調理した方が美味しいです。 お湯の入れ方ひとつで、皮がモチモチのギョウザに焼くことができます。 ギョウザに直接水をかけて、皮の周のでんぷん質が洗い流され、ギョウザの皮をなめらかに仕上げることができます。 焼き上がったら最後に、追い油をしてください。 サラダ油をフライパンのふちから適量入れるだけで、ギョウザをパリパリに仕上げることができます。 「ハナタカ」「餃子工房 のRON」の場所は? 今回、ギョウザのハナタカを教えてくれたのは、群馬の前橋市の「餃子工房 RON」です。 餃子工房 RONは、創業49年のテイクアウト餃子専門店です。

次の

パリパリジューシー餃子(ぎょうざ)レシピ&作り方【NHKあさイチ料理10月10日

ジューシー 餃子 の 作り方

餃子をジューシーに仕上げる一工夫 餃子をジューシーに仕上げるにはどんな一工夫がいるのでしょうか。 タネにスープを入れる• 肉だけを先によく捏ねる• 野菜の下処理をきちんとする• タネに牛脂を入れる タネにスープを入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネにスープを入れることです。 鶏ガラスープの素をぬるま湯に溶かしたものでもいいですよ。 スープ以外にも、調味料の味付けによっては水を加えるレシピもあります。 タネに水分を多く含ませることで、噛んだ時にじゅわーっと肉汁の出る食感になります。 ひき肉だけを先によく捏ねる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 ひき肉と調味料だけを先によく捏ねることです。 ひき肉と調味料をボウルに入れて、粘りが出るまでよく錬り合わせます。 スープや水を加えているので柔らかいタネになりますが、それをしばらく冷蔵庫で寝かせると肉に水分が吸収されます。 包む直前に野菜を加えて混ぜるようにしましょう。 野菜の下処理をきちんとする 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 野菜の下処理です。 野菜はキャベツや白菜が中心になりますが、これらは水分を含んでいるのでそのまま使うとみずっぽいタネになってしまいます。 荒くみじん切りしたキャベツや白菜に塩をふり、10分ほどおいてから水気をよく絞ります。 こうすることで野菜の水分が抜け、タネと合わせた時にも味がなじみやすくなるんですよ。 ニラは水抜きは必要ないので、刻んですぐに混ぜ合わせてましょう。 ひき肉と野菜を混ぜすぎないように合わせ、すぐに包んでいくのがポイント。 タネに牛脂を入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネに牛脂を入れることです。 牛脂でなくても、脂を加えることでじゅわっと肉汁がほどよく脂をもって出てきますよ。 牛脂はスーパーによっては売っているところもありますし、お肉を買えばついてくるところもあります。 豚の背脂ミンチが売っていれば、豚ミンチと混ぜて使うのもいいですね。 牛脂は冷凍保存しておけるので、多めに手に入ったら冷凍庫で保存しましょう。 牛脂が手に入りにくい場合、ごま油を入れるレシピもあります。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピを大公開! 肉汁があふれ出るジューシーな餃子、食べたいですよね。 そんな餃子レシピを公開しましょう。 材料50~60個分:ひき肉300g、キャベツ400g、ニラ1束、しょうが・にんにく一片ずつ。 調味料:酒大1、醤油大1、オイスターソース大1、鶏ガラスープ 顆粒ならお湯で溶いて冷ましたもの 60cc~100cc、ごま油小2、塩コショウ適量。 まずはひき肉と調味料を 粘りが出るまでよく混ぜて、冷蔵庫で30分くらい寝かせておきます。 キャベツはみじん切りにし、塩を振って水抜きをします。 しょうが・にんににくはみじん切りorすりおろし、隠し味に砂糖を小1混ぜてもOK。 包む直前に寝かせておいた肉のタネと野菜を優しく混ぜます。 