ぐらんぶる 実写 化。 ギャグ&裸満載のスキューバダイビング漫画「ぐらんぶる」実写映画化 英勉監督がメガホン : ニュース

漫画『東京卍リベンジャーズ』来年テレビアニメ化 実写映画の公開控える人気作

ぐらんぶる 実写 化

ギャグ&裸満載のスキューバダイビング漫画「ぐらんぶる」実写映画化!英勉監督がメガホン 2019年11月20日 06:00 原作コミックは累計発行部数440万部を突破 C 井上堅二・吉岡公威/講談社 C 2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会 [映画. com ニュース]氏が原作、氏が漫画を手掛けた「good!アフタヌーン」(講談社刊)で連載中の人気漫画「」が実写映画化され、2020年初夏に公開されることがわかった。 男だらけのスキューバダイビングサークルを舞台にした、ギャグ満載の青春コメディ。 「」「」をヒットに導いた監督がメガホンをとり、「登場シーンの半分が服を着ていない」とも言われる原作の映画化に挑む。 11月22日に発売となる14巻で累計発行部数440万部を突破し、「」と並ぶ「good!アフタヌーン」の看板コミックが原作。 18年にはテレビアニメ化もされている。 主人公・北原伊織は大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿することになる。 きれいな海、かわいい幼馴染……憧れのキャンパスライフを前に、期待を胸いっぱいに膨らませていた伊織を待ち受けていたのは、男だらけのダイビングサークルだった。 それがついに叶う時が訪れようとしています。 協力してくれた関係者の皆様に感謝を、そして出演する被害者の皆様に心からの謝意を送ります。 本当に……色々とすみません!」とまさかの謝罪。 吉岡氏は「美しい海で繰り広げられる爽やかな若者たちの青春。 そしていよいよ実写化され、スクリーンで見られるんですね。 本当にドキドキしてます。 色々な意味で。 本当に、色々な意味で!」と意味深に期待をあおる。 青春コメディ映画を数多く手掛けてきた英監督は、「『男子ってバカねっ』って映画を作ろうと思ったんですが、『男子ってバカ! ほんとバカ! クズ!』って映画になっちゃいました。 『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。 さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。 詐欺ですから」と観客に呼びかけ、「ぼくがホントの『全〇監督』かもです」と、話題作にちなみコメントを寄せた。 エグゼクティブプロデューサーを務める氏は、「圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、そして圧倒的に熱苦しい男たち……。 私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました」と意気込んだ。 物語や、ほぼ素っ裸で作品に臨んだというキャスト陣はベールに包まれているが、「GRAND BLUE」の前で、それぞれパンツとオタク風のTシャツをまとう、2人の青年の半裸ショットがお披露目。 10月にクランクアップを迎えた「」は、20年初夏に全国で公開される。 (映画. com速報)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

SixTONES松村北斗×森七菜W主演で「ライアー×ライアー」実写映画化!

ぐらんぶる 実写 化

小説『異世界居酒屋「のぶ」』がドラマ化され、5月からWOWOWプライムで放送される。 蝉川夏哉による『異世界居酒屋「のぶ」』シリーズは、異世界の古都・アイテーリアに繋がってしまった居酒屋「のぶ」を舞台にしたグルメファンタジー作品。 『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』のタイトルでアニメ化もされている。 ドラマ版では、のぶの大将・矢澤信之役を大谷亮平、のぶの給仕・千家しのぶ役を武田玲奈が演じる。 監督・脚本は品川ヒロシ。 撮影は昨年11月から東京都内を中心に行なわれ、12月末にクランクアップ。 のぶや異世界の街並みのセットは、見学に訪れた原作者の蝉川が「撮影のセットも小道具も大道具も本当に見事なできばえで、早く皆さんにご覧頂きたいです」と太鼓判を押している。 大谷亮平のコメント 脚本の印象、オファーを受けた際の気持ち ファンタジー系の作品に参加させていただくのは初めてでしたが、日本式の居酒屋は海外でも人気があり、今や世界に誇れる日本文化の一つとも言えると改めて思いました。 その居酒屋を舞台に、初めて足を踏み入れる客との滑稽なやりとりに笑わせてもらい、ウルッとくるエピソードに心温まる事もありましたが、同時に様々な出来事が巻き起こる居酒屋の大将として、やりがいのある重要な役どころだなとも感じました。 しのぶ役の武田玲奈、品川ヒロシ監督の印象 武田さんとは初共演になりますが、第一印象で和装が似合う方だなと思いました。 作務衣や頭巾がとてもお似合いで、居酒屋の雰囲気に馴染んでいたので、初日から違和感なくセットに溶け込まれていた様に思いました。 品川監督はお笑い芸人さんというイメージが強かったですが、今回は監督として場を盛り上げ、引っ張って下さいました。 料理のシーンに関しては特に熱を入れられていて、時には監督自ら料理を振る舞って下さることもあり、素敵な人柄も見られました。 視聴者へのメッセージ 料理シーンでは、思わずつまみ食いをしてしまう程に、美味しく見応えのある料理が沢山出てきます。 その一つ一つの料理から広がる数々のエピソードによって、ご覧いただくみなさまにも、まるで異世界居酒屋に迷い込んだ様な感覚で堪能して頂けると思います。 新たなグルメファンタジーの物語、是非楽しんで観て頂けると嬉しいです。 しかも心が温かくなってじんわり泣ける』でした。 この原作を僕が脚本・監督でというお話をいただいた時は正直ビックリしました。 まず、「このヨーロッパ的な世界観をどうやって実写化するんだ?」ということと、「今までアクションの多い作品を撮ってきた僕がほっこりとする作品を撮れるのか?」という2つのクエスチョンが頭を巡りました。 日本人が異世界の人間を演じるので安いコントになってしまわないように、とにかくセットと絵作りにこだわりました。 そして料理を美味しそうに撮る。 全キャストを魅力的に撮る。 原作を最大限リスペクトしつつ、実写ならではの良さが出るようにこだわりました 大将役の大谷亮平、しのぶ役の武田玲奈についての印象 大谷亮平さんは、見た目は無骨な格好いい男でありながら中身は関西人なので、とても陽気で明るい人でした。 寒くてハードスケジュールな中、文句も言わず、いつも明るく現場に立っていてくれた。 まさに大将。 武田玲奈さんは、とにかくお芝居が器用で、台本に書いていない居酒屋内での動きを自分なりにずっとしていてくれた。 居酒屋のシーンがリアルに撮れたのは武田さんの細かい動きのおかげ。 まさにしのぶちゃん。 視聴者へのメッセージ 原作がそうであったように、このドラマを見終わったら、 きっと大切な誰かと居酒屋に行って、美味しい料理を食べながら酒が飲みたくなるはず。 蝉川夏哉のコメント 実写ドラマ化すると聞いた際の気持ち 信じられない、というのが率直な感想でした。 居酒屋を舞台にしているとはいえ、異世界のお話ですから、いろいろと実写には難しい面もあります。 それをクリアしてもドラマにしたいとおっしゃって頂けることが、とても嬉しかったです。 大将役の大谷亮平、しのぶ役の武田玲奈、品川ヒロシ監督についての印象 大谷亮平さんは本当にダンディで、以前別のドラマで拝見したときから「かっこいいなぁ」と思っていました。 武田玲奈さんはとてもかわいらしく、撮影現場にお邪魔したときも「ほ、本当にしのぶがいる」と驚かされたくらいです。 品川ヒロシ監督はお笑いのイメージが強かったのですが、はじめてお目にかかった時からとても優しく、それでいて撮影の際には凜々しく、プロフェッショナルとしての気概を感じました。 実際に撮影現場を訪れた感想 この作品を実写にする際に一番のネックになるのが異世界の文物だろうなと思っていたのですが、撮影のセットも小道具も大道具も本当に見事なできばえで、早く皆さんにご覧頂きたいです。 そして、居酒屋「のぶ」!この内装が実に拘っていて、とても細かいところまで入念に作られているのが実に素晴らしかったです。 撮影現場は肌寒かったのですが、ちゃんと美味しいご飯も用意されていて、食への拘りを感じました。 視聴者へのメッセージ 美味しい肴と美味しいお酒の登場する、少し不思議なほっこりと温まる物語です。 やさしい物語を是非ご賞味ください。