キャベツはよく絞って 包んだらすぐに焼いていきましょう! ジューシー&パリパリの餃子にするには焼き方がカギ 次に焼き方のポイントを見ていきましょう。 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる• 水ではなく熱湯を入れる• 最後に油をたらす 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる ジューシー&パリパリ餃子にするには、 くっつかないフライパンで焼くのがポイントです。 フッ素樹脂加工やテフロン加工がおすすめ。 フライパンに 油をひかずに焼き始めます。 先に餃子を並べてから火をつけましょう。 鉄などの油が要るフライパンの場合は、先に油をひいてなじませておくと焼きやすくなります。 焼き目がついたら熱湯を入れる ジューシー&パリパリ餃子にするには、蒸す時に水ではなく 熱湯を入れるのがポイントです。 水を入れると温度が下がり、皮がふやふやの餃子になってしまうので注意しましょう。 最後に油をたらす ジューシー&パリパリ餃子にするには、 最後に油をたらすのがポイントです。 水分がほとんど飛んで、音が変わってきたら仕上げの合図。 フタをあけ、ごま油 もしくはサラダ油 をまわりからまわしかけてパリっとなるように焼き上げます。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピ5選 それではいよいよ肉汁あふれる餃子レシピを紹介していきます。 スープがミソのジューシー餃子レシピ• プロの味!?ジューシー餃子レシピ• 白菜の浅漬けでジューシー餃子レシピ• ラム肉を使ったジューシー餃子レシピ• 定番の材料に鶏ガラスープ100cc 顆粒の場合お湯にといたもの を用意します。 ひき肉200gあたりの量ですので、たくさん作る場合は計算して増やして作りましょう。 先にひき肉と塩コショウ、そしてスープをよく混ぜ冷蔵庫で30分ほどねかせるのがコツです。 最初混ぜる時スープが多くて戸惑うかもしれませんが、混ぜているうちに お肉がスープを吸っていくので大丈夫ですよ。 粘りが出るまで混ぜましょう。 あとは野菜と混ぜて包んで焼くだけです。 材料は基本のレシピですが、酒はあれば紹興酒を使ってみるとよいですよ。 なければ普通の酒でOKです。 ひき肉と調味料、スープをよく混ぜたら最後に野菜を合わせます。 野菜を入れたらあまり捏ねすぎないように注意しましょう。 最後に 片栗粉でタネをコーティングするのがコツです。 タネの水分から皮を守ってくれます。 包んだらすぐに焼くようにしましょう。 餃子の定番野菜はキャベツとニラですが、 白菜の浅漬けを使っても美味しくなります。 ひき肉と調味料は初めによく混ぜます。 にんにくは使わず、しょうがのおろし汁を入れるのがポイント。 隠し味に砂糖を少しいれます。 白菜の浅漬けは、水にさらして辛くない程度に塩抜きしておきましょう。 タネに粘りがでたら、キャベツのかわりに粗微塵切りにした白菜の浅漬けを入れます。 ニラと長ネギも追加し、やさしく肉と混ぜ合わせましょう。 あとは包んで焼くだけです。 定番餃子も、少しの工夫で違った出来上がりになりますよ。 定番餃子は豚のひき肉を使いますが、 ラム肉でも旨味のつまったジューシーな餃子が出来ます。 材料は定番餃子と同じでですが、追加でパクチーかミントを少々用意しておくといいですね。 ラム肉の独特の臭みを消してくれる役割です。 ラム肉のひき肉はなかなかないので、薄切り肉やこま切れを買って包丁で刻むかフードプロセッサーで細かくしましょう。 あとは肉を調味料を先によく混ぜて寝かせるのは同じです。 ラム肉は 体を温める効果やアンチエイジングの効果があるので、冷え性の女性にもおすすめですよ。 ひき肉は鶏を使います。 鶏もも肉のミンチがジューシーさを出してくれるのでおすすめですよ。 他の材料は定番餃子のほぼ同じで、ニラは入れますがにんにくは使いません。 鶏ガラスープを先にひき肉に混ぜ込むのも同じ要領で行います。 スープをよくタネに含ませてから、野菜や小梅の刻んだもの、大葉を加えて包みます。 小梅と大葉でさっぱりなのに、もも肉の脂の旨味も感じられるレシピです。

次の