次の

悪役演じるジム・キャリーが本領発揮 日本製ゲームキャラを米国で実写化、「ソニック・ザ・ムービー」:時事ドットコム

ぐらんぶる 実写 化

「ぐらんぶる」の実写化映画キャスト予想! 実は、 「ぐらんぶる」の実写化映画のキャストには、 リーク情報があります。 それがこちら。 ぐらんぶる実写化正式発表か。 竜星涼• 犬飼貴文• 齋藤飛鳥• 与田祐希• 横浜流星 以上の5人は確定のようです。 また、今年の夏ごろに エキストラの募集があり、 それが「ぐらんぶる」だったとの情報もあります。 この時に、 齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、 横浜流星さんらの目撃情報もありました。 以前『ぐらんぶる』じゃないかと予想したこの撮影の目撃が出たみたいですね。 もしかして横浜流星さんが伊織役なんですかね???笑笑 — kazu映画 kazueigaaka これって、「ぐらんぶる」のことよね? あの飛鳥と与田ちゃんの目撃情報があった 監督が英勉監督の時点で確定やん。 最近の優れたリサーチにより、 お客さんが見たい映画は どんなものなのかを判別する精度が 高くなっているそうです。 そんな時代に作られるこの映画『ぐらんぶる』ですが、 そういったリサーチでは判別不能になってしまうと思います。 圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、 そして圧倒的に熱苦しい男たち・・・。 私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、 リサーチ全盛の時代の今だからこそ、 数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました。 「監督は有名な方で」 「俳優は人気の方でお願いします」 という事を映画化する際によく言われますが、 原作の関係者から「本当に大丈夫ですか?」 と心配される映画は『ぐらんぶる』くらいです。 あとはこの素晴らしい原作を、妥協せず、 実写作品にするベストな監督とキャストと制作する事。 監督は、英さん以外思いつきませんでした。 何の制限もない振り切った演出を 任せられる日本人監督は英さんしかいないでしょう。 またキャスト陣の発表はこれからとなりますが、 ほぼ素っ裸で作品に挑んでいますので こちらも引き続き楽しみにしていてください。 引用: 原作:井上 堅二 スポンサーリンク 「ぐらんぶる」のあらすじ 海が近くにある大学への進学を機に、 おじが経営するダイビングショップ 「GRAND BLUE(グランブルー)」に 居候することになった主人公・北原伊織。 そこで出会ったのはとびきりの美女、 そして酒とスキューバダイビングと裸を愛する 男だらけのダイビングサークルだった。 元が馬鹿で無神経かつ 鈍感な性格の伊織は、 彼らとの暴走にのめり込んでいく。 原作ファンからは 本当に実写化できるのか? キャストは全裸になるのか? 放送できるのか? と心配の声があがっています。 マンガの実写化というと 批判的な声があがることが多いですが、 「ぐらんぶる」の場合は それ以前の問題のようですね… すでに撮影を終わっているようですが、 原作ファンはもちろん まだ読んだことがない人も 注目する映画になっているといいですね。 以上、 「ぐらんぶる」の実写映画化のキャストについてでした!.

次